時間がたって専門的知識が進み、かつ、状況が明かになると、真実は情報操作より優位に立ちます。

yap*ari*w*katt*na*さんのコメントです。

>「STAP幹細胞の調査結果から、STAP細胞までなかったことにした」というのは、報告書が読めない間抜けの出鱈目ということです。

やっぱりさんは、細胞学はプロではないと思いますが、遺伝子に関しては、ずっとその世界で仕事をしてきた方とお見受けします。
ですから、そうした専門分野を学者たちとも議論してきたでしょう。
STAP細胞の疑惑を最初に言い出した遠藤氏なども、遺伝子の専門家でした。

当初、この遺伝子関連専門家層が、STAP細胞に疑惑を感じたのでした。
そして、やがて、STAP潰しに向けて積極的に活動するようになりました。
彼らは、STAP細胞が偽物であると信じて疑わなかったと思います。
そうした意味では、勇気ある科学者の行動であるとも言えます。
しかし、新規の細胞であったSTAP細胞の科学には、うとかったのではないでしょうか?

STAP細胞は、毎回作られるたびに、違う遺伝子機能の細胞となること
実験操作中に、ES汚染が起これば、最初の実験に用いられた細胞は消えてしまい、別の細胞になってしまうこと。



やっぱりさんは、今、学とみ子が指摘している桂報告書考察の記事には、神経をとがらせていると思います。
特に、セイヤさんのタイムリーな書き込み
”桂報告書は、STAP幹細胞の調査結果から、STAP細胞まで無いことにした“
との文章を、やっぱりさんは打破しようとしています。
そうしたやっぱりさんの焦りがわかるのが、上記のやっぱりさんのコメントです。

参考までに、余談ですが、ため息さんの文章というのは、本当に大事な部分にはコメントせず、どうでもよいことをいつまでもぐるぐると廻って間違い探しをしているとの印象があります。
学とみ子文章への食いつきどころを間違っているのです。
科学的センスの欠如と思います。
ため息さんは、専門的分野ではこうした把握のミスはないでしょうが、専門でない細胞学は落としどころをみつけられないようです。

やっぱりさんとため息氏にはこうした違いがあるにしろ、彼らの主張は、学とみ子のバカタレ、セイヤのバカタレ、と連呼することです。
当然、小保方犯行説の彼らは、桂報告書がSTAP細胞作成後の実験過程でのES混入のミスを指摘した事実を、否定できる証拠も根拠も持ちません。

ですから、やっぱりさんたちは、STAP細胞作成後の実験過程におけるES混入など、”絶対にありえない!”と言っていくしかありません。
小保方犯行以外の可能性を指摘する人たちを、科学的かつ人格的に強く否定していくしかありません。
それがよくわかるやっぱりさんの上記の文章です。

小保方氏が、STAP幹細胞、キメラは、すべて若山先生に作ってもらったと証言しても、やっぱりさんたちは、小保方嘘つき、精神異常呼ばわりを繰り返し、小保方氏の過去にさかのぼってまで彼女を否定しました。

苦境の籠池さんが詠んでいます。
「罪作り これでもか これでもかと おとしめる」

そうした印象操作を真実と思い、かつ、広げているのが、アノ姐さんや体内時計さんです。

もし、幹細胞を作る時に予期せずして、ソートがうまくいかずにアクロシン入りES細胞が混じってしまったら、その後の実験結果は、すべてアクロシン入りES細胞由来となります。キメラしかり、幹細胞しかりです。

こうした考え方が、とにかく世間に広まらないように、ヤッパリさんたちは必死に活動をしています。
なぜなら、ヤッパリさんたちも、小保方犯行以外のES混入の可能性を十分に疑っているからではないでしょうか?

ですから、小保方犯行説派は、それ以外でESが混じる可能性など、決して一般人が気付かないようにするための強引な活動が必要なのです。

やっぱりさんたちは、仲間に遺伝子の専門家がいて、かつ、STAP実験の現場の情報もある程度にぎっているでしょう。
やっぱりさんは、メチル化実験についても良く知っているし、不安定になりがちな生物を用いた実験の質も知っています。
そうした不安定さを利用すれば、このタイプの実験に慣れていない小保方氏が犯しやすい判断ミスを、意図的ねつ造へと持ってくことができます。
小保方氏が、最初から、いかにもでたらめな実験をして、結果に都合つくように、意図的にねつ造したとの印象操作に利用したのです。

ねつ造判定に使われた増殖曲線も、同時に各細胞の測定をヨーイドンでやったのではないようです。
同時に測定したなど、論文のどこにも書いてありません。
増殖曲線は、ES細胞はES培地で増え、STAPはES培地で増えないことを示したにすぎません。
あたりまえの基礎的実験を示したものです。
幹細胞は、ESに置き換わっていたからES培地で増えた!のです。

これらのメチル化実験、増殖曲線は、ES混入疑惑となんら、関係がありません。
小保方不正の証拠は、こうした実験にしか見いだせなかったのです。

小保方氏は、ねつ造実験をしたと判定することで、小保方氏がESを混ぜたという印象操作に持って行きました。
実際の桂報告書には、小保方氏がSTAP細胞作成中に混ぜたなど、どこにも書かれていません。
しかし、小保方捏造の印象操作は、桂報告書のそこかしこに書かれています。
こうした印象操作を読んで、「おかしいなあ~」と気付くように、桂報告書の著者が意図したと、一般人が勘繰ってみるのも良いでしょう

一般人のいろいろな疑問に対しては、やっぱりさんたちはありとあらゆる侮辱言葉を並べて、一般人の持つ疑惑を蹴落としてきました。
しかし、ついに、
一般人は彼らのそうした活動の真の姿がわかるようになったのです。

なぜなら、時間がたって専門的理解が進み、かつ、状況も明かになったからです。
真実は情報操作より優位に立つからです。

ヤッパリさんたちの活動は、今も継続中ですね。
戦いは続きます。


追記
ため息コメントです。
2019年10月31日 2:00 PM
細胞増殖率測定のグラフを作成したことを認めている」し「小保方氏の捏造と認定せざるを得ない。」とあり、これに小保方氏は異議を唱えていないわけで、ES細胞が混入したとかの問題ではなく、測定そのものが疑わしいのですよ。

何を言っているのでしょうか?
なんで、STAP細胞の増殖曲線を調べる時に、ESが混じるの?
もう、ため息さんは、学とみ子にケチをつけるのをやめたのではないの?
STAP細胞にESがまじってたら増殖するでしょう?
若山先生が、片瀬さんに突っ込まれていた部分ですよ。

何回も同じ質問しても答えはないし、デタラメを指摘しても訂正することはないのだからね。
これだけ、様々な方々から批判・非難されても何とも思わず、自説(説と言えるかどうかわからない主張)を言い続けるという頭の構造は、・・・


ため息さんの質問には意味がありません。
見当はずれで理不尽なので、答えるに値しないのです。
それでも、学とみ子が答えようと努力をすると、それに対して、さらに又、見当はずれで理不尽な反応で返ってきます。
学会だったら、座長がその質問者の質疑応答をやめさせる場面です。

そもそも、こんなローカルなブログによってくる特殊な人たちをつかまえて、”様々な方々から” などと、ため息さんが書くこと自体、認識のおかしな方です。
そちらは、限られたとても特殊な人たちの集団です。

科学を知らない人たち、それでもSTAPを論じているつもりになっている人たち、説明しても理解できない人たち、議論の焦点がズレていく人たち、自らの科学レベルを見つめることのできない人たち

そうした特殊な人たちが、学とみ子をアホ呼ばわりして否定しているのが、そちらのブログです。

籠池さんにあやかって、学とみ子も一句
「アホ呼ばわり  これでもか これでもかと おとしめる」



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント