大事な事が言えない状況

体内時計さんのコメントを参考に、学とみ子考察です。


体内時計さんは、多くの文章が見当外れなのですが、情報整理という面ではすぐれていますね。しかし、せっかく整理している情報についての判断がひどいのですね。でも、そのおかげで、学とみ子は素人はどう考え、どう間違うか?を知ることができるので、ありがたいですね。

plusさんのSNP論も絶品でした。plusさんは、今後、独自科学論の説明がつかなくなる時、次なる新製品はいかなるコンセプトになるのでしょうか?このような新製品紹介が、躊躇無くplusさんが書き込めてしまう、今のため息ブログの有り様なので、状況は危機的です。

oTakeさんが憂いています。もう、あの婆さんに、ため息先輩が切り刻まれるのが耐えられないと。

ため息さん、学とみ子と議論するには、もっと学んで!

体内時計さんは、有信氏の答弁に、問題を感じないそうよ。そして、動画を見れば、学とみ子が考えを改めるだろうだって。体内時計さんはあり得ないことを想像してしまうようですよ。

体内時計さんは、ホント、他の人の考えを予想せず、足りない自らの科学力を顧みる事ができ無い最強キャラのようです。キャラという範疇を逸脱しているように感じます。

体内時計さんのコメントです。

>論文の不正調査については、調査委員会が既に説明しており、有信氏や川合氏は今後の対応、例えば、懲戒委員会の審査、研究費の返還請求、特許等について説明されたわけですね。理事らが細胞の専門家である必要はありません。
会見では調査の在り方について質問が集中しましたが、それについては主に研究担当理事の川合氏が答えていますね。
この会見動画、学さんはご覧になったことが無いようですが、一度、最初から見直されたら如何でしょうか。ご自分のご指摘が非常に的外れなことに気が付かれるかも知れません。


体内時計さんは、有信氏がこの場にふさわしくない、有信氏発言が見当外れである事に気づきません。有信氏は、生物科学に求められるものに対する無知にも関わらず、小保方責任論に強引に持って行こうとする意図を持つ人であることが、セイヤさんの引用だけでわかります。

小保方ES捏造論は、生物学を知らない政府関係者が信じた考え方だろうと想像してましたが、その具体例、証拠例がこの会見のようです。こうした政府と関係の深い元学者が、小保方捏造論に強引に持って行こうとしてた様相です。理事長と言えど、抵抗出来ない権力者なんですね。政府の威を借りる人です。岸さんも同様の立場ですが、岸さんより、有信理事は、理研内部から、強引に小保方捏造に持ってたんですね。

ため息氏が知識無く、学とみ子否定に必死になる様を見ると、有信理事が理研でやった事が想像できます。

実験ミスの可能性が高いと、調査チームが結論し、それを報告書に書こうとした学術層に対し、実験ミス論に抵抗する画策学者をバックアップできるのは、政府の威を借りる事のできる人です。生物学の知識がある学者なら、科学を冒涜する判断は出せないと思います。ES捏造説なんて、素人しか思い付きませんもの。

こうした理不尽な上からの圧力があって、桂報告書が、実験ミスの可能性について、一般人に分かりやすく理解できるようには書くことができなかったんだと思います。相澤氏も、丹羽氏も実験ミスの可能性について触れることが出来なかったと思います。

そうした、非専門的学術層からの圧力を、有信さんは態度に出しちゃったんだと思います。有信理事が非専門家として、もっと謙虚な態度で答弁すれば、一般の人々が、STAP疑惑を忘れたかもしれません。
権力者が、権力の無いものをバカにすると、社会的反発は強いでしょう。

川井理事も、具体的なことを言わないように、聞かれないように、必死の壁をたてています。体内時計さんのキャラでは、そこを読み取るのは難しいでしょう。

パートナーさんや、学とみ子には、その場で瞬時に感じ取れる真実があります。体内時計さんはそのスキルはありません。人生の先輩たちは多くの経験をしています。体内時計の今のキャラでは、それが理解できません。

体内時計さん、年末最後まで、突っ込みどころのコメントありがとう。

>もっとも、彼らのES混入についての説明に「塩基と遺伝子の関係、SNP、TCRについて」はありませんでしたが。

STAP細胞を語るには、周辺知識を知らないとダメですよ。そうした学術用語の意味するところがわかるまでには、独学で科学知識を自分のものにしなければ行けません。それができれば、STAPES捏造論は、科学を冒涜するものであることがわかります。

政治家がSTAPを潰すには、相当に理不尽で不遜な態度の人であることが必要ですが、学者層なら、そうした人はいそうです。政府の意向に沿って、政府の威を借りて、学術界に、にらみを効かせたい意向の人は、学者層にはいると思います。

非専門領域の学者が、新規科学を潰すようになったら、どの科学分野においても、優秀な人間は科学界には来ないでしょう。



独学ができない場合は、そちらのブログにとどまり、エセ科学を語り合い、お互いを誉め合って満足し合い、来年を過ごすことでしょう。
スポンサーサイト



コメント

あけましておめでとうございます。

学とみ子
Ooboeさんのコメントです。

> 最大の謎、小保方冷凍庫に忍ばされていた小保方ES混入疑惑の物証とされた【129/ GFP ES】サンプルについて核心に迫りたいと思います。
> 【大事な課題エントリー】をお借りして少しずつ展開してまいります、ご閲覧くださいませ。

STAP事件は、全ての関係者が誠意ある実験を行ったのにも関わらず、事件が起きたと、当方ブログで推論していきたいと思います。その推論では説明がつかないのが、この小保方冷凍庫の件です。

ため息ブログは、こだわりの強い、非難されても認めない人たちの集団です。彼らから学べるものは、そうしたこだわりの強さです。しかし、こだわりでは、人生はやっては行けません。

こだわりだけでなく、パートナーさんの仕事のように、継続的に、他から求められる立場を築かないとだめです。

ため息さんは、過去に築いたものだけで、今を暮らしている方とお見受けします。頭の良さを維持できてません。

ため息ブログの無経験や無知が、人々に影響力を与えることはあり得ないでしょう。

Ooboe
学とみ子様、閲覧の皆様

新年明けましておめでとうございます。

本年も、さらにstap事件真相究明へのパートナーの報告を
お伝えしていきたいと存じます。

最大の謎、小保方冷凍庫に忍ばされていた
小保方ES混入疑惑の物証とされた
【129/ GFP ES】サンプルについて
核心に迫りたいと思います。
【大事な課題エントリー】をお借りして少しずつ展開
してまいります、ご閲覧くださいませ。

Re: タイトルなし

学とみ子
> 結論ありきで笑われてますよ

いくらでも学とみ子を笑って。
そして、悪口を書いて。

有吉理事に吹き込んだ人たちよ。
学とみ子の推論は当たってる?

Ooboe
本当に、情報整理の名人だわ舌を巻いちゃいます。
ところが、折角の情報も、そこから、鋭く切り込むことができません。
彼らは、直感という人間に与えられた、認識機能を軽視します。

優れた、研究者、開発者、経営者、職人には、「真」を一瞬に読み取る感性、
すなわち、するどい「かん」から、課題を見つけれる人です。
刻々と変動する、事象に対し「直感」という主観を
出発点としながらも
その課題解決のための客観的、情報整理による裏付けのもと、
課題を解決していかれ、る思考過程を經るものでしょう。

凡人は、感性がとぼしく、既存定型視野からしか、事象がみえないので
「真」を見逃してしまうものでしょう。

既存定型視野内からしか、事象を見ない研究者からは、
創造的な成果は獲得しにくいものですね
そんな研究者は優れた方を嫉妬してしまうのでしょう。
相沢先生の「どろどろの世界」

小保方さんや、若山教授も、そのような優れた方でした、
残念ながら、情報処理修練に不備があったため、可能性さえも
否定されてしまいました。
非公開コメント