芸人本人が経験した事実を再現するのにテープはいらない。テープ以上に、その場の雰囲気を再現できる実力が芸人にはある。

本日、21日のサンディジャポンです。

宮迫、亮問題を議論していました。出席者たちは、ご両人の迫力ある覚悟の会見について語っていました。

事件の根幹には、小保方氏の謝罪会見と共通するものがありました。
会社の裁定や判断に、当事者が納得できないことから生じる苦しさが共通します。
「あの日」には、お世話になった理研や若山研究室に対する苦しい思いがつづられています。

宮迫、亮問題に戻りますが、育ててくれた吉本興行に多大な恩義を日常的に感じながらも、その会社を裏切るようなことを言わざるを得ない宮迫さんの苦しい思いが伝わってきます。

世界中、どこの社会分野でも、人の気持ちの行き違いによるトラブルは必須です。
信頼していた人の気持ちや態度が状況によって、どんどん、変わって行ってしまう現実があります。そうした場面での人の葛藤、悲痛なる怒り、とまどいが、ひしひしと伝わってきます。

「会社にどのような思いがあるか?」の記者からの質問に対し、宮迫さんは振り絞るように言いました。
「18歳から30年間、お世話になった会社を攻撃したいわけがあるわけ無いじゃないですか!」

芸人は舞台さえあれば、その場でパフォーマンスできるエリートたちです。
テレビにでる芸人たちは、学歴と一切無関係に、人の心の機微に迫れることのできる天才たちです。

サンジャポは言いました。
芸人本人が経験した事実を再現するのに、テープはいらない。
テープ以上にその場の雰囲気を再現できる実力が芸人にはあるのだと。
俺たちに舞台をくれ!(小保方氏なら研究をくれ!となる)
まさに、その通りの記者会見でした。

このサンジャポにおける、コメンテイターたちのそれぞれの言葉は、視聴者に対し、なるほど!と説得力を持つものでした。
台本からはずれて、ここまでしゃべれる人たちと感じました。

自らの舞台を自らの演出できる人たちに比べ、明日会見すると発表した吉本興業の岡本社長と、それをささえる弁護士たちには大変なプレッシャーがあることでしょう。
多分、岡本社長も相当の覚悟を持って会見に挑むのでしょう。

過去において、歴史が大きく動くのは、最高権力者が不誠実な裁定を行い、それに対し有能家来たちの一部が反発し、それを契機に最高権力者の権威が一気に墜落した時でしょう。

今も昔も、権威ある者の判断に絶望することが、人を強く突き動かし、命がけの行動に至らしめるのではないでしょうか?。
その結果、政権と時代が変わってきたのだろうと想像します。

宮迫さんの言い分では、”会社が関係しているイベントだから大丈夫”と言われて出席したパーティに出たとのことです。
ところが、暴力団組織との関連が暴露され、会社は静観するように出席した芸人たちに指示したようです。

宮迫さんたちが、謝罪会見を岡本社長に頼んだ時、会社側は、宮迫さん謝罪の内容が、会社側に不利にならないように弁護士を入れ、会社側の意向に反しない内容とするように要請したようです。
社長は、その会見時期を決めませんでした。

会社は、暴力団関連を恐れ、弁護士を入れた会社依りの宮迫謝罪会見しか許可しませんでした。かつ、その時期は不明にしてしまいました。
事情によっては、会社主催の会見はやらなかったかもしれません。その場合は、会社は、宮迫さんを切り捨てるという判断です。
事実、宮迫さんは、この騒動の経緯で舞台を次々と奪われてしまいました。

独自の謝罪会見をするか?解雇か?の二者択一を、岡本社長は宮迫さんに迫りました。

子どもが悪い事をしたのを謝りたいのに、親が止めたようなものと、亮さんは表現しました。
記者会見を申し込む宮迫さんたちに対し、芸人たちの影響力について、社長は想定不足だったと思えます。
本社における話し合いの場で岡本社長は、その場にいた弁護士や社員を払い、社長と宮迫さんたちだけにして、二者選択を迫った様子を供述する宮迫さんの言葉は迫力満点でした。
宮迫供述は、会社側に相当の不利な証言であったと思います。

「おまえらテープを回してないだろうな!おまえ、辞めて会見しても良いが、全員首にするぞ!おまえらを首にする力があるぞ!」
との社長の弁とのことでした。(一字一句は正確でありませんので、他の報道も参考にしてください)

サンジャポコメンテイターは、弁護士を入れて議事録をとる場面であると言いました。
それこそ、社長を含め当事者全ての人にとって、テープを廻しておくべく状況でしょう。

ここを話す宮迫さんは、人を引き付けるすごいパフォーマンスでした。
このパフォーマンスに迫力があるからこそ、聞く人は、宮迫さんの言葉に絶対の決意があると感じ、その言葉に真実を感じ、宮迫さんは本当のことを言っているだろうと思います。

亮さんは言いました。
「在京五社、在阪五社のテレビ局は、吉本の株主なので大丈夫なのだ」
この発言も、かなりのインパクトのある暴露的な内容です。

亮さんは、こうも言いました。
「本当の気持ちが伝えられるのか?が、わからなくなる。ツイッターにおいても、淳さんに対しても、嘘なのを知らず擁護してくれる人がいるので、そこがつらい。」と。
嘘を応援してくれる人がいることがつらいと感じることは、人をだましている罪の意識です。
実際に嘘つきを経験してこそ出てくる言葉です。

記者から、それぞれの相方に伝えたいことは?と聞かれました。
宮迫さんは、
「申し訳ないだけですまない。相方は、今まで何度も何度も(宮迫さんに)頭を下げてくれた。ところが今回の騒動で、相方に電話をしても
「大丈夫やから、こっちは大丈夫だから、・・・」としか言わない。

亮さんは、相方の淳さんについて記者から聞かれて、以下のように言いました。
「お前(亮さん)が本当のことを言うのを応援する。コンビの解消はない」
とのことでした。


窮地にある人を気遣う時、人は掛ける言葉を失うものであることがわかる。雄弁に思いやりの言葉を掛ける人は、本気じゃ無いのかもーー?




スポンサーサイト



コメント

No title

あのね
少しは鈍い頭で思考を巡らしては?私は背景を考えろと言っている。若山氏に実験参加を依頼した?の報告書の発言は眉唾だね。あなたの表現するアイザーなにがしは中間報告や検証報告会見で若山氏の評価で「若山氏のトリック」と連呼しているんだよ。そんな奴に参加させても無理だろ?それ以上に若山氏が理研から山梨に赴任した時に、理研から無断で凍結細胞群をMTA契約を交わさず無断で持ち出して後に理研から窃盗罪の警告を受けている時点で事実上、客員の解除と理研の出禁を食らっている。依頼する方も受ける方も無理に決まっているのにだらだらと言葉を並べるだけでは無理ですな。
「追記」
そこにおられるOotakeさんとはあのOotakeさんかな?MMT(Modern Monetary Theory)についてご自身の私見をブログで展開してくださいな。

No title

あのね
>ご存知の通り若山氏は山梨大学にすでに着任していたのですな。急遽の依頼に多忙と返答されても仕方がないでしょうが。細かい時期は発表されてませんが、まだ予備段階とかマウスもさばけないとか中間報告の会見でアイザーなにがしが言ったのより後でなければおかしいですな。大学は年度後半の予定を組み終わって休みに入ってますな。そこに年度後半に大学から離れた場所での実験への参加を求めたのですな。実験に反対とも意味がないとも参加したくないとも若山氏が言ったと発表はありませんな。多忙ですからといわれたとだけ発表されている。

No title

あのね
Plus99%氏のコメント
>会見でのアイザーなにがしの説明を聞けばわかるし、検証実験の公式な報告にもあるが、再現実験を途中まで進めてみたところ、テラトーマ実験に必要な細胞数が確保できる見通しがぜんぜんないことがわかったと。当初計画に従えば、テラトーマ実験に進める細胞が得られない場合はそこで終了とするところを、アイザーなにがしの独断で若山氏に協力を求めキメラをすることにしたんですな。

「検証実験の公式な報告書にもあるが」と論理展開するあなたの権柄尽くコメントは期待していないんで。テラトーマ実験に関してSTAPマテメソでは細胞数が10^7で12/27Harukoでは10^5となっていることの科学的可否の疑問点位は提言して欲しかったね。あなたの頭じゃムリか。監視され自分で最適条件すら分析できない環境での検証実験であったことを問題にしているのにそれをパスして意見されても困る。

No title

hidetarou
データを出さない人が悪いとか嘘をついた奴が悪いとか、そういう事ではなくそういう状況になった背景とか、諸々の事情を考えずただデータを出さないから悪いんだとか嘘をついたから悪いんだとかいうコメントを見ると癖癖する。

No title

学とみ子
> hidetarouさん
発端の構図は単純ではありません。

Dさんのコメントです。この方、科学のスモールワールド界の方です。小保方氏の無能を指摘したくて仕方ない感じです。

>ともに研究したことなかったので学びなおすといったこともできなかったのでしょうね。

研究はスモールワールドですから、そこにいると、世間がES捏造を認めているとか、ES説が正当と思われているとか感じてしまうみたいです。

これだけ、議論が尽くされても、STAP細胞が理解できず、ES説の矛盾がわからないのでしょう。

さらに、嘘をつく人の心を思いやるとか全くできません。それでも、Dさんはこう言えてしまいます。

>世間はちゃんと見ているんですよ。

No title

hidetarou
宮迫さんらの件で皆、事の発端は宮迫さんがついた嘘だという意見が目立つ。
果たしてそんな単純な構図なのだろうか?って思ってしまう。
キーパーソンである入江氏が何もコメントしていないし。
宮迫さんが入江氏を庇って宮迫さん自身が悪者になっている可能性もある。

No title

学とみ子
2019年7月21日 SIGHさんのコメント午前 8:00

>学とみ子は「どちら(学とみ子ブログ主とたむろす有象無象の擁護 vs ため息ブログ主とそのコメンテータ)がより知的なのか?競い合いましょう。

(学とみ子ブログ主とたむろす有象無象の擁護 vs ため息ブログ主とそのコメンテータ)

ため息さん、独自に、括弧内に文章をはめ込んで、オリジナルを改ざん引用してる。


>ため息が全てを知ってることはあり得ない(改訂)
2019年7月6日

このタイトルだが、元の学とみ子文章は、ため息のうしろに[さん]がついてた

ため息さん、独自に、さんを切り取ってる!さんを取ってオリジナル引用文のように書いてる。

改ざんの常習だ!
何で、周りの文系連中が注意しないのだろう。

当方も何をしても良いと、ため息さんは許可しているのだろう。

No title

学とみ子
宮迫事件は、一般人が背景を理解しやすい。一般社会に向けて、会社が不祥事を隠す事が難しい。その場にいあわす証言者もいる。

一方、STAP論文は、ES捏造では完結しないとの事実について、理解できる人は少ない。専門家の判断が正しいと考えられてしまい、一般個人の判断が出にくい。
周りの共同研究者は黙っている。

こうした状況の違いは大きい。

No title

学とみ子
宮迫事件は、STAP事件との共通性を人に想起させるに十分な共通性を抱えている。

宮迫氏は直接、行動に出た!
小保方氏は行動するまでに二年かかった。それも、直接顔をさらすとの手段が無かった。

顔は、真実を訴えるのに最良の手段だという事を、今回の宮迫氏が証明した。
共に苦しい判断であった事は両者に共通だ。

顔が見えることは一般社会に向けて大きな説得力になる。宮迫氏の表情を見ていると、あの時の小保方氏の心境が思いやられる。

全部、本当の事を言って、ES捏造疑惑と戦いたいと当時の小保方氏は思ったのではないだろうか?

STAP事件は、科学では解明できない部分を、科学で解明できるかのように取り繕われた背景があるのだ。

No title

学とみ子
昔から、興行を仕切る会社はなんらかの暴力団関連がある。暴力団体は興行を仕切っていることを誇ろうとし、吉本は関連が暴露されないように芸人を守る。テリー伊藤さんが、傷と表現した吉本のあり方と、宮迫さんとの間に大きな亀裂が生じたようだ。
亀裂が生じるように仕掛けられた可能性がある。

フライデイが、どの筋から情報を得たのか?は明らかでない。どちらがチクったのか?わからない。

芸人の報酬明細を敢えて明らかにしない前時代的な吉本方針は、会社への忠誠と服従を芸人に強いる手段としても使える。

芸人も会社も、暴力団関連を指摘されると致命的だが、芸人個人の方が影響力が大きい。宮坂さんはそこに気付いて勝負に出た。

守るための仕組みと思わせて、実はそうでなかった!事が、STAP事件と相通じる。

No title

学とみ子
サラリーマン生活29年さん、

私は以前、人の放射線障害評価の難しさを書きました。難しいからこそ、論文誤りを断定できないのです。人への長期的影響、感受性の個人差が、検証を困難にしてます。

同様に、ES混入があったなら、なぜ起きたのか?

誰かが故意に混ぜるのは困難です。
なんらかの実験ミスで混じった可能性の方が高いです。どんな状況が考えられますか?推論できますか?

故意の混入なら目撃証言が必須です。それが無いまま、桂報告書が印象操作したことが問題なのです。

No title

学とみ子
昔から、興行を仕切る会社はなんらかの暴力団関連がある。暴力団体は興行を仕切っていることを誇ろうとし、吉本は関連が暴露されないように芸人を守る。テリー伊藤さんが、傷と表現した吉本のあり方と、宮坂さんとの間に大きな亀裂が生じたようだ。
亀裂が生じるように仕掛けられた可能性がある。

フライデイが、どの筋から情報を得たのか?は明らかでない。どちらがチクったのか?わからない。

芸人の報酬明細を敢えて明らかにしない前時代的な吉本方針は、会社への忠誠と服従を芸人に強いる手段としても使える。

芸人も会社も、暴力団関連を指摘されると致命的だが、芸人個人の方が影響力が大きい。宮坂さんはそこに気付いて勝負に出た。

守るための仕組みと思わせて、実はそうでなかった!事が、STAP事件と相通じる。
非公開コメント

トラックバック