STAP事件は、関係者が沈黙し、多くを語らないことが、なによりこの事件の質を表しているのですね。

hidetarou さんが、論文撤回の背景に疑問を投げています。

この背景に何があるのか、現時点では議論するのは難しそうです。
むしろ、ため息ブログメンバーはこの問題を強調して、はしゃいでいるのは興味深いですね。

一方、対学とみ子については、ため息ブログメンバーは、”ACEとACE2を間違った!”とか、”AIIとACEを間違った!”とか、”受容体の構造を間違った!” とか、次々と、相変わらずの難癖をつけています。
ため息ブログメンバーは、何を根拠に、学とみ子に濡れ衣を着せてくるのでしょうか?

ACE2受容体の構造について、学とみ子は言及していません。
実際の受容体は、表面の酵素部分と膜貫通受容体部分が一体化してましたね。
コスモバイオの図も、細胞膜を貫通した受容体部分が書かれていますが、学とみ子が受容体構造があると説明しても、ため息さんには見えていなかったというだけの話です。

ACE2受容体の機能はまだまだ、解明されていない部分が多くあって、今後、多彩な機能がわかるでしょう。
あのような一体型の構造は、生体へのメリットはどういう部分か?もわかってくると思います。

ハンニバル・フォーチュン(以下ハンさんと略)さん、他の医師の誤診騒ぎまで紹介して、そのうち、「その医者は学とみ子かもしれない・・・」などと言い出したら、学とみ子はどうしましょう(涙)。
ハンさん、こんな風に、学とみ子から言われてしまうと予想しませんか?

俺(私)が正しい、俺(私)だけが正しい、学とみ子は認知症だ!と叫び続けると、常連メンバーを除き、フリーのブログ読者は、ネガティブになるでしょうよ。

この攻撃パターンは、以前のそちらのどなたかに似てますね。
学とみ子攻撃法の戦術としては、逆効果のような気がしますけど・・・。

ES説を理研に指示した上層部の人たちは、ES派活動家に、「戦術を工夫しろ!」と、いらいらしているかもしれませんよ。


以前に、和モガさんが、警察に出向いて問題を訴えたときの経験をブログに書かれています。

その時、担当警察官が、熱心に和モガ氏の話を聞いてくれたというのがあります。
こうしたエピソードを読むと、公的にSTAP事件がどう処理されたというより、STAP事件に疑問を持つ人は警察の中にいるとの事実でしょうね。
事件が事件だけに、当然、いるでしょう。
警察の担当者たちは、事件を本気で考えますし、興味を持つということです。
彼らはプロだから、いろいろすでに実情を知っていると思います。
警察の担当者たちは、公的事務処理上は却下しても、STAP事件について内部で議論し判断するでしょう。

結局、立場が異なるあちこちの社会で、人々の興味が続いてしまいますね。
今後、長期的にどうなっていくのか?は、誰にもわかりませんが、問題点に気づく第三者の人たちが絶えないというのが、STAP事件の特徴でしょうね。

一方、実際にこの事件にかかわった研究者たちは、再度、この事件にかかわりたくないと、皆、思っているでしょう。
論文撤回に積極的に動いた学者層、役人層は、”早くこの問題を一般人は忘れてほしい” と願うでしょうよ。

そして、一般の人の中にも、ため息ブログを批判的に読む人たちはいます。
そして、”ため息ブログメンバーは、なぜ、ESねつ造論を堅持しようとするのか?”に興味を持ちます。
そうした第三者的立場の人たちは、STAP事件の背景を考え始めます。

もろもろ、”STAPねつ造論” を懐疑的に考える人たちは、いなくならないと思います。





追記
ため息さんは、失笑すると言ってるのですが、失笑というのは、とても上から目線です。

自らは、科学的、社会的、人格的に上だとおもっているので、他人を失笑したくなるのでしょう。そういう人は、問題が多そうです。

>セイヤはコメントするたびに失笑を買うだけだから、

他人のブログに張り付く複数の人たち、それも科学的議論ができる知識人たちが、ES説擁護のために執拗な行為を続けている。学とみ子が紹介する知識や情報に対しては、ため息グループは、見当外れな根拠を示してデタラメと決めつけ、集団で大合唱する。

一方で、ため息ブログに書き込まれるデタラメ科学論はスルーする。まともな科学者は、もはや、ため息ブログを覗かない。ES説を堅持したい科学者の集まりと化してる。

彼らは、何がなんでも、それをやらざるを得ない状況なのですね。STAP事件後の科学界が引きずってしまった後遺症です。


ため息ブログには、いろいろな立場の違う人たちが寄り合っています。彼らのような人たちは、低率とは言え、確実に世の中に存在します。誰にとっても、このタイプの人たちは、注意して対峙すべき相手と言えるでしょう。

ため息ブログの人たちのように、ここまで他人攻撃を楽しむ人たちは、世の中にはめずらしい存在と言える。
それも、そうした人たちが科学論をぶちまけることのできる知識層の人たちであるということが怖い!
競争で学問をすると、人はこうなってしまうのか?の恐怖である。
研究界はこういうタイプの人を生む素地があるとなる。
しかし、それでも、ため息ブログの彼らは、まれな人たちではあるのは間違いないだろうから、日常で運悪く、こうしたタイプの人に遭遇したら、ため息ブログとの経験を活かすということになるだろう。

ES論が唯一正論と唱え、小保方犯行論にこだわる姿勢は、ため息ブログの研究者層も一般人層の人たちも共通だ。
しかし、ES説堅持のモチベーションはかなり異なる。

研究者層でため息ブログに参加してい人たちは、若山研究室の擁護者や理研関係者、及び権力のある役人関係者をサポートしたい人たちでしょう。
彼らは、基本的に科学界に生きて、生計を依存しています。

この知識層が、一般人を巻き込んで、小保方犯行間違いなしと大声を出す。
科学者層の根回し画策に気付かず、一般人たちはES論にはまってしまう。
結果、一般人でもため息ブログ書き込みに参加してしまう。

参加の一般人はやがて去っていくが、一部の一般人は、現在でも、ため息ブログ参加を続けている。
このタイプの一般人は、目いっぱいに他人誹謗を書き続け、他人をけなす言葉を吐き続けている。
誹謗行為をしながら、自らが専門家になりきれたとの錯覚状態になり、充実感を楽しめる特殊な人たちなのだろう。
これらは、なんらかの実生活の抑圧感を発散させる行為だろうし、そうすることで、メンタルのバランスを保っているのだろう。
結局、そうした他人追及で自己陶酔できる人は、小保方ねつ造説にはたいした興味はないのかもしれない。

ため息ブログの人たちは、論点のボケた悪口だけの文章作りが大好きなのだろう。どう言えば、相手に最大のダメージを与えることができるか?が、コメント書き込みのモチベーションのようだ。

ため息ブログの場は、何らの科学議論が可能である場所ではもはやなく、仲間同士の科学論はお互いに反論し合わない。まともな科学的議論は、先に進まない。科学者層が議論を求めて、ため息さんの元に寄ってきてる訳でない。ため息さん自身がすでに揚げ足取りしかできないことが、多くの人にわかってしまった。

ここに来る科学者層は、本質の議論には参加するのでなく、STAP細胞の否定のためである。ため息ブログで本音のSTAP議論、細胞論をしようとしているわけでない。元々、STAP細胞を偽物と決めつけ、ES説の矛盾には興味ない人たちである。というより、ES説疑惑を唱える人たちを否定するために集まるのである。ため息さんは、そうした志向の人を集めている。

はなから、ため息ブログとは、STAP否定の場なのだが、まともな科学者なら、科学的むりくり論を展開するのは避けたいから、こうした人は来ない!あえて、ため息ブログで、論戦をはる人は特殊だ。

ため息ブログは、いづれにしろ、まれな人たちが寄り合う場所となっている。
スポンサーサイト



コメント

ヤッパリ君のこと

セイヤ
>ようするに、アホのセイヤちゃんは無知無能であるあまり学さんのコメントの意味を勝手に曲解してしまい、間抜けな文句を並べている結果、学さんをも貶めてしまっているんですよ。(2月21日 8:49 AM)

ヤッパリ君が、また何か思いついたらしく、ため息ブログに書き込んでいるが、これもまた笑える。

>学さんは、新型コロナウイルスで何もまだわからないから感染予防はできない、なんて低レベルな出鱈目を書いたわけではないでしょう。 不顕性感染の人がいるということが判明し、検疫等で完全にウイルス保有者をチェックすることはできないので感染の侵入を完全に押さえることは困難だ、ということを言いたかったんでしょうね。

そうですよ。テレビに出て一般社会に向かい、「感染予防はできない」と言ったわけじゃない。自分のブログで、科学知識のありそうなあんたたちなら分かりそうだと思って言ったんだ。
そこを、ため息もヤッパリ君も勘違いして【学さんのコメントの問題点は、「感染予防はできない」という不適切な表現をしてしまったことですね。「感染の侵入を完全に抑えるのは困難だ」「感染の拡大を完全に防ぐことはできない」というように表現すべきでしたね。】などと言っているが、不適切どころではない、理解できないあんたたちが低レベルだったということだ。
学さん潰しが先にあるから、思わず、「感染予防はできるとテレビで言ってる」と一般人並みの反発をして、ため息が声を荒げたんだよ。二人とも見掛け倒しのオツムだったってことだ。笑えるね。

さすがに学さんもあきれて、これをたしなめたら、ため息が恥ずかしくなって今度は「細胞受容体とは何か?」と食いついた。これも人から言われて、その内容が理解できると、今度は「そのタイトルの専門書があると言ったからそれを出せ」という。理解できればタイトルはどうだっていいじゃないか。ここに、みんながSTAP事件と同様に、ため息の異常さを感じるところだ。

>当然ですが、感染予防という観点において、手洗い・うがいの励行や咳エチケットなどの対処法は新型コロナウイルスでもインフルエンザ(既知)でも同じであることは当然で、学さんもこれを否定してはいませんね

そうですよ。だけど感染がどんどん広がっている現実がある。また、新たに別な感染経路の疑いも出てきた。これまでの飛沫感染、接触感染に加え、新たに「エアロゾル感染」も含まれることが報道された。

私は学さんの意見を曲解などしておらず、そのことを踏まえて、この先、まだ予期せぬことも起こりうるだろうから、治療薬の発見、開発を急ぐことが大事と言っているのに、ヤッパリ君はなにもわかっていない。ただ、アホ、バカと罵りたいだけで、また笑われる。

ヤッパリ君はいつも私が引っ込むのを見計らって、セイヤ宛のコメントをしてくる。
私は、ため息ブログでこういう性格の人をもう一人知っている。HNは違うがヤッパリ君と同じ人物だと思う。その人は専門家ではない。ただ、同じ話題に二人が書きこんだことはないから問題はない。
しかし、ヤッパリ君は“自称専門家”ヅラして、したり顔で学さんと議論する。ところが、実践経験が無いから議論は続かず、本人は気分よく喋っているが、途中で決まってごまかす。底が知れているからしょうがない。「オー、この土瓶は洩るねぇ」「へー、そこまで気が付きませんでした」ってか?

「ごきげんよう」

セイヤ
(sigh :2020年2月21日 8:30 AM)
>はぁ?TV等に出てくる感染症の専門家とは大学の教員だったりしているわけで、行政職にあるわけではないから政府を代弁してコメントしているわけではないだろうが。いい歳のおっさんなのに、なにボケているの?

ホントに度し難い奴だな。
専門家が喋るのは、テレビ局からの要請があったからで、新聞で喋るのは新聞社の要請があったからで、政府の会議で喋るのは政府の要請があるからで、それは何のためか?
それは公共団体あるいは公共に資する報道関係が、一般社会の混乱を避けるため、官民の専門家を通じて現状の情報を広く提供するために行うものだ。「行政職じゃない‥」って、バカ言ってんじゃねーよ。

>セイヤはコメントするたびに失笑を買うだけだから、偽魚拓を作れるようになってからコメントしたらいいでしょうね。はい、それまではごきげんよう。

この「ごきげんよう。」というセリフは終わりにするという意味だろうが、過去に何度も聞いたが終わったためしがない。終わりにするというから、こちらが黙っていると、後でまた書き込んで、こちらを誹謗中傷しするから、それに反論すると、また困って「ごきげんよう。」というセリフを吐く。これの繰り返しで、五度や六度ではない。
いくら終わりにするっと言っても今のため息ブログでは、「セイヤのアホ、ばか、自称爺ィ」が吹聴され、誹謗中傷まくっているから今度はこちらから絡んでやろうと思う、と、するとどうなるか?

これは罵倒合戦となり、学ブロブの管理人さんが許さないからセイヤの発言は制限される。
一方のため息ブログではやりたい放題だから、セイヤが対等を求めてため息ブログの管理人に抗議する。
すると管理人は誹謗中傷しているため息本人だから是正されない。だから今度はサーバの管理者に抗議することになる。
するとこの管理者も誹謗中傷を許しているため息本人だから是正されない。仕方がないので勤務先の大学に掛け合うことにする。
すると大学側はプライベートの問題に関知しないという仕方がないので、今度はため息の息子に言い付けてやると、息子は「オヤジとは折れ合いが悪いので、どうにでも好きにしてくれ」とぬかす。
仕方がないので訴訟覚悟でため息の使っているブロバイダーに情報開示を求める。
と、ここまで予想できるが、まぁーね、魚拓も偽魚拓も見分けられないため息が、自宅サーバなどで自己満足してる限り、不正中継されても気付かず、破滅する方が先だろうな。

曲解にあらず

セイヤ
(yap*ari*w*katt*na* :2020年2月21日 8:49 AM)
>学さんは、新型コロナウイルスで何もまだわからないから感染予防はできない、なんて低レベルな出鱈目を書いたわけではないでしょう。 不顕性感染の人がいるということが判明し、検疫等で完全にウイルス保有者をチェックすることはできないので感染の侵入を完全に押さえることは困難だ、ということを言いたかったんでしょうね。

その通りだよ。

>当然ですが、感染予防という観点において、手洗い・うがいの励行や咳エチケットなどの対処法は新型コロナウイルスでもインフルエンザ(既知)でも同じであることは当然で、学さんもこれを否定してはいませんね

その通りだよ。

だけど感染がどんどん広がっている現実がある。また、新たに別な感染経路の疑いも出てきた。
私は曲解などしておらず、ヤッパリ君の言うことを踏まえたうえで、その先の治療薬の発見、開発を急ぐことが大事と言っているのに、ヤッパリ君はなにもわかっていない。ただ、罵りたいだけで、自分の理解不足を棚に上げ、ホントに見苦しい!

ヤッパリ君はいつも私が引っ込むのを見計らって、セイヤ宛のコメントをしてくる。
こういう性格の人をもう一人知っている。HNは違っても同じ人だと思うが、同じ話題に二人がコメントしたことはない(一度あるが見逃した)から問題はない。
しかし、専門家でないヤッパリ君が“自称専門家”ヅラして、したり顔で学さんと議論することには腹が立つ。だけど、ヤッパリ君には実践経験が無いから議論は最後まで続かず、決まって途中で逃げ出してしまう。ヤッパリ君は底が知れているからしょうがない。こういう小噺がある。
「おいッ、この土瓶は洩るねぇー」「はぁー、そこまで気が付きませんでした」

Re: 新型ウイルス感染症

学とみ子
セイヤさん、コメントありがとうございました。いろいろ、励みになります。

彼らの攻撃はあの手この手で来ます。STAP擁護論は、科学的に破綻していると、ES派はこれからも強くパフォーマンスしていくのでしょう。検索魔のにわか仕込みで、彼らは論戦を挑んできます。

> 今、学さんが忙しいようなので、留守中にブログを荒らすことになっては申し訳ないから、とりあえずこれぐらいで置くことにする。

今のクルーズ船騒動は、いろいろ考えさせますね。岩田教授の突撃入船動画は、船内部の問題点を明らかにしました。内部で、命さらして作業している人たちにとって、良い影響に繋がることを望みますね。

いろいろ政治的圧力がかかると、科学的判断に影響が出ます。そうした側面にSTAP事件との共通点が見えます。


新型ウイルス感染症

セイヤ
sigh :2020年2月20日 7:44 PM)
>TVでは感染症の専門医が予防方法を説いていますな。軽率なんでしょうか?いけないのかしらん?学とみ子に代わって新たな予防方法をセイヤが書いたら?セイヤのいいがかりですな。

それが反論になると思ってしまうのが、ホントに世間知らずの恥知らず。
TVでは感染症の専門医が予防方法を説いているのは、一般社会の行政的意味合いで、とりあえずの対処法を説明しているもの。当たり前じゃないか。新型コロナウイルスのことが分かって言っているのではないことぐらいは解れよ!バカじゃないの?
学さんはそんな行政的立場にないから専門的意見交換をしたかったということだ。

今、学さんが忙しいようなので、留守中にブログを荒らすことになっては申し訳ないから、とりあえずこれぐらいで置くことにする。

ため息の根性なしコメント

セイヤ
(sigh:2020年2月19日 6:43 PM )
>ストーカー・セイヤがこの記事にまたからんできました。

ため息が、この文章を誰に向かって書いているのかわからない。誰かに報告しているようだ。
誰も絡んでいなくて、ため息は、セイヤには返事に困ってしまうから相手にしない、と言いながら、また先にかかってくるから反論しただけだ。
今までも先に手を出したことはないから絡むって事ははないだろう。「セイヤにまた虐められる、だれか助けて」ってとこだろうか。根性なしッ!

>「魚拓としてアップされているのが偽物だ」という根拠は?偽物を作製してから言えよ。

恥ずかしくもなくよくこんなコメントが書けるね。ため息は、本物だという証拠はもっていないんだろう?魚拓そのものが証拠って事にはならないんだよ。裁判のするにしても魚拓のコピーに日付の確認を他者にしてもらわないと証拠として採用されないんだ。一方、偽物という証拠は前に示したとおりだ。
同時刻の原本を➀とする。
当初の同時刻の魚拓を②とする。
現在の同時刻の魚拓を③とする。
この場合、②と③の同時刻の魚拓が違っているから、どちらかは偽物だと言っている。魚拓が二つあるのはおかしいからね。これが証拠だ。
「どこにあるの?」って?誰が教えるか!ため息はいつまでも人に笑われてればいいよ。

>コロナウイルスの話は学とみ子にボールがあるのが読めないようですな。「細胞受容体」と記載のある専門誌を紹介してくれるのを待っている状況ですな。

ため息のコロナウイルスの話は、ボールがどっちにあるなどという類のもんではない、ただに言いがかりで屁のようなもんだ。
ため息自身が
「細胞膜に受容体はあります。細胞内にも受容体はあります。感覚細胞、あるいはその付随物を受容体ということがあります。しかしこれらを、当方の理解では、細胞受容体とは決して言いません。ですから「細胞受容体」というタイトルの専門書を紹介してほしいのです。」
と言っているんだから、ため息の理解がそうだと言うだけで、タイトルの専門書があるかないかを詰問したって誰も相手にしない。

>完全ではないけど予防法はTV、ネット、新聞でいくらでも案内しているでしょ。学とみ子は医師なんだから「予防法はない」など軽率に言うべきではないのだよ。

医師だから「予防法はある」など軽率にいうことはできないんだよ。ため息のように小学校のガキでも知ってるようなことは言えないんだ。

>今回のサーバの不調はアクセス権が正しく設定されていないファイルがあったのが原因のようですな。修復しました。

これが問題だとは思わないのか?過去に何度も何度も不調を繰り返し、その都度再起動して回復したと済ましているが、ため息が構築しているシステムじゃ、飛んでくるウイルスを撃退できないのではないか?ウイルスが増殖しまくっていると思うな。自己満足はいい加減にして、一刻も早くレンタルに移管すべきだ。その前に、不調になるたびごと、その前に自分がアクセスしたアドレスを辿ってみると思いがけないことが…。アルイミ怪しいぞ。

>それより偽魚拓はできたの?

ため息は、そんな犯罪を人にそそのかしていると森友さんのように捕まるぞ!実刑だな。

つくば愛
ため息とその仲間はサイコパスだよ。
本当に気持ちがわりい

つくば愛
ため息とその仲間はサイコパスだよ。
本当に気持ちがわりい

ため息に嘆息

セイヤ
(もう桜が…2020年2月19日 sigh)
>セイヤもカツラ委員会さんもmjもんたも偽魚拓を作成できると豪語していたのに、1年経過しましたが誰も作ることはできませんでしたな。その後、作成できなかったことなどを訂正・謝罪することもなく、すっとぼけてコメントしていますな。いい加減な奴らであることが証明され、相手にするのは誤りであることが判明したわけです。

桜の話に関係なく、唐突として偽魚拓を持ち出すのはなぜか。それは、自分が新型コロナウイルスの話に耐えられなくなったからだろう。
ため息は、学さんの「感染予防はできない」発言を内容が理解できず、思わず罵倒してしまったので、後から取り繕ってきたものの、自分を優位に置かずにいられないため息が、他人の自分に対する評価に不安を感じ、偽魚拓の話は優位だろうと思ってチョッカイを出してきたようだ。

事の始まりは、学さんが新型コロナ感染症について「感染予防はできない」という趣旨の発言をしたら、即、ため息が、テレビや新聞では「小まめな手洗い、人混みでのマスク着用」等で予防できると言っているのに、医者の学さんが「できない」というのはおかしいと噛みついたことからだった。

この時、皆は思ったね。「ため息のバカが、インフルエンザ(既知)と間違ぇ-やがって!」と。
新型コロナウイルスなんだから、感染経路も何もまだわからない。ワクチンがあるわけじゃない。一番大事で、今すぐやるべきことは、治療薬を発見、開発することだ。
ため息には、STAP細胞と同様に「新型」ということに考えが及ばない。学さんは、通常言われている対処法などでなく、新しい知見につながるいろいろな情報を交換したかったのではないか?。
「細胞受容体」とは何か?「そのことが記載されている教科書を示せ!」などと想像も、空想も妄想もできない奴に何言ってもムリ。こういうのを「馬に乗る人」という。
即ち、絵を描く人は「画家」、書を書く人は「書家」、馬に乗る人は「馬家」。

折しも、国内で「新型ウイルスの分離に成功した」という報道があった。この時、「オー、早いじゃないか!」という感想を持ったが、中国では既に分離されていたらしい。なぜ、いち早く世界に供与して治療薬の早期発見に努めないのだろうか。STAP事件の研究社会の堕落ぶりを見せつけられると、世界の医療社会も同様なのかと不安になる。

さて、偽魚拓の件だが、唐突に持ち出してくることにも驚いたが、今、魚拓としてアップされているのが偽物だということにまだ気が付いていないことにも驚く。
以前、同時刻の魚拓としてアップされていたものと確実に違うところがある(これはoTakeさんは気付いていると思う)。ということは同時刻の魚拓は二つあるということになり、どちらかは偽物だということになる。誰も同時刻の原本を見ていないならこれが唯一の根拠になるだろう。
勿論、偽物をアップしたのは私じゃない。世の中は広い。ひそかにため息の鼻をへし折ってやったとほくそ笑んでる人がいるんだろうな。サーバの不調もそうじゃないかな?アルイミ・サイバー攻撃かもしれんな。知らんけど。
非公開コメント