どうして、コメントブロックをクリアできるの?

一人の人が、いくつものアドレスを持っていて、ブログコメントチェックをクリアしてしまう。そんな作業をしている人に対し、なんの抵抗も感じないため息ブロググループ。

コメントエチケット違反です。

みんな、それぞれため息メンバーは、似たような工作をしているのでしょうか?


工作活動の致命的さんです。

>「総説に書かれた、自然の細胞発生とそうでない人工培養環境が対比はとても分かりやすかったです。特に、総説にある更なる動物の進化の話や哺乳動物の飛躍的進化に関する壮大な物語は刮目に値します。」

致命的さんの理解が語られています。
何のための比較なのか?比較そのものより、その先に目的があることに気づけていません。致命的さんは、そのくらいのレベルです。

受精卵が、どんどん自然分化が進んでしまうと、TFsネットワークは追えませんね。だから制御を静止させた人工的細胞が必要なんです。自然発生の仕組みの研究ですね。マウス受精卵から、ES、TSを作れたことが科学です。他の細胞種では難しいようです。

丹羽先生は、これら人工細胞を利用してTFsネットワークを調べ、自然発生の経過を知ろうとしてます。何のために細胞を比較するのか、致命的さんは考えていません。致命的さんの頭は、物語が、二つ別々になってます。致命的さんの頭のなかで物語が繋がらないのです。一つ一つジグソーパズルのような理解だからです。致命的さんはトレーニング不足です。将来的に知りたいことの目標をかんがえて、今の作業を評価するとかの思考が無いと思います。

とにかく、憎き学とみ子を否定することしか、致命的さんは考えてないです。工作員の手の内と知識レベルを全部、見せちゃってますね。

そして、心底、他人否定に執着してます。他人の感情や理解に共感することなく、共感に必要な理解の広さと深さが致命的さんに無い!だから、自身が正しいと思ってしまう。

自説の優位を強調し、ただ、相手の揚げ足とって否定するのみ。そこに優越感を求める。ため息さんと同じ嫌がらせ手法です。

関わらない方が良い人です。

と言ってる先から、学とみ子は書いてます。悪口、言いがかりに反論する人はいません。

致命的さんは、ため息さん同様、答えても意味が無い質問風の言いがかりしか思い付きませんね。間違えとはっきり断定できるような討論になってないし、致命的さんの追及は曖昧ですよ。

それはそうでしょうよ?学とみ子の間違いなんて、致命的さんは指摘できていないのだから。

>私の指摘が誤っているのなら、客観的根拠とともに反論すればよいのでは?

>そちらのブログの読者の方はますめす学さんに同情的になったようですから、私の批判は学さんの布教活動に貢献しているようですよ。

誰が見ても、致命的さんの言いがかりです。それが広くわかるということです。
致命的さんの努力は、マイナスなんじゃないの?

致命的さんは、ネットエチケットをしっかり守って、作戦を変えなさい。

>書いたのは私の理解ではありませんよ。

致命的さんが、学とみ子の脳内を想像してるのでしょうが。
それが、とても稚拙なんですよ。そもそも、他人(学とみ子)はこう考えていると、自分自身(致命的)の想像を書くこと自体が、社会的未熟者なんですよ!

>これって画像にある数字4桁を入力すると誰でも投稿できるんですけどね。さらに言うと、コメント承認制で私のコメントは一切承認されていないので、残念ながらブロックをクリアしていません。

何をバカな事を言ってるんですかね。致命的さんは、認証システム関係なく、何人も別の人になれるんですね。fcの検出システムは別人と判断してますよ。

ため息さんの以下コメントも、おとぼけですね。

>致命的さんの発言の意図が全く理解できず、失笑するしかないですね。

致命的さんは、学とみ子の脳内を想像して[こう言いたいのに違いない!]と、デタラメ想像作文をしてるんですね。[学とみ子文章のまとめ]だなんて言ってる!でも、繋がりが全く示せていない。この人の知識レベルでは、知識同士を繋げることができないのです。
結局、致命的さんは、丹羽総説をきちんと読めない人だと自らばらしている。

致命的さんは、丹羽先生が知ってる人なのかもね。丹羽先生に、当ブログを紹介してくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

これだけデタラメな致命的さんを擁護するため息さんのむちゃくちゃさ!も、極まれり!何が問題化してるのかがため息さんに把握できてない。


致命的さんです。
>学さんの中では「工作員の下っ端科学者」像が出来上がったようです。

下っ端かどうかはわかりませんね。でも、長く科学界にいる人でしょう。そこそこ、業界コネはあっても、秀才とは張り合えない。小保方さんのような若い研究者を嫌い、学とみ子のように他分野の人の発言を排除したい気持ちが、致命的さんは強い。学とみ子のように反論してくる奴は、徹底して悪口をぶつける。結局、自身で処理できない葛藤が、他人への攻撃性となる。
競争社会が、致命的さんの心を蝕むのかも。

致命的さん、己の実力を悟れば、己の問題点は克服でき、気持ちが楽になると思うよ。

こんな文章書いているようじゃ、他分野の人である学とみ子にあきれらます。
①総説に書かれた、自然の細胞発生とそうでない人工培養環境が対比はとても分かりやすかったです。
②特に、総説にある更なる動物の進化の話や哺乳動物の飛躍的進化に関する壮大な物語は刮目に値します。

致命的さんの説明では、①②の文章がつながってないです。
学とみ子がわざわざ、書いているのに、致命的さんはプロなのに読み取れないですか?
オリジナル論文にはストリーがあるのだから、そこを紹介すべきでしょう?

丹羽先生の総説は、哺乳類(マウス)の自然発生におけるTFsネットワークの研究過程の紹介です。
研究手段として、人工的にTFsネットワークを調整したES,TS細胞を用います。
哺乳類の受精卵の発生過程は、胎児と胎盤分化の巧妙な進行であり、Redundancyに富んだTFs組み合わせの妙で、多能性細胞の分化が進みます。
こうしたエビデンスを知ることにより、胎盤機能を保有する哺乳類の進化を考察できるのです。

致命的さんです。
>普通にコメントを投稿したら受け付けられるだけです。承認制ですからお気に召さないコメントは不承認にされるのでしょう?別人のなりすましも何も、私は「致命的」でしかコメントしておりません。

Fcには、一旦ブラックリストにいれられたら、承認、不承認にかかわらず、そこからのコメントはできません。
「致命的」とかのHNで、Fcブロック機能が判別しているわけではないでしょう。
同じ携帯からアクセスもできないでしょう。
でも、致命的さんはコメントを入れることができます。あちこちに、アクセスできる手段を持ってます、
Fcが、同一人で無いと判断するように、致命的さんは操作できるのです。

ところで、その他の多数の意味不明コメントのおくり主も、致命的さんですか?



追記

ため息さんです。

>致命的さんからのこの皮肉メッセージを学とみ子は、いつものことですが、理解できないのです。

ため息さんは、しつこく、学とみ子が理解できない人と言ってます。理解できないのは、ため息さんの方です。それすら把握できないようです。

このため息応援も、ため息さんは丹羽総説が読めてない事実を示すものです。

ため息レベルでは、こうした類いの論文が苦手なのでしょう。皮肉をいって致命的さんを応援したつもりになってるが、ため息さんは、論文把握が実にお粗末!

皮肉でも何でもない。そもそも、ため息さん自身が論文の全体像がつかめない状況だから、ため息さんは今回のバトルが追えない。

ため息さんは、致命的さんが正しいと信じてるから、皮肉が機能すると信じている。ため息さんは、致命的さんが正しいと一生懸命に言っている。

致命的さんの方は、とっくに気付いているが、致命的さんは決して学とみ子主張を認めない。学とみ子はデタラメを言っていると叫ぶ。なぜなら、そこが、致命的さんの研究者としてのプライドだからだ。研究者でない学とみ子を徹底的に潰したいから。

研究者の縄張りに入ってくるな!の憤りだと、学とみ子は感じる。こうした感情的対立は、いくら、科学論をしても埋まらず、むなしいだろう。
かつてのやっぱりさんも、こうしたタイプの人だったなあ~。

学とみ子と致命的さんの理解の違いと感情の対立が、ため息さんは把握できてない。

丹羽総説には、細かいTFsネットワーク研究が主体に語られている。そこには、将来胎児部分の多能性維持と、サポートする胎盤の分化に共通するTFsの組み合わせが紹介されている。将来展望的に哺乳類の進化解明に繋がるのでは?の希望が語られている。

ため息さんは、論文から、生命体全体像を感じとりたいなどとは考えないのだ。論文を読んでもいないし、論文全体像を把握しようとしていないからだ。

こんなため息さんでは、マスコミのES捏造説を容易に信じてしまうレベルだ。


スポンサーサイト



コメント

Ooboe
致命的さん、

丹羽先生の総説について、学さん、と
バトルされてますが、
私も、最近ではありますが、パートナーから要領を伝授してもらって、素人でも最新科学文書の概要ぐらいは理解できるようになり、様々な科学文書を閲覧するようになりましたが、
この丹羽先生のは、これまでで一番理解が難しかった。いまだ把握しかねてます。

致命的さんは、学さん、を反証されて
おられるぐらいですから、総説を把握なさっておられることと存じます。そこで、致命的さん、にお願いです。

丹羽先生の総説が示している科学主旨に対し、解説でなく、あなた自身の批評的な
纏めを披露していただきませんか?

学さんを引き合いに出しての批評は
抜きにして、あくまで、
あなた自身の丹羽総説の批評展開を
お願いしたいです。そしたら、私、
丹羽総説理解にもう一度チャレンジのヒントが得られるかも、と、、、
幹細胞について、もっともっと知りたい
私です。



非公開コメント