2018/3/27(火) 午後 11:54  コメント積み残しNo3

顔アイコン
2018/3/27(火) 午後 11:54

(続き)
「Peer 1: ( January 29th, 2014 8:21pm UTC )
From Paul Knoepfler's blog:
http://www.ipscell.com/2014/01/review-of-obokata-stress-reprogramming-nature-papers/
とあるように、Paul Knoepfler's(ポール·ノフラー)氏がコメントを書き、そこに自分の書いたブログのリンクを貼ったのでした。
というより、このスレッドつまり掲示板を立ち上げたのが最初のコメンテーターのポール·ノフラー氏なのでしょう。」
(続く)削除
2018/3/31(土) 午後 6:59[ gen**ron ]返信する
顔アイコン
(続き)
「イギリスのネイチャー誌が協定破りのメディアを後追いする形でネット公開したUTC 1月29日の公開直後に読んで、同日のUTC 1月29日午後8時21分。すなわち、ポール·ノフラー氏の住んでいるであろうカリフォルニアでは1月29日午後0時21分までには、ノフラー氏は、ネイチャー誌のネット版を読んで、その中から小保方博士の二報に亘る長文のSTAP論文に興味を持って、全て読んで理解をして、ブログにUPしようと判断して、図も写真も貼り付けた編集込みのブログ記事を徹夜で作業して徹夜明けの真昼にエントリーし、スレッドを立ち上げて、URLを張り付けているのです!」

「最長でも作業時間は9時間以内。これは物理的に無理があります。」

「なんなのですか?この異常な執念は?」
(続く)削除
2018/3/31(土) 午後 6:59[ gen**ron ]返信する
顔アイコン
(続き)
「予め、ある程度の概要が分かる資料を入手し、予定稿を書き、ネイチャー誌の掲載版を入手してから行った作業は、掲載画像の挿入と、若干の手直しだけだったのではないかと考えるのが一番無理がありません。
というか、ノフラー氏は、どうして、そこまでして、こんなに急いで徹夜までしてブログをアップする理由なんてあるのでしょうか?
私はこのことに大きな不信感や、疑義を持ちます。」

※私見では、ノフラー氏は早くから論文を入手し、論文以外の情報も同じ情報源から入手していたと推測しています。

「この投稿がSTAP騒動の火種になったのは、このポール·ノフラー氏のコメント欄にネイチャー誌STAP論文についての一番早い具体的な“疑義コメント”が、
February 4th, 2014 11:35pm UTC
つまり、日本時間2月5日午前8時35分に投稿されて以降なのです。」

※アトモス部屋ブログ主は、ノフラー氏による「PubPeer」のスレ立てと、一番早い具体的な“疑義コメント”とは連動していると考えているようです(もちろんノフラー氏とは別人)。私も同意見です。
(続く)削除
2018/3/31(土) 午後 7:00[ gen**ron ]返信する
顔アイコン
(続き)
※「一番早い具体的な“疑義コメント”」とは、以下のコメントです。

「#14 Unregistered Submission commented 4 years ago(commented February 5th, 2014 8:35 AM and accepted February 5th, 2014 8:35 AM)
Figure 1i lane 3...
At higher magnification the background of that lane 3 is darker than the rest of the gel.
Also vertical straight change background on each side.」

Figure 1i は、後に大問題となり、結局ただの言いがかりだったことが判明したTCR再構成のレーン問題の画像です。
(続く)削除
2018/3/31(土) 午後 7:00[ gen**ron ]返信する
顔アイコン
(続き)
※投稿者はこの画像に対する疑義を日本時間2月5日午前8時35分に投稿しています。
ノフラー氏の投稿の問題にするのは、この疑義コメントの投稿につながってくるからです。
あまり問題にされなかったことに危機感を覚えたのか、おそらく同じ投稿者(グループ?)は、翌日、加工した画像を投稿しています。
「#18 Peer 2 commented 4 years ago(commented February 6th, 2014 3:00 AM and accepted February 6th, 2014 3:00 AM)
#14
Here is a false-colour image of Fig. 1i:
https://pubpeer.com/storage/1nBfKTr.png
It does seem as if somebody did not like the original "positive control" (according to the legend).」
(続く)削除
2018/3/31(土) 午後 7:01[ gen**ron ]返信する
顔アイコン
(続き)
※このFigure 1i問題のとんでもなさについては、「そもそもの発端は、怪しげなアメリカのブロガー=ポール·ノフラー氏の立てたスレッドのコメント欄。(その4)レーン3の切り貼りの指摘は、なんと!ネイチャー電子版公開から、僅か4日と12時間後!! 2015.09.10」(アトモス部屋) https://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/55711334.html)で詳細に検証されています。

以下はまた後ほど。削除
2018/3/31(土) 午後 7:01[ gen**ron ]返信する
顔アイコン
前コメント、どぶに捨てた、というのは誤解を招きかねない乱暴な言い方でした。反省します。
仮に良い結果のデータがあったとしても、お化粧などと書かれる、チャンピオンデータのみ記載するなどの実際より良く見せようということを行っただけで信頼性がないと判断されるわけですが、そうしたことをして、結果信じてもらえなかったということです。。
調査委の場で生データを開示しなかったこともこの語には含めて、そうした良いデータがないものであると世の中は受け取るという結果を招いた、という意味です。
これは残念なことだと思っていることも含めてあのような語を使いました。削除
2018/3/31(土) 午後 7:46[ plus99% ]返信する
顔アイコン
> plus99%さん
>光る凝集塊ができていたら小保方パートは成功なんですか?

あなたがなんと言おうと、小保方パートは成功ですよ。違うマウス由来の細胞同志がOctを発現して凝集してくるといのは、十分なる新発見です。この新発見の質(万能化)を確かめるためにキメラやテラトーマを作ります。キメラやテラトーマを作るための実験ではないですよ。ここ、わかっているの?

>ちがいますよ。それになんの価値があるというのでしょう?
そこに価値を見出せないあなたは、しかたないですね。

>理研のサイトへ行き、実施の計画を自分の目でお読みください。検証実験はテラトーマまで単独で行い、一人で完結させて初めて成功なのです。

それは、あなたにとっての成功の認識でしかないです。STAP細胞をキメラやテラトーマを作らなくても、他の方向への臨床研究、たとえば臓器をつくらせる、などに持っていくという方向性があります。成功するかどうかは別ですけど・・。削除
2018/3/31(土) 午後 11:24学とみ子
返信する
顔アイコン
また、細胞はいかなる機序で初期化するのか?その時、核と細胞質はどのような機能分担があるのかなどの基礎研究にもつながります。だから、笹井氏は仮説と言ったのです。
ここはあなたがいくら否定なさっても意味ないです。
いろいろ、将来展望について、plusさんも夢を見てはいかがでしょうか?

>もう完全な失敗です。

あなたにとっての失敗の認識です。でも、凝集塊はできたとの評価はあります。酸につけなければ、凝集塊はできていませんので。丹羽、相澤の検証実験をご覧ください。グーグル訳もありますよ。1回でもできたら成功なんです。キメラ実験の時にはOctが使えないから初期化が見えないです。小保方氏は検証実験で、凝集塊の性状から初期化を予想したのです。清成氏が疑妊娠マウスに入れ込む凝集塊はできていたのです。でも方法は論文とは違いますよ。ここも読んでくださいね。削除
2018/3/31(土) 午後 11:25学とみ子
返信する
顔アイコン
>あの日はそうした反論だと、誰も認めていないのです。
実験で証明するなんて小保方氏にできないでしょう。彼女理研に在職中ですから、いやがらせ満載で実験させられたのです。研究者ではなく犯罪人の扱いでした。多くの人が心配しました。検証実験に参加した行為で、多くの日本人が小保方氏を認めました。外国の査読者も参加を評価しました。

>誰でもいいから科学者を捕まえて聞いてみたらいかがでしょうか
私と同じことを言っている人たちは、いろいろいます。考えることは一緒です。科学者かどうかは、自分自身で判断します。

>学さん、本当に高校で物理化学生物のどれかでも履修したんですか?
マウスが違っていたら実験は間違った方法で行われたので、やり直し、なんです。成果はゼロです。

STAPの実験というのは、材料となる細胞や動物は何でも良いのです。ここ、理解していますか?
ただ、実験の形式として、材料のマウス系統が違っていたので、STAP著者全員が撤回やむなしになったのです。削除
2018/3/31(土) 午後 11:26学とみ子
返信する
顔アイコン
学とみ子さん
>違うマウス由来の細胞同志がOctを発現して凝集してくるといのは、十分なる新発見です。

まるで細胞に鞭毛でもあって自力で移動してくるような言い方です。
水だって表面張力で凝集しますし、水に浮いた油も凝集します。表面が同種のもの同士反発し合わないもので出来ていて、周りの例えば水と親和性が少なければはふらふら彷徨っている状態ではいずれその親和性と反発力できまる大きさの塊ばかりになります。
発光がoct4に由来しているとは報告書は断定していないですね。P2からP3参照
帰結P5によれば
「細胞塊が有する緑色蛍光を自家蛍光と区別することも困難で、その由来を判定することもできなかった」

>それになんの価値があるというのでしょう?
oct-GFP由来の蛍光であれば価値があるのです。検証委はそう判断しませんでしたが。削除
2018/4/1(日) 午前 1:33[ plus99% ]返信する
顔アイコン
>あなたにとっての成功の認識でしかないです。

実験の計画者がたてた目標ですよ。アイザー氏に言うことです。
いずれにしろ、この目標がどれだけ達成されたかが明確になるようにデザインされた実験をしたということです。この実験の目的は論文記載のプロトコルが再現可能なものかどうかです。
臨床研究などへの利用価値云々は再現性のないものにはないんですよ。削除
2018/4/1(日) 午前 1:35[ plus99% ]返信する
顔アイコン
>また、細胞はいかなる機序で初期化するのか?その時、核と細胞質はどのような機能分担があるのかなどの基礎研究にもつながります。だから、笹井氏は仮説と言ったのです。

ある現象が起こり、そのメカニズムは未知であり、様々な可能性を示唆する。そのとおりですが、
その、ある現象が、再現できなかった。というのが相澤氏の結論です。
だから書いたでしょう。出来なかったが有望な兆候がある、というのと出来なかったは違うのです。
相澤氏はトリックがー、といって出来なかったとまとめてしまったと
報告書帰結P5
「以上のとおり、今回STAP現象の確認に至らなかったことから、この検証実験の結果及び本総括責任者、実験責任者による科学的判断を踏まえ、平成27年3月までを期限としていた本検証計画を終了することとした。」

3ヶ月残して終了してしまったのですよ。

>完全な失敗。
同上。削除
2018/4/1(日) 午前 1:36[ plus99% ]返信する
顔アイコン
>いやがらせ満載で実験させられたのです。

そのとおりです。
私に言わせると、キメラ実験云々と言い出したのはそれに輪をかける嫌がらせです。理由はすでに書きました。
しかしそれは「あの日」が反論と認められないこととはなんの関係もありませんよ。


>STAPの実験というのは、材料となる細胞や動物は何でも良いのです。

様々なマテリアルで実験が行えるというのと、豚で実験したつもりが牛であったは似て非なる次元の話です。
正しいマテリアルで実験したらやはり成功という結果がでるのではないか、という希望を持っていたのではないか、というなら、そうかもしれませんね、となりますが、
もう一度、正しいマテリアルで実験するまで、成功するに決まってる、と決めつけないことが科学だと思いますし、そう行動できるから笹井氏も丹羽氏も著名研究者になれたのだと思いますよ。削除
2018/4/1(日) 午前 1:37[ plus99% ]返信する
顔アイコン
gen*****さん
詳細な
ノフラ-氏事案のアトモスさん考察は
素人では、とても把握出来かねてますが

大変な、纏め作業を引き受けてくださり
感激しています。
ありがとうございます。

STAP騒動の全体像の把握にとって
STAP騒動の発端になった、疑念深い
初動の経緯について、その考察を
皆様で共有できることの意義は
非常に大切なことと思います。

その論文あら探し作業は、発表前から
準備されていたはず、との
中部大学、
武田先生が考察されていましたが
その具体的な流れをアトモスさんが
詳細に報告されていました。

パートナーがコンタクトとれた
ある先生が、
2か月前にネイチャ論文検証を
ある筋から依頼されたことを語って
います。パートナー情報を信じるか
否かは、これまでのパートナーの
根拠資料収集の丹念な
行為からそれぞれが、ご判断下さい削除
2018/4/1(日) 午前 8:24[ Ooboe ]返信する

> plus99%さん
どうでもいいなら、当方ブログからおひきとり願いませんか?今がチャンスです。

あなたがSTAPの会的背景を語らず、私にとって的外れた科学的批判を繰り返すなら、残り少ない私の人生時間がロスします。スマホの電池切れです。

あなたを可愛がってくれる人のところにいくか、私と同じに孤独にいくかですね?ご自身のブログを立ち上げる…削除
2018/4/1(日) 午前 8:56学とみ子
返信する
顔アイコン
パートナーの状況根拠資料からの
推理ですが

ネイチャ論文あら探し作業は
笹井先生が作成に参加されることな
なった頃から、意図されていたと推理
しています。

あら探し作業をする研究者自体に
自身の経験からも、また
生命科学分野での論文デ-タの
扱い不安定さからも、
あらが発見出来るものとして
論文否定の準備していたの
ではないかと?
2か月前の論文流出の事実から
状況根拠的、推理が可能です。
また、
ネイチャ論文発表直後における
学会権威の連名での、竹市先生への
警告がいち早く届いた現象からも
論文潰し意図勢力がすでに存在していた
とする推理は十分可能でしょう。削除
2018/4/1(日) 午前 8:58[ Ooboe ]返信する

> Ooboeさん
STAP実験中から、対抗勢力や自己点検勢力などからの攻撃があり、現場はどろどろだと思います。やられた、やったの競争世界です。

古い研究者が多いほど、そうなるでしょう。皆さん、心折れる職場です。

だから、若山氏は、詳細な遺伝子解析を避けたり、名前を変えたサンプル名でGRASに持ち込んでいます。

桂報告書がわざわざこんな事まで書き込んだのは、それなりの意図があるでしょう。削除
2018/4/1(日) 午前 9:39学とみ子
返信する
顔アイコン
plus99%さんがいらっしゃるうちに、少しだけコメントします。

今思い返すと、私も心情的には「どぶに捨てた」と表現したいです。ここが最大のポイントだったと思います。残念ですが、これが小保方氏の一存なのか、ハーバードの意向が入っているのか(彼女のラップトップ内のデータは、理研ではなくハーバードの管轄下と思われるので)は、不明ですね。

私も、一研究者ブログでの「1103さん」のコメントのファンでした。1103さん= plus99%さん、と知って、色々と納得です。削除
2018/4/1(日) 午前 9:55[ L ]返信する
顔アイコン
学とみ子さん
頭が悪いこと。猿でもわかるように説明しましょうか?

お偉いところからの指示なので「根幹には影響しない」的言い逃れで本来受け付けないところを一部考査を免除してまで入所させ、「根幹には影響しない」的言い逃れで、生データを確認せず、「根幹には影響しない」的言い逃れでキメラの性別が違う疑いを看過し、「根幹には影響しない」的言い逃れでコントロールを実施せず、不正はチェックシステムをすりぬけて世に出てしまいました。
「根幹には影響しない」的言い逃れで小手先の不正調査ですまそうとして炎上し、「根幹には影響しない」的言い逃れで疑義を隠蔽しているとの暴露をされ検証実験で犯罪者扱いされたんですよ。

それぞれの場での言葉は違いますが、「根幹には影響しない」的言い逃れがまさに、小保方氏が、やったことの割に世間から迫害される原因を作ってきたんですよ。
このような「根幹には影響しない」的言い逃れは根幹にかかわっていたたら倍返しをくらうんですが、「根幹には影響しない」といった人はそれぞれどうしてます?実際に倍返しをくらったのはだれですか?。削除
2018/4/1(日) 午前 11:15[ plus99% ]返信する
顔アイコン
> plus99%さん

皆さんの憧れのLさんから、コメントをいただき良かったですね。

ここで罵倒用語を頻用しても、あなたの活動と解説は人々に受け入れらていると言うことです。

マスコミの方がお書きになったなら、あなたの上記のコメント文章はよろしいと思います。

須田氏もそうですが、マスコミは研究の現場や知識の無さを顧みず、権威や経験あるものに逆らいます。
マスコミは無知を指摘されると、相手を威嚇して、必死にごまかします。日常的な人間関係ではありませんね。

マスコミは、理研や研究者に対して、ずさん、とかの攻撃用語を簡単に使うことができます。

まあ、マスコミ人はそういう立場の方だと思います。
だから、小保方氏の不正を絶対許さないという書き方はあると思います削除
2018/4/1(日) 午前 11:55学とみ子
返信する
顔アイコン
マスコミは、人気のあるところに行くのです。
ですから、それを理不尽と思う記者は、干されていきます。

あなたがマスコミと関係ないお立場なら、この話は聞き流してくださいね。

あなたの主張に合わぬのなら、いろいろ不満をかかえているのなら、今までの見識を、本にお書きになると良いと思います。(仮定条件は2個で読みにくいけど、あなた志向の文章にしました)

”生物系研究所内の腐った現状、それを擁護する三流の研究者や医療関係者たち”というあなたのストリーづくりに、私は貢献してきたと思います。削除
2018/4/1(日) 午前 11:56学とみ子
返信する
顔アイコン
学とみ子さん

あなたは2ちゃんねるなんて覗いたりしないのだろうけれども、かつて、おそらく2ちゃんに発し、そこだけでなくいろいろな所で小保方氏が「こまけーことは気にすんな」と言っているアスキーアートが貼られていたのを目にしたことはないですか?
私の知る限り小保方氏が「こまけーことは気にすんな」ないしはそういった意味の発言を公の場で発言したり、公ではないどこかで発言したという報道もありませんが、「こまけーことは気にすんな」と言いそうな人というイメージが流通してしまっているということです。
これはいかにしてそうなったのでしょう。明らかに誰かの悪意です。しかし私が思うにあなたのような人が軽い気持ちで

>「不正は発覚したが、根本には影響しない」という常識派は、科学者として普通の考えです。

などと書くことと無関係ではないと自覚した方が良いと思いますよ。
前のコメントで書いた通り、これは負のスパイラルのの大きな原動力の一つです。削除
2018/4/1(日) 午前 11:56[ plus99% ]返信する
顔アイコン
STAP騒動の発端を切り開いた
初動ノフラ-事案は、
国際的な誘導効果を狙った作戦では
と、(したらば分身さん)

すでに準備しておいた、論文のあら疑惑
をまず海外ネットから初動し、
そのあと国内ネットに小出しにする作戦は見事に嵌まり
メディアへの相乗効果を生みだました。

この作戦は練りに練られたものと
推理できます。
はなからSTAPを否定したい
STAP潰し意図勢力が
ネイチャ発表前には
十分な準備をすでに整え、手順よく
実行されていたことが伺えます。削除
2018/4/1(日) 午後 2:30[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
tai*****さんもLさんまで。勘弁してください。顔から火が出てしまいます。

Lさん
お久しぶりです。
早稲田の会見で、早稲田の方が、ハーバードに問い合わせた結果、データの管理や権利は日本人が考えるのとはかなり違っていて、小保方氏がデータを取りようせようとすることが、あるいは早稲田が協力を求めてもどちらも簡単なことではないことを述べていますね。一方では手元にあるデータについては詳細に記すことを求めているわけで、PC内のデータがハーバードの管理下というのには収まりが悪い。このあたり早稲田の歯に物がはさまったような物言いはとても気になっています。
桂報告書に関しても、規定により提出できないことを記すように代理人が異議申し立てをして依頼人の名誉を守ることができたろうにと思うのです。普通ならハーバードと理研の協定、あるいは小保方氏が縛られているハーバードの規定といったものを明らかにすることで、何か小保方氏に不利になることがあるのだと思う所ですが、私には、あの代理人が小保方氏のためになるようなことをするために代理人をしていると、どうも見えないので、なんとも。。。削除
2018/4/1(日) 午後 2:43[ plus99% ]返信する
顔アイコン
ひょっとして、まさか?
1103さんは、
11 jgen 3さん、でしょうか?

いまは、どうなさっておられるのでしょう?知りたいなぁ削除
2018/4/1(日) 午後 2:56[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
したらばさんの論文流出推理は、
常識的に共著者しか共有できない発表前
論文ですから
若山氏ル-トと考察してますが

パートナーは違う感触です。
ネイチャ論文検証を事前依頼されたことをパートナーに語って下さった
先生は、どなたから依頼されたかは
申されませんでしたが
交友関係は語っておられてました、その中に理研関係者のお名前はありましたが
若山先生は含まれてなかったそうです
また
その先生の若山氏評のニュアンスからも
若山氏ル-トではないと判断しています

関連分野の研究者ではありますが
専門分野でないこの先生に
流れたことから、
論文検証依頼主は、かなりの関係者に
提供していたことが伺えます。削除
2018/4/1(日) 午後 3:24[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
> plus99%さん
ご指摘ありがとうございます。
確かに、それは言えます。
コメントで書いてしまったことは直せないです。
消すしかありません。
申し訳ないですが、あなたが引用で書いた私の文章も消さざるを得ません。

少しならいいじゃないか?は、実社会ではある程度、認められるが、
科学界では徹底してたたかれる、だから言うな!とのありがたいご助言ですね。了解しました。

この価値観の違いを、アンチSTAP派は最大限利用して、一般人に向けて、小保方氏のねつ造が根幹的であるとの印象操作をしました。
そして本質的なESねつ造疑惑に彼女を関連させていったということですね。

蛇足ながら、子育て界なら、少しならいいじゃないか?を親が拒否すれば、子供はメンタルトラブルになる。
教育勅語を幼稚園児に覚えさせても、能力的に脱落する子どもが出てきます。削除
2018/4/1(日) 午後 4:11学とみ子
返信する
顔アイコン
学とみ子さん
このぐらい普通だろうと看過することがが科学界で特に問題視されると書いたわけではありません。私はそういう知識があるわけではないので。
クレーム処理などでは開き直って「このぐらい普通だ」と答えることは最悪のトラブルシューティングであることは広く知られていることです。客商売のOJTマニュアルに書かれるくらいです。
何度も、もしかしたらここでもすでに書きましたが、異物混入で炎上したマクドナルドがいい例です。解説記事によるとあの生産量で異物混入があの件数なのはまさに普通だそうですが、そう開き直ったら、あの巨体が再建に長い時間がかかるところまで追い込まれました。
小さな危険を見逃して大きな危険を招くことの防止のためのヒヤリハットという標語もあります。
こうしたことに対して、分野や業界ごとに温度差は確かにあることでしょう。削除
2018/4/1(日) 午後 6:37[ plus99% ]返信する
顔アイコン
学とみ子さん

小保方氏のねつ造が根幹的がどうとかは何を意味しているのかはさっぱりわかりませんが。
まあ、話の一部でも伝わってよかったと思います。
どうせ消すなら、どうでもいいなら云々とか憧れのLさんとかマスコミがどうとか怒りにまかせて書いたあれこれも消したらいかがですか。別に残っていても気にしませんが。

小保方氏はいくつかの場面ではむしろ他の人の看過したことのツケを払わされているにも関わらずそのことで非難されているということがSTAP事件の特徴なんです。私の「どうでもいい」という脱力感はご理解いただけましたか。

さて、脱力感にため息をつきながら検証実験については書いたのは
あなたの話と私の話の食い違いぶりを並べたかったからです。削除
2018/4/1(日) 午後 6:38[ plus99% ]返信する
顔アイコン
学とみ子さん

この食い違いはどこから来ているでしょうか。
アイザー氏の「若山氏はトリックでキメラをつくった」に由来していると。私は思うのです。
「トリックがなければキメラはできない」「若山氏だけがキメラを作れる」
この2つの解釈が成り立ちますが
「トリックがなければキメラはできない」はSTAPに多能性がないと示し
「若山氏だけがキメラを作れる」はSTAPに多能性があるかも、とほのめかします。

理研の公式の結果報告はどうなっているでしょう。たった5ページのぺらっ。トリックなんて出てきません。若山氏ならできたかも、もありません。
再現できなかった、認められなかったとあるばかり。
要するに「若山氏はトリックでー」と擁護の方の目をそらすためのチクロ入りのスイーツを投げてその隙に「STAPはありません」と尻尾を振ったということです。アイザー氏は甘いお菓子をくれるよいおじさんと思うかどうかはその人の自由です。
以上でようやく火消しと鉄砲玉と切り捨てについての拙説はおわりです。削除
2018/4/1(日) 午後 6:41[ plus99% ]返信する
顔アイコン
理研内では、論文発表以前からの
小保方、笹井STAP潰し意図勢力の
代表的存在は
後の6月頃には、その同調者により
(三銃士)の先生方と
呼ばれていたようです。

また、正式内部告発手続きをせず
早々と「STAP細胞の非存在」を
ネット(kahoの日記)で流した
横浜理研の遠藤高帆氏は

S氏と匿名ながら、笹井先生に敵意を
むき出したコメントを出し、
状況的に遠藤氏だろうと仄めかしてくれた毎日須田記者へのメ-ルは
3月時点です。
神戸の仲間とは、親しい間柄であると

この(kaho日記)に見られる事象は
そもそも、はなから、
「STAPを否定するため」の
スタンスであったことが
よく判かる事例です。削除
2018/4/1(日) 午後 7:31[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
今回の婦人公論の小保方さんの
記述に印象的な言葉がございます。

「はなから❰ない❱と決めつけて世界を見るのと、存在の可能性を意識しながら
世界を見るのとでは、真実に出会える確率もスピードも変わると思うのです。」削除
2018/4/1(日) 午後 7:40[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
> Ooboeさん
>「STAPを否定するため」のスタンスであったことが
遠藤氏は、匿名なら追跡されないと考えて、露骨な権力抗争の文章にしてしまったのですかね?STAPは偽物!で止めておくこともできました。石川氏がマスコミを連れてきたという話にも通じますが、マスコミ読んで記者会見を開くというのは、研究者の夢がわかりました。遠藤氏は結局、それをかなえましたね。その時に司会した研究者の方とか、反STAP派の人たちの動画が残っていますね。彼らにとっても、あの日には戻れないということでしょうか?削除
2018/4/1(日) 午後 7:53学とみ子
返信する
顔アイコン
> plus99%さん
火消しと鉄砲玉と切り捨てについての解説ありがとうございました。
学とみ子は、拙説とは言いませんよ。むしろ、小生、拙著、褒め殺しとか、こういうのを男性脳的思考と思います。女性には疲れます。
これから若山氏はどういう行動が望ましいのですか?
使用後の鉄砲玉は、片付けられてしまうのですか?

謙遜したがる男性に比べ、一方、女性はできるだけ良くみせたいと思う生き物です。
化粧、つけまつげ、顔や体の整形など、あらゆる手段で少しでも自らを良く見せようとします。又、つくり笑い、つくり声、親切の押し付けなど、日常行動においてもとってつけるのが女性なんですよ。

少しでも良く見せたい、ボスを喜ばせたい、そうした女性特有の熱意が、STAPでは、もろマイナスに作用しましたね。

やたら謙遜したがる男性と、やたら良く見せようとする女性と、両者の溝が深いですね。削除
2018/4/1(日) 午後 8:14学とみ子
返信する
顔アイコン
毎日須田記者により、
横浜理研、遠藤氏と仄めかされた
メ-ル
「神戸の理研は、親しい仲間なので、
信頼しています、、」
とは、遠藤氏のはなから
「STAP否定のスタンス」
反笹井心情で親しかったのでしょう。

後に横浜理研OB石川氏が告発検証のため
石川氏には、面識がなかった
神戸理研CDBの関係者を紹介してくれた
のも、神戸理研の「親しい仲間」であった遠藤氏であり、
更には、
石川氏には、面識がなかった
山梨大学若山氏が山梨駅まで迎えに
いかねばと、丁重に対応させたのも
神戸理研関係者の有力者の
口利きだったからと推理できます。

STAP騒動は、様々に連動した
興味尽きない事件でした。

その発端の火花がノフラ-氏により
海外からスタ-トしていきました。

すでに画像あら探しの準備が
為されていた情報をもとに、
彼らにとっての課題はいかに効果的に
発進するかであったのでしょう

ノフラ-氏関連者による、
その巧妙なスレ立ち上げ経緯と
画像「3レ-ン」疑惑のスレの
時間差小出しの巧妙さは
アトモスさんが詳細に検証し削除
2018/4/1(日) 午後 8:36[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
gen**ronさん

ゆっくり、アトモス検証の纏めの
続きをなさって下さいね
楽しみにしてます。削除
2018/4/1(日) 午後 8:43[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
学さん

>彼らにとっても、あの日には
もどれないのでしょうか?

おそらく、戻りたくないわね
早く、忘れ去りたいから、沈黙
しかし
擁護が、うるさくて、かなわん!(笑削除
2018/4/1(日) 午後 8:54[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
gen**ronさん

ゆっくり、アトモス検証の纏めの
続きをなさって下さいね
楽しみにしてます。

ダブリかも?削除
2018/4/1(日) 午後 8:58[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
Lさん

パートナーはLさんに
PCRデ-タ資料を手渡したかったのに
海外だったんですね、残念でした。
いつ頃
日本に帰ってこられるのですか?削除
2018/4/1(日) 午後 9:03[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
学とみ子さん
鉄砲玉というのは普通、罪をかぶって服役するとか、敵対勢力に報復として殺されるとかして初めて仕事が完了するのです。放った元に災禍が及ばないようにするために放つのですから始末しちゃ意味がないんですな。放った元は知らぬ存ぜぬです。
鉄砲玉に報復するのはやられた方の若い衆のガス抜きのためで、取られた首は戻らない、放った側は痛くもかゆくもない、何の意味もないんですな。

ところで。
性別を明らかにしていない相手に男性だ女性だと言及することから現代社会ではすでにセクハラに該当するんですよ。
小保方氏のこの行為は女性特有の熱意、、などと論評するとこれはもう一昔前から、面と向かって、もしくは公衆の面前で言えば言われた人にセクハラとして訴えられても不思議はないんです。
このブログは公衆の面前に該当します。
お気をつけあそばせ。削除
2018/4/1(日) 午後 9:30[ plus99% ]返信する
顔アイコン
>「はなから❰ない❱と決めつけて世界を見るのと、存在の可能性を意識しながら
世界を見るのとでは、真実に出会える確率もスピードも変わると思うのです。」

ルベリエと海王星の話、トンボーと冥王星の話、小柴氏とカミオカンデの話
反対の例としてはルベリエとレスカルボーとヴァルカンの話、スキャパレリと火星の運河の話、ブロンロとN線の話
素人のただのSF読みでさえ数分で肯定的なものも否定的なものも例を思いつく。
科学をやる人なら何倍も素敵な話と恐怖の話を知っているにちがいないと思う。
実際になにかを見つけようと頑張っている人にとって認知バイアスやらなんやらの切実さと恐怖は素敵なお話では済まないことだと思うけどねえ。
STAPはその恐怖の方に分類されると思うのだが。よく書くなあ。削除
2018/4/1(日) 午後 11:52[ plus99% ]返信する
顔アイコン
2か月前ネイチャ論文流出が判った
パートナー情報の資料として

パートナーが質問コンタクトを交わした
ある生物学分野の先生からの
書簡を4月14日の「閲覧会」でも
公開します。しかし
そのパートナーへの説明内容から
先生のお名前が特定できる部分があり
そこは、
黒塗りにするとのことです。削除
2018/4/2(月) 午前 1:03[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
この場をお借りして、
時間変更のお知らせを
させていただきます。

来る
4月14日「パートナー資料閲覧会」を

Am11時からと、お伝えしましたが

正午から~Pm8時と変更します。

準備の都合とのことです。削除
2018/4/2(月) 午前 1:11[ Ooboe ]返信する
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック