若山先生のたった1回の記者会見

sigh より:

スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
体内時計さん、久々の登場ですね。休息をとったわりには、理解が不十分です。

>若山氏にとって〝窮地にある人”というのは小保方氏でしょうが、彼女を助けようとすると周りの人たちを裏切ることになるというのもよくわかりませんね。

なんでわからないのでしょう?普通の人なら理解できます。

窮地にあるのは、STAP実験に関わった全員です。若山氏も窮地です。若山氏だけを助けようとする人は科学界に多かったのでしょう(若山氏にお世話になった人たちや研究者仲間ですが)。

若山サポーターの人たちを裏切らないためには、若山氏は沈黙するしかありません(若山氏はESを混ぜたりしません)。

やむを得ず沈黙した若山氏を、ES説画策者、理研上層部攻撃(笹井攻撃)派は大いに利用しました。

No title

学とみ子
ため息さんのコメントです。

>普通は意味が通じるように書き換えると思うところですが、そうではなく、

婆さん連呼、認知症、デタラメ、嘘等々、何でも侮辱言葉を連発し、ブログ主もその周りの人たちも学とみ子侮辱を垂れ流す。あちらは、もっとひどい事を言ってる。そこを忘れて良く言うよね!

No title

学とみ子
まず、会社は、芸人(研究者)を守ってくれるはずと思います。会社からしゃべらないように言われたら、
芸人(研究者)は自身を会社が守ってくれると思いますので、本当の事を言わずに我慢します。

(小保方氏の場合は、キメラ幹細胞の実験をしてないとの主張です。)

しかし、状況が次第に変化してしまい、芸人は、会社が守ってくれず、不名誉なまま切り捨てられると気づきます。そこで宮迫さんは、行動しました。

人は不名誉なことには耐えられません。あちらの人は、関係者の名誉を守るためなら小保方氏の名誉など考えません。だからこそ、ES捏造者として決めつける必要があるのです。

しかし、科学界の人たちは、ライバル研究者を除き、そこまではしません。証拠もないし、印象操作に騙されません。ES説では説明できない事を知ってます。

No title

学とみ子
上記記事内の学とみ子文章で、なぜ私がこう言うかを補足します。

>この記者会見の目的は、小保方氏をESねつ造犯にしてやろうとするのではなく、とにかく論文を撤回したいとの若山氏の熱望であったと思います。

ES捏造説は、若山氏は現実的でないことを知っています。笹井、丹羽先生も向こうにいるし、小保方ES説が広まってきた時は、STAP派が本気で反論してきて、誰がどこの実験をしたか?が明らかになります。

STAP多能性の肝となるとキメラ、幹細胞は若山氏が作ったのです。その新規性に関する実験をしました。つまり、若山氏は、ES説を主張出来ない立場なのです。

若山氏が実験の実態をしゃべれなかった背景は、宮迫さんが現金を受け取った事実をしゃべれなかった事と少し似てませんか?

窮地にある人を助けようとする周りの人たちを裏切ることになるからです。

No title

学とみ子
小保方氏が過去においても不正行為を繰り返していたと大宣伝されたのは、彼女が何を言おうが嘘デタラメと決めつけるためです。

ES説で論文が説明できないと考えられない人たちを集めることに、ES説を画策する学者は成功しました。

デタラメを言っても、その人に社会的地位があればすぐ信用してしまう人、

理解できてないとの自覚が無い人、

背伸びしてデタラメを書ける人たちが、

新たなES派として集まり、ES派学者たちの強力なサポーターを形成しました。ただ、今日まで残ってる人は、業界関係者でしょう。

No title

学とみ子
特に、はなさんの場合は、学とみ子否定の手段として当方ブログを読むので、そういたネガティブな気持ちが、ますます私の文章理解を困難します。

例えば、好きな書物で理解出来ないところにぶち当たった時、それでもそこをどうしてもわかりたい!と思ったら、理解に必要な知識を集めます。理解出来ない自分の能力を反省します。

でもそうでなく、否定してやろう、けなしてやろうと読めば、自らの問題点に気づけません。

No title

学とみ子
はなさんのコメントです。

>文系の私でさえ、学さん文章のいい加減さは、一読した時にわかりました。

それを言うなら、いい加減さではなく、私の文章力不足なんだと思います。単なる場末の医者に多くを期待しても無理です。私の言いたい事は、そういうことです。

Lさんも大変に専門的な事を一部にお書きになるが、誰も文句を言いません。その理由は、理解できる部分、出来ない部分のメリハリをつけて作文してるからです。

学とみ子は、そこができなくて、相手がわからない部分を十分に予想出来ないのでしょう。

でも、誰しも、ここの知識はいらない!意味無い!と判断するのは大事です。特に、ご自身を文系というならなおさらです。

No title

学とみ子
>素直に「面白い表現だわ。使わせてくださいね♪」ですか?
流石に、今までの学さんを考えると、これは却下ですよね。

ここすら読み取れないのですか?
ため息さんは医学系生理学の先生なんですよ。


>ため息先生のコメントは間違いはないので、

どんなに秀才でも、あらゆる知識を持ち合わせてる人なんていません。ため息ブログには、ため息さんの無知がそこかしこです。でも、いちいち指摘しません。

ため息さんに間違いない!なんて言う人は、精進が足りません。まず、ため息さんの知識不足はどこか?から、学んでいきましょう。

ため息さんは生理学以外では背伸びしてるので、間違い探しは、それほど難しく無いでしょう。

No title

学とみ子
はなさん、以下のコメント書いてます。

>こと、このコメントに関しては2日経っても意味が取れない事がうっとおしくて。

はなさんは、学とみ子をいかに不快にするかのスタンスで作文する方ですが、このコメントについて、学とみ子からの返事です。

学とみ子の文章の意味が分からない時、まず、はなさんご自身で”てにをは”を直し、言葉を追加して、意味ある文章に換える作業をなさってみてください。その結果の内容は、学とみ子の元の文章からますます逸脱していくでしょう。

大事なのは、こうした類の文章の意味を探ることは、はなさんご自身にとって意味ない!とすぐに悟れるかどうか?です。

No title

学とみ子
さっそく、ため息氏は新記事を書きました。

この方、細胞についてはどこまで知ってて、どこまで知らないかが(学とみ子には)わからない方です。双方共に細胞についてはまだら知識だからでしょうか?
そんな両者を調整してくれたLさんは島流しになってしまいました(涙)

>学とみ子にあってはどうやら「T細胞はキメラに寄与できる」ようになったようです。

学とみ子はそんなこと言ってません。


>それでも相変わらず「キメラとテラトーマの関係については、若山氏は間違った説明をしています。」なんてデタラメを書いてますな。

ため息さんに教えてあげたい気持ちで書きました。

No title

学とみ子
joさん、コメントです。
2019年7月24日 11:24 PM

癖癖はネットですぐ出てきますが、言葉の達人がそれをしなかったことは、ちょっと意外でした。まあそれは置いときます。揚げ足とりは醜いので。

>その時々の所作表情口調の印象をもって「彼/彼女は真実を語っている!」等の予断に飛びつく気は私は無いのです。

学とみ子は、宮迫さんが全て本当の事を言ってる!なんて言ってませんよ。当方にはわからない部分です。

宮迫さんが人に強く伝えたいものがある時、それがうまく表現できた!とブログに書いたのです。宮迫さんのパフォーマンスを評価する人は、そのメッセージ力に言及してます。

大筋、本当であると伝わったと思いますが、そちらには、そう思わない人が集まるのでは?
非公開コメント

トラックバック