塩基変化の考え方をLさんが書いてます。

培養中にランダムに起きた塩基変化が、似ていれば似ているほど、その細胞から次の細胞が作られた可能性が高いです。それぞれ培養を続けると、塩基変化の一致が減ります。

plusさん、Lさんとも議論を尽くされてください。plusさんは、有能なる聞き手です。それで、多くの方々が納得されると思います。

Lさんの考え方がしめされています

5404. L
2019年08月24日 19:28
構造変異の意義については、FES1由来のものは培養中に獲得された変異、129B6F1ES1由来のものは親マウスに引き継がれた変異、という違いがあります。前者の一致は細胞由来の決定的な証拠になるのに対し、後者は親マウスを介して他の細胞にも生じ得るという点で、証拠としてのパワーが弱い事は認識すべきと思います。それ故、B6ホモ領域のデータを無理して加えたと推測しますが、このデータが納得できない(今更ですが)。

以前もコメントしましたが、桂報告書はSTAP-SCやFI-SCはFES1由来という論調ですが、その後のBCAの記載からは、遠くはFES1由来だが、直近としては129/GFP ES由来と考えられます。よって、129/GFP ESを徹底調査すれば、混入犯を同定できた可能性があります。最初の報告の時点でそれを知っていて曖昧にしたのか、時間が足りず十分な解析ができなかっただけなのか、どうなんでしょうね? ここを詰めると、どのような結果であれ悲惨な結末になり、人命に関わる問題を引き起こしていたかもしれません。全てを明らかにする必要はないですよね。特定の対象者が混入犯であるかのような議論をするのは避けたいものです。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
plus99% さん、コメントしました。
2019年8月25日 2:29 PM

>ランダムに入ったもの、系統由来、親由来をいかなる方法で分別するか。

ここまでの説明では、理解が難しいみたいね。
今、混乱してますか?

でも、plusさんは、ため息さんより前に進んでいます。
だから、もう少しでわかってくると思います。

ヤフーブログも終わる事だし、こちらが何か言うと、そこを罵倒まみれにplusさんが噛みついてくるでしょう。

学とみ子の言っていることなんて、でたらめばかりと、そちらで言い合うでしょうが、学とみ子側からの反論をする場がなくなります。
こうした状況は、学とみ子は望みません。

ですから、plusさんはそちらで自己研鑽され、理研は何を根拠に、STAP細胞はES細胞から作られたとの結論に至ったのか?の考察を続けてください。そちらの皆も知りたがっていますので、議論しあってください。

学とみ子は、すでにもう十分の説明をしました。

plusさんが理研の意図を理解できた時、学とみ子はしかるべきことを言っていたことに気づくでしょう。

No title

学とみ子
続き

2005年から2012年で、マウス継代や培養細胞分裂のたびに、細胞塩基は変化します。
ですから、2005年マウスからESを作ると、そのESは2005年に生きていたマウスのSNPをもっていて、20012年マウスやそこから作ったESのSNPとは異なってしまいます。
(F1ES1と、FES1それぞれでSTAP(幹)細胞との類似性を考えてください。F1ES1と、FES1の間の類似性は考える必要がありません)

AC129がESから作られたというなら、この両者は、作成後の時間が経っていないので、両者のSNPはできるだけ似ていないといけないのです。それを理研は、調べていないのです。FES1の場合は、129/GFP ESという細胞があって、これとFLS,CTSのSNPが一致する事が示されています。

書き込みはもうできなくなります。あしからず。

No title

学とみ子
plus99% さんのコメントです。
2019年8月25日 12:20 PM

>なんだか関係あるのだかないのだか不明のことばを使って、不明にしようとしているのでしょうな。

学とみ子を挑発してますね。
わかっていない!、ごまかそうとしている!と、plusさんが言えば、学とみ子が反発して、さらに説明をすると期待してるんでしょ?もう、さんざんその作戦でやられてきました。

ヤフーはもう書き込みができなくなります。ですから、これ以上を知りたい時は、plusさんごひいきのLさんに聞けば、Lさんは教えてくれますよ。
そうすれば、皆、ハッピーでしょう。

今、plusさんは、混乱しているけど、親が129と、B6マウスであることは、FES1も、F1ES1も同じです。

マウスの継代をかさねると、代が変わるたびに大きな変化も小さな変化もおこり得ます。培養細胞では、小さな変化がメインだと思いますので、STAP(幹)細胞がES細胞からつくられたというにはSNPの一致が必要なのです。
非公開コメント

トラックバック