ため息チームの面々

セイヤさんから、野球チームになぞらえた興味深いコメントいただきました。

このチームのメンバーは、ため息監督(選手兼)が、能力が高いとしたメンツではなく、あくまで良く発言するか?によって選ばれたんだね。それも、選ばれた人たち本人は大真面目で、かつ専門家ではない人たちが中心だと思う。だって、リアル科学者たちは、ブログ発言に気をつけるし、学とみ子には警戒してるもの。リアル科学者は実力を出さない。一方、pseudoは無用心に科学に触れる。

実力でなく、ため息監督が試合を呼び掛けると、すぐ参加してくれる人たちで、ため息ブログチームは構成されている。セイヤさんはそれを言いたいのでしょう。

まず、joさんから
2020年1月14日 12:22 AM

>Dさんや山の住人さんや印刷業者さんを差し置いて打線に入れて貰って恐縮ですが・・・。残念ながら意味が分からないので放置しています。

joさん、あなたが、SNPで間違った事を書いたのでは?と、学とみ子は指摘しました。
その答えはもらったかしら、SNPが起きやすい、起きにくいの議論だけど。


次なるは、アノ姐さんです。
2020年1月14日 6:02 AM

>セイちゃんは、監督としても選手を見る目が全くないアホであることを自ら曝してますね。だってアノ姐がクリーンアップの一角の3番に起用されてますもの。そりゃあ光栄ですが。ため息ブログに居並ぶ重量級(体重のことではありません。)の面子を見たら、アノ姐なんて戦力外もいいところなのに。アノ姐なんて、所詮私設応援団で鳴り物をブカブカドンドンやっている単にうるさい奴くらいの存在感しかないのにね。どこに眼をつけてんだか?(笑

上記の学とみ子の説明で、あなたが3番の理由がわかりました?実力より、すぐ駆け付けられるかどうかです。一般人が優先的に選ばれています。

あなたの解説は時に示唆的です。特に、長い職歴から来る経験に根差したコメントは文章構成も含め、なかなかしっかりしたものがあり、学とみ子に有用です。ありがとう。

しかし、残念なことに、アノ姐さんは、3種のES捏造を故意に行うことが不可能であることがいまだに理解できてません。STAP細胞理解に向けた研鑽が足りません。人間は、いくつになっても、科学を学び直すことができますよ。

アノ姐さん、そろそろ、ため息監督の限界に気づきましょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント