ため息陣営の勘違い

桂報告書の難解な部分です。専門家でも難しいのだから、私たちも議論を続けていきましょう。

桂報告書 6ページ 青字
ES 細胞 FES1 と同時に樹立された ES 細胞 FES2 は、 ES 細胞 FES1 とかなり類似した SNPs 分布を有するものの、第 6 染色体、第 11 染色体お よび第 12 染色体の一部に ES 細胞 FES1 と異なる領域が存在していた。これら 3 領域で は、 ES 細胞 FES2 で B6/B6 の SNPs が ES 細胞 FES1 ではおしなべて B6/129 となっており、 また、ES 細胞 FES2 で B6/129 の SNPs は ES 細胞 FES1 で全て 129/129 であるという極め て特徴的な SNPs パターンの相違を示した。このことから、ES 細胞 FES1 と ES 細胞 FES2 の樹立当時、交配に用いられた親マウスの遺伝的背景は均一ではなく、第 6、第 11、第 12 染色体のこれらの領域が B6 の SNPs のものと 129 の SNPs を持つものが併存していた と推定される。そして、ES 細胞 FES1 と FES2 は、樹立時にそれぞれ異なる SNPs を持つ 染色体を親マウスから受け継いだ可能性が高い。ES 細胞 FES1 と FES2 で異なる SNPs を 示すこれら3つの染色体領域に関して、2012年に樹立されたとされるSTAP幹細胞FLS3、 FI 幹細胞 CTS1 および小保方研ストックの由来不明 ES 細胞 129/GFP ES は、ES 細胞 FES1 とほぼ同一の SNPs パターンを示し、ES 細胞 FES2 とは異なっていた。 上記の 129 由来のホモクラスターは、染色体上の狭い領域に突然変異によって生じた SNPs が点在するものであり、今回 4 種の幹細胞には、第 6、第 11、第 12 染色体上に 129 に特徴的なクラスターが、また第 17、第 18、第 19 染色体等に C57BL/6 のクラスターが 認められることから、TaqMan PCR によって観察された 129 ホモの SNPs はこれら幹細胞 の作製に使用したマウスに存在した遺伝的背景の不均一性によるものと結論づけた。 ES 細胞 FES1 と FES2 でのみ異なる SNPs に関して、両者の遺伝的背景の相違によると 判断された上記第 6、第 11、第 12 染色体の SNPs クラスターを除外し、残った 1,290SNPs を用いて比較を行うと、STAP 幹細胞 FLS3、FI 幹細胞 CTS1、および、ES 細胞 129/GFP ES は同一細胞株といって良い程の高い類似性を示すことが判明した。従って、STAP 幹細胞 FLS3、FI 幹細胞 CTS1、および 129/GFP ES は同一の細胞由来であり、ES 細胞 FES1 と同 一、あるいはそれから派生した株の可能性が高い、と結論づけた。


幹細胞の遺伝子構成を考える時は、幹細胞を作製したマウス系統 の遺伝的背景の不均一性と、幹細胞を作成後の培養継代の結果に生じる塩基突然変異を、共に考えなければならない。
後から、いつの時点での変化であったかを決めるのは難しいというところでしょう。
幹細胞を作製した時の、マウスの遺伝子情報があるわけではないし、幹細胞作製時の細胞イベントの現場をつかまえられるわけでもない。

ため息氏の最大の混乱の元は、近交系では、129系あるいはB6系がそれぞれのコロニーで、遺伝子の同一性が維持されている話、そこからF1を作った細胞についての話、さらに過去において、129とB6が混じった話がごちゃごちゃのようです。

F1では、129とB6がランダムに混じりますので、子どもごとに違う遺伝子構造ですが、129B6ES1~6の例でもわかるように、両親がそれぞれ、同じ遺伝子構造なので、その子どもごとに129とB6が混じり方が違っても、それでも、子どもの遺伝子の類似性が高いことがわかります。


ため息さんのコメント 2019年12月2日 4:45 PM

>学とみ子のせいちゃんへのコメントhttps://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1145.html#comment5109の意味が不明ですな。
これで、この二人は意思疎通ができるのですjか。



F1の場合は、それぞれ近交系で、129コロニー、B6コロニーでは、ほぼ同一遺伝子状態であっても、交配してしまうと、できてくるF1マウスは、それぞれ129とB6の混じり方が異なってくる。
FLS、CTSは、129とB6は、同じ遺伝子状態にはならない。
ところが、実際には、FLSと、CTSの遺伝子型が同一だった。
それは、別の1種類の細胞(129/GFP ES)が混じってしまったからである。

学とみ子はそうした話を、セイヤさんとしているのに、ため息さんはここがわからない。
セイヤさん、この領域の話は、ため息さんにはわからないようですよ。
だから、ため息氏がどんなに揚げ足をとっても、気にせず、議論をしていきましょうね。
幹細胞作製時に、ESが混じったというのは、STAP実験の一部での出来事だと思います。

それにもかかわらず、ため息氏は、理屈に合わない話をし続けていて、ご自身で混乱しているようです。
以下のコメントでも、そうした姿勢が見て取れます。これを書いたため息氏の頭は、129とB6が過去に混じった事故のエピソードを考えているだけではないですかね?混じってヘテロになったら、そのヘテロがずっとそのまま続くとでも思っているのでしょうか?
マウスコロニー内での変化を考慮できていないと思います。

>誰も問題にしていないのは両親がヘテロだたでわかるからですね。


このコメントも、ため息氏のご乱心です。です。

2019年12月2日 4:12 PM
>学とみ子は両親がヘテロザイゴート のとき作成される配偶子は均一にならないからその子供同士のSNPは一致しないのがわからない?
近交系というのは兄弟同士等を掛け合わせて、すべての遺伝子(DNA)をホモザイゴートにしたマウス のことでしょ?ホモザイゴートだと減数分裂にのとき、交叉が生じても配偶子の遺伝子構成は変わらないから兄弟のSNPsはほぼ一致する。


ため息さんの頭の中には、過去に129とB6が混じってしまった話と、自然に生じる塩基変化で遺伝子型が変化していく話とが区別つかず、混乱しているようです。

ホモザイゴートとは、129のみで維持、B6のみで維持の場合ですよ。事故的に他のマウスが混じっても、又、ホモザイゴートのコロニー内で、マウスの遺伝子は変化していきますよ。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント