ES細胞から作られたというのは、遺伝子調査では明らかにできない!との結論です。

ため息ブログでは、学とみ子ブログが静かになったと喜ぶ方がいます。
当ブログにいただいたコメントの処理について、STAP擁護論ならコメントアップし、ES論者ならコメントアップしないということではないことをお知らせします。

事件後、5年が経過し、だいぶ議論が煮詰まってきたものの、以下のため息氏コメントに代表されるように、STAP擁護論はでたらめで非科学的との、ES派からの攻撃は続いています。

ため息氏が最近、次のようにコメントされています。
> 違うというのなら、意見をブログに書いてみたら? 科学的な議論をしたいのでしょ?印象操作じゃないよ。


以上のコメントから、わかるように、ため息氏は、STAP擁護論を語る人は、皆、科学的理解ができない人だと決めつけます。
当ブログで、さんざん説明をしても、ため息氏は理解できないふりをしています。それがため息氏の戦略です。

当ブログ間との議論で明確になったように、ため息ブログには、STAP細胞理解に必要な幅広い知識を持つ方はいません。
ES論の破たんが明らかになったのにもかかわらず、相変わらずため息ブログでは、ES論には正当科学が存在しているとの印象操作を行っています。

ため息ブログと当ブログの間では、互に理解しあう段階は、とうになくなっています。
お互いに、相手が、何も理解していないと言い合う関係でしかありません。

マスコミが間違ったSTAP論を展開し、それに扇動された一般人を巻き込んで、ため息ブログでは、ES論を堅持するための活動をただ、やっているだけなんですね。

特に、ため息ブログの人たちは、科学に詳しい人はほんの一握りであり、かつ専門分野が限られています。
限られた知識しか持たない学者たちの層が、ES論をかかげてSTAP細胞を潰しました。
その後から出てきた複数の疑問点について、ES論では説明がつかないのです。

STAP細胞の全貌を理解しない人達が、理研にはいたのでしょう。
STAP細胞の新規性が理解できず、ES論が出てきた時に、それを信じてしまった人たちがかなりの勢力で理研にいたのでしょう。
古い体制が残る理研ならではの、社会的不祥事なのではないでしょうか?

桂報告書やBCA論文に書かれた矛盾に富む結論を知れば、科学を理解できる人であれば、ES論から離れています。
BCA論文では、図表と本文の説明に矛盾があり、図表からは説明できないはずの事実が、説明できると文章に書かれているのですね。
科学者であれば、この矛盾に気づきます。
科学分野の専門家たちは、ES説の破たんを意識していますが、政府か介入してきた後には、科学者たちは、STAP細胞をもはや話題にしませんね。というより、科研費をもらう科学者であれば、話題にできない立場ではないかと思います。

一方で、科学をねじまげて一般人に誤解させる活動を恥と思わない人たちが、ため息ブログで、ES説の正当性を論じています。
これだけ議論がでつくした現時点において、未だにES論が正論だと主張する人たちは、科学論と離れたスタンスでES論の正当性を主張している人たちです。

STAP擁護論を潰そうとするES論者のモチベーションは、科学論とは別の時点にあるということです。
世の中には、正当論から離れて、渦中の事件関係者を守りたい人々がいます。
そうした人たちの活動の拠点がため息ブログでしょうね。
結論ありきの議論でも、そうした印象操作がミエミエです。

以下のoTake さんのコメントは、mさん関係者への抗議のようですが、(学とみ子は実態をフォロウしていませんが)、oTake さんは誰かを守るために、mさん関係者を批判をしている様子です。
oTake さんは、以下のようなことを書いています。


oTake 2019年9月14日 10:31 PM
2019年9月14日 10:31 PM
>従兄弟を“m j もんた”のような輩の被害者にするわけにはいかないから、私が 2019/9/12 4:20 pm にこちらにコメントしたわけなんだけどね。


従兄弟を“m j もんた”から守りたいとの、oTake さんコメントなのでしょうね。
oTake さんにとっては、従兄弟が正で、m j もんたは邪なのでしょう。
これと同じ構図で、ES派にとっては、STAP事件の若山研究室は正であり、小保方氏は邪です。

ため息ブログにおいては、STAP細胞を擁護する人たちは邪であり、非科学的であり、常識をわきまえない人です。
ここ数年、そうした攻撃を、当ブログは受けてきたわけです。

しかし、何と言っても、ES混入の方法論も明らかできないES説の破綻はあきらかですし、ES論者たちはSTAP擁護論に反論できる科学的スキルを持ちません。

その証拠に、ブログ主のため息氏は、ことあるごとに、

もう、終わった問題!
結論が出た問題!
オワコン!オワコン!

と叫ぶことしかできないようです。

今、ため息ブログで、胚盤胞注入実験で、細胞の大きさが問題になっていますが、ため息ブログに書き込んでいる人たちは、その科学分野の全くの素人たちなんですね。
ですから、そうした人たちと議論するのは、意味がないことなんです。

STAP擁護論者が、ES論にいろいろ疑問を呈することは大事な事であると思いますが、どんどん、議論の方向性がずれていってしまえば、議論をしない方がましになってしまいます。
一般人同志の議論で、混乱が増すことになります。

若山氏が何も言っていないのですから、気付くとか、気付かないとかを議論するのはあまり意味が無いように思います。
事件関係者たちがあえて隠している事実を詮索しても仕方無いと思います。

STAP事件関係者は、何の証言もしてくれないです。
多くの秘密が隠されてしまい、小保方氏のみに責任が追及されたのです。
当時の理研は、STAP論文を科学論争として扱わず、社会的不祥事として処理したのです。
公開で、STAP論文関係者に科学的議論をさせれば、遺伝子解析ではわからない事実が次々明らかになったはずです。
何らの予算も必要ありません。
しかし、理研はその解決法をとらなかったのです。
ここが一番の問題点ではないでしょうか?

結局、理研の真の科学者陣は、不祥事処理ではまずいと考え、桂報告書とBCA論文に目立たぬように科学論拠を残したのです。
STAP細胞がES細胞に由来するとの事実を、遺伝子調査では明らかにできない!というのが、BCA論文の結論でした。

桂報告書は、STAP細胞の多能性証明の責任は、すべて若山氏の実験結果によるとの結論です。
一流誌掲載の決め手となったSTAP細胞の多能性実験(幹細胞とキメラマウス作成)は、若山氏の担当と桂報告書が明記したことの意味は大きいのです。
この短い記載だけで、誰がどの実験の責任者だったのかがわかります。

小保方氏が、幹細胞の実験もしていたと世間が誤解する作業を、桂報告書がそのまま書いています。
一方で、マウスの管理をしていたのは若山氏であり、かつ、記録をしていないと桂報告書で明記されました。
つまり、小保方氏は多能性の実験結果に関与する役割が低く、まして、ESを混ぜたという疑惑はどこにもないわけです。
小保方氏の個人的資質を貶めなる手法を用いて、小保方氏の関与の無さを桂報告書は書いています。
こうした報告書の書きぶりからして、もはや、ES論を支持する本当の専門家はいないと思います。

結局、STAP擁護論者とは、この結論をもっと広めたいと思っている人たちなのではないでしょうか?

もし、ES論を堅持したいなら、STAP擁護論者から提起された質問に答えなければいけません。
桂報告書でもBCA論文でも示せなかったES説の正当性を示せる人は、世界中さがしてもいません。

当ブログでは、STAP細胞とES細胞は、どこがどう違うとかの議論に集中させて欲しいと思います。
ため息ブログのおちょくり集団とは、距離を置きたいと思います。





スポンサーサイト



コメント

Ooboe
学さん

学さんの、ここで繰り返したくない
思い、了解です。
彼らに構わず、文献的資料根拠をベースに
私達のアプローチから、Stap事件の究明を
続けて行きますね。

続き: Ooboeさんへ

学とみ子
plusさんの科学論は、彼の思いつきなのです。社会的イベントなら、思いつき考察もOKですが、彼との科学論は、説明すれば説明するほど、本筋から離れていきます。お互いに議論が噛み合わなくても、彼はいとわないのです。議論の行き違いを攻撃するのが、彼の戦法です。

なぜなら、持論を展開するのが、彼にとって何より大事だからです。plusさんは、持論を展開する機会を探しているのだと思います。

過去に学とみ子は何度かひどい目に会ってるので、ここで繰り返したくないです。

Re: Ooboeさんへ

学とみ子

> 文献的な事実を、学さんにおかれましては、未確認のように思われます。

一流の学者が気づかない訳はないのです。若山氏が注入時、気づかないわけはありません。論文に書いてあるからありません。ES論は、もともと、おかしな説なのです。学とみ子が確認してる、してない以前の問題です。

笹井氏は、酸浴後一週間の細胞変化を自ら確認し、後は若山氏の実験結果を信じたのです。若山氏も実験の最中にはSTAP細胞の多能性を信じてたのです。ですから、そうした当然の事を、plusさんと議論しても意味無いですよ。彼は他人を挑発して、何らかの情報を引き出そうとしているだけなのです。

非公開コメント