生物の学術界以外の学者たちをごまかすためなのか? の 桂報告書文章です。

だから、注意深く、慎重に、桂報告書を読まないといけないです。丁寧に読めば、報告書の書き手の真意を理解できます。

調査チームは、明解に報告書を書くことが許されなかったのかも。もしそうなら、悲しいことです。日本の生物科学が、生物学を知らない人にねじ曲げられてしまうと言うことです。

ため息さんのコメントです。

>桂報告書の文章で、”STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入した”は、STAP幹細胞の材料となるSTAP細胞作成過程を含んだ何処かの過程で混入があったの意味ですから、若山氏の操作部分と限定して解釈するのは誤りです。

誤りかどうかを判定するのは、読者の各人です。既に、他人を指導できる知識と経験を、現状のため息さんが備えているとは誰も思わないです。

生物学の最近の動向にも全く興味ないのですね。そんな方が、なぜこのSTAP細胞で論戦をはれるのでしょうか?


引き続きのため息さんのコメントです。

>都合の悪い質問、答えられない質問は無視するということだそうです。妄想は書き続けるが、科学的な議論はgive upすることにしたようで、当方に「嘘つき」とこれまで言われてきましたが、これからは擁護の方々も嘘つきと呼ぶことになるでしょうけど、これを否定することが出来なくなったわけですね。

ため息さんは、正しく科学を理解してない。学術界の偉い御用学者の判断ミスをごまかすために、ため息さんは下働きをしているように見えますね。

小保方捏造のままにしておきたいとの意図で、ため息さんはブログを運用しているのです。ため息ブログから何を言われようと無視してよいと、学とみ子の結論です。

ため息さんは、嘘も本当も区別出来ない人なので、他人を嘘付き呼ばわりもできません。ため息さんは、理不尽に相手を否定してきたので、他人から信用されなくなっちゃたんです。

[ため息さんて、わかってない人なんだね。だから、ため息さんから何を聞かれても、当方は答えなくてもいいのさ]
となった次第です。

STAP事件勃発から長い時間が過ぎ、議論が繰り返され、より可能性が高い推論へと絞られてきたということなんだと思います。

そして、ため息ブログに、学者が他の学者を潰す実態が見えています。人々は、いつまでも、科学無知でないのです。


追記
ため息さんのコメントです。
2020年1月17日 4:33 PM

>hidetarou氏は学とみ子がけちょんけちょんにされ、答えることができないのが同じ擁護として不快なんでしょうな。

このコメントも、驚くべき虚勢です。ため息コメントは、科学も、国語も外れています。それでも、ため息さんは学とみ子を論破していると書くんですね。学とみ子はグーグル訳で作文してるとかのため息コメントにも驚いたけど、更なる劣化です。

学者崩れの人の虚勢って、こういう感じなんですね。こういう人なら、なにがなんでもSTAPは潰しますね。議論は無いです。もはや、議論ができる状態でないんですね。だから、やみくもに、学とみ子が憎いんです。

ため息さんは、自らは知識人であると信じ続け、知識人であると認めてくれる相手に対しては、どんなデタラメ科学も認め、一方、ため息さんを知識人と認めない相手は、とことん、批判と侮辱を繰り返して潰します。なりふり構わず、元教授のプライドもない。

国にもこういう学者がいたんでしょうね。

当初、マスコミにだまされて、小保方捏造を信じてしまい、引き返せなくなった御用学者や、その意をくむ役人がいたのでしょう。そうでなければ、科学界実行不可能な小保方捏造論が採用されるわけがない。学者たちは皆傷つき、それでも黙っているのでしょう。

追記

joさんは、以下のコメントです。
2020年1月18日 12:49 AM

SNPが起きやすいイベントなのか?そうでないのか?の議論です。
あなたは、某所で、SNPは変わりやすいと書いたと思うのですが、その部分への問です。感想さんとLさんの議論は別です。どうなのでしょう?






体内時計さんの本質炸裂コメントです。

>無能なのか、卑劣なのかわかりませんが。

体内時計さんは、ご自身が優秀な人間だと思い込んでいるふしがありますね。

他人のコメント引用がすぐできると、体内時計は誇ったりしそうです。オリジナルな論評はできません。

まず、専門分野、(例えば幹細胞作成など)、の研究経験がない小保方氏に何ができるか?について、体内時計さんは想像する事ができません。研究内容を知らず、想像出来ないご自身を自省出来ない人です。

体内時計さんは、皆にとって貴重なLコメントすら、蹴散らしてしまいます。ES派、STAP派を問わず、皆、Lコメントに期待し、大事にしてたんです。

体内時計さんには、大事なものがわかりません。体内時計さんご自身が大事と決めたものについてだけ、大事なんです。

それでも、セイヤさんに対しては、上記のコメントをしてしまう体内時計さんは、まだまだですね。

ため息さんは、独自に考察できる人が嫌いなんです。STAP派は、自身で考えることのできる人たちです。

しかし、体内時計さんご自身は科学を語ってるつもりなんですね。ため息さんは、こうした考え方の人を擁していれば、どんなデタラメ書いても安泰です。

体内時計さんは、マスコミが科学と思ってる方のようです。体内時計さんにとっての科学とは、ご自身の考えであって、
[我、科学なり]
としてるのでしょう。

それ以外は、体内時計さんにとって、科学でないようです。


>科学的な内容で反論していただきたかったですが、難しいようですね。

さらに、体内時計さんのコメントです。

>私がコメントを探せたことで、いつ、どこで誇りましたか?

具体的文章として残ってるものは無いです。
つまり、以下のような文章はどこにも無いです。
[私(体内時計)は、科学を専門に勉強した人です]

体内時計さんの文章全部からにじみ出るのは、ご自身の科学全能のオーラです。いつか、この現状に気づいて欲しいです。



STOP細胞さん、お得意の繰り返し反撃です。

>いつか、この現状に気づいて欲しいです。

学とみ子は、反省しつつ書いてます。こんな大人げない他人追及の文章を、学とみ子は書いてはいけない!と感じます。

体内時計さんも、己の非専門性を意識しながら、それでも体内時計さんは、背伸びして作文してしまったり、わかってるつもりの錯覚に陥ってしまうかもしれません。

恐らく、体内時計さんて、ご自身の書く文章が、他人に与える影響を予想出来ない人なのでしょうね。だから、
[私(体内時計) は、そんなこと言ってない!]
となるのでしょう。

実生活のお仕事が忙しくなるなら、引退されるのも手ですね。ネットで、言われた事に注意して、実生活で生かしてください。



追記

D さんのコメントです。 1月18日 8:18 PM

>あちらのブログもそんな感じになってきてますな。いや、擁護の皆様はどこもそんな感じですな。協力し合ってお金を集めて証明するのが手っ取り早いのに、どうして誰もやらないのでしょうね。

知らない者同士のはずなのに、ため息ブログの皆さんの志向が同じであることの方が、学とみ子は不思議ですけど・・・。
STAP派は、STAP細胞があると信じる人たちであって、それぞれ、スタンスが違います。
STAP派は、何か、協力的な目的があるわけでもないです。
Dさん、STAP派は、一緒に何かをやらないとおかしいのでしょうか?
そちらは、皆で目的を持って協力し合っている仲間たちでしょうか?お知り合いの方もいますか?

とにかく、STAPのように多能性細胞を人工的に導入できるのは、明らかなんですよ。
山中因子で細胞が初期化することが証明されてから、多能性細胞を誘導するということは、継続的な研究テーマです。
実際に、山中因子を導入して多能化させた細胞より、化学物質で多能化させた細胞の方が、遺伝子のメチル化が外れているとの論文が2018年にありました。
その後も、さまざまな方法論で、多能化細胞追及の研究はあると思います。

ですから、STAP細胞をどこまで多能化させたか?は、不明ですが、小保方氏が酸を使って細胞を多能化させたのは事実です。
なぜなら、小保方氏がESを混ぜて若山氏に渡して、誰も疑問を待たず、論文が完成に至るわけがないからです。

”STAP派は、ファンドを募って、実験をしてもらったらどうか?”
なんて、現実離れなことを、そちらの人たちはなぜ言うのでしょうか?
STAP関連科学に興味が無いから、そうした見当違いなコメントになるのです。





スポンサーサイト



コメント

名前がありません。

学とみ子
以下のコメント投稿者はどなたでしょう?名前がありません。

今後、名無しは削除します。

> 対しては無条件にマンセー!しているからわかりやすいわね。

あまりに酷いので

joy
セイヤさん、老婆心ながら。
ボコボコにされて手当たり次第に拳を振り回しているのは貴方ですよ。英文のスカタン解釈だけでもはぐらかさずにキチンと回答したらいかがですか?

ため息さん3

セイヤ

(sigh :2020年1月19日 7:19 AM)
>‥セイヤは科学的な質疑応答ではなく、当方にただただイチャモンをつけるだけのコメントしか発しないことが明らかなので、もう相手にすることを控えます。

あらッ、セイちゃんって言っていたのに、セイヤは‥って急に怒って威張り出した。特別に悪口を言った覚えもなく、質問を受けて答えただけだからイチャモンってことはないだろう。きっと答えに反論が出来なくなったので、空威張りして逃げ出す算段だろう。わかりやすい奴だな。
「誰が、どこでES混入させたか、桂報告書にあります。」という学さんは大嘘だと大騒ぎをして、私に説明を求めるから、桂報告書のページまで示して教えてやったんだよ。それが本当だとわかったら、逃げ出すんじゃなくて、まず学さんに謝るのが筋だ。バカたれ!

「科学的な質疑応答ではなく」というが、ため息さんは、私は科学畑でなく、一般人と知っていながら質問しているのだから、その答えは一般常識に基づくのは当たり前だろう。科学常識の前に、一般常識が受け入れられなければ世の中通らん! これが世の常、人の常だ。バカたれ!

>このコメントをセイヤは読んで「勝った勝った」というでしょうけれど、無視されたストーカーは敗残者であるということをお忘れなく。

ため息さんは、負けを認めるとこんなコメントを書くんだな。
「無視されたストーカー」って、私は一度も自分からチョッカイ出したことはない。全部「セイちゃんはどう思うか?」とか「擁護(セイヤを含む)の意見は?」とか呼ぶから答えたまでだ。
無視するも何も、ため息さんが私にチョッカイ出さなければ、何の事件も起こらん。
しかし、ため息さんは自宅サーバで、ネットで人より優位に立てることで自己満足しているから人に手を出すことはやめられない。
mさんは、理不尽にもため息さんに二重基準の不等な扱いを受け、■で塗りつぶされて発言を封じ込めれれている。かつ、ため息ブログではこき下ろされる。
その理由が、mさんというのは匿名だから誹謗中傷しても許されるが、同じような誹謗中傷を、ため息という匿名にすることは許されない。それはネットで容易に実物が特定されるから、実物に対する扱いと同じになり許されないというもの。そんな理屈はない。それならため息さんも実名にしなければ筋が通らん。バカたれ!

ため息さんをボコボコにしちゃったけど、これが、下級生やパートナーさんからではなくて、上級生の私からだから少しはプライドは保てるよ。まぁ、気にするな。

※ため息さんの悪あがきコメント
>あったという根拠がない(論文は撤回された)という事実は、なかったという事実を示します。将来、あるという証拠がでてくる可能性はだれも否定できません。つまり「無いという証明はできない」という意味とは異なることが理解できないようですな。

それは世界が止まった一瞬における話だな。世界は動いている。
ため息さんが、人に言うことと自分が言うことが違うというのは、ため息ブログで「無いことがわかった!」という人口汚くをたたいている記事があるんだ。だから、悪あがきは恥ずかしいよ。
ため息ブログの検索窓に「ネッシー」とタイプして検索すればすぐ出てきます。

※ため息さんの最後っ屁コメント
>他の方法で初期化に成功しても、もはやそれはSTAP細胞とは呼ばないことは理解しなさいね。

学さんのおかげで、少しは「他の方法で初期化に成功」する可能性が認識できたんだね。よかったね。
STAP細胞とは呼ぶ呼ばないなんて意味のない事。世界は動いている。みんな新しい知見を待っているいんだ。止まっているのはため息さんだけだよ。

私は、令和の忠臣蔵を待っている。(赤垣源蔵の唄)

やがて時くりゃ 優曇華(ウドンゲ)の
花もひとりで 咲くあろう
徳利まくらに それまでは
しばし転寝(うたたね)高いびき。

-
学は自分よりも優秀な人の存在が許せないから、嫉妬していじめちゃうのよね。
女の醜い、悪い面だわね。

木星も詫摩雅子氏や須田桃子氏を必死で罵倒はするけど、小保方に
対しては無条件にマンセー!しているからわかりやすいわね。

ため息さん2

セイヤ
(sigh :2020年1月18日 9:45 AM)
>セイちゃんのコメントは長ったらしく、個々にコメントする時間がないし、面倒なのでまとめて言います。

個々に反論するのは苦しいからって、マクロ的に反論した振りをしてごまかそうっての? WiHi離島に続く、新しい言い訳だね。
また今日もこの時刻のコメントをすり替えて、何やらまたプレスリリース云々のコメントを長々と付け加えて、ボールがどうとか。よほど悔しいんだね。また2度味わったグリコのキャラメル。

>「STAP幹細胞作成時に混入した」が若山氏の操作時に混入したとするのは、筆頭著者の記者会見でだまされた擁護の方々が、筆頭著者の私小説にも乗せられて、筆頭著者は無罪、若山氏が悪いとするために都合よく解釈しているだけです。

ため息さんが、解釈として認めたということは、まるっきり嘘ではなかったということだな。
さあ大変だ。ため息さんは大嘘つき呼ばわりしているぞ。
(sigh:2020年1月17日 9:55 AM)
改めて擁護の方々も納得するような説明のない限り「嘘つき」と言われ続けることを容認しなさい。
(sigh:2020年1月17日 9:14 AM)
当方に「嘘つき」とこれまで言われてきましたが、これからは擁護の方々も嘘つきと呼ぶことになるでしょうけど、これを否定することが出来なくなったわけですね。

こういう発言の始末はどうするんだ?まずは謝罪だろうな。軒下管理人にも言っときなよ!

>テラトーマやGRASのサンプル作製には若山氏は関わっていませんが、ES細胞が混入していました。この点をセイちゃんはどう解釈しているのでしょうか?

12/27テラトーマは、若山研でのテラトーマの実験で、密室ですべてが行われたものではない。実験にはマウスの調達から受け渡し、テラトーマ実験の経過観察も他の若山研のスタッフが関わっている。この間に何があったかの責任まで小保方さんが負うことはない。それは若山さんが負うもの。
一言居士さんは、「若山さんがソート前の幹細胞を上から注射した」と言ってるぞ。どうすんの?

>当方は科学研究を生業にしておりますので、STAP細胞が存在したという論文は撤回されたのでSTAP細胞はなかったと解釈しています。文句があるのでしょうか?
ないという証明は不可能ですが、あるという証拠がないので、当方はなかったとしか言えません。

「あるという証拠がないので、当方はなかったとしか言えません」っていう、ここだよ!
あるという証拠は出てくるかもしれないので、普通の人はなかったとは言わない。
STAP幹細胞43株の全部調べずに、なかったという人を一般的にはバカと呼ぶ。
なかったと言って、あるかもしれないという人を罵倒する人を、一般的には大カという。
なかったと言って、あるかもしれないという人を罵倒する科学者を、一般的には学者バカという。

-
なんで学さんは体内さんばかりいじめるの?

hidetarou氏は

-
なぜSTAP細胞研究のための寄付金をしないのだろうか?

なぜ小島氏にSTAP細胞について聞きに行かないのだろうか?

hidetarou氏の様にしつこくも騒ぐ人がいるからこそ、
週刊新潮の体のいい栄養分になっているのでは?

セイヤさん、説明をありがとう。

学とみ子
桂報告書には、そう書いてあります。

ES派のよりどころである桂報告書に書いてあるのですから、ES派にとっては致命的です。
皮肉ですね。
後の無いES派は、ため息さんのように、印象操作を繰り返すしかないですね。
マスコミ解説を信じ込んだES派は、マスコミを恨みましょう。

ため息さん

セイヤ
(sigh :2020年1月16日 9:03 PM )
>セイちゃんのコメントに対する反論
セイちゃん曰く:「誰がやってもSTAP幹細胞はできるよ!」
→ ES細胞を渡されたのならね。

この「ES細胞を渡されたのならね。」という言いぐさを読んで、もう何も言うことはなくなった。
これは、ES細胞を渡されたのなら誰でもできるのに、実際には若山さん以外は誰もできないということは、ES細胞を渡されたのではなく、若山さんの所為だということをゲロしちゃったんだな。

また今回も「負かしちゃった」と一人悦に入り就寝したが、今日(17日)覗いてみると、また昨日の同時刻のコメントはすり替えられて、何やら未練がましく付け加えている。これは見逃すことを予測して付け加えるのだろうな。後で応答しないからと言って勝手に解釈するために。ヒデェー奴だ

(付け足分)
>それより、学とみ子は「誰が、どこでES混入させたか、桂報告書にあります。」と言い出しました。これを支持しますか?もし否定しないのなら、桂調査委員会報告書のどこにこのようなことが書かれていて、誰とは誰で、混入させた実験操作とはどれですか、学とみ子に代わってお答え願えますか?学とみ子は明確に答えてくれません。

・これを支持しますか?
支持します。桂報告書を読めば分かります。

・混入させた実験操作とは
STAP幹細胞やFI幹細胞の作製時です。
(STAP幹細胞やFI幹細胞の作製時にES細胞が混入したと認められる。‥桂報告書P13)

・誰とは誰で
誰とは、STAP幹細胞やFI幹細胞を作製した若山さんです。
(若山氏がSTAP幹細胞やFI幹細胞を作製した。‥桂報告書P14)
(若山氏がSTAP幹細胞としてAC129を樹立した。‥桂報告書P8)
(若山氏がSTAP幹細胞GLSを作製した。‥桂報告書P8)

注1‥桂報告書が、STAP幹細胞やFI幹細胞の作製時という場合、STAP幹細胞の材料となるSTAP細胞作成過程を含むということではありません。こういう場合はSTAP細胞作成過程の後のことです。
桂報告書の説明構成は明確に[STAP細胞作製のためのマウス]、[STAP細胞作製]、[STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラの作製]、[テラトーマの作製]、というように分けて、解りやすく書かれています。(P14)
ため息さんは「STAP幹細胞は「STAP細胞をACTHの培地に撒くだけ」とか、「作製方法にはES細胞や他との共培養を考えるのは勝手ですがSTAP幹細胞作成にソーティング等は必要ないでしょ」などの発言がありますから、STAP細胞作成過程と分けて考えていたんでしょ? 今頃、何言っているの。

注2‥学さんは、STAP幹細胞やFI幹細胞の作製時に、実験ミスが起こった可能性があると言っているのですが、私とは実験ミスというところが少しだけ違います。

注3‥ため息さんには差し戻された件の回答が残っていますよ。

「科学的な客観的な表現に逆らって、科学者のため息さんが、なかったのが確定したという根拠を示さなければ、今までさんざん人に言ってきたことと自分がやることが違うので、そこがおかしいんですよ。この件は差戻だな。それからだ。」

hidetarou
もう、ため息ブログのコメンテーターらのコメント紹介辞めませんか。
読んでいて不快にさせる。
非公開コメント