盛んに書き込まれている学位授与の現場

ため息ブログに、学位授与の変遷が書き込まれています。

彼らは、自身が、学術関係者である事を自らばらしています。こうした学術界関係者が小保方氏を潰したんですよね。小保方氏がES捏造者だから社会的制裁を受けるべきとのパフォーマンスをため息さんは続けています。

ため息さんは以下を書いてます。

>実験事実・実態を示すための、生データや実験ノート、記録のあるパソコンを、提出しろといっているのに、提出しなかったのは誰だ?ホントに学とみ子は事実・現実が理解できず、妄想の世界に生きているのがわかるね。

とにかく、ため息さんは、STAP細胞をなきものにしようとの明確な意思があります。ため息さんがサポートしている学術界の方って、御用学者かもしれませんね。

ため息さんは、御用学者にこんな風に言ってるかもしれませんね。

[先生(御用学者のどなたか)は、国のお仕事でお忙しいでしょうから、STAP潰しなんて私に任せてくださいよ。学とみ子潰しなんて簡単ですよ。私(ため息)は、時間がたっぷりあるから、STAP細胞をあるなんて言う奴は、片っぱしから潰してやりますよ。学とみ子なんてちょろいですよ。彼女が何を言おうが、学とみ子は間違い、間違いと連発させていればいいんですよ。元教授だった学者の方が正しいことを言ってると、世間の素人は思うんですよ。場末の老人医者なんて、誰も信用する奴はいませんよ。
討論している中身の学術的な事は、素人にはわからないんです。素人は、マスコミが書いたことしか知らないんですからね。ハハハ]

てなため息せりふを、学とみ子は勝手に想像しました。あくまで、想像ですから悪しからず。


追記
ため息さんのコメントです。

>お里が知れると言うのはこういうことなんでしょうか?

ため息さんは、こんな(ため息さんの)お里が知れるコメントしてます。
>”あたいは原著論文を読めるのよ”とでも言いたいのだろうけど、

ブログ主自ら、品の無い、5ちゃん並みのコメント書いているのですよね。
ブログ主に限らず、あちらの皆さん、学とみ子をどうすれば侮辱できるのか、不愉快にできるのか、怒らせるのか そうした思惑を持って作文してますよね。

小保方氏の「あの日」が出版された直後も、小保方氏を貶める読後感想文が多く書き込まれました。
ため息ブログは、ESねつ造論の流れをくみますし、長期間、小保方批判をしてきた人たちが集まっていると思います。
他人を非難するために集まってきている人たちですね。

思えば、そんな彼らの投げつける学とみ子罵倒を、私は受けてきたと思います。
しかし、彼らから罵倒を受けることで、学とみ子は、ため息ブログの質と知性レベルを明らかにしてきました。

攻撃されることへの反撃として、学とみ子も相当に相手を攻撃しています。
そして、ため息ブログの問題点をえぐりだす発言をしてきました。
あちらの人たちの攻撃がひどすぎることを思えば、学とみ子の反撃はかわいいものです。

あちらの人たちは、学とみ子の主張の意味を理解できないようです。
そして、あちらの人たちにとって理解できないことは、学とみ子の方が間違っているとみなすようです。
難しい議論をしているという自覚が持てず、難しいことと、易しいことの区別ができない人たちです。
こうした人たちが現実にいるということが、学とみ子にとっての社会勉強です。

話が変わりますが、ため息ブログで、榎木さんの出版記念講演会についての情報があったようです。
まじめな中年以上の人たちを中心に、STAP擁護や業界の問題点への追及があったようです。
この傾向には、希望が出てきそうで良かったです。
榎木さんは、STAP擁護派から反撃を食らうことは、どの位予期していたのでしょうか?
榎木さんは、この経験を何らかの文章として公開するのでしょうか?

国の意向にそった記事を書いた学者に、ポストや賞が優遇されるというのが事実なら、このあたりが、STAP事件を風化させてはいけない重要点と思いますね。小保方氏個人の問題点ではありません。

しかし、現実は、国が悪いというだけでなく、国に近づく学者層の権力抗争の方にも問題がありそうです。
政治家や役人の都合通りに、学者たちが迎合しているのではないでしょうか?

政治家が科学をまげてしまうというより、政治家の周りにいる学者層が国にとりいるために、変な行動をとるという現実があるようです。
学術界の元教授たちは、かつては学問的に優れていたが、その力を失ってしまい、正しい判断ができなくなっている現状があります。
学とみ子は、日常的にそうした人からの被害を受けています。

権力を求める元教授たちは、国主催の会議のメンバーに入ろうとしたり、そこで主導権を取ろうとするのでしょう。
結果、判断がいがんできますよね。

つまり、国がおかしな判断をするだけでなく、御用学者が権力抗争に根差した間違った判断をして、国の意向をまげている場合もあるのではないか?と思います。

以下のため息さんのコメントなどでもわかりますが、すでに科学力、判断力を失ったにもかかわらず、自らがまだ他人を指導できると思い込んでいる、元知識人の文章です。元知識人は、自らの無知を自覚できず、他人を無知と罵るのです。こうしたメンタリティが、STAPを潰したと思います。こうした判断する事が、学者として、自身のキャリアにプラスになると、ため息さんは誤解しているようです。


>学とみ子曰く「幹細胞作製時のミス」とは、誰の何の実験の時の、どのような操作に伴うミスなんでしょうか、学とみ子は答えようとしません。学とみ子に代わって答える意思があるようなので、具体的にお答えください


STAP実験の現場にいたことのない学とみ子の想像には限界がありますが、学とみ子が想定したことは、何度も過去に書いてます。でも、ため息さんは理解できません。こうしたため息さんの現状は、賢い一般人を説得することができません。それでも、ため息さんは、同じく理解できない一般人の応援を糧に、これからも、同じ事を言い続けるでしょう。以下の文章でも、ため息さんの手の内やら、印象操作の手口やら、全部披露してますね。

>「STAP細胞はなかったのが確定したのです」と当方は思っていることのい表現です。何処がおかしい?

読者がおかしいと感じるかどうかではなく、ため息さんの考え方に、どの位の人が賛同してくれるかどうかです。

ため息さんは書いてます。
>教えてください。あるいは再度書いてみてください。

桂報告書に書いてあります。誰が、どこでES混入させたか、桂報告書にあります。それが書かれている桂報告書の場所も、当ブログに書いてます。

と、学とみ子が上記を書いたら、ため息さんは反応しました。

そんなこと、書いてあるわけないじゃないかと、ため息さんは言います。
しかし、体内時計さんがその部分を引用してたりしました。だから、ため息さんも知っています。でも、知らないと言い続けたいため息さんだから、ずっとそのままで良いでしょう。誰も困りませんし。


こういう人が、国の会議の委員になったら、国は間違った判断になります。でも、役人は気づきます。この元教授はおかしいと。



追記
体内さんからコメントです。

今も、ため息ブログのコメント欄にあるでしょうが、どこかにあるかは探せません。時間がかかりますし、学とみ子にはそれを探す義務はありません。
体内さんがこのコメントを消してなければ、ため息ブログに残っているでしょう。

学とみ子が書いた記事について、体内時計さんが、それをコピペして、ため息ブログのご自身のコメントにはりました。
それは、桂報告書の文章で、”STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入した” の部分です。
学とみ子が報告書をコピペして記事にし、その記事を体内さんがご自身のコメントにコピペしました。
この時、学とみ子は、”体内さんもこの部分が大事であることを認識できたな!”と思いました。
だから、学とみ子は、体内さんのコメントを覚えています。

体内さんは、若いし、ご自身のコメントでもあるし、ご自身でコピペした桂報告書の部分をわすれてしまうのですかね。
もし、忘れているなら、この部分が大事であることを、体内さんは認識できないということだと思いますよ。
探されたらどうでしょうか?などと、学とみ子は言いませんよ。
探すも、探さないも、体内さんの自由です。

体内さんが、ご自身のコメントを探したければ探せばよいし、そんなことをコピペした覚えがないというなら、いつものように、そちらのブログで、学とみ子への憎まれ口やら、嘘つき呼ばわりをすればよいと思いますよ。


体内時計さんのコメントです。

>申し訳ありませんが、極力、学さんとは関わりたくないので、呼び出さないでいただけませんか?

体内時計さん、[申し訳ない] の言葉使いがおかしいですよ。

[申し訳ありません] をつければ、相手を丁寧に気遣っているような錯覚に(体内時計さんが)なるのでないですか?しかし、ご自身の実態は、極めて攻撃的であることに気づいてますか?ラグビーの攻撃性がお好きなんでしょう?

これからも、そちらは、
[なにがなんでも、小保方捏造論]
でいくんでしょうか?

体内時計さんは、これからも、その路線でしょうが、世の中はそうでは無いことにいつか気づきましょう。



これからもそちらのあきれたコメントに対しては、反論します。

しかし、そちらからの答えろ!とかの繰り返し質問は無視します。そちらは、悪意ある印象操作の集団ですから。
スポンサーサイト



コメント

hidetarou
早稲田大学の調査委員会の弁護士は、ハーバード大学に出張して小保方さんの実験ノートを確認して実験の実在性を認めている。
実験ノートのコピーをハーバード大学側に提出を求めたが、拒否されたと調査報告書に記載されている。
コピーでさえ持ち出す事が出来なかったって書いているけどね。
非公開コメント