特殊な業界価値観です。

ため息さんはコメントしてます。

>「学とみ子を論破するには致命的さんの個人属性情報が必要だ」といった翌日には「そのような個人属性は必要ない」ですからね。

一般人が、致命的さんのコメントが正当と判断するためには、致命的さんに関するしかるべき情報必要だと、学とみ子は最初から言ってるんですね。でも、ため息さんはそれを読めず、学とみ子側の問題点にすり替えます。ため息さんの常套手段です。情けないです。

致命的さんは、言いがかりしか書いてないので、そのレベルの詳細ははかりかねますが、致命的さんのポスト、キャリアに関する情報は、学とみ子の判断には必要ありませんね。そんなこともわからないため息さんです。

ため息さんは、医学に関する知識が乏しいことはもうわかってます。すでに、もうたくさんお書きになってます。

しかし、致命的さんは今一つ得体がしれません。でも、丹羽総説のような総論は読みなれてない人かもしれません。

目的があって、実験結果があって、その結果を考察する論文にしか、致命的さんは馴染みがないのかもしれませんね。だから、全体像を語る総論は読みなれてないのかもしれません。丹羽総説のイントロダクションのようなスタイルは特に苦手なのかも。

STAP事件は、一般人の無知につけこんだ知識人の権力抗争ですからね。
捏造説は、科学的理解を必要としません。社会経験も必要無いです。興味本位の推理ストーリーに興味を持つ人たちを引き付けました。その一般人自慢が今も続きます。


一部の派閥の些細な誤解から有望な学者たちが被害を受けました。マスコミと、背伸びして知識人を装う一般人が参加した結果、1つの研究が潰されました。公的立場にある科学者が、堂々と小保方捏造を宣言すると言うのも、この競争社会ならではの出来事です。

こうした事件の側面は、多くの人を引き付けます。

致命的さんのコメントです。どうやら、こうした日本語を書いたり、翻訳などの言葉を使ってしまう様子を見ると、致命的さんって、総論の読み方には慣れない人のようです。個々の実験データをフォローすることはできても、その論文の興味深い部分を独自にピックアップして、構想を広げるには未だないレベルの方のようです。

>総説の不正確な翻訳を自己の解説かの如く記載し、訂正もしない。自分の科学知識を偽装するために【丹羽の威を借る学とみ子】

>客観的根拠を一切示さずに、倒錯世界の岩戸の内側からの感情的な攻撃に落ち着く学とみ子さんの行為は、科学的議論の素養がゼロであることを自ら証明しています。



追記

前記事で、トンデモ科学 が以下のコメントです。2020/08/26

>STAPなんてネス湖のネッシーみたいなもので、人々を納得させる証拠など存在しない。
そそんな中で枝葉末節得意に語るのは哀れ。

この方は、いつも短いコメントしかくれません。
学とみ子は、トンデモ科学さんについての想像を膨らませています。
以前も言いましたが、トンデモ科学さんて、学術層の人では?と想像してます。
それも、キャリアアップを果たした人です。たとえば、理研上層部のOBとか・・・。
理研を守りたい気持ちで、時々、学とみ子にいたずらをしかけているのかな?

そんな{偉い人なのかな?}と、学とみ子が想像しているのを、時々、アレッとなってしまうようなコメントがあるんです。
学とみ子の想像を壊してしまいます。
たとえば、”ネッシーみたいなもので・・・”のコメントは、俗っぽくって、理研のOBっぽくないのですよね。
トンデモ科学さんは、正体がばれないように、わざと、混ぜているのかもしれませんね。

科学者は、キャリアアップ途上は、とてもやりがいのある仕事でしょうけど、ほとんどの人は、才能と努力があっても、脱落してしまう世界でしょうね。
行け行けどんどんの若い研究者の講演を、ユーチューブで見ると、勢いがすごいですね。
ユーチューブ画面では、由緒ありそうな会場ぎっしりと、同業者と思われる見るからに研究者雰囲気の人たちがつめかけています。
無駄な質問など、起きようがない雰囲気です。
サラリーマン生活さんのような人は絶対にいられない雰囲気です。
サラリーマン生活さんは、自身が経験した講演会は、直近の新知見が交換される学術講演会とは違うということを知っていて欲しいですね。この方は、偉い学者たちと知り合ってるんだとパフォーマンスしますね。

新人科学者は、先輩が時間をかけて到達した時点が出発点で、そこから研究が始まります。
結果、先輩の仕事を超えて、新人の研究が発展していきます。
時に、会場から、先輩研究者から声がかかりますが、それにも答えながら、ごくスムーズに自身が獲得した新知見に話が戻ります。
若い講演者は、さらに若い研究者の仕事の紹介もはさみます。そうした人は、まだ学生の身分です。
所属の研究室に属する学生さんがこの仕事を完成したとかの話が盛り込まれます。
若い柔軟な頭脳が、新発見をしていくのですね。

こうした時代ですから、かつては秀才で、かつキャリアアップも遂げた研究者でも、若い脳と競争しなければならないのでしょう。

結果、こうした競争世界で生きる研究者は、”哀れ”との感情に陥りやすいと思います。

昔から、天才はいましたが、今は、生まれつきの素質にプラス早期トレーニングの時代なのでしょう。
脳の成長発育期にある藤井君が、それまで何十年も積み上げたプロたちに勝ててしまうというのも、若い脳のすごさを証明しています。


トンデモ科学さんのように、他人を”哀れ”と見下す癖のある人は、自身がそうした”哀れ”を忌み嫌うからなのか?、逆に、”哀れ”なる感傷に浸るのが好きな人なのか?
トンデモ科学さんは、どちらの人なのでしょうかね?


サラリーマン生活30年さんて、STAP論文の何をどう読んでいるのでしょう。読み直したなんて言ってるけど、学とみ子は疑問が出るたびに読み直します。SNP、TFs、TCRの話題が出るたびにと見直しますね。
サラリーマン生活さんが、その真偽を考えながら読むのであれば、そうした議論をしている時に、なぜ、議論に参加したいと思わないのでしょうか?
ただただ、偽物呼ばわりをしたいがために、
[私(サラリーマン生活)は、STAP論文を読める人です]
と言っても、周りは認めません。

STAP細胞研究論文はきちんと体をなしています。それをずさんとか、科学論文になってないとか言う時点で、その人は自らの力で読んでいない証拠です。他人の言葉を持ってきてるだけです。

マスコミ連中は、画策バイアスのかかった学者たちから解説受けて、STAP論文を理解したと思いますね。


>私はSTAP論文を再読し、精査すべき必要性なと認めません。

STAP擁護する人は、今さら、誰が調査しようと、詳細は一切明らかにならない事を知ってますよ。
そんな予想もつけられず、自らは知識人であると自慢するサラリーマン生活さんて、何者で、ES論堅持の目的はなんなんでしょう?

関係者は何も言わず、それぞれの実験者が都合の悪い事を隠している現状では、精査などの何も意味がありません。

STAP細胞がESであれば、そうした証拠はいくらでも出せるし、証人だって複数でいますよ。ため息さんレベルでも、コテンパンにSTAP擁護論を打破できます。

それができずに、ため息さんは、オワコンと騒ぐだけじゃあないですか?SNPにも、議論から逃げてます。

サラリーマン生活さん、一切、科学議論に参加しないで、良く以下のコメントが書けますね。ため息さんが、STAP論文を引用したりせず、やみくもに否定し、科学議論に参加してこない様子に気づきなさいな。

STAP論文を直ぐ読める人は、ES論に疑問を感じても、関係者が黙っているから、議論しても意味無いと感じてますよ。後から調査では、何もわかりませんよ。それすら、サラリーマン生活さんは理解できてないのです。

STAP論文を読む人は、実験ごとに、ESならどういう結果になるだろう?どこの都合が合わなくなるのだろう?と考える必要があります。


正当に反論しようと思うなら、まず、従来から出ているES否定論を正しく把握できないとだめです。

サラリーマン生活さん、
ES混入が起きるリスクは、小保方犯行以外の可能性を考えながら、論文を読めてますか?

STAP細胞がどのような科学の位置付けかもわからないまま、ES混入リスクも予想できないままでは、論文を読めたと言えません。

サラリーマン生活さんて、論文を読んで本物が何かを知ることができる人とは思えませんね。
ペルドンさんも言ってたけど、このレベルで良くサラリーマンを30年も勤められたのか?と驚きものです。


サラリーマン生活30年さん
2020年8月25日 11:37 PM
>ー ー
思うに、陰謀論やまがい物にハマるということは、本物の創造物や仕事に触れる機会がない、もしくは理解しようとする姿勢が欠如していると言う事ではないでしょうか。しがない働き手に過ぎない私のような人間でも、例えば科学誌のアブストラクトを追う、様々な研究者の講演会に出て質問をしてみるとか、社内弁護士の知己を辿り内外のビジネスマンと意見を交わすなど、一流の人間の思考に触れ続けることで、リテラシーを身につけることは可能と信じてます。
ですから、私はSTAP論文を再読し、精査すべき必要性なと認めません。その様な時間があるなら、他のまともな科学論文に触れる時間を作ります(数年前、実際数ヶ月かけてネイチャーやサイエンスの様々な論文を読み、STAP論文を読んでみましたが、後は想像にお任せします。残念ながら「新規性」は理解出来ませんでした)




致命的さんって、コメントブロックの効かない方です。そうして何十、もしかすると何百もの科学者を演じてきたのかもしれません。今度の致命的さんは、ボクシングにたとえたりしてます。いつも、正面突破の科学論はできないレベルです。

サラリーマン生活さんも、サイエンス、ネイチャーのアブストラクトを読むとか言ったり、致命的さんが丹羽総説のエッセンスをつかめなかったりと、何か自身を背伸びしても知的に見せたい人があちらに集まるようです。
ブログ主がそうした人ですからね。

自分から知的人間と言ってしまうと、説得力がないんですよね。周りに一流の人がいるという言い方も滑稽です。
さりげなく、知性を示してくれたら嬉しいですけどね。

結構、この背伸びタイプの人っているんですね。匿名HNの影響でもあるでしょう。現実生活なら、背伸びはみっともないと誰もが思いますからね。

スポンサーサイト



コメント

Ooboe
学さん

昨日のコメントの続き、
一教育者研究者ブログをお借りして
コメントさせていただきました。

科学界の方は、STAPにたちいれない状況だと思います。

学とみ子
> これは、試しです。

Ooboeさん、
あちらのブログをのぞくとわかりますが、色々に攻撃してきますよね。

ES派の学者たちは、ネット技術を駆使して来ます。一人が多くのアドレス持ってます。小保方犯行は間違えようが無い!との世論を続けたいのでしょう。嫌がらせ手段が多彩です。

こうして情報公開することで、嫌がらせを止めてくれる事を期待します。

STAP事件については、言論自由の国ではないですね。科学界は、何十年の努力が、1事故でつぶれますので、本物学者は火中の栗を拾いません。

ため息グループの作戦は、もっと多くの専門者がES説を指示してると、ブログ上で偽装させることだと思います。一人で、何人もの入れ替わり立ち代わりの学者を演じれば良いのに。

でも、あそこの人って、反論の科学文章がうまくかけないのでしょう。論文を読んでると言っても、内容に触れませんね。

Ooboe
これは、試しです。

Ooboe
学とみ子さん

なにかしら事情がおありかなぁと
おもってました。
いろいろコメント攻撃対策大変ですね、

ペルドン様 情報をありがとうございます。

学とみ子

> Ooboe別嬪上鳥君さんが
> 返信コメントが入らないと言っていますが、僕も彼女への返信コメント、消えたままになのですが・・・

ご心配をおかけしてすみません。
Ooboeさんにもご迷惑をおかけしました。

ブッロク技術にたけた方のコメント攻撃対策で、他の方に影響が出てしまいました。
いろいろ、処理がつたなくてすみません。

学とみ子さん

気まぐれぺルドン
Ooboe別嬪上鳥君さんが
返信コメントが入らないと言っていますが、僕も彼女への返信コメント、消えたままになのですが・・・

Ooboe別嬪上鳥君さん

気まぐれぺルドン
貴女こそ参加して、今の学会の雰囲気を肌で感じ取らなくては。
時代は容赦なく進すみ、STAP関係も何時の間にか、骨董の世界に押し込められる・・古典の部門にはいるのでは・・詳しくは2畳茶室で・・・

Ooboe
パートナーは、昨年5月、大阪で開催された発生生物学会を傍聴されましたが、
若い研究者、とくに女性の凜とした、
プレゼンに関心したそうです。
先輩研究者からの様々な質問にも
いきいきと応答していたそうです。
特に進歩著しいライブセルイメジングの
動画を示してのプレゼンには、
英語が解らないパートナーでも、
プレゼン概観を感じられたそうです、
科学に熱心なサラリーマン30年さん、も
来年会場にご来場されては、いかがでしょうか、学会を体感出来るだけでも
有意義とのことです。
今年の熊本での学会は中止でした。

都合が悪くなると

トンデモ科学
今度はプロファイリングで話をそらすんだ。患者の病気がわからないと、この人は趣味は何だろう、好物は何?とか延々とそんな診療していたのだろう。
今テレビでは心霊番組やっているが、STAP与太話と変わらんね。
非公開コメント