持論に絶対自信のため息さんです。

両者の議論のすれ違いが見えましたね。
http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=17015#comment-85956

ため息さんの主張は、ホスト細胞には、ACE2受容体などは絶対無い!との主張です。

ため息さん、ウイルスがACE2にくっつけても、その先がありません。ウイルスはホスト細胞表面構造物(Ace2受容体)にくっついて、ホスト細胞膜と融合して細胞内に入ります。

山の住人さんがなにやらおっしゃってますが、ため息さんが今の文章を書き換えたりすると、議論が迷走するので、今のため息さん文章をキープするためにコピペしました。学とみ子の反論はすでに示しています。山の住人さんは、再度、学とみ子の主張を読み直してください。

山の住人さん、議論の方向性がわからない時には、ため息さん正しい、学とみ子間違いの固定観念を持つ習慣から、そろそろ卒業してください。

学とみ子は今まで、ため息氏からデタラメ呼ばわりをされて罵倒されてきました。
学とみ子がため息さんを呼ぶときは、”ため息さん”ですが、ため息さんが、学とみ子を呼ぶときは、”学とみ子”です。
学生を相手にしてきた経緯から、他人をバカにすることが平気な日常になっているのでしょう。

しかし、ため息さんは、侮蔑する相手(学とみ子)からも、ため息さんに対して礼儀をつくせと要求してきますね。
とても、不思議な方です。
「僕(ため息さん)が、学とみ子を侮辱しているのだから、相手(学とみ子)からも礼儀をつくしてもらえないのはしかたないな」
とは、ため息さんは思わないということです。
こうした人がいる!ということは、本当に胆に銘じておきたいです。

あちらのブログで、学とみ子を”婆さん”と呼ぶような人まで、学とみ子側がエチケット違反だと言ってきます。

嘘つき!
謝れ!

こうした言葉を、あちらのサポーターはなぜ、吐けるのか?本当に不思議な人たちです。

自身の問題行動は、一切顧みず、相手の行動ばかり一方的に責める人が、世の中にいて、そうした人が集まっているのがため息ブログです。
このメンタリティが、まさにSTAP潰しの本質であったと思います。
STAP潰しに参加した人も、あそこにはいますね。

とにかく、自身の信じ込んだ理論に外れるものは、すべて、デタラメ、ねつ造と決めつける人たちです。
じゃあ、相手のレベルが低い!と決めつけた人たちのレベルはどうなのかというと、決して高くない!
中には、素人の方もいて、こうした人たちも一緒に、STAP研究者たちのレベルが低いなんて言えるのですから驚きです。
彼らに共通するのは、自身が見えないという状況です。
それでも、ため息グループは、数の暴力と、声を大きさをもって、己の正当性を主張する。

学とみ子が書けば、そこに張り付いて、ため息氏とその仲間たちは、学とみ子文章の内容を全面否定します。
これが、STAP事件にかかわった人たちの質を示すものと思われ、大変、興味深いのです。


それでは、ため息氏の思い込みを以下に示します。
ため息さんのコメントをコピペしました。青字
こうした行為は、望ましくはありませんので、本当はやりたくありません。

>学とみ子はコロナウイルスが結合するのはACE(2)受容体だと言い、当方はACE2受容体なぞないよ、コロナウイルスが結合するのはACE2だと言っています。この件でしょ?ちがうかなぁ〜?類推すると学とみ子の頭の中がわかってないと怒るからね。妄想が詰まった魑魅魍魎とした頭をわかるわけがないですよ。

>当方は、このような分野を専門とするわけではないので、調べてみてその結果でコメントしているわけですね。いくつか論文と記事を紹介しているのはその過程ですね。

>学とみ子自身が紹介したLancetの論文での表現をいくつかピックアップしてみます。
① This result suggests that 2019-nCoV might also use angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) as a cell receptor.  ACE2を細胞にある受容体*として
② the binding of the SARS-CoV receptor-binding domain to the ACE2 receptor were variable  直訳:ACE2受容体へのSARS-CoV受容体結合ドメインの結合は 
③ bind to, such as ACE2 for SARS-CoV2  SARS-CoV2がACE2に結合するのと同様に
④ we suggest that 2019-nCoV might use ACE2 as the receptor, ACE2を受容体として
⑤ 2019-nCoV could employ the ACE2 receptor,   直訳:ACE2受容体を使う 意訳:ACE2を受容体として使う
⑥ use angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) as a cell receptor. ACE2を細胞にある受容体として
②と⑤で、「ACE2 receptor」直訳すると「ACE2受容体」という言葉を使っていますが、他の表現は「ACE2を受容体として使っている」という表現ですね。この②と⑤の表現で間違えたのでしょうかね。

コスモ・バイオのSIN社2019年型コロナウイルス研究試薬のページにコロナウイルスのスパイク(S1,S2)がACR2という酵素に結合する図があります。
この図の下に「2019-nCoV は、ヒトACE2受容体を介してヒト呼吸上皮細胞に感染すると報告されています。」との説明があります。参考文献
Xu, X., Chen, P., Wang, J. et al., Evolution of the novel coronavirus from the ongoing Wuhanoutbreak and modeling of its spike protein for risk of humantransmission Science China Life Sciences pp 1–4 Sci. China Life Sci. (2020). https://doi.org/10.1007/s11427-020-1637-5
を挙げていますので、この文献のACE2に結合する部分の表現をピックアップしますと
①  the Wuhan CoV would infect humans via binding of S-protein to ACE2   S-蛋白のACE2に結合する部分を介して
②  via binding of S-protein to ACE2  同上
③  We performed structural modeling of its S-protein and evaluated its ability to interact with human ACE2 molecules.   ヒトACE2分子との相互作用の能力を評価した
④ according to the crystal structure of SARS-CoV S-proteinRBD domain complexed with its receptor ACE2 (PDB code:2AJF),   その受容体であるACE2
⑤ the 3-D complex structure of the Wuhan CoV S-protein binding to human ACE2 was modeled with   武漢コロナウイルスのS-タンパクのヒトACE2への結合の3次元構造がモデルで…
となります。コロナウイルスが結合するのはACE2であるとしています。
したがって、このコスモ・バイオのページの日本語の「ヒトACE2受容体」という表現はあまりいいものではなく「ヒトACE2」としたほうがいいかと思います。こちらの分野では通用するのかもしれませんが、それでもウイルスが結合するのはACE2という酵素です。

>アセチルコリン受容体とは、アセチルコリンが結合する受容体(分子)がアセチルコリン受容体ですから、このような古くからの使い方を踏襲すると、「ACE2受容体」はACE2が結合する受容体(分子)となり、コロナウイルスが結合する受容体(分子)ではなくなります。

学とみ子自身が紹介したLancetの論文でも注意深く読めば、コロナウイルスが結合するのはACE2分子であることがわかります。ACEは、医師で医学部低学年で講義に出てくるくらいなのだから酵素であることがわかっているはずで、それから類推すればACE2も、新しい物質ではあるけれど、酵素であると予想できるわけで、酵素の受容体というのはあまり聞かないわけで、医学分野にいれば常識としてコロナウイルスは酵素と結合するのであってACE2酵素と結合する受容体に結合するという解釈はでてこないはずです。

こんな説明でよろしいでしょうか?

*: あ!このcell receptor を直訳して「細胞受容体」と言ったのか。なるほどね。しかし、ホントに細胞生物学の専門家なの??





ウイルスとホストの関係について書かれた論文です。

A Virus-Binding Hot Spot on Human Angiotensin-Converting Enzyme 2 Is Critical for Binding of Two Different Coronaviruses
Kailang Wu,

Host receptor recognition by viruses is the first and essential step for viral infections. During the long history of evolutionary battles between viruses and hosts, viruses have evolved complex strategies for their receptor selections (2). Despite tremendous efforts to understand these strategies, the current picture of how viruses recognize their host receptors is still murky. Viruses exploit a wide variety of host cell surface molecules as their receptors. In addition to serving as receptors for viruses, these molecules are implicated in various host physiological functions such as cell adhesion, immune response, signaling pathways, proteolysis, and ion transport. On one hand, several viruses can share one host receptor. For example, coxsackievirus-adenovirus receptor, an immunoglobulin (Ig) superfamily member, is the receptor for both coxsackieviruses and adenoviruses (3). On the other hand, one virus can recognize several different host receptors. For example, herpes simplex viruses use one of at least three protein receptors: HVEM, which is a tumor necrosis factor receptor family member (23), and nectin-1 and nectin-2, both of which are Ig superfamily members (8, 31). Understanding the pattern of host receptor recognition by viruses has important implications for viral evolution, pathogenesis, host range, tropism, cross-species infections, emerging viral epidemics, and virus-mediated gene targeting.

A key question regarding the evolution of host receptor recognition by viruses is what features of these receptor molecules make them targeted by viruses. The receptors for viruses can be proteins, carbohydrates, or lipids (2). Compared with carbohydrates and lipids, protein receptors in general have more structural features and thus are engaged in more-specific and high-affinity binding interactions with viruses; they are the focus of this study. Among protein receptors, some (such as cell adhesion molecules) are more abundant than others (such as proteases and ion transporters). Although the availability of abundant protein receptors to viruses is probably one of the reasons why they were selected by viruses as receptors (30), it is not clear whether receptor proteins, especially nonabundant receptor proteins, contain any structural features that make them targeted by viruses.

The structural features of receptor proteins can be identified from the atomic structures of virus/receptor interfaces. Defined structural and functional receptor-binding domains (RBDs) have been identified in many viral surface glycoproteins. One or more receptor-binding motifs (RBMs) on these viral RBDs mediate the interactions with their receptor proteins. To date several crystal structures are available for viral RBDs complexed with their receptor proteins (1, 4, 5, 13, 18, 32, 33). Among these structures, only two reveal how different viral RBDs can bind to their common receptor protein: the structures of NL63 coronavirus (NL63-CoV) and SARS coronavirus (SARS-CoV) RBDs, each complexed with their common receptor, human angiotensin-converting enzyme 2 (hACE2) (18, 32). Both NL63-CoV and SARS-CoV are important human viral pathogens. The former causes prevalent respiratory diseases (6, 29), whereas the latter was responsible for the worldwide epidemic of severe acute respiratory syndrome (SARS) diseases in 2002 to 2003 (12, 24). Coronavirus spike glycoproteins are envelope-anchored clove-shaped trimers (16). Each spike trimer contains three monomeric S1 heads, which function in receptor binding, and a trimeric S2 stalk, which functions in fusing the viral envelope and host membrane. NL63-CoV and SARS-CoV RBDs are located in the S1 heads of their respective spike proteins. There is no structural homology in their RBD core structures or RBMs (Fig. 1). The core structures of NL63-CoV and SARS-CoV RBDs are a two-layer β-sandwich and a single-layer β-sheet, respectively; the RBMs of NL63-CoV and SARS-CoV are three discontinuous short loops and one continuous long subdomain, respectively. Nevertheless, the two viral RBDs bind to the same three virus-binding motifs (VBMs) on hACE2 (18, 32).


以上が2011年のJ Virolです。ウイルスは、ホスト細胞に引っ付く足場を作ります。その時、ウイルスは細胞の接着因子を使うことが多いとあります。コロナウイルスは、ACE2を抱き込んで、ホスト細胞侵入を容易にするようです。


厚労省も苦労していると思いますが、クルーズ船の乗客が、呼吸器も、それ以外の病気でも、何らかの病気で死亡すると、批判が強いでしょうね。どこまでも、何をやるべきかについては、人々がウイルスの知識をしっかり持つことが大事です。

従業員の労働環境についても、人々が広く考えるきっかけになりました。


上記の論文イントロのうち、以下が大事ですかね。あまり書くといろいろな言われてしまうので、それぞれ、興味のある方は、更にお進みください。

Each spike trimer contains three monomeric S1 heads, which function in receptor binding, and a trimeric S2 stalk, which functions in fusing the viral envelope and host membrane.

さて上記の論文から9年後、2020年には以下のようになっています。つまり、ウイルス2019-nCoV RBM がACE2と結合する分子メカニズムについて特化して書かれています。この変化した構造体をとることで、可能性(仮説)として、ホスト細胞侵入を果たすメカニズムだということです。2011年のJ Virolでもわかるように、ホストの受容体はウイルスエントリーに必須の構造体です。ウイルスは、生きた細胞にエントリーしないと増殖できません。論文では、この大前提にあえて触れていないのです。

J Virol. 2020 Jan 29. pii: JVI.00127-20. doi: 10.1128/JVI.00127-20. [Epub ahead of print]

Receptor recognition by novel coronavirus from Wuhan: An analysis based on decade-long structural studies of SARS.

Wan Y1, Shang J1, Graham R2, Baric RS2, Li F3.

Abstract

Recently a novel coronavirus (2019-nCoV) has emerged from Wuhan, China, causing symptoms in humans similar to those caused by SARS coronavirus (SARS-CoV). Since SARS-CoV outbreak in 2002, extensive structural analyses have revealed key atomic-level interactions between SARS-CoV spike protein receptor-binding domain (RBD) and its host receptor angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2), which regulate both the cross-species and human-to-human transmissions of SARS-CoV. Here we analyzed the potential receptor usage by 2019-nCoV, based on the rich knowledge about SARS-CoV and the newly released sequence of 2019-nCoV. First, the sequence of 2019-nCoV RBD, including its receptor-binding motif (RBM) that directly contacts ACE2, is similar to that of SARS-CoV, strongly suggesting that 2019-nCoV uses ACE2 as its receptor. Second, several critical residues in 2019-nCoV RBM (particularly Gln493) provide favorable interactions with human ACE2, consistent with 2019-nCoV's capacity for human cell infection. Third, several other critical residues in 2019-nCoV RBM (particularly Asn501) are compatible with, but not ideal for, binding human ACE2, suggesting that 2019-nCoV has acquired some capacity for human-to-human transmission. Last, while phylogenetic analysis indicates a bat origin of 2019-nCoV, 2019-nCoV also potentially recognizes ACE2 from a diversity of animal species (except mice and rats), implicating these animal species as possible intermediate hosts or animal models for 2019-nCoV infections. These analyses provide insights into the receptor usage, cell entry, host cell infectivity and animal origin of 2019-nCoV, and may help epidemic surveillance and preventive measures against 2019-nCoV.SignificanceThe recent emergence of Wuhan coronavirus (2019-nCoV) puts the world on alert. 2019-nCoV is reminiscent of the SARS-CoV outbreak in 2002-2003. Our decade-long structural studies on the receptor recognition by SARS-CoV have identified key interactions between SARS-CoV spike protein and its host receptor angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2), which regulate both the cross-species and human-to-human transmissions of SARS-CoV. One of the goals of SARS-CoV research was to build an atomic-level iterative framework of virus-receptor interactions to facilitate epidemic surveillance, predict species-specific receptor usage, and identify potential animal hosts and animal models of viruses. Based on the sequence of 2019-nCoV spike protein, we apply this predictive framework to provide novel insights into the receptor usage and likely host range of 2019-nCoV. This study provides a robust test of this reiterative framework, providing the basic, translational and public health research communities with predictive insights that may help study and battle this novel 2019-nCoV.


スポンサーサイト



コメント

また学の無断転載ですね。
いい加減なことしかできないのかなあ、この人は。
非公開コメント