他人の気持ちがわからない人

体内時計さん、若山氏の実験で、ESコンタミ (或いはESという人工細胞になれるポテンシャルを持つ受精卵由来細胞) のリスクがあることは理解できたんですか?

学とみ子は、小保方氏が故意で混ぜたなんて考えていません。シニア研究者を騙すことなんてできませんよ。

騙せると考えているのは、実験も科学も知らない人と、ため息さんのように情報操作をしたい人だけです。

体内時計さんが、小保方氏の立場で、他人の実験ミスの責任を追求されたら、一生かけて汚名挽回しようとするでしょう。誰がどうなろうと、自らの名誉が大事でしょう?多くの人はそうです。

マスコミは、ES捏造説をやや、疑問視していると、学とみ子は感じました。記者は、当然、STAP派の情報を得てますね。

体内時計さんは、これだけ、小保方ES捏造説に問題が出てきても、それを理解することができないのです。ため息ブログのそちらの人たちが、SNP解析を理解できないのと一緒です。一番、大事な基礎知識を欠きます。

体内時計さんは、plus説の間違いはわかるのでしょうか?学とみ子の指摘の意味はわかるのでしょうか?ぜひ、研鑽を積んで、この領域の理解に努めてください。plusさんとの議論をしてみてください。


以下、他人の心を想像することができず、自らの知識不足を省みることもできず、自らの理解がいつも正しいと信じ続ける人、そんな体内時計さんの文章です。


>「STAP細胞はありましたか?」というタイトルを付けるマスコミは下衆の極みだと感じましたが、

『小保方氏には、再度、[STAPありまーす]と言ってほしいです。それ以外、小保方氏は言う必要がありません。』

という言葉を見たときは言葉を失いました。
結局、学とみ子という人の中のSTAP問題は「科学」ではなかった、ということが証明されましたね。


学とみ子が、小保方氏がそれ以上を言わない方が良いと書いた理由が体内時計さんはわからないのですね。小保方氏の言葉次第で、大変な影響を受ける人たちがいるから、小保方氏は多くをしゃべらないで、自身が責任を負ってるのです。その状態にES捏造派は感謝しないばかりか、ES捏造派は、これでもか!と言わんばかりに、小保方捏造論を強調しているのです。

体内時計さんが、そう思う事ができなくても、世の中には、体内時計さん自身とは違う考え方の人がいるという事実は認めないとダメでしょう。

マスコミは、小保方氏に弁明を求めてますね。(小保方氏から)反論あるなら、マスコミは聞きましょうと言ってます。小保方氏を挑発して、記事にできます。記事が売れるかもしれないから、小保方さん、何かをしゃべって、お願いしますね!、というニュアンスです。そう読み取れないなら、体内時計さんは読解力不足です。
科学力、国語力を、もっとつけるべきです。そうでないと、世の中、あきれることばっかりで、体内時計さんは苦しいですよ。

体内時計さんは、小保方捏造を決めつけてますね。そんな体内時計さんが、マスコミはひどい!なんて発想がなぜ、出てくんですか?

ホント、体内時計さんの物事の考え方に驚きあきれますね。

体内時計さんは以下のように言います。
>学さんの考えなど聞いていませんし、興味もありません。

STAPを最も効率よく学びたいと思う気持ちが、体内時計さんに感じられません。学とみ子ブログの手軽な情報すら理解できないようです。しかし、学とみ子ブログは、わからない人はどこがわからないのかがを見抜けません。だから、わからない人同士で議論してくれると、学とみ子はそうなんだ!そこがわからないのか!とわかります。

今回のplusさんの独自理解であるSNP論がそうしたものでした。残念なことに、ため息ブログの誰も
[それは違うよ] と言いません。

こうした人たちの誤解エネルギーがSTAPを潰したと思います。一般人のみならず、科学者層も誤解しました。そして、後になって、背景の問題点に気づいているのです。結果、論評を避けます。今も残る科学者層の人は、情報操作班です。やっぱりさんのような方です。

だから、ため息ブログには、そうした科学関係者はもう来ません。
ES捏造説の科学論はもう無いです。ため息さんは、それをオワコンというけど、違いますね。

ブログ主もあの程度ですから、指導力を発揮できません。勉強すれば、いろいろ語れる人のはずです。しかし、今のため息さんは、学とみ子の悪口を言うだけの人になりました。

同じく、plusさんも相変わらずです。

>どちらにしても、ただ醜い。

デタラメを書き込まれても、ため息ブログの人たちは誰も議論しないようです。従来の議論華やかなりしSTAP議論とは言えませんね。論者としての資質も資格も無い人たちのみ残っているのでしょう。自らのミスを認める事のできる人たちは、もういないようです。

今回のケーキ屋さんの報道に対して、ため息サイドはやらせと言ったりとか、マスコミがひどいとかの感想とか、行き当たりばったりの自論を平気で書き込みむ心境とか、あちらの人のメンタリティは、どんどんおかしくなってきてる。当然、学とみ子も、負けてはならぬと攻撃的になってる。

学とみ子の中では、いいじゃあないか。知らないということは仕方ない事だよ。相手が、それで満足してたらいいじゃあないか、個人の勝手だろう。

そんな人たちに、いくら学とみ子から投げ掛けても、相手は意固地になるだけなんだから、今後の学とみ子は無駄な努力をやめよ!
との、内なる声が大きくなってる。


追記
体内時計さんのコメントですね。

まあ、体内時計さんは、すでに科学を知りたいという気持ちはないのでしょうかね。
むしろ、彼女の信じ込んだ小保方捏造説を壊されることを絶対に許せないとの考えのようです。

体内さんは、虚飾に満ちた嘘の名声が壊れていくストリーに、興味と魅力を感じてしまうようです。
ですから、その虚飾ストリーが否定されるのはいやなのでしょうね。
でも、ご自身でも気づかないかもしれませんが、体内時計さんは、虚飾とその崩壊ストーリーが好きなんだと思いますけど・・・。
好きと言う感情には、外力が介入できません。

そして、体内さんは、心の広い人であると示したいようです。
「そんな嘘のストリーですら、私(体内時計)は、許せる広い心の持ち主です。」
とつなげていきたいようです。
この二つを繋げることが、体内時計さんに必須です。若山先生のミスなんて冗談じゃない!あり得ない!と、小説のストーリーのような受け止め方なのでしょう。科学的議論の介入の余地がありません。


そして、彼女は科学に詳しい人を演じていたいのでしょうが、自らの限界には気づいているがために、その限界をつきつける学とみ子が許せないとの強い感情があるようです。

体内さんは、STAPを論じれる人になりたいと願っているのだろうけど、それがうまく成就できないあせりと悔しさがあるようです。

でも、学とみ子がいろいろ考え方をアドバイスしていても、そこは一切評価せず、どんどん、学とみ子への罵倒とでたらめ呼ばわりがひどくなりました。

まあ、それは体内さんの性格として、しかたないとして、体内さんから、以下のようにほめられたplusさんは、さすがに照れませんか?
今度のSNP解説は、全くの独創的で根拠ないものですが、以下のようにほめてもらえるのはどうなんですか?責任感じますよね。
でも、plusさん、こういうことを繰り返したら、だめですよ。もっと、本当の科学的考察を書いてくださいね。
ため息ブログの一般の方々のためにも、がんばってください。

>plus99%さんは、在米ポスドクさんを始めとした専門家の方々から高い評価を受けていました。
plus99%さんは文章が素晴らしいというだけではなく、科学的な面でも秀逸なコメントばかりだったと記憶しています。それは今も変わりません。


plusさんがコメントしました。
>体内時計氏に感心してもらえると嬉しいですとも。それがなにか。
根拠がないと考えるなら、ここのこの部分の根拠はどこから?と尋ねればいいんじゃないですか。
おばあちゃん以外の発言者は大体そういう問いに返答していると思いますけどね。根拠を尋ねられて返答せずに逃げ回るのはおばあちゃんだけのように見られていますよ。
そのように見られている人が「本当の科学的考察を書いてくださいね」などと書くと失笑を買いますよ。まあ、いまさらですが。


そちらは限られた人たちの集団になり果てました。もう誰も学術層の人は寄り付きません。
やっぱりさんは、小保方ねつ造説を堅持したいので、何かそちらに言ってくるかもしれませんが、その他の人は、もうあきれてますね。
plusさんは、こんなでたらめSNP説を書かない方が良かったと思いますよ。
ご自身でも、素人の当てずっぽうであることは、十分に自覚していると思います。
それでも、何か、科学を語れる人になりたいのだなあ~、素人騙しでもいいのだなあ~と感じました。
plusさんのような志向の方は、私の実生活ではお目にかかりません。
体内時計さんのような方も同様です。
ため息さんは、すでに衰えました。
アルコールが過ぎるのではないでしょうか?

まあ、実験科学になじみ無い人たちでも常識ある人なら、知らないのにでたらめ科学を書いたらカッコ悪いと思いますね。
でも、そうした最低のレベルのエチケットも何も思わない人たちがため息ブログに残りましたね。
そして、お互いにほめあって、科学者きどりのブログになり果てたということです。
ブログ主がコントロールする力を失ったということです。
スポンサーサイト



コメント

アノ姐さん

セイヤ

アノ姐さんには前に言ったよね。5年も6年も前からどういう主張をする人か、私はよく知っているので呼び出さないでくれって。
今回の主張も、前と何も変わっていないじゃないか。相変わらずデータがどうたらこうたら。
最も、私だって新しいものはなく、週刊新潮の記事の件を除いて、前と同じなんだがね。
こういうところに出てこなくても、ため息さんに言うことがあるだろう?

(sigh :2019年12月31日 8:02 AM)で私に返信の返信を書いているが、まぁ、鼻で笑うというより気に毒になる。こんなコメントでも「はなさん」達に書かなければならないのだろうな。
その中でまだプレスリリースのこと言っているよ。これはアノ姐さんの、「三木弁護士が『窃盗の発生自体が疑わしい』と言った」というチョンボを、ため息さんはいまだに信じているようだよ。

(アノ姐 :2019年12月31日 12:23 AM )
>仮に筆頭著者がSTAP細胞の再現できたとしても、筆頭著者がデータの捏造をしていないという証明にはなりません。STAP細胞ができるかどうかと、データの捏造・改ざんは別の問題だからね。

別問題であっても、データの捏造・改ざんをするような人だから、STAP細胞も捏造したんだろうと、二つを結び付ける人がいる(ため息)。STAP細胞の再現が出来れば、データの捏造・改ざん
する動機が無くなり、それは表現が不適切のこととなって、捏造・改ざんはどこかに消し飛ぶ。

>問題は計4件のデータの捏造・改ざんなわけ。だから不正をしていないと主張するなら、生データ、PCのデータ、実験記録を提出して証明するしかないのです。

生データ、PCのデータ、実験記録を提出しなくても、STAP細胞が再現されば、不正認定された結果は残っても誰も問題にしない。そんな不正認定の結果などゴミとなって飛んでいく。

>研究不正調査のルールは、不正を疑われた研究者が生データやPCのデータ、実験記録等で不正をしていないと証明できないと不正と認定されるのです。

論文の不正と認定されたものについて争うものは誰もいない。ルールだから結構でしょうと。
けど、委員会と小保方さんの“合意なき決定”の結果だから、本人には捏造・改ざんの意識はない。

>STAP論文の場合は、理研の規程に不備があったためこのルールがストレートに適用できなくて調査委員会が見つけた物的証拠のあるものだけ不正と認定されたのです。もし、研究不正調査のルールがストレートに適用できたら、筆頭著者の不正は10項目以上になったわけよ。

あくまで事件発生の時のルールがルールであって、その後に作られたルールを持ち出して、それに当てはめて「筆頭著者の不正は10項目以上になる」などと詰るのは、悔しさのあまり、何が何でもヤッケてやりたいという「スケベ根性」丸出し。そうじゃないか、エマニエルス姐さん?

Joさんへ

セイヤ
(jo :2019年12月30日 5:00 PM )
>件の質疑応答の中で有信氏はセイヤさんの書き起こした
「あなた(記者)は、私(有信)では役不足とおっしゃるのですか?」ではなく、「本日の記者会見はコンプライアンス担当を任命されている私と研究担当である河合理事とで対応するということで十分と思っていますが、何かご不足があれば。」と仰っています。異議や苦言を述べるのであれば発言は正確に引用すべきと存じます。

「セイヤさんの書き起こした」というのは、Joさんの勘違いですよ。
これは、記者の「野依さんはなぜ出てこない?」という質問があって、有信さんの「何かご不足があれば」という発言に至るまでの動画を見た私の、有信さんに対する印象を述べたものです。
そこに私は有信さんの尊大さを感じたので、開き直っているという感想を述べました。

公人に対する一般人の一般的な見方を、一般的なブログに書いたつもりですので、私が反省するようなものではないと思いますが、Joさんが有信さんのご親戚であらされれば、そこは大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。

ため息さん3

セイヤ
(sigh :2019年12月29日 7:19 AM)
セイちゃんもこの印象操作にひっかかった方と当方は判断しています。記者会見では、小保方氏は当時問題とされた2点については単なるケアレスミスだと主張していました。しかし、実はこのときは問題になっていない複数の実験で、データの捏造を行っていたのを自覚していたはずです。データの捏造を行っていたにもかかわらず、これを隠し「STAP細胞はあります、捏造はしていません」という会見を堂々と行ったことについてはどのようにお考えですか?

この質問は、2か月前と同じでこれで3回目です。過去の質問と全く同じで、2度とも私は丁寧に答えている。(小保方さんはいずれの容疑も自白したことはなく、調査委員会は小保方さんと“合意なき決定”をしたのであって、小保方さんに捏造をしたとの自覚はない)

「これだけ度々同じ質問を繰り返すということは、失念というよりは、すでに“ボケ”ているという疑いを拭うことができない」

(sigh :2019年12月30日 9:10 AM)
>当方は、セイちゃんの挙げた『「小保方氏による故意の混入は不可能」という学とみ子説』を支持する3+1の根拠を否定しました。その答えがないので、セイちゃんは『学とみ子の「小保方氏による故意の混入は不可能」説』を支持できなかったと解釈しました。

ため息さんが「3+1の根拠を否定しました」というのは分かるけど「その答えがないので」というのはなんだろうね。答えを求めるような質問はなかったと思うが、答えが無いから論破しましたと言うようなことはやめなさい。チャットでもディベートでもないんだから。
私は、ため息さんの質問にはすべて答えてきたが、その反論に答えないときは、すべてため息さんの反論が「つまんない」時か「しょうもない」時。また、「ため息さんの勘違いを鼻で笑う」時だからね。今まではずっとそうだった。決してため息さんに同意したからではないんですよ。

(sigh :2019年12月30日 1:00 PM)
>この捏造の自覚があるにも関わらず、捏造などしていないという記者会見を行ったことについて、セイちゃんはどのように評価するのでしょうか?お聞かせください。

ここでもまた言ってる! 4回目だよ。

「これだけ度々同じ質問を繰り返すということは、“ボケ”というよりは、“バカ”という疑いを拭うことができない」

>「小保方氏が何故、生データや実験記録、パソコンの記録を提示しなかったと思うの?」

これについては、新たな質問のように見えるが、実は関連した質問があって、その回答を読んでいれば容易に解ること。したがって、答えは2度目、3度目になる。
こういう質問をするから学さんに、「何度も何度も説明してるのになぜわからないの」と馬鹿にされるんですよ。
ため息さんは、質問ばかりしていますが、果たして自分が問われた時、人に言うほど自分でも根拠をもって回答できるかかどうか心配ではないですか? 正月が来ますが、大丈夫ですか?

学さん

セイヤ

有信理事は、桂調査会が発足してまもなく急遽、理事になった人で、この騒動のために呼ばれた弁護士役の人です。
科学畑の人ではありませんが、態度はやたらとデカくて、記者が「この会見に野依理事長が出てこないのはなぜか?」と聞くと「あなた(記者)は、私(有信)では役不足とおっしゃるのですか?」と開き直っていました。
前のコメントで示した発言は、その前に記者の質問があります。記者は日本経済新聞。

「調査委員会のお話によるといろいろデータを求めています、依頼はしています、要請はしています、とそこで終わっているものが結構あるんですね。にもかかわらず150日まであと30日ぐらい残して小保方さんもやめて、ここで打ち切ってしまったと、これは理研としてホントに協力を求めるのならもっと最後の最後まで徹底的に出せるものは出してくれと言う風に小保方さんにも協力を求めて、やれるとこまでもっとやったらよかったんじゃないかと思うんですが、そのところはいかがでしょうか」

という質問に答えたものです。このことから、前に示した回答は、調査委員会は小保方さんの持つ実験データにあまり興味を示さなかったことが窺えます。
本来、筆頭著者になるには、論文に示した実験すべてに精通するか再現できる人がなるべきと思いますが、今回は共同研究で、役割が決まっていたのに、データすべてを小保方さんが提出しなければならないような印象操作がされているように思いますね。


河合理事は、真実を知ってますね。

学とみ子
セイヤさん、

話題の理事は、有信 睦弘という名前ですか?
有信 睦弘氏という方は、経歴みると生物学でないですね。こうした人には、STAPの問題点を理解するのは難しいと思いますね。発言内容も、何を言っているのかがわかりません。
何も言わずして、言ったふりをする時間稼ぎの典型のような気がしますけど、ずっとこのペースだったんですか?

結局、国の審議会などで発言力ある理事が非専門家の場合、STAP偽物論を信じてしまうリスクがありますね。

河合理事は、ES混入のリスクは、小保方氏の実験ではないと言いたかったのですかね?
でも、はっきり言えない状況だったんですかね?

Re: ため息さん2

学とみ子
セイヤさん、以下の
有信理事と川合理事の証言は大事ですね。

小保方氏のだしたデータに、実験の実態がなかったと両理事は言っていますす。つまり、[あの日]にあるように、STAP作成実験以外、ES混入のリスクがある実験には、小保方氏は関わっていません。

調査チームが解明を目指した実験は、ES混入のリスクがある実験ですから、それらの実験は、小保方氏以外の手によるものだという事実を、調査チームはつかんだというように読めます。

> 理研の有信理事と川合理事の記者会見で、有信理事は
[データの提供の要求は今までも再三行っていますが、提出されないものがあるものかどうか無いものかどうか、破棄されたものなのかどうかの確定には至っておりません。]
[そういうデータが提出されなかったとしても、現在のところ得られる必要な結論は得られた]
[これ以上のデータを要求しても、これ以上の原因の究明には至らない。あるいは本当に持っているのかいないのか、こういうことが分かったとしても、それは現実的には新しい知見にはならない]
> 川合理事は
「小保方氏から何もデータが出てこなかったというようなことはない。PCの中のデータの一部は最近ですけど提出されていると聞いています。しかしその中に委員会が求めていたオリジナルなデータが入っていなかった」

ため息さん2

セイヤ
(sigh :2019年12月28日 6:23 PM)
>セイちゃんは当方や体内時計さんの学とみ子への質問が不当なものと思っているのでしょうかね?せいちゃんが答えてくれてもいいのですよ。たとえば「学とみ子の言うFES1とFES2のコロニーとはなにか」とか「生体内の幹細胞には、セレクションもリプログラミングもおきます。」という根拠を学とみ子に変わって示すとか。

「FES1とFES2のコロニーとはなにか」は、同時に作成されたとされている2つが、SNPsに変化が生じていることから、作製時期が違うのではないかとの疑問からでた発言で、当初のマウスが若山研で飼育されていれば、同じものは作られるだろうし、当初作製したFES1は、作られてから人工的作業を繰り返していたのではないかとの疑問で、コロニーに拘る問題ではない。研究者であるならSNPsの変化について熱く語れ!

「生体内の幹細胞には、セレクションもリプログラミングもおきます。」は、細胞がもつ多彩な能力は、まだ未知なる現象を含むとされるのに、ため息さんはこの発言がまちがいだといえるか?
こういう事柄に根拠を求めるものではない。「起きるかもしれない」し「起きないかもしれない」のだ。
(参考)
例えば皮膚の培養細胞に乳酸菌を加えて培養すると、多能性を持つ細胞が得られる、あるいはらい菌と共培養すると神経細胞が幹細胞へとリプログラミングされるという報告もなされていたが(後者に至ってはCellというメジャーな雑誌であるにもかかわらず)、これらの報告はあまり大きくはとりあげられなかった。(八代嘉美 / 幹細胞生物学)

ため息さんは、小保方さんが「データを提出しない」ことを致命傷のごとく吹聴しまくるが。、これも、思い込みによる不当な批判だ。小保方さんは出せるデータは出している。それは理研の「結論ありき」に必要でなかっただけ。論文のテラトーマは帰属の問題があるのではないか。

理研の有信理事と川合理事の記者会見で、有信理事は
[データの提供の要求は今までも再三行っていますが、提出されないものがあるものかどうか無いものかどうか、破棄されたものなのかどうかの確定には至っておりません。]
[そういうデータが提出されなかったとしても、現在のところ得られる必要な結論は得られた]
[これ以上のデータを要求しても、これ以上の原因の究明には至らない。あるいは本当に持っているのかいないのか、こういうことが分かったとしても、それは現実的には新しい知見にはならない]
川合理事は
「小保方氏から何もデータが出てこなかったというようなことはない。PCの中のデータの一部は最近ですけど提出されていると聞いています。しかしその中に委員会が求めていたオリジナルなデータが入っていなかった」

一言居士
臍帯血の中の造血幹細胞が酸浴で増えたのではないかということですか。
小保方さんの使ったマウスは赤ちゃんマウスなので酸浴でもともといくらか残っていた造血幹細胞が増えたのだと?
MNCs include monocytes, lymphocytes and a small number of progenitor cells. Myeloid or erythroid progenitor cells are the desirable cell type for reprogramming due to their completeness in the genome and robust plasticity potential for cell fate conversion.
小保方さんはCD45+選別している上にT細胞選別もしている。しかもマウスですね。彼らが調べたのヒトの臍帯血です。
なんだかまだよくわかってないんですよね。ヴァカンティは特許をまだあきらめてませんね。

Re: タイトルなし

学とみ子
Zscan4 さん、コメントありがとう。

> こんなのも出てたんですね。

政府や学術層に向けて、(一般人が)生体内の幹細胞関連研究の進展を望むよ!みたいなアピール活動が起こせないですかね?

ため息さん

セイヤ

(どちらにしても、ただ醜い:2019年12月28日 :sigh)
>老醜をさらしているという現実の認識ができないのだから、擁護の方々はコメント欄を利用するだけというのではなく、学とみ子に意見をしてあげればいいのにと思うわけですな。

「老醜をさらしている」とか「ただ醜い」の歯ため息さんの方だと思いますよ。
ため息さんが、学さんの主張を想像して理解しようとすれば、過去の発言から、ご自分の立場が崩れてしまうので、唯々「学さんの妄想」とか、「意味が解らない」とか「教科書に書いてない」とか言って逃げているだけ。学さんにしてみれば「なんとつまんない男」だと思っているだろうね。

一例をあげると、学さんが、ES細胞の混入は「STAP幹細胞の作製時に、作製者のルーティンで実験ミスが起きた可能性がある」と言ったとき、ため息さんは何と言ったか?
ため息さんは「STAP幹細胞は「STAP細胞をACTHの培地に撒くだけだから、そんなことは起こるわけがない」と嘲笑った。
自ら研究者を名のるため息さんが、こんな受け止め方しかできないから皆に馬鹿にされる。
素人でも、培養には薬品を使ってのソーティングも伴い、作製方法にはES細胞や他との共培養も
考えるのに、ため息さんはまるで食いつこうとしない。
これは「誰かがES細胞を混入させた」というから、桂報告書にすっぽり抜けている、大事な「どのようにして」という部分をみんな考えているんだけどね。
ため息さんは「誰かが」小保方さんだとしたら「どのようにして」ということが説明できないだろう?「インキュベータの培養中に‥」なんて今更言ったら笑われるよ。

そこで、素人の私が考えたのは若山さんの「新毛」だけどね。学さんには不興を買ったようだけど、ため息さんには「ハゲ」だとか、「ハゲではなかったみたい」とか言ってくれたんで、一粒で二度おいしかった。おまけに、「狸」おどりまで見せてもらったよ。

Zscan4
Received: 11 April 2016
Accepted: 20 May 2016
" Gene Expression Analysis of SOX2, NANOG, KLF4, OCT4, and REX1 Genes in Cord Blood Mononuclear Cells Treated with External Stresses "

こんなのも出てたんですね。
非公開コメント