抗不安薬

抗不安薬の分類 (マイナー精神安定剤と呼ばれる)
不安を抑える薬として、広く使われている。
ベンゾジアゼピン系は、意識や、高次機能に対する影響は少なく、薬物依存形成作用も少ない。しかし、それは、他の向神経薬との比較であって、神経の興奮を抑える薬であるので、薬が無いと興奮しやすくなる作用をなくすことができない。ベンゾジアゼピン系の薬剤は、抑制性の神経線維を刺激する。現在、使われている抗不安薬は、興奮を抑えるというより、抑える働きを薬で強化させるというしくみである。それゆえ、薬が無くなると、神経細胞が興奮しやすくなり、再び、薬が必要な状態となりやすい。これを薬剤依存という。急に服薬を中断すると、不眠や不安などの禁断症状が出る。
禁断症状は作用が短い(強力に出る)薬ほど強い傾向にある。短時間型の方(デパスなど)が禁断症状が出やすい。
しかし、情動中枢に選択的に作用する(呼吸中枢にはあまり影響しない)ので、過誤や自殺目的の過量投与の際も死亡する危険性は少ない。
 
ベンゾジアゼピン系で共通して見られる主な副作用
精神運動機能の低下 集中力、注意力の低下、眠気、ふらつき、めまい、頭痛、健忘、
構音障害(ろれつが回らない)、健忘作用などの不快な副作用は、当然ながら 高用量、高力価、短時間型のものに多い。
統合失調症では、時に刺激興奮、錯乱などが見られることがある。

ベンゾジアゼピン系
短期作用型(6時間以内) 
高力価型 デパス (エチゾラム)
低力価型 リーゼ (クロチアゼパム)  コレミナール (フルタゾラム)

中期作用型(12‐24時間) 
高力価型 ワイパックス (ロラゼパム)  ソラナックス コンスタ (アルプラゾラム)
中力価型 レキソタン セニラン (ブロマゼパム)ジアゼパムと比較して静穏作用や抗不安作用は約5倍、催眠作用などは約2倍強いです。
 
長期作用型(24時間以上) 
高力価型  エリスパン (フルジアゼパム) メレックス (メキサゾラム)ジアゼパムより強い抗けいれん作用を持ちます。鎮静作用はジアゼパムより強力です。
中力価型 セルシン ホリゾン (ジアゼパム) セパゾン (クロキサゾラ)
低力価型 コントール バランス (クロルジアゼポキシド)最初のベンゾジアゼピン系抗不安薬です。
メンドン (クララゼプ酸二カリウム) レスミット (メダゼパム) 体内で、ジアゼパムやデスメチルジアゼパムと変化します。
 セレナール (オキサゾラム)

超長期作用型(90時間以上) 
高力価型 レスタス (フルトプラゼパム) メイラックス (ロフラゼプ酸エチル)
低力価型 セダプラン (プラゼパム)

非ベンゾジアゼピン系
   セディール (クエン酸タンドスピロン)
   アタラックス (塩酸ヒドロキシジン)
   アタラックス-P (パモ酸ヒドロキシジン)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック