STAP論文にかかれた実験は、詳細に、かつ丁寧に検討する必要があります。

”科学者は議論しない”という新記事を、ため息氏が立ち上げました。
2020年8月3日

学とみ子は、昨日のブログ記事の中で、以下を書きました。
”小保方犯行説のままを望む業界関係者たちが、学とみ子の人格否定に精を出している状態です。”

論文実験の中身がブラックボックス化されていて、後で議論されないようになっている事実に、一般人は注意を向けるべきと書きました。

それに対して、ため息さんがコメントしてます。

>実験が本当になされて得られた結果なのかわからない(桂調査委員会報告書p30)からです。だから科学者は論文の中身を議論するわけがないのです。

>学とみ子が、論文の中からその妄想に都合の良い部分を取り上げて議論…していないな。



学とみ子は議論できてないと、ため息さんは言ってます。こんなに踏み込んで議論している学とみ子を認めないで、誰がため息さんを信用するのでしょう。
そちらの人たちも、本当はもっと各実験の詳細を知りたいし、知った後に、ES捏造を確信したいでしょう。そして、ため息さんがSTAP実験に触れないのを残念に思っているでしょう。

ため息さんはやるべき事から逃げているだけです。いつでも議論するよとの、ドーンとしたところがため息さんは無く、説得力がありません。

STAP議論に、ため息さんの存在感がないのは、苦手意識の結果なのでしょうか?ため息さんは、STAP論文は議論する価値が無いと、いつも言います。


一方、学とみ子は、いろいろ考え方を示しています。

桂報告書には、ふたつのマインドがあって、この学者勢力が、せめぎあっていたようだとの想像を書いています。
桂報告書の大事なページは、25ページと30ページであると、学とみ子は言いました。
25ページと30ページで、書き手の意見がぶつかっているのです。

25ページには、STAP細胞が他の細胞にすりかわった可能性が高いと書かれています。
STAP実験において、実験の最初で使われた細胞と、実験終了後の残っている幹細胞が違っているとするのが、25ページの主張です。

しかし、実験していた研究者たちは、実験中はそれに気づかなかったのです。
ですから、信頼関係はなんとか保ち、論文発表にこぎつけることができました。
実験者同士のお互いの仕事は、信頼しあっていたのです。

Oct入りB6マウス由来細胞は、途中でアクロシン入り細胞に入れ替わってしまったとしても、最初はOct入りB6マウス由来細胞を使ってSTAP実験がなされていたのでしょう。
こうした経緯を考えると、STAP論文にかかれた実験を詳細に、かつ丁寧に検討する必要があります。
実験の経過を追った上で、論文読者は、どこでトラブルが起きたのか?を考える必要があります。

ESが混じったらこの結果にはならないとか、ESが混じったら研究者たちの信頼関係はここで壊れるとか、そうしたことを考えながら論文を読み進む必要があります。
ため息さんみたいに、実験の経過を追うことは意味がないなんて事はありえません。


ため息さんは、論文考察をしたくないか?あるいはすると困ることになると考えているのかもしれませんね。
やりたくない理由は、何なんでしょう?
体内時計さんの持ち出した疑問についても、何のコメントもしないし・・・。
まあ、いづれにしろ、ため息さんはやりたがらないための理由があるのでしょうね。
その理由はため息さんのみが知るのです・・・。

誰でも、桂報告書に慣れないうちは、理解するのに苦労するのですが、ある程度になれると、桂報告書が身近になります。
桂報告書を書きあげた学者たちの心意気がわかるようになり、息遣いまで、感じられるようになります。
そうなると、調査した学者たちは、どういう戦いの果てに、この作品を作ったのか?がわかるようになります。
戦いの過程を想像できるようになります。

いづれにしろ、桂報告書を読むとわかりますが、とにかく、30ページは異質です。
他のページと比べて、書きぶりが雑です。
ここを書いた人は、他の部分を書いた人たちと学者グループが違う感じです。

小保方不正の判定が、メチル化実験と、増殖実験だけであったのが、不満でしかたないのが、30ページの書き出しになっています。
もっと、もっと、不正問題あるだろうと、30ページで書き手は怒ってます。

氷山の一角という言葉まで使って、もっと、もっと、小保方不正はあるはずだと言っています。
一杯あるだろう!と怒りながら、その後の文章を一気に書いてしまったような印象です。
ですから、他の部分とのバランスがおかしくなってしまったのでしょう。

STAP実験に精通していない感もあります。
FI細胞の作製まで、小保方氏であるとの勘違いしてます。

30ページでは、「本当に行われたかの証拠がない」とかも書かれています。
30ページの書き手だけ、調査の詳細には立ち会っていないような印象を受けます。
つまり、30ページの書き手だけ、後から登場して、「おかしいじゃないか?」と怒ったのでは?の印象です。

このように、桂報告書の中で、30ページだけが異質な理由は何なのでしょうか?
何か、過去にそうした議論はなかったのでしょうか?
何か、情報をお持ちの方、ご意見がある方は、教えてください。




おまけ
ため息ブログが、問題行為をしていることを、記録に残すために、ため息コメントを当ブログにも貼り付けておきますね。

sigh 2020年8月3日 1:19 PM
医師登録の話は…(魚拓)で
>学とみ子の個人情報をさぐるようなコメントを禁止あるいは削除してください。
という学とみ子のクレームです。学とみ子は医師を自称しているわけで医師なら医師等資格確認検索システムに氏名の情報があるはずなのにどうやらないようなので、登録すべきであるとする意見は、学とみ子の個人情報でもないし、それを探るコメントであるとは判定できません。あしからず。個人名が明示されていたら削除します。よろしいでしょうか?
「登録してあるわよ」と木で鼻をくくったらいいでしょ。



追記
なあーんだですが、どうやら、致命的さんは、ため息一味のようです。

当ブログがブロックしても、致命的さんはいろいろなツールからしつこく書き込んでいることからすると、致命的さんは本物の科学者ではなさそうです。多彩なアクセスルートを使い、妨害行為をし続けてる人ですね。研究が忙しい人ではないですね。

どうして、致命的さんは、自身をもっとミステリアスにしておかないんですかね?持ち駒をすぐ出しちゃうのはなぜなのでしょうか?

以前に問題行動を起こしたあの人かもしれません。そのうち、尻尾を出すでしょう。



致命的さん、
桂報告書が味気ないなんて言ってはいけません。耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、権力者に潰されないで、後生の人に伝えたいものがあるとの心意気で書かれたものです。もっと、じっくり観賞できるようになる必要があります。

一味という言い方は少し言いすぎました。ごめんなさい。
いくらでもHNをつくれ、仮想空間の中でついたりはなれたりの人間関係は、確実なものは何もないですね。

だから、致命的さんが以下のような言葉を発すると、致命的さんは、相当深く、ため息ブログにアクセスしている人であるとわかります。

>・窮鼠→改竄
・再合成→再構成
・閉経早期→早期閉経

もちろん、桂報告書の30ページには何の意味もないとの主張があっても良いです。
ため息ブログの認識は、
30ページは、何でもない!ごく普通の論旨の流れ 再度、何でもない!ごく普通の論旨の流れ と広報されるのは自由です。

そうと言わない学とみ子は、科学を冒涜する人であるというなら、致命的さんは、その論旨で行けば良いと思います。


当ブログが常識的ツールを使って、コメント拒否しているだから、アクセスをやめるのが常識人ではないでしょうか?
致命的さんは、ため息ブログで大いに吠えるのが良いと、学とみ子は何度もお願いしています。


サラリーマン生活30年さんのコメントです。 2020年8月4日 9:32 AM
学とみ子の答えは、
> それ以外です

①陰謀等で潰されたので、論文自体が全く死んでない。

最初からの陰謀論といより、最初は学者たちの科学的疑義から始まったと思います。
だからこそ、襟を正すとの告発的な社会正義となっていったとおもいます。

STAP細胞の遺伝子解析結果が奇妙だったと、学者間で広まったのでは?と考えますね。
専門家たちが集まって考えたあげく、やっぱりおかしい?となっていったと思います。
アクロシン入り細胞にであるらしいと噂になっていたのではないでしょうか?
だから、若山研究室は、サンプル名を伏せたのですよね。

全くの嘘の話がでっちあげられるというのは、現実には、なかなかないと思います。
笹井氏追及になったところで、はっきり追及の方向性がおかしくなっていきました。
30ページにも、唐突に、笹井氏の名前がでてくるのが、おかしいのです。書き手が変わったと思うのです。



体内時計さんのコメントです。 2020年8月4日 10:15 AM

>当然お答えになると思いますので、お返事をお待ちしようかと。

体内時計さんが気付かないようであるなら、体内時計さんが引用されたSTAPレター論文の比較的長めの文章の一部は、議論のための提示ではなかったということですね。
学とみ子は、考えすぎましたようで、すみません。
ここは以前に、Lさんが解説した部分と記憶してます。


plusさんコメントです。

>ミスを許容し合うなんてどこの箇所を読むとそう思うのかさっぱりわかりませんな。

実験ミスは起こりうるし、それが故意でなければ、許容されるということが、plusさんにはわかりませんか?

25ページは、若山氏による [わからない] との言に、その隙をついて調査学者が独自の道筋を書いた部分です。
若山氏がわからないと答えたことが、調査員の書き込みチャンスだったのです。
それがすばらしいのに、plusさんは、そのように考えることができないのです。普通レベルだなあ。

>例えば健康診断の採血や採尿を思い起こしてくださいな。

こういう話題そらし、例えばなしも、実に素人っぽい。あくまでも、論点をはずさず議論すべき。plusさんはそうしたトレーニングを受けた人でない。学とみ子の相手にはなれない。plusさんにその自覚がないのがハッピーだ。

いくつものプレッシャーと制約の中で、調査学者は、正解を引き出そうと格闘しました。

30ページ著者から削除されないように、25ページ著者は目立たないように文章づくりしました。
結果、消されないで済み、桂報告書25ページに残りました。

論文では、STAP(幹)細胞は特殊な遺伝子発現をしていたと書かれていますが、幹細胞前のoct入り細胞が特殊な細胞であった可能性があるのです。この細胞が、幹細胞として残存している細胞と同一のものかどうかは誰もわかりません。TSES共に入った保存サンプルも無いですし。解析された細胞以外にも、いろいろな細胞あるんです。幹細胞全てが保存されたわけではありません。あくまでも、若山研究室が必要と判断した細胞が残っているに過ぎません。保存する、捨てるの判断は、誰がいつの時点で行ったのか?は、部外者にはわからないのです。

しかし、一個でも混合や入れ替わりが証明されたら、論文は書き直し、実験やり直しです。そして、再度の投稿をします。実験ミスは不正ではありません。

実験で使われた細胞が途中で、別の細胞に入れ替わってしまった可能性が、25ページで説明されています。
ここまでしっかり読まない人は、25ページの良さがわかりません。

桂報告書では、全体の多くページをつかってSNPの評価法を、調査員は詳しく書いています。
専門家からも反論が出ず、一般人の読者でも、SNP解析を理解してもらいたい、著者らは意図して書かれていると思います。

ES捏造説を続けたい人たちは、必ず、この30ページを引用します。30ページの著者は全体の桂報告書の流れに乗らず、まとめたわけでもなく、30ページ著者自身の理解のみを書いています。そこには、研究者に配慮する姿勢も、敬意もありません。研究論文完成までに研究者間でどのような合意と配慮があるかを、30ページ著者は予想してません。

細胞科学は、他の研究分野より、研究者間での信頼、信用が何より尊重される領域です。これを30ページ著者は理解してません。

そこを知らない著者だと、他の報告書部分と違う文章になってしまいます。


致命的さん、
ブロックしても、ブロックしても、アクセス可能なスキルをお持ちね。STAP議論華やかなりし頃は、一人で何百人分のキャラクターを演じたのでしょう。恐らく、ヤフーブログや他のSNS担当者の人たちにも影響力を発揮できたのかも?と考えたりもします。


>先日の「土俵に立っている」コメントにも如実に現れています。

別に、意図的に学とみ子がそう書いたんですよ。学とみ子が土俵に立ってないと言っている致命的さんなら、致命的さん自身は土俵に立っている人であると、致命的さんは言ってるでしょうと、学とみ子は思った。それだけの事です。いちいち、解説が必要な人なのね。

そんな会話の経緯も追えないレベルの人のようだ。

致命的さんは廻りの意図や評価が読めないから、こんな妨害行為ができるのでしょう。

こりゃ、致命的さんて、研究に忙しい人ではなく、学とみ子は一時的にしろ研究層の人ではと勘違いして、バカみた。

致命的さんは、理論の薄い自己主張でいやがらせ行為を続けてきた人だわ。
今後、どういう作戦で当ブログに入り込むのでしょうか?

8時半の時点で4コメント削除しました。いくらでも、ブロック回避できるスキルをお持ちなんですね。

たくさんのキャラクターになりすまして、印象操作をする。みんながそう言ってますと印象付けて、正しいんだと世間に思わせる戦略です。こうして一般人は騙されていきのでしょう。


plusさんのコメントです。
>論点は外れてないですよ。最初の行からー
ー までずっと同じ話ですな。
学とみ子さんは読解力が劣っているから論点をすぐ見失うだけですな。

論点が外れていると言うのは、学とみ子の印象判断であり、plusさんの判断でない。plusさん自身では外れてなくても、学とみ子の判断では外れている。どうしてそういう発想しないのかしら?

plusさんが、学とみ子を認知障害と呼ぶ時点で、既に議論の資格が無いと自ら言ってしまう。どうしてそういう発想をしないのかしら?

plusさんの言動は、自身の全身を見れてない人がやることだわ。

論点をどこにおくかの判断は、そのひとごとに違う。別の例え話を話題に入れる事は、科学的議論ではしない。お互いの誤解のないよう簡潔に議論することができないのは、plusさんのトレーニング不足です。

学とみ子の読解力が無いと言うのは、plus自身で恥ずかしくない?plusさんは悪口を言って、最初から逃げてる。

そんなことも考えないplusさんは、つまみ食い知識の人で、科学議論はできない方。自身の考えレベルで、相手を納得させられると誤解してます。そこにいると、誰からも注意されないからね。議論スキルが上がらない。

読解力が劣っているなんて言ってる相手に、延々とplus素人論を書くことの意味があるわけ?読解力が無いと決めつけてる学とみ子を、plusさんは論破しようとナゼ、むきになるのでしょう?

もっとも、いつまでもたっても進化できない人たちが集まって意味無い議論で盛り上がるためには、進化する正論の学とみ子は邪魔なのでしょう。

ただ、plusさんの以下のコメントによれば、ご本人は、科学的議論をしてるわけでは無いと言ってます。

>科学的議論なんかじゃないですよ。

これは良かったです。単なる素人感想文と位置付けているようです。そりゃそうだと思います。

一方、学とみ子は科学議論をしてるとの自負があります。あらかじめの科学知識をもち、STAP論文を読み、関連論文を読まなければ到達できない知識に関する議論ですから、当然、科学議論です。一般の感想文ではありません。でも、その意味がわからない人にとっては、学とみ子文章に科学的発見は見いだせないでしょう。

体内時計さんのコメントに、そうした人の考え方が書かれています。

>誰からも評価されることはないと思います。

この文章の問題点ですが、体内時計自身が評価しなければ、世の中の人多くも評価しないと直結させてしまうところです。
体内時計さんは、自身が判断の全てです。ずーっと、変わらないですね。日常生活で、体内時計さん自身の主張が通らない時、体内時計さんはどう対処しているのでしょうか?

他にも学とみ子を評価しない専門家がいると、体内時計さんは言うかも知れないけど、体内時計さんが専門家と認めても、学とみ子は認めないです。他の人には、他の判断があるとする原則すら、体内時計さんはわかっていない。

あちらの人は、学とみ子が理解できない人と言う。そういう時点で、議論するための資質がないと宣言するようなもの。

plusさんが、学とみ子から何らかの知見を得ようと絡んできても、学とみ子は反応しないことを悟るべきだ。つまらない例えばなしなどで、学とみ子を説得しようとなどするなよ!

今、そちらで引用しているブログに関しても、ブログ主は、生物の専門家でないと言ってるじゃ無いか?学とみ子の30ページ論に触れてもいない。そもそも、真面目に議論している相手をアホと言った時点で、議論は終わってる。



何らかの理由により、ESねつ造説のままにしておきたい人もいる。
科学に無知なためにそうした行動をとる一般人もいる。
自身が信じたことは、社会も認めていると勘違いしてしまう一般人がいる。
こうした人は、ESねつ造は無理との他人の意見を聞く耳をもたない。
こうした人がESねつ造説を正しいと書いても、自説を示すにすぎない。
こうした人は、「私のESねつ造説は科学に立脚できるように、自らで努力している。」
と、言うわけでもない。

これだけでも不思議な人たちだが、最悪なのは、ESねつ造説に反対する人たちを激しく攻撃するところだ。


学とみ子をバカよばわりをするために、常識レベルを超えて当ブログにやってくる人がいる。この方は、30ページ問題を、危機と考えているかもしれない。そうした考えの人なら、愚鈍な一般人ではない。

桂報告書30ページには、小保方犯行の印象操作がされているが、30ページに問題提起されると、ES捏造派は絶対に困る。

致命的さんは、桂報告書の真意についての議論を起こしてはならないと考える人なのだ!とにかく、学とみ子を科学的常識を踏まえていないデタラメな人にしておかなければならないのだ。

桂報告書には、異なった科学レベルと異なった政治的立場の人たちの顔が見えている。実験科学の現場にいる人なら、すぐ気づくだろうが、そうでない人には難しい。


ブロックしても、次々、スルーするスキルをもっている。この方なら、ヤフーブログも制覇スキルがあるかもしれない。

学とみ子の次なる防衛手段として、FCブログの承認制を使ってみて、それでも致命的さんが来れるのか?見てみたいです。

ため息さんの印象操作です。学とみ子がこんなに注意喚起してるのに、ため息さんはわかりません。
ため息さんは、特権階級にあって他人から批判されることを知らないまま老人になりました。

一般人が非なる科学を書いても見逃すような特殊で利己的科学リテラシーを持つ人です。間違っているのを知っていて、そのままで放置します。

医療経験がある人なら、患者さんから言いたい放題言われるので、こうしたタイプの人にはなりません。

>他の科学的常識のある科学のリテラシーのある方々に困っている方はいないようですね。
スポンサーサイト



コメント

体内時計さん

気まぐれぺルドン
<<私が横から口を出し、それに対する学とみ子さんとのやり取りは「泥仕合」かも知れませんが、sighさんと彼女との議論はそれとは違うと思いますが・・(8月10日)

どう違うか書いていただかないと、意味が把握できませんよ・・・

ため息ブログのおねえちゃん

似非教授
気まぐれベルドンさん

ご忠告、有り難うございました^^
自分も予想はしていましたがたちの悪いお姉ちゃんたちの酷いコメントには驚きでした!

ただ、

このたちの悪いおねえちゃんたちは自分のブログの読者様のコメントでは、
ため息ブログの管理人sighと同一人物と言われている方々のようなので、納得するやらビックリするやらです^^

誰一人、自分の質問の意味を理解していないと言うのが驚きです(笑

ため息教祖に洗脳されたアホなのか。彼の自作自演なのかは不明ですが詐欺行為だけは今すぐ止めろと言いたいです

気まぐれベルドンさん

阿修羅
ため息という人間だけはかなり異常だと言うことだけは僕もはっきりと確信しています。
なんなんでしょうね?

似非教授さん

気まぐれぺルドン
そんな大言壮語していいのかな・?!
質の悪いねぇちゃん達が尻を捲っていそうだ・・・

ガキのような妄想コメント!さすがだ(^_^;)

似非教授
ため息ブログの管理人sighの当ブログへのコメントです。

>ため息 より:
2019年3月15日 1:58 PM で、偽造ページできたの?
「そのページを学さんのプロフィールの魚拓として登録する方法」がわかっているの?
偽ページ、偽魚拓つくれたの?当方は偽ページは簡単にできたよ。
偽ページすら作れず、当然ながら偽魚拓もできないくせに「所詮は、その程度なのでしょう(笑」 なんてどうして言えるの?偽魚拓作れたら言ってもいいよ。作ってから笑えよ。そうでないから笑いものにされているぞ。わかっているの?

ため息さん。あなたヌケヌケと、
「当方は偽ページは簡単にできたよ。」とコメントしているが、誰を騙すための偽ページなの?
全くお答えが出来ないようだけどそれは

1一般市民を騙す事

2同業者を騙す事

3学とみ子氏を騙す事

どれなの!??

いずれにせよ、詐欺師と言われても仕方がないことですよ。
当ブログはそこんところはシビアでしてね(笑
あなたのような悪党には申し訳ないのだけど・・・


日本一のいや、世界一の大天狗様は何をしても、誰を傷つけても
良いと考えてるんだったら大間違いだ!
当ブログでは今後も目には指、歯には金槌で対応するので!


では^^

初めまして^^

似非教授
編集してたら誤って削除してしまったようなので再度投稿しますm(_ _)m


画像の盗用と言うのは早い話が商用の画像を誤って使用したと言うことであり、ネットではよくあることです^^


大事なのは商用画像を使ってしまった場合、相手の方に誠意を尽くすことです。
ため息さんはどうされたのか又、それを自己中全開で我々を侮辱したことは許せませんね!

あと、

魚拓??

ため息さんは、他人を騙す詐欺サイトを簡単に作ったと仰ってたが誰を騙すサイトを作ったのかお聞きしたいですね(^_^)

セイヤさん

気まぐれぺルドン
<<セイヤ
>僕の役割は、影の護衛人。あんまり深入りしてもらっては困る
料理に腕を磨く必要もないって、双方分かったのだから不必要になったのだから・・

このコメント以外は、ぼくが夢遊病になって打たない限り、記憶がありませんね。
誰かが僕のハンネを騙って、コメントを入れているのでしょう。僕はそんな立派な文章のコメント
打てませんよ。
センヤさんに僕からのラブレターが入ったら、騙されないように・・・

気まぐれぺルドンさん ⅡーⅡ

セイヤ
(つづき)

気まぐれぺルドン
2020年8月1日 10:52 AM
タメ息様
松花堂弁当(2020年6月28日)という記事の写真は、タメ息さんが盗用したものだという指摘がありましたが、タメ息さんは引用だから問題ないと突っ張っています。
引用が許されるには条件があって、「必然性があること」が明記されています。この記事において、どこに必然性がありましょうや?
無断でコピペする必要などなく、結果は盗用に他ならないと思いますがいかがですか?

気まぐれぺルドン
2020年8月1日 10:52 AM
■■様
■■

「あんまり深入りしてもらっては困る」というのでこれぐらいにしますが、間違ってもタメ息から来たメールには返信しない方がいいですよ。彼のサーバは不正中継されている恐れがありますので、あなたの個人情報は拡散される恐れがありますよ。
何しろ、魚拓か偽魚拓かも見分けのつかない奴が、偉そうに、偽魚拓を作ってみろ、といまだに訳の分からないことを言ってる奴の自宅サーバですからね。信用は置けませんね。

気まぐれぺルドンさん ⅡーⅠ

セイヤ
>僕の役割は、影の護衛人。あんまり深入りしてもらっては困る
料理に腕を磨く必要もないって、双方分かったのだから不必要になったのだから・・

6月2日に■にされてから8月3日まで、2か月にわたり累計71回も、衆目の中で顔に墨を塗られ続ける侮辱を受けながら、表だって抗議一つしないのに分かり合えたということは、ペルドンさんは、言いたいことを言ってやったという満足感があるのだろうね。タメ息が検閲して■するということは、ペルドンさんのコメントは読んでいるということだから‥。
コメントの指摘に耐えられないタメ息が、悔し紛れに墨で塗りつぶしてみたが、そういう自分がみじめになって「ブログは突然休止するかも」なんて弱気になったんだろうな。コメントは以下のようなもんかな?

気まぐれぺルドン
2020年7月2日 6:01 PM
タメ息さん
STAP論文はキメラマウスができたことにより成立するので、そのキメラマウスができたという人に最大の責任があると思いますが、若山さんはなぜ証拠を示せないのでしょうか? 小保方さんにどのような責任があるのでしょうか?
一言居士さんは、若山さんはキメラマウスはできないのに、できたと、小保方さんを自分のところに引き留めるために軽い嘘をついたと言いますが、私は、できないことを知りつつできたと嘘をつくということは、万死に値する重大な犯罪だと思います。これによって笹井さんはなくなったのですから。
若山さんの責任についてどのようにお考えでしょうか。

>気まぐれぺルドン
2020年7月2日 6:01 PM
■■■さん
■■■

(つづく)

Ooboe別嬪上鳥君さん

気まぐれぺルドン
小保方晴子嬢の失敗の真因は、「何かが真実であって欲しいと熱望すると、人は自らを欺いて、それが真実だと思い込もうとする事がある。この様な過度の楽観主義によって、成功を過信する態度を、楽観主義的バイアスと言う」・・・

致命的さん

気まぐれぺルドン
<<あのベルドンさんですら、あなたのことを意味不明の文章を書く独りよがりの人物であると(彼のコメント中で)評していますよ。

そんな事言ってるかな・・一部を抜いて合成したのかな・?・・・

致命的さんが言いたいことは、あちらでお願いします。

学とみ子

せっかくのコメントですが、あちらでお願いします。あちらの人たちに、桂報告書問題の重要性について説いてください。さすれば、ため息陣営も戦略を変えるでしょう。

承認しました。

学とみ子

> 何回も同じことを言っていますが、私は「議論を起こしてはならない」とは思ってもいません。「学さんが議論できる人間でない。」と言っているのです。これまでの様々な方とのやり取りを見ても気付きませんか?誰一人として学さんと議論が成立していません。


学とみ子ブログがどのように読まれているか?致命的さんは知りません。ため息ブログメンバーと同じで、自分自身が把握できる情報に限界があることが、致命的さんはわかってません。

今後、単純な悪口は承認されません。

返信

致命的
学さん。以下返信です。

> 致命的さんは、桂報告書の真意についての議論を起こしてはならないと考える人なのだ!とにかく、学とみ子を科学的常識を踏まえていないデタラメな人にしておかなければならないのだ。

何回も同じことを言っていますが、私は「議論を起こしてはならない」とは思ってもいません。「学さんが議論できる人間でない。」と言っているのです。これまでの様々な方とのやり取りを見ても気付きませんか?誰一人として学さんと議論が成立していません。これは相手の知識の問題ではありません。学さんはそう思いたかったとしても、「学さんが議論に最低限必要なスキルを身につけていない」のは厳然たる事実です。

また「学とみ子が科学的常識を踏まえていないデタラメな人」であることはその通りだと思っています。しかし、それを私がことさらに主張する必要もありません。あなたの文章ややり取りを見れば、一部の感情的人間を除き同じように思うでしょう。あのベルドンさんですら、あなたのことを意味不明の文章を書く独りよがりの人物であると(彼のコメント中で)評していますよ。

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
<<plus99%
2020年8月7日 12:46 AM
気まぐれペルドンさん

選択に利があったか、と述べたのであって、小保方氏の金銭感覚など私は知りようもない。

ああ、きもちわる。

利があったか否かも、小保方嬢にしか分からない事だけど、どうして気持ち悪いのか、それも意味不明だな。
で・・折角学さんがブログで小保方嬢支援をしてくれているのだから、ムヤミヤタラに
小保方嬢を誹謗し、学さんにつっかかるのは、どうかと思うな。感謝の気持ちが足りないな。
君の最近の言動は、まるで自己批判の雰囲気がある。どうも貧乏臭くて年寄り臭くていけないな。
小保方春子嬢はもっと悪党だよ。しけた反省なんかしない。お尻の青い「批判的」ねぇちゃんなんか寄こすなよ。

他人の自分を責めたって何にもならない。過去は過去として、さらり忘れる人生が必要だと信じると、彼女に言ったやんなよ。それが出来ないのなら、民事訴訟で決着しろって、そちらのブログで論陣を張ればいかがか・?! 他人の損得に口出さず、金が無くなって来たのなら、SF小説を書けって、励ましてやんな。必ず一冊は買う。立ち読みはしない・・・

トンデモ科学
結構、窮鼠根に持ってて安心。

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
<<plus99%
2020年8月6日 8:20 PM
サラリーマン生活30年さん

おっしゃる通りです。あの手記の当然の帰結でしょう
印税が3000万だ4000万だと言われましたが、800万と言われた在職時と同じ生活をしたなら5年で消えるのですね。洋菓子店でバイトという報道と符合するものです。
果たして利のある選択であったのか。私は利があったとは思わない。

だとしても、収入に合わせた生活をするものだから、在職当時と同じ生活水準をする程、経済観念が欠如しているとは思えない。
それに「同棲」もしくは「同棲婚」しているのだから、相手側の収入もあるだろうし、菓子店のアルバイトも通常のアルバイトより多いと思えるし、その弁明は社会常識とはかけ離れてませんか・?!・・・

致命的さん

気まぐれぺルドン
貴方は名前は「否定的」と名乗っているが、
まだ「悪魔の代理人」に憧れているにせよ、化身出来ていない。
いっその事・・「天使の代理人」に趣旨替えすれば・・・

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
「<<Plus99%さん
悲劇のヒロインという噂話を作って「応援してます」と述べる作業は楽しいのだと思いますけども、応援されてる人の人生の時間を自分たちが消費してるんだという自覚を持って欲しいですね。学とみ子さんが気持ちよくなった時間だけ、当の小保方氏が自分の人生を楽しむ時間が減るんだということですね」Plud99%より引用

もっともな釈明だな・・しかし君はNETの世界で自由気ままに生きている。仮想空間の住人の一人だ。NHKの倫理委員会結論以後、君は現実世界で生きられた筈だった。それを選択しなかった。
一生君はNETの世界で名誉市民として生きて行かねばならない道を、君は選択した。今更、泣き言をいうのは奇妙だ。今流している涙は本物か否か、架空空間の仮想涙か、君にも誰にも分らなくなっているのじゃないか・?!・・・

致命的さん Ooboe別嬪上鳥君さん

気まぐれぺルドン
武漢ウイルス禍以降・・社会においては経費節減・人員整理が主流。
故に「学ひろ子」「ため息7」においても必要な処置も思われたから、人員整理を試みた。
故に・小保方一人芝居で、この円形劇場は成り立ちと計算出来た。SF劇場と改名しても可。

Ooboe別嬪上鳥君さんは、まだ一畳茶室の秘事が終わっていない。緑愛用か否か、確認しないと人員削減リストに入るか否かは判らない。役所の順番が終われば、是非一報を・・・

Ooboe
気まぐれペルドンさん
いま、私、役所で順番待ち中

所用多忙でネットは全て周回遅れで
閲覧してませんでしたが、その間に
ペルドンさんの、〃おつむ〃の中の
シナプスが大混線しちゃったのかな?

単細胞Ooboeには、解読不可です。

ひとり踊り、?
お相手はplusさん?
ジルバ、タンゴ、
ワルツ、ルンバ、
最後は、阿波おどり?かな?

はやいこと、しなやかな花柳流の
日本舞踊に戻らないと!


致命的さん

気まぐれぺルドン
遊撃隊が本体・本陣に帰還したのか。これで「ため息」の旗本に復帰か。
ため息陣営は苦しくて、小保方一人が切り盛りしているって話だし、お主も小保方影武者の一人で、二の腕には「晴子の命」って、刺青してる話は本当だろうか・?!・・・

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
<<Plus99%さん
どこも入り組んでないでしょ。
一人何役も演じて素人だましをしてるという話ですな。その正体は小保方晴子の自演である。
小保方晴子は悪くないと述べている学とみ子を攻撃すべし。
以上で気まぐれペルドン妄想は全部ですな。

誰が小保方晴子って書いた・?!
僕は小保方より書いていない。こちらが書かない名前まで出して、自白したも同然だな。
耄碌バァさん・・やはりラクダの股引を夏でも手放せないか・・・

学とみ子さん

気まぐれぺルドン
これなら誰からも苦情出ないと思ってさ。小保方からでさえ・・・

学ひろ子もいいわね

学とみ子

> 学ひろ子は苦心惨憺造成した新単語辞典を、誰も理解してくれない創造主の悩みを鬱積を、清算する為には、新しい名前を造り、ホームズ気取りで解かす以外ないと結論付けた、
>
> その解決法として「批判的」さんが登場し、最初から改名したのでは芸がない。学ひろ子と丁々発止と殺陣を繰り広げ、さてとガマの油売りのように、解釈辞典を披露した。
> だが、誰三拍手喝采してくれない。失望・!
>
> だが理解者は一人居た。少なくともここに。
> で・・最後の種明かしをすると・・「批判的・学ひろ子=ため息・Plus99%=小保方」
> 「小保方」の一人芝居
> 皆様 ・・盛大なる拍手を・・・!!!!=!


すごいね。ペルドンさん、ここまで入り込むのは。

悪口を言いたくて待ち構えているため息さんが、参考引用コメントとして、使えなくなるほどに入り組んじゃってる!

こんな風にすると国際間の紛争も回避できる?

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
<<気まぐれペルドンさん
本当に呆けたわけ?可哀想に

呆けるわけないだろう・・恋女房の前でえぇ恰好見せただけさ・・・

致命的さん

気まぐれぺルドン
今日は過重サイクリングに励んだ所為で眠気が来た。ひと眠りする前に、
学ひろ子を執拗までに絡んで責めた「批判的」の正体をバラそう・・
その正体は<
正義を看板に不正義を働く女易者・・学ひろ子・!

学ひろ子が繰り出す怪しげな文章を、新造単語を翻訳出来るのは、学ひろ子以外ない。

学ひろ子は苦心惨憺造成した新単語辞典を、誰も理解してくれない創造主の悩みを鬱積を、清算する為には、新しい名前を造り、ホームズ気取りで解かす以外ないと結論付けた、

その解決法として「批判的」さんが登場し、最初から改名したのでは芸がない。学ひろ子と丁々発止と殺陣を繰り広げ、さてとガマの油売りのように、解釈辞典を披露した。
だが、誰三拍手喝采してくれない。失望・!

だが理解者は一人居た。少なくともここに。
で・・最後の種明かしをすると・・「批判的・学ひろ子=ため息・Plus99%=小保方」
「小保方」の一人芝居
皆様 ・・盛大なる拍手を・・・!!!!=!

plus99%さんそれはちょっと…

阿修羅
あの老人が誰だかわからない??そういうのを屁理屈と呼ぶのでは?
多分、こちらの方々もあちらの方々もトレンドブログの人たちも誰のことかはわかるでしょうね。それが貴女にはわからないなら仕方がないが、コメント打つのもばかばかしい人なので、さようなら




Plus99%さん

気まぐれぺルドン
姦しい悪態を恐れず観察結果を述べると、
「ため息」と「sigh」と「はな」と「PLUS99%」
は、同一人物。
悪役の名声と七色インコを標榜する・・小保方さん以外の何者でもない。
これは断言出来る。
更にOoboe別嬪上鳥君もその一人だ。
多彩だが、登場人物役者はタダ一人・・家出した家なき子の三文芝居・・・

plus99%さん

阿修羅
下品?マナー?
では、あの老人は品が有りネットのマナーも有ると言いたいわけか?
他人を巻き込み自分の思い過ごしだけで人を侮辱しこき下ろす…成り済ましまでしたかも知れない男だ
それが、あのブログの管理人だよ!
君が何者なのかは僕は知らないが、普通の人なら別に科学のことなどまったく無知でも普通にわかることだと思う。
君を女性と判断したのはベルドンさんのコメントからではなく、君が、あの老人とは別人物だと思ったからだ、そのようなコメントを別のブログで見たからです
別人なら、アホに媚びうるのはやめなさいね
そうでなければ、同一人物と思われても仕方がないよ

以上、もう貴女と絡むつもりはない。
君とあのアホが同一だろうがなかろうが、又、貴女が何物だろうが正直、僕にはどうでも良いことなので!

訳のわからないコメントでも良いけど

学とみ子
最近、コメント欄が盛況で嬉しいです。でも、悪口だけを書くのはやめよう。


sighさん

気まぐれぺルドン
<<一研究者・一教育者の意見
82. 一言居士 2020年08月04日 19:03
レ・ル・スター君。
ため息氏が仮想法過去で、自分のブログが突然閉鎖されても、なんて言ってるね。
彼は突然全部跡形もなく消してこのネットの世界からいなくなるかもね。
その時君の仮説のままだとして学とみこ氏のブログは続いているだろうか。
君、どう思う?

火元はここだな・・
皆で一言居士を吊し上げにしましょう・・・養老院から養老女院へのプレゼント

plus99%さん

阿修羅
貴女は単に気持ちが悪い女?それともテ○○さんが仰るように君はあのボケなのか?まあ、どうでもよいですが…

セイヤさん

気まぐれぺルドン
誤解だな・・僕は「ため息」さんを脅すなんて事出来ません。
表の仕事は、コラムを書く事。目下、米中戦闘直前の歴史的緊迫を、舌舐めずり。
裏で舌舐め擦りしているのは、もう一つの事。
が・・いずれにせよ、
いたいけなネェチャン一人に重荷を背負わせ、皆さまお手を拝借とした、その付けは
何処かで払わなくちゃならない。ベストセラーにさせたから、勘弁してくれ、ごめんなさいと済むのなら、弁護士と警察は要らない、という友人の弁護士の言葉になる。

僕の役割は、影の護衛人。あんまり深入りしてもらっては困る。
料理に腕を磨く必要もないって、双方分かったのだから不必要になったのだから・・お気楽にお茶漬けを・・・

気まぐれぺルドンさんへ

セイヤ
気まぐれぺルドンさん

あなた、なかなかやりますね。何食わぬ顔して「タメ息」を脅しちゃったんですか?

「タメ息」は弱気になっちゃって「ブログは突然休止になるかも」なんて言い出しましたよ。自分でもやりすぎたと思っているんで、事情聴取に呼ばれると思ったのでしょうが、遅すぎますねぇ。
あれだけ常識外れの「おちょくり」を繰り返し、かつ傍若無人の振る舞いは、罪を問われて当然ですから、頭によぎる「事情聴取」とは、勤める大学からというよりは、裁判所からの呼び出しでしょうね。

ペルドンさんは、影の仕事人で「タメ息」をバッサリやるのも結構ですが、表の方もきちんとやりなさいよ。「伝書ハトより 」って何ですか!
こういう、学さんは報告書の書き方を知らないのだという幼稚なコメントを見たら、「伝書ハト」と言わず、即座に横ずらを引っ叩いてやりなさいよ! 書きぶりが違ううなんてもんじゃないことくらいはあなただってわかるでしょうに。

>>あんたらの先生に、その部分は報告書の「まとめ」のところだから、
他の部分とは書きぶりが違うのは当たり前だ、って教えてやれよ。
>だ、そうであります・・・伝書ハトより

学さんは、纏めの部分は、前段の調査結果を逸脱して、別途、先に結論ありきの記述となっているので違和感があると言っているんですよ。この纏めは桂勲氏が「やらかした」と思っていますがね。本人も記者会見でそのようなことを言っているし。結局、桂報告書は不正調査の科学的役目をはたしていませんね。やり方が間違っている。

一番にやるべきことは、STAP論文はキメラマウスができたことにより陽の目を見たのだから、これを「できた」という当事者に自由に再現させることで、その経緯から問題点を検証して判断すること。(最初のキメラはなぜできたかが最も重要で、この追及で事は足る)
これを無視し、二の次であるSTAP幹細胞の残存試料を調べて、そこからSTAP細胞までを関連付けるのは、その間に何が起きているか分からないので無理がある。
それでも、STAP幹細胞の残存試料は「ES細胞由来」だったというなら、そういう幹細胞が出来る状況を再現する努力をすれば、どの時点でESに汚染されたかわかるかもしれないが、それすらやらない。これらは調査委員会の権限と言うより、権威があれば自ずと行われるものであるから、調査委員会はなめられているのだろう。調査対象者にも疎んじられ、調査はいい加減になった結果、小保方さんに「あの日」で反論されるともうグチャグチャになっちゃった。

Plus99%さん

気まぐれぺルドン
頻度論かベイズ統計学か悩ましいにしても、反転錯誤の間違いも付いて回る・・・

承認性を復活させるしかないですね。それでも掟破りのスキルを、致命的さんは使うかも?

学とみ子
ため息ブログの他人へのコメントも絡んでくる致命的さんです。
ため息ブログの質を落とす行為ですね。

致命的さん

気まぐれぺルドン
ちょっと学さんへの抗議は、度を過ぎているように思えますね。
誰が観ても、貴方は「ため息」陣営の人間に見えますし、一頃学さんとため息さんとの熱烈なる恋愛にも似て相互依存がありましたが、今度は貴女が学さんに傍目も構わず、しがみ付き、求愛行動をしている様に、観察出来ます。マウンティング行為ですね。
そろそろみっともないから、止めませんか・?!・・・

同じく

致命的
学さんが「マイ・ルール」を他人に強要していることは、学さんの口癖からも分かります。

「学とみ子がそんな簡単なことを間違えるはずがないでしょう。」「学とみ子がそんな間違いをしていると考えるあなたがおかしい」「専門家間では言葉を補って理解するのです。」

学さんのコメントに、言い間違え、論理的に曖昧さを含む文章、用語の不正確さ等がふくまれていたのは事実なのに、上記のような口癖が幾度も出てくることは、つまり、【学とみ子ルールの相手への強要】です。

致命的
学さん。下記のコメントの何が問題ですか?
主として事実の指摘です。また、みんながそう言うからなどとはこれっぽっちも書いておりません。

> 致命的さん、
> 桂報告書が味気ないなんて言ってはいけません。耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、権力者に潰されないで、後生の人に伝えたいものがあるとの心意気で書かれたものです。もっと、じっくり観賞できるようになる必要があります。

学さん。いいじゃないですか。ご自身でも【学とみ子流読解術】を自覚なさっているようでなによりです。良いと思いますよ。あなたのブログ愛好者の中にも、それを高度な読み方と受け取ってくれる方もいるようですし。私はただ、その読解術は非常に主観的で、論理的・科学的読み方の対極にあると言っているのです。実際に調査報告書を目にする読者層のうち、学さんと同じ読み方をする人は少ないでしょう。

学さんは、その「小説風の超主観的読解術」に共感してくれる読者を求めているんですな。

plus99%さん

阿修羅
コメントの意味がわからない…

もしかして貴女は、ため息をかばってんのかな?
それは勝手ですが、あんなボケをかばったところで貴女の品格を落とすだけだと言うことを知るべきですね

ため息一派

阿修羅
あちらのブログの他の方々に関しては僕にはなんとも言えませんが、ため息だけは間違いなくアホですね。これだけは確定だと思います


Re: 学とみ子さん

学とみ子
伝書ハトさん、ありがとう。

まとめ部分とかは、関係ないです。
そんなことは関係ないとお伝えください。

30ページさえなければ、桂報告書は格調が高かった。
研究者同士は、お互いの仕事を尊重しあう姿勢が感じられる。
明らかな意図的な不正行為がなければ、ミスは許容しあうルールが生かされている。
誰ができない学者だとか、誰の手技がまずいとかは、報告書には書かない。

故意による不正行為がないかどうかが、研究界では重視されている。
しかし、30ページ著者はそのルールに従っていない。

30ページの著者は、実際の調査に立ち合っていないから、いらいらしているのです。
でも、自身では何も専門的調査はできない立場の人です。
ひきつづく31ページのような建前を書く立場の学者です。
結局、31ページの文章はあってもなくてもあまり意味はない。
素人のみ喜ばせるための文章です。

学とみ子さん

気まぐれぺルドン
「一研究者 一教育者の意見」
<<79. くり 2020年08月04日 13:20
あんたらの先生に、その部分は報告書の「まとめ」のところだから、
他の部分とは書きぶりが違うのは当たり前だ、って教えてやれよ。

>いづれにしろ、桂報告書を読むとわかりますが、とにかく、30ページは異質です。
>他のページと比べて、書きぶりが雑です。
>ここを書いた人は、他の部分を書いた人たちと学者グループが違う感じです。(学のブログ)

だ、そうであります・・・伝書ハトより

ブロックしても、ブロックしても、

学とみ子
> 学さん。今度は何の妄想でしょう?
> 私はため息一派でもなければ、sighさんから注意を受けるべき立場にもありません

そんなことは関係ないです。ブロックされても、ブロックされても悪口を言いに来るあなたは常識を欠く人。ES捏造派の活動家は、常識的でないことを、致命的さんは天下に示してる。


Re: 超主観的読解術

学とみ子
致命的さん、

> 学さん。いいじゃないですか。ご自身でも【学とみ子流読解術】を自覚なさっているようでなによりです。良いと思いますよ。

致命的さんも、身元割れしたし、もう、わざわざこちらに来なくても良いでしょう。

当ブログからブロックされても、致命的さんが他からアクセスして強引にここに書き込む行為は、ため息さんからも注意されてしまうかもしれませんよ。

致命的さん

気まぐれぺルドン
やっと、学さんが高度だと突き止めたらしい。
単語を書き直すという発想そのものが、知的作業なんだ。

木島始流論争術は、これは相当な論争闘争の果てに会得出来る。ブログのコメントのやり取りの拙い経験では、会得出来ない。実際に論争し合わなくてはならない。つまり実戦の経験が必要だという事だ。君は学さんを甘く観ていた・・・

学さんルール

致命的
sighさんへ

学さんの文章を通常の論理の枠組みで理解するためのヒントを見つけました。やはりポイントは【学とみ子マイ・ルール】→【通常の論理】への変換のようです。

変換パターンで多そうなのが、【学とみ子ルールによる】という修飾語の補足です。

また、用語の揺らぎが見られる場合、手間が掛かっても、似たような音や漢字の用語で意味の通じるものを探して読み替える必要があります。これまであった例として、
・窮鼠→改竄
・再合成→再構成
・閉経早期→早期閉経
などです。

この【学とみ子ルール変換】を行い確認することで、「学さんの主張がおかしい」という不毛な議論の9割はなくなるのではないかと思います。

その他の翻訳の法則は今後少しずつ明らかにしていきます。

翻訳

致命的
また一見すると訳の分からない主張ですので、【学とみ子ルール変換】が必要なようです。【 】は私の補足です。


> 学とみ子は、桂報告書には、ふたつのマインドがあって、この学者勢力が、せめぎあっていたようだとの想像を書いています。
> 桂報告書の大事なページは、25ページと30ページであると、学とみ子は言いました。25ページと30ページで、書き手の意見がぶつかっているのです。【最初の文では「想像」と書きましたが、学とみ子がそう思うのだから、これ以降は学とみ子ルールに基づく「客観的根拠」として扱います。】

> 実験の経過を追った上で、論文読者は、どこでトラブルが起きたのか?を考える必要があります。【通常、それを考えるのは「論文読者」ではなく「論文著者」ですが、4文字中3文字が一致しいているため、学とみ子ルールでは細かいことを気にしません。】

> ESが混じったらこの結果にはならないとか、ESが混じったら研究者たちの信頼関係はここで壊れるとか、そうしたことを考えながら論文を読み進む必要があります。【それが論文を小説風に読む「学とみ子式読解術」なのです。】
> ため息さんみたいに、実験の経過を追うことは意味がないなんて事は【学とみ子式読解術においては】ありえません。

> 誰でも、桂報告書に慣れないうちは、【学とみ子式読解術を用いて小説風にデフォルメした上で】理解するのに苦労するのですが、ある程度になれると、桂報告書が【小説のように】身近になります。
> 桂報告書を書きあげた学者たちの心意気がわかるようになり、息遣いまで、感じられるようになります。【そう、「学とみ子式読解術」ではそれが科学的・論理的に正しいかどうかなど関係ないのです。】
> そうなると、調査した学者たちは、どういう戦いの果てに、この作品を作ったのか?がわかるようになります。戦いの過程を想像できるようになります。【これが味気ない不正調査報告書を最大限に楽しむコツです。】


やはり【学とみ子ルール変換】は一筋縄でいきませんな。
非公開コメント