理研の研究者を押さえつけようとする力


ため息さんが
[30ページ著者は、STAP擁護だ]
と勘違いしてるのを、学とみ子から注意されたのですが、ため息さんはそこもわかってないようです。

>「桂調査委員会報告書」は当方が書いたわけではないので、その記載について、仮に誤りがあったとしても、当方が反省することではありません。


ため息さんは、桂報告書の以下の部分を引用しました。このように、切り出してみると、しみじみと味わいのある文章です。

この30ページ著者は、理研の研究者の上に君臨したい立場の人ですね。そして、細胞の科学に疎い。幹細胞の作成が効率良くできるようになったとの記載の重要性を理解しない軽率な人です。

30ページ著者は、世界一流の学者を問題視して、その上に立とうとする国関連の管理組織の権力者です。

ため息さんが、簡潔に、30ページ著者の思考をまとめてくれました。

>報告書のp30は調査の総括の部分で、「STAP論文は、ほぼすべて否定された」「誰かが故意に混入した疑いを拭えない」「特に小保方氏担当部分の「責任ある研究」の基盤が崩壊している」「過失が非常に多いのは小保方氏の責任」「若山氏と、笹井氏の責任は特に大きい」と結論したもので、


理研の調査委員たちは、仲間の研究者たちの立場だけでも守らねばならぬ!と、思ったのかもしれません。



ため息さんです。

>報告書のp30 を読んで、ここにSTAP擁護の記述があるなどと妄想するのは学とみ子だけなのがわからないのでしょうね。

ため息さん、30ページの著者は小保方犯行説の人だ!と、学とみ子は言ってるでしょ!その著者は、小保方氏に有利になるような記述を、桂報告書に残してしまったと、学とみ子は言ってます。

つまり、30ページ著者は、小保方氏を追及するつもりで書いた内容が、逆効果になったのです。幹細胞作成時に起きた問題点があからさまになったのです。


plusさんのコメントです。

>テラトーマが論文に「使わなかった」と述べたバカは初めて見ましたな。

テラトーマは複数で作られており、小保方氏がいつもと違うと感じたテラトーマは、論文には使わないと、セイヤさんは言ってます。

plusさんの細胞科学の実力は、まだ不十分だから、もっとSTAP細胞を理解してからの、他人を否定したらどうでしょう。

他人の書いたことに張り付いてけなす作業は簡単なのよ。いくらでも検索して、関係の無いことを書いていけます。しかし、根拠無く、相手が間違っていると騒ぐ行為は、評価されません。誰も引用しません。スモールワールドには、真の討論がありません。

plusさんコメントで引用された桂報告書の一部です。

>一度 だけ、小保方氏が付き添って指導したときに、若山氏が STAP 細胞作製を行い、さらに STAP 幹細胞作製まで到達したことがあった

この記載も、とても重要です。
理研の調査学者たちは、幹細胞作成時のミスを、報告書にしっかり残したのです。SNP論を知らない一般人でも、ここの記載の重要性はわかります。逆に、STAP細胞を追いすぎるplusさんのような一般人には抜けてしまう記載ではないでしょうか?


若山先生は、調査していた学者たちと、実験ミスについての、いろいろ可能性を探っていたと思います。その時の言葉が
[自らのミスを最初に疑う]
でした。

何しろ、研究者なら、まず第一に、故意ではない実験ミスを疑うと、在米ポスドクさんも言ってます。



Dさんのコメントです。

>(ただし、例の登録はきちんと登録するまで自重しません。)

患者さんのためでもない。日本の医師制度のためでもない。

Dさん自身が学とみ子の実生活を確認して、嫌がらせをするために、Dさんは医師登録で個人情報を確認したいようです。厚労省関係する人なら可能です。ヤフーブログの中にも入れるのかも。いづれにしろ、ES捏造説は、国の一部(といっても、国関連機関の人たち?)が関係していることを、Dさんはばらしています。

こういう個人情報暴露の嫌がらせから、医師は守られなければなりません。自宅が放火されたり、殺されたりを心配しなければならなくなりますからね。


体内時計さん、

>恥ずかしくないのですか?そんな自分が。

殺されるより、恥ずかしい方を選ぶのは普通です。
確定しない犯行を個人に押し付けて平気な人たちは、どんな嫌がらせをしてくるかわかりません。怖いです。


これだけ、いろいろわかってきて。それでも初期の理解のままで止まり、STAP細胞の理解不十分なまま、小保方犯行を信じ込む体内時計さんは、自身を恥ずかしいとは思わないのですか?

体内時計さんとは、STAP議論をしません。Lさんも体内時計さんと議論しなかったです。
ただ、恥ずかしいとは思わないか?の質問です。

でも、体内時計さんが、Dさんに注意してくれたこと、とても感謝します。

当時の遠藤氏も、正義のための言動ですからね。今は、どのようなお気持ちでしょうかね?

いまでも、小保方犯行と考える学者はいますね。でも、反論はできません。


澪標さんも、そうした方のようです。
2020年12月18日 10:02 AM

>STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入したと認められる。”のみを取り出し、

この著者は、ES捏造派に文章を直されないように、こう書いたのです。



plusさんのように、己の無知がわからない人っているんですね。その典型の人です。桂報告書に書かれた説明を読んでも、SNP論を理解できないのだなあ~。ボロが出てても、まだ、できる子を演じたいようです。私の周りにはここまでの人はいないです。

まあ、そうした人の集まりなのでしょう。

plusさんのコメントです。

>テラトーマからoct4GFPではなく、アクロシンGFPが検出されたことも、ホストマウス由来の組織と思われる組織が封入されていたと書いてあるのですな。

もう、今までの当ブログの説明で、上記は説明できているのですが、悲しいかな、plusさんにはわかりません。テラトーマには、わずかにOctが出ていることを証明した理研の調査学者は、ホントにすごいです。


plusさんは、話題をずらしていく名人だけど、plusさん自身の中で、ずれてることがわからなくなっちゃうんだろう。

学とみ子が、問題視したのは、plusさんの [戻る] の表現です。それが今や、以下です。plusさんは、小片を問題視している。

plusさんのコメント

>物理的に小塊にする方法に変えていった過程は論文にきちんと書かれているのですな。

小片をACTH培地にいれた!は、学とみ子は説明してる。小片は問題になってない。何を注意されたかについて、plusさんは混乱してしまう。学とみ子から何を言われたのか?がわからなくなる。
少し時間が経つと、plusさん自身の間違いは消えて無くなってしまう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント