皆、信じた道を行く。ES混入原因に誤解が生じ、そちらが正しいとみなされたということだと思います。。

oTakeさんは、最近、あまりコメントをしないが、以下のように言っている。
2020年7月30日 11:59 AM

>根拠なく、あれこれ悪くいうことを、“誹謗中傷”というのですが…
結局、学とみ子氏は誹謗中傷ブログを書。


学説”桂報告書内部対立論”は、あくまで学とみ子推論ですが、その推論に至るには根拠あるんですよね。
学とみ子は、その思考根拠も当ブログに書いてきました。
そうした作業を踏んだ上で、ため息メンバーが納得してくれてないのですから、今までの学説を繰り返しても、意味が無いと言っています。
”桂報告書に書いてある!”といのが、学とみ子推論”学説”の論拠です。

納得しない人に向けて、そこを覆す新たな根拠は無いんですね。
まあ、今後にあるかもしれない出来事に期待するということです。
本当のことを言うと心が救われるとの心理学からして、沈黙を守るSTAP実験関係者が、今後、口を開く可能性に期待してます。

一方、ため息ブログメンバーは、学説をひっくりかえす論拠をまだ、示していませんね。
ただ、ただ、学とみ子に対する人格否定を繰り返しています。
桂報告書に”書かれている” ことを、ため息ブログが”書かれていない” と主張するのは難しいでしょう。

ため息ブログメンバーのやれることは、学とみ子は、トンデモ解釈をする人として、バカ呼ばわりとバッシングです。
日本語能力無し、論理的考えができない、認知症、いろいろ学とみ子打倒作戦を展開しているけど、結局、学とみ子ブログを読みに来る人は、そこを読みにくるわけではありません。
学とみ子、でたらめ!嘘!間違い!と繰り返されるため息作戦に、学とみ子ブログ読者は唖然とするだけです。

STAPバッシングをしたい人、しなければならないと思う立場の人が、世間には結構いるのだな!と、学とみ子ブログ読者は気づきます。
それが読者にわかることは、STAP事件の闇を見ることになるので、ため息ブログにとっては逆効果だと思うのですが・・・・。
それでも、ため息ブログメンバーはやり続けるのでしょう。
激しく相手を罵っている人の文章って、信用されないことが多いと思います。

最近、plusさんがやや毛色の変わったコメントしてますが、plusさんはもともと、誰の味方でも無い人です。
とにかく、plusさんは、自身以外の人はすべて追及の対象です。
他人追及する行為そのものが、plusさんの志向であろうと思います。

plusさんは、自身の価値観が絶対な人で、かつ、独自性にこだわる人だから、人と同じ意見は言わず、少し違う考え方を示して、自説にこだわるんですね。
本来のplusさんは、いろいろな人向けの悪口を並べたいのだろうけど、ため息ブログにいる限り、追い出されないように注意しているのでしょう。

若山研究室批判を言いすぎると、ため息ブログを追い出されてしまいますからね。
ため息ブログは、若山氏擁護の人たちのブログで、小保方氏ESねつ造説者の集まりですから、その中で、plusさんならではの主張を適当に調整しているのでしょう。
もともと、ため息ブログの中で、違うことを言う事で、plusさんの自立的志向は満たされる人ですから。

若山氏や小保方氏をけなしたり、ほめたりの調節をして、独自性にこだわっていますよね。
とにかく、”俺だけのもの”にこだわりを見せています。

一方で、学とみ子ブログの今は、桂報告書再評価の立場にいます。
なにしろ、天下の桂報告書に書かれていると主張すれば、鬼に金棒です。
桂報告書は、実験サンプルの一部を調べて、その調べたサンプルから、ES細胞とSTAP幹細胞が同じであるとの可能性を示しました。
しかし、桂報告書は、STAP論文の全ての科学現象を否定したわけではありません。

ESがなぜ混じってしまったのかは特定できなかったのです。
桂報告書は、STAP実験の経過中、予期せぬ混入があったと明記しながら、後半の記載で、突然、”誰かが混ぜたのでは・・・?”と、故意の犯罪的行動を示す説明転換が起きるのですね。

結果、桂報告書に”故意による混入”が書かれていることで、世間から、STAP騒動がいつまでも終わらないことになったのです。

この文言を入れた人は、今は後悔をしていると思いますね。
なにしろ、ES混入では、論文の多くの実験で説明ができませんからね。
それに気づけないから、ESねつ造論を印象操作してしまったのでしょう。

桂報告書を書くレベルの科学者なら、このような軽率なことはしませんね。
学者なら、桂報告書に証拠の無い裁定はしたくないのです。
後に、科学的議論が専門家の間で、持ち上がることを予期しますしね。
世界もチャックしています。
BCA論文には、細胞同一性の可能性のみ書かれています。

事件関係者は無言を貫いている事実が、一般人の間の疑問と議論が終わらない理由だと思います。

桂報告書裁定に疑義を持つ人が増えたとしても、ため息ブログメンバーがエビデンスを持って説得することができないのです。
なにしろ、桂報告書に書かれているとした事実は重いです。

理研は、聴取可能な関係者証言を、わずかしか公開していません。
それも、関係者証言は、小保方氏と若山氏に限定しています。
STAP論文の実験実態も、研究上の個人情報でブラックボックス処理しました。

皆、誰もが信じた道を行くわけですが、科学的議論においては、ルールがあります。
議論がついていけないと感じる人は、議論から撤退しないといけません。
議論が深まっていくと、理解できない人は、もはや参加していることは科学に反してしまうと感じ、自ら議論撤退するのです。

しかし、一部の人は、撤退できない人がいるんですね。
むしろ、おのれの限界を認めず、自己主張するんですね。
ため息ブログメンバーは、ES細胞が故意で混ぜられたと信じていて、その反論を理解できない様子です。

ESねつ造を支持している人は、自身の考えを正当と信じています。
結果、信念の行動になります。
石川氏も信念の行動でしょうし、遠藤氏も、ばらつくSTAP細胞の性状が信じられずにSTAP細胞は偽物と信じたと思います。

こうした信念に基づく行動というのが、それぞれの各人にあります。

誰の作業であるかわからない状態でESが混じってしまった!が、理研の科学的結論でしたが、この結論では、政府関係者は納得できなかったのでしょう。
どうして、そんなバカなことが起きるんだ!誰かが混ぜなきゃ、混ざるわけないじゃないか!と、一般人は思います。
理研は不正行為をしたSTAP実験関係者をかばっていると、政府関係者は判断したのでしょう。
調査結果の解釈をごまかすな!との上からの追及と非難が、理研にあったのでしょう。


ES説画策者たちとオールマスコミは、日本中に、小保方氏ESねつ造は間違いないと思わせる努力を続けてきました。
とりまき学者たちが小保方ねつ造間違いないと、政府関係者に熱心に吹き込んでいたのでしょう。
結果、科学に疎い人ほど、小保方氏ESねつ造説の正当性を信じてしまったのです。


小保方氏の成功した作業は、途中までは正しく行われていても、終了後の調査では残っていません。
しかし、丁寧に論文を読めば、実験の真正性を確かめることができるます。
理研は、GRASに遺伝子発現の実験の結果を残していると思います。
当たり前のこととして、実験者たちはお互いに、信頼関係を失わないように実験内容を確かめ合っています。
ですから、結果を欠く実験などは無いし、相互に確認しあわない共同研究などもあり得ません。

しかし、ESねつ造説を信じた人は、実験成果の一部だけ見て、ねつ造と判断したと思います。
大真面目に小保方ESねつ造を信じました。

結局、ES混入原因に誤解が生じ、そちらが正しいとみなされたということだと思います。

とにかく、桂報告書って不思議な書き方をしてますよね。
SNPをあれだけ、細かく解説してくれると、一般人がSNP解析のノウハウを理解することができます。
なるほど、若山研究室のマウスは、親が違っても、これだけ遺伝子が一致しているのだということがわかります。

じゃあ、FES1,FES2が一致していないのはおかしいのではないか?の発想も出てきます。
実験で使われたマウスが、保存の時点で、違う遺伝子型になっている可能性についての記載に、驚きますよね。

読み始め頃は、良く意味の通じない部分があるものの、いろいろ見えてくると、そうしたわかりにくい部分が、実は大事な記載であったりするのです。
とにかく、当初、Oct入り実験細胞が、アクロシン入り細胞になってしまった可能性を考察した25ページの記載部分は圧巻だと思う。

学とみ子が議論を呼びかけても、案外、食いつきが悪い25ページの記載です。
この部分における別の解釈を知りたいです。

学とみ子には、この部分に、桂報告書からのメッセージを感じます。

カジュアルに要約します。

25頁、ここねー、大事ですよ。はっきり書かないような書きぶりだけど、しっかり書きましたよ〰️。
読む人もしっかり読んでね。
SNP解析も桂報告書を読むだけで理解できるように書いたからね。
STAP実験とその調査って何だったのか?について、桂報告書を読む人は、良く勉強してください。

との報告書著者たちからメッセージです。

軒下管理人さんです。
2020年7月31日 7:45 AM

学とみ子の言わんとすることが理解できてません。25頁下から10行目以下、若山証言が不明と答えた部分に、調査学者が食らいついて、新たな考察を示した記載部分がすごいんです。

桂報告書の原案を書いた人たちは、若山証言を全て正しいとの設定で調査してます。ですから、若山氏がわからないとの答になった部分が調査学者の腕の見せ所です。

以下は、軒下管理人さんの引用部分ですが、ここは調査結果です。ここの注目度は普通なので、すごいとは言わないです。なぜ、注目度の高い部分に気付けないのでしょう?

>FI幹細胞CTS1のゲノム配列パターンは、それ以前に作製されていたES細胞FES1(2005年にAcr-GFP/CAG-GFPマウスより樹立)とSTAP幹細胞FLS3(2012年1月28日~同年2月2日にAcr-GFP/CAG-GFPマウスより樹立)と完全に一致することが判明した。





桂報告書には、以下のような記載があるが、ここも[故意に混ぜた]と似た書き方になっている。まるで、外部から、[研究者をかばうな!]との追及があったかのような雰囲気がある。

桂報告書
>『また、STAP 幹細胞、FI 幹細胞、キメラマウス、テラトーマなどについて、作製後の解析を行ったのも大部分が小保方氏だが、その実験記録もほとんど存在しない。本当に行われたか証拠がない(行われなかったという証拠もない)実験も、いくつか存在する(細胞増殖率測定、Oct4-GFP を持つ FI 幹細胞の作製など)。』

STAP実験をした人たちは、お互いにかばいあっている状態にあり、それを調べる側も、STAP実験者に配慮するといった良識ある人間関係があったと予想されます。

しかし、上記の文章を桂報告書に入れさせた人は、そうした研究者への配慮が足らない感じで、小保方氏を科学者と扱ってないのですよね。FI細胞の謎まで、小保方責任にしちゃっています。

本当の専門学者なら、未知なるものを裁定する時は、上記のようなぐちゃぐちゃな書き方をしないと思いますね。

こうした学者らしからぬチグハグな書き方が、奇妙なんです。

ES派の人が率先して引用する部分て、素人的な記載部分です。素人なら、なんの疑問も持たずに引用するでしょうけどー ー 。
お互いに疑惑が起きないように配慮し合う実験環境があると思うけど、素人はそう考えないのかしら?
スポンサーサイト



コメント

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
<<70. 一言居士 2020年08月01日 12:10

ヴァカンティが若山さん相手に民事訴訟を起こすのだ。若山さんに金があるかないかは無関係だ。なぜキメラが出来たと私を騙したのだと。君できたと言ったぞ。小保方さんから報告を受けたぞ。君の所為で、私はハーヴアードの麻酔科医の地位を棒に振ったぞと。君のいたずらだったのなら、そう白状したまえ。そうすれば私は復職できるのだ。

若山さんは桂報告書を盾にこの名誉棄損裁判で防戦するだろう。それが君の望んでいる裁判だ。裁判官が真偽を判断する。

そりゃ、とても難しい裁判になるな。当然若山弁護士陣は反訴で応答するだろうし、最高裁まで行く宿命がある。勝訴が確定すれば、小保方晴子嬢の復讐は遂げられるし、名誉回復も、笹井博士への償いもさせられるだろう。但し勝訴確定出来ればの話だ。
いずれにせよ、学・ため息同人説あるいは一覧双生児説は正しかったとなる。
Plus99%は、えらく僕を裏切り者扱いして攻撃してくるけれど、それが面白い同じ陣営に立っていたとなるのだが。しかし最近の彼女、心と頭脳に乱れがあるな。
持たないのではと恐れる・・・

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
<<plus99%
2020年8月1日 9:38 AM

分らん奴だなぁ・・何度も言っている。
常に味方の立場は変わらない。何処に居ても三河者は三河者・・陣借りでも変わらない。
少しは頭をクールにして欲しいな・・・

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
諭旨明快されど冥界
何故なら
学の前に「考察」を付けている。
学が付いていると、学問となる。
致命的さんは致命的にそれは学問ではないと指摘する。
一方、一言居士さんは紛れもない学者だと指摘する。その理由、専門的な指導を受け開眼した。
となると・・
学さんは学者の立場から、「考察」を述べているのにすぎない。
言わば・・瞑想の世界になり、文学的立場からすると・・中々捨てがたい味がある。
切られ女与三郎は、そこを賞味しなければならない・・・

科学的議論のルール

致命的
> 皆、誰もが信じた道を行くわけですが、科学的議論においては、ルールがあります。

この一文には矛盾を孕んでいる。科学者は自分の信じた道を闇雲に進むのではない。事実と証拠に基づいて修正すべきことは修正するのです。この文は、学さんが科学的議論のルールを理解していないことを改めて示す。

また、以下のコメント抜粋は学さんなりの主張の根拠を科学的に記載したつもりなのだろう。
> いろいろ見えてくると、そうしたわかりにくい部分が、実は大事な記載であったりするのです。

> STAP実験とその調査って何だったのか?について、桂報告書を読む人は、良く勉強してください。との報告書著者たちからメッセージです。

> まるで、外部から、[研究者をかばうな!]との追及があったかのような雰囲気がある。

> STAP実験をした人たちは、お互いにかばいあっている状態にあり、それを調べる側も、STAP実験者に配慮するといった良識ある人間関係があったと予想されます。

残念ながら、これらは全て学さんの主観、さらにいうと感情・思いに基づく解釈です。それは即ち【学さんのマイルール】なのです。前に書いたことですが、学さんは感情を論理と履き違えています。

論文や調査報告書は読者の感情レベルに配慮して記載されるものではありません。小説ではないのです。学さん、何を言っているか理解できないのでしょうけど、あなたは科学的議論のルールをまるで理解していないのですよ。

他の多くの方が理解していないのは【学さんのマイルール】、学さんが理解していないのが【科学的議論のルール】なのです。

議論は始まってすらいない

致命的
しかし相変わらず無茶苦茶ですな。

> 学説”桂報告書内部対立論”は、あくまで学とみ子推論ですが、その推論に至るには根拠あるんですよね。

あなたの【根拠】は【客観的根拠】ではなく【主観的根拠】、つまりは【単なる想像】です。誰もが求めているのは【客観的根拠】の方です。

桂委員会内に対立があったことを伺わせる【客観的根拠】が何かありましたか?もし本当に対立があったのなら、不満に思う人が論文で主張してるかもしれません。もしくは関係者のSNSにヒントがあるかもしれません。何か一つでいいので具体的に示せますか?

政府の圧力?理研の圧力?
対立が本当に存在したなら、これだけグローバル化が進みSNSが発達した中で、6年間も証拠が漏れ出ないことはないでしょう。


> 一方、ため息ブログメンバーは、学説をひっくりかえす論拠をまだ、示していませんね。

学さんが何の客観的根拠も示していないからです。議論は始まってすらないのですよ。知りませんでしたか?報告書を論理的に読めば、学さんのいう対立説は出てこないので、【ひっくり返すべき命題】そのものが存在しないのです。

もう少し「科学的議論とは何か」を勉強しましょう。
非公開コメント