乳児期の腸は、異物蛋白を受け入れやすいという話

ピーナッツアレルギーに関する論文を紹介します。昨日からの続きで、乳児期の腸は、異物蛋白を受け入れやすいという話です。
 
ピーナッツアレルギーの発症には、塗るクリームとして、皮膚からピーナッツ蛋白が吸収されて、アレルギー状態になる可能性が指摘されています。皮膚は、アレルギーの起きやすい場所なので、食べても大丈夫だが、皮膚につくとかぶれるということはありえます。つい最近も、小麦石鹸が問題になりましたね。

J Allergy Clin Immunol. 2008 ;122:984-91
論文タイトル .早期にピーナッツを食べることは、ピーナッツアレルギーが少ないことと関連する

国で暮らすユダヤ系の小学生5171人と、イスラエルで暮らす ユダヤ系の小学生5615 人を比較した。ピーナッツアレルギーの罹患率は、英国1.85%、イスラエル0.17%であり、罹患率の違いが大きい。小学生では、両国の間で、ピーナッツアレルギー罹患に、8倍の差がある。1月に食べるピーナッツ蛋白量は、イスラエル7.1 g、一方、英国では、0 gである。英国でくらすユダヤ系住民は、ピーナッツアレルギーが多い。
 
イスラエルのユダヤ系の小学生は、生後1年以内にピーナッツをよく食べることが、小学生のピーナッツアレルギー罹患率の低下になるであろう。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック