他人否定とおごり

他人否定とおごりが、ES派の特徴と書いたが、これを支えるのが、ES派各人の誤解、見込違い、知識不足である。plusさんは、まさにそこを体現している。plusさんは、ご自身で勝手に理論を作ってしまうスゴ技も持っている。ご自身がこうだと思う方向でものを作り上げる。それに対して反論する人が、例え専門家であっても認めない。そのための強いモチベーションとなるのは、相手を否定して楽しむ事だ。今回も、plusさんのそうした志向が良く出ている。

>つまんないミスでも認められない訂正できない謝れない今さら引っ込みがつかないというのは事態をどんどん辛くしていくだけ

つまらないミスではない。生体の機能は全貌が解明されてない。弱めている仕組みをブロックすると結果的に、受容体機能を強化することになるだから、曖昧な表現をする言葉がある。拮抗なる言葉がある。リンクの間違いはない。しかし、plusさんは、そんな医学的知識を得たいわけでない。

plusさんは、今までも、専門家たちと喧嘩してきた人なのだろう。Lさんにも対抗した。だから、plusさんは専門知識を自分のものにできない。

plusさんは、知識そのものや、知識を持つ人に対して強い対抗心を持つ人なのだろう。これでは、専門家と渡り合っていけない。だからこそ、非専門領域で四苦八苦するため息さんとはぶつからず、そちらのplusさんは、他人否定の優越感を楽しみ、自我に満足し、自説に固執するのだろう。

plusさんがミスと決めたら、plusさんにとっては、皆、ミスだ。そう決めつけることは、plusさんにとって楽しいから、相手を否定してけなすことが可能になるからである。ES派のメンタリティとして、plusさんは、その好例である。




味噌マニアさんなる人も、議論の方向性が見えてない。茶化して、議論のレベルを下げて相手をバカにする手法だ。自我を満足させるES派そのものの方です。その手法は以下です。

>ばーさんは、夏休みの宿題をやってないのを否定して、落としたとかおじいちゃんちに忘れてきた、けどちゃんとやったもん、と言い張る子供のようです。学祭でコーヒー豆を買い忘れたのを認めず、ブラジルの凶作で手に入らなかったと答えて唖然としたのを思い出しましたよ。



しかし、次々と、あちらの方は書いてきますね。今度はやっぱりさんです。

学とみ子は、やっぱりさんのARBや阻害剤の説明を否定などしていません。
やっぱりさん、臨床家は、そこは間違えません。

常識的な話を学とみ子が否定していると、やっぱりさんが誤解するから、話がどんどん狂っていくのです。

[臨床家ならそこは間違えない] とする部分を、非臨床の人たちはわからないんだろうな。きっと。

やっぱりさん自身が間違えやすいと思うと、臨床家も間違えやすいと連想してしまうのだろう。そうした性癖の人があちらに集まっている。自らの認識が全ての人たちである。


この記事は、plusさんの問題点を書いたものだが、書かれた本人は全くの無視である。こうしたメンタリティも又、ES派の特徴である。そして、彼が今回、書いた言葉は以下である。

>クリックして自分が意図した記事に飛ぶかどうか確認する最低限のマナーをサボったんでしょうな。

これを読む学とみ子が、エエっと、驚きあきれる感情を、plusさんは予想もしないのだろうな。

リンクを確認するのは、ネット書き込みの時の最低のエチケットなどと言えるplusさんにビックリです。

plusさん、あなたはリンク間違いどころか、もっとすごいエチケット違反をしています。学とみ子は、リンク間違いなどしていませんが、そちらが勝手な解釈で、騒いでいるだけ。

plusさんのエチケット違反はこんなレベルではないです。こう言えば、もうおわかりですね。

plusさんは、科学的根拠のない作り話を平気でネットにのせる。plusさん自身で、根拠が無いのを自覚していても、それでも書き込む。

その最たるエセ科学は、plus作成X細胞です。plusさんは、SNPを説明するために、X細胞をご自身の頭の中で作り上げた。そして、コメントに書いた。これこそ、エチケット違反ではないの?



やっぱりさんのコメントです。
>>「TCR遺伝子の長さは、数百bpなんですよね。」
>私はそんなことは言ってませんが、どこかに証拠があるなら具体的に提示してください。どうせ学さん恒例の脳内妄想でしょうけど。
私がそんな間違いを言ったというデマを流すのは、愚劣極まりない行為ですよ。

やっぱりさんは、分子生物学にオールラウンドで強い方であると、かつての学とみ子は思っていました。ところが、実際のやっぱりさんは、TCRの議論を避けました。大いばりのやっぱりさんなのに、TCRに精通してないことが、当時の学とみ子には不思議でした。

学とみ子は、遺伝子研究関係者たちは、生物学上のTCR機能を知らないことを知り、驚きましたね。そして、TCR機能は、生物学者なら誰でも知ってる知識ではないことがわかりました。

石井調査委員会での不手際も、そうした事情があったと思います。あのキメラのTCR図を作った人はだんまりを決め込み、調査委員会でも、問題点が理解できる人がいなかったのではないでしょうか?わかっている人もいたでしょうが、黙して語らずだったのでしょう。

恐らく、やっぱりさん周辺の学者たちは、D2J2領域の話に限定して議論をしていたのだろうと思います。だから、やっぱりさんの理解は、TCR遺伝子は数百bpなのです。

TCRの全貌をやっぱりさんが理解したのは、多分、そのずっと後ですね。

この時のブログでのやり取り記録はあるはずで、私はお示ししたいのですが、なかなか探せません。残念です。

やっぱりさん、あなたは、TCRは数百bpと書いたんですよ。そのうち、私の方でその部分が見つかりましたら、お示しします。やっぱりさんの方がみつけやすいはずですから、そちらでもみつけられたらお知らせください。


追記
もうこの議論は意味がないと思うのですが、あそこの人たちは、何を問題にしているのでしょう。

記事を書いた本人が説明しているのに、あちらの人たちは認めない。次々と、無関係な話を持ち込んで、[俺、知ってる]のパフォーマンスだ。

いつまでも、ため息さんと共に主張し続けたら良いでしょうね。

生体活性物質の機能は受容体を介する。アンギオテンシの量が減った場合も、受容体への刺激が弱まる。いろいろな降圧剤のうち、アンギオテンシン関与の降圧剤は、その受容体を介し、異なる機序で降圧作用を示す。それだけの話だ。

結局、そうした意味合いがわからないから、学とみ子がでたらめを書いたなどと、個々にしつこくいつまでも追及してくるのだろう。

STAP事件でも、不十分な知識の人たちが、個々に、しつこくSTAP著者らを追及したのだ。追及する側の方が非専門家であり、そして、間違っているのにー ー 。
スポンサーサイト



コメント

学、阻害と拮抗の区別は理解しましたか?
ちゃんと勉強しましょうね。
厚生労働省の医師検索も、まっとうな人は
自分でちゃんと登録していますよ。

医師法違反になるからね。

5ちゃんより

-
265名無しゲノムのクローンさん (ワッチョイ 370c-tipF)2020/02/07(金) 16:55:50.51ID:DA621Tfj0
>TCR遺伝子の長さは、数百bpなんですよね。やっぱりさん。
>やっぱりさん、あなたは、TCRは数百bpと書いたんですよ。
(学のブログ)

yap*ari*w*katt*na*氏には同情する。
何~~も分かっていない、また、つまらない人を相手にするとこうなるんだっていう
良い例で。

yap*ari*w*katt*na*氏は長いTCRの議論の中でこう書いた。
「30億塩基対の内のVDjunctionの部分の数百?の塩基対が欠損しただけのことで、」

おそらく、この部分を読んで学はあんな馬鹿馬鹿しいことを妄想して言っているんだな。
ほんと、恥ずかしい人だ。
非公開コメント