恥ずかしい事

どちらが良く、論文を理解できるのか?については、もう書かないようにしようと思ったが、このため息さんの記事は本当に(ため息さんにとって)恥ずかしい記事だと思います。

>学とみ子は丹羽氏の総説についてはエッセンスはつかめてるし、ため息さん、致命的さんよりは、論文が読める人だと思います。のだそうですけど、そのような根拠がみつからないのが残念です。

>何故、学とみ子は丹羽氏総説を持ち出したのか、依然として理由が不明です。研究室での論文紹介のようなつもりだったら、こんな紹介だったらボロクソに言われます。なにもまとめておらず、Box1、2 とIntoroductionの転載だけだからです。本文の紹介が皆無だからです。しかもIntoroductionにはない学とみ子の勝手な解釈があるだけです。


学とみ子が、エッセンスという言葉を使ったのは、読めていないため息さんたちを刺激しないように配慮したまでであって、そうした学とみ子側の思いやりを理解せず、こうした記事をたちあげるため息さんは、本当にひどい。
そちらのいづれの人も、丹羽総説の内容を示していない!それは誰でもわかること。

論文がしっかり読めないということは仕方がないかもしれませんが、読まずして、他人(学とみ子)の解説をデタラメ呼ばわりするのは学者として恥ずかしい事だと思います。

この丹羽総説の大事なところは、細胞は個々で違うという点です。

初期化のための蛋白制御が複雑であることを、読者が理解できますので、STAP理解につながります。iPS等のような人工的細胞の初期化率がなぜ低いか?を、論文読者は理解します。

多数の転写因子がリクルートされ、スーパーエンハンサーに結合することで、自然発生細胞の分化が速やかに進行する仕組みとは、人工的初期化細胞は異なることがわかります。

STAP細胞の初期化の質を本当に理解したいと思うと、結局、こうした基礎知識の勉強になるのです。

本物のES領域学者層が、議論に参加してこないのをため息さんは幸いにして、あくまでES捏造論の正当性、自らの正当性を叫び続けるつもりのようです。

ため息さんは、論文に何が書いてあるのか?も示せず、言いがかりのみで勝負しようとしていますね。それは、一般人でもわかってしまう事です。そちらのブログは、ますます読者が限定されてくるでしょう。


これが、人の上に立てていたかつての教育者が陥ってしまうリスクのようです。国の役人はこうした過去の人たちからアドバイスを受けているのでしょう。

ため息さん、こんなパフォーマンスはもうやめましょうね。教室主宰者の教授が、生徒より、論文が読めなきゃ、もう失業です。

>研究室での論文紹介のようなつもりだったら、こんな紹介だったらボロクソに言われます。なにもまとめておらず、

ため息さんも、plusさんと同じ戦法のようです。学とみ子をけなして刺激して、丹羽総説を説明させてやろうとしているのでしょうか?なるほど!それが書いてあるのかと、ため息さんが理解できたら、もう最初からわかってる人になれるのでしょう。



plusさんの見当違いが相変わらずです。なぜ、細胞は予期せぬ命運に向かうのか?が想定できないのでしょう。plusさんには、生物学を学ぶにふさわしいセンスが無いですね。学とみ子に反論するために作文してるから、方向がずれっちゃうのでしょう。


plusさんは、どうにでも解釈できる言葉を、わかった人であるかのように使うのでしょうね。

悪口だけの人よりましかだけど。
plusさんです
>PCのプロセッサやプログラムもそうですし、

これを言い出しては、もう、終わってます。plusさん自らで、何もわかってない人になってしまってます。

細胞は、転写因子の組み合わせで、個々の細胞で違いが出てしまうかもとの視点で、論文を読みましょう。初期化されたiPS細胞の一部しか改変に成功しないと書いてあるが、その生物学的メカニズム解明を想像、想定するのが大事です。

他にはあまり書かれてない情報と思います。丹羽先生は、個々のES細胞でも分化効率に違いがあり、キメラ形成に違いが出るメカニズムを探ってます。

plusさんです。
>個別事例の内容に気を取られて「木を見て森を見ず」になっているから、「平均的に紹介」「細胞は個々に違う」などと思うのではないですかね。

一般人は、森はおろか、林も木も見れてないです。私たちは、一本の木すら見えてません。木を見るに必要な知識がありません。だから、私たちは勉強してるんです。自身で勉強できる力は、あちらの人には、まだ備わっていないと思います。わからないことが多すぎて、自らの無知を自覚できないようです。

知識不足を自覚できないと、ため息さん、致命的さんと同じになってしまいます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント