桂報告書を、不十分に読み込む人たち

plusさんです。

>調査報告にはそのように記述されている。

plusさんは、未だ、SNP論が理解できてないので、桂報告書理解が不十分です。

体内時計さんは、どのように考えていたのか?ため息さんのコペルニクスとはなんなのか?教えてくれると助かりますね。彼らの根幹的な思い違いが、学とみ子に理解できるかもしれません。

なぜ、ため息ブログメンバーは、置き換わるを、置き換えると間違えるのでしょうか?

桂報告書の意図に沿って読み込めば、SNP解析は理解できます。
ため息ブログのメンバーたちは、すり変わる、つまり置き換わるという細胞現象を理解できてないようでした。

ため息さんは、ここぞ!とばかりに、急いで、新記事を立ち上げたけど、空振りのようですね。

桂報告書調査は、もっと証拠を持っているかもしれません。そうでないと、BCA論文に示したような、STAP細胞はESに置き換わったとの推論まで持ってけないかもしれません。129B6F1ES1関連のNGS解析で、FLSーT1、T2あるいはSTAPlysateの塩基配列がほぼ同質とかー ー の証拠があるのかもしれません。

(ここは、単なる想像です。129B6F1ES1は、NGS解析されてないことになってましたよね?)



今回、ため息さんは、体内時計さんにつられて、大変なミスをしました。
STAP細胞にES細胞が混じり、その混合細胞をES用培地で培養すると、STAP細胞は消えてしまい、ES細胞だけになってしまう現象を、ため息さんは、どうやら理解していなかったようですね。

以前も、致命的さんが、丹羽総説論文を読み込めず、致命的さんが「そんなことは書いていない!」と叫んでしまったことにつられて、ため息さんも「書いてない!、書いてない!」と言ってしまった状況と似てますね。

他の人の言うことに付和雷同するというのは、学者としての資質に問題ありです。
そもそも、学とみ子のブログに張り付いて、けなし続ける行為そのものが、極めて異常です。
異常行為に加えて、学術的にも間違いだらけです。

今度も、ひどい勘違いですね。

そもそも、この事件は、STAP細胞が、ES細胞に置き換わってしまったことが大問題になっているのです。
ため息さんも、体内時計さんも、細胞が置換されてしまう現象をしっかり理解できていないということです。
こうした細胞科学に無理解の人だから、ESねつ造説を信じられるのです。
さすがに、今回は、ため息さんは自らの早とちりに気付いたようですね。


ため息さんは、そうした自らの勘違いミスをごまかそうと、なんだか、ひどい言いがかり をつけてきますね。

>はあ?STAP細胞が”自然に”ES細胞に置き換わるのでしょうか?ありえないですな。

ため息さんよ、何を言っているんだ!自らの失言をごまかそうと、居直っている姿。
じゃあ、どういう機序で、STAP細胞がES細胞になるのでしょうか?

>>学とみ子は、STAP細胞と呼ばれていた時期はいつまでか?を問題にしています。
>(2020.12.26 16:00頃の魚拓)と、つまり7日間の培養後、最終的なSTAP細胞ができあがるのに、どうやら段階があるとの説を打ち出してきました。

「最終的なSTAP細胞」 って何?
こうしたまぎらわしい、不用意な言葉を使うな!

もっとも、ため息さんは、こうした正道を外れて攪乱させる事しかできない人なのだけど。

学とみ子が言ったのは、幹細胞はどこから呼ばれていたのか?です。
なぜなら、桂報告書は、急に幹細胞ができるようになったと書いてあるから、実験者は何らかの作業をしていた可能性があるのです。クムリナ証言もあります。
そして、幹細胞化のための”その作業”は無くても済むようになったから、論文から省略されたのでしょう。

実験者たちは、調査した学者たちに、ある程度、この時の経緯を話したと思います。






体内時計さんとは話をしてはいけないと思いますが、体内さんは、驚くべき場所すら狂ってるんですよ。
体内時計さんの、”驚き”は、非科学的で理不尽です。
まず、驚く前に、体内さんは、相手の言葉の意味を知るべきです。つまり、もっと、細胞科学を勉強すべきということです。

体内時計さんとは、話せば話すほど、誤解が広がります。
体内時計さんは、議論の相手に見当はずれをぶつけて、相手に迷惑をかけているという認識が全くない。

体内時計さんです。

>驚きました。

体内時計さん、驚く場所が間違っているのよ、驚く前に、自らの知識の限界がある。
ここはもうどうしようもないみたいですね。何年たっても、進歩がないです。

いろいろな方の科学論文において、著者が新しい現象を発見した記述の中には、”驚くべきことに” と書かれたものがあります。
ですから、”驚く” は、現象に熟知した学者たちが使うべき言葉です。

ところが、そうした熟知していない人が、平気で、”驚く” との言葉を使うのですよね。
自らの説が絶対に正しいとの信念があるからなんですね。
それこそ、”驚く” というか、あきれるというか、なぜ、こうした目一杯の背伸びを、体内時計さんはしてしまうのでしょうかね?


ここは、もう、科学というより、体内時計さんの性癖のようです。
自身の考えに都合の良いものしか受け入れないのです。

科学の経験ある人は、背景となるさらなる知識を持ち合わせているはずと、体内時計さんは考えないとだめです。
今のままでは、体内時計さんの科学知識は進歩しません。だから、2014年の知識のままなのです。


細胞培養というのは、多くの研究の積み重ねで、各細胞ごとに適切な培地が開発され、各細胞は、最適培地で自己複製を達成します
ES細胞の培養は、ES細胞の性質を残したまま自己複製させていくのです。
異なる性状の細胞を混ぜて、そのバランスを維持したまま培養なんてできないんですよ。
細胞の生存は、科学の手の届かないところです。
それを”自然現象”と言っても、その意味すら理解できない体内時計さんです。

培養を継続すると、細胞状況は変化してしまいます。
だから、桂報告書は、”混入” という表現をしました。
この言葉は、偶然に起きる事故を示唆する言葉です。
科学者が故意に混ぜても、目的とするものを作る事はできません。
だから、故意のESねつ造説は破たんしているのです。
これを信じる学者たちは、ES関連の細胞を熟知した人ではないと思います。

小保方氏は、体内時計さんの考えるような事はしません。
そういうごく基本がわからないから、以下のような文章を書いてしまうのです。

体内時計さんです。
>小保方氏は来る日も来る日もSTAP細胞を作っていて、それを「かき集めて」ChIP-seq (input)サンプルとしてGRASに解析に出したのですよね。その過程でES細胞が混ざり、ES細胞に「置き換わった」と学とみ子さんは仰りたいのですよね?

そういう考えはどこからも出てきません。

非難されてもめげない体内時計さんは、また、独自の勝手な考え方を正当と主張してくる方です。
少しでも、議論を踏み込んでしまうと、どんどん外れていくのが、体内時計さんです。
もう、きりないです。

体内時計さんです。
>これも意味不明ですね。

”意味不明”で良いと思います。
意味が理解できないから、学とみ子の日本語がおかしいと思う人たちですから。
いくらでも、”意味不明”を連発してください。

体内時計さんは、基本となるバックグラウンドが無く、理解できない事を、相手のせいだと非難します。それを良く示すコメントですよ。

”驚くべきこと” が何か?を知らずに、”驚いている”状態ですよ。
”意味不明”で、いくらでも、驚いてくださいよ。

体内時計さんです。
>意味不明ですね。

>「混入」の意味は、『混じって入ること。混ぜて入れること』ですね。

国語の問題じゃなく、科学の問題なのね。ため息さんが、体内時計さんにつられて間違ってしまった様相をよく反省なさいよ。体内時計さんの非科学的驚きが、ため息さんに恥をかかせました。でも、そうした関連性に気づけるセンスは、体内時計にはありません。

体内時計さんは、他人から否定されると、限りなく抵抗を繰り返す性癖の人だから、関係してはいけないタイプです。

いつでも、どこでも小保方故意によるES混入の機会を設定しないと、不安になる体内時計さんです。すでに、小保方故意捏造を強く主張してきた体内時計だから、故意のES混入説を維持することしか、不安解消の手段がないのだろう。

後にも、先にも、体内時計さんが抱えた不安は戻る事が出来ないんですね。


plusさん、最近は論文を何度も読み返す力がついたでしょうか?もう、ため息さんに聞かなくてもすむようになったでしょうか?
さすれば、新たな論文に挑戦してみたらどうでしょう。2020年の丹羽先生たちの論文によると、骨髄由来マクロファージが、培養を繰り返すと、胎児組織由来細胞様に変化してくるそうよ。

Hecham Nasserら
Cell Death Discovery (2020
)6:62

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント