再度のおわび あのねさん、見落としてごめんなさい

コメント管理、しくじってばかりですみません。

実は、迷惑メイルをチェックしたところ、あのねさんの20/11/18 05:00:17 のコメントがありました。

研究室の現場サイドからの貴重な声がわかるコメントでしたので、早速アップしました。
議論のための情報ソースとなる示唆に富むコメントでしたが、そのままになってしまい、大変、もうしわけありません。
ぜひ、皆さまに読んでいただきたい内容となっています。



コメントアップ見落としがあったのは以下の記事です。

”STAP細胞の考え方の基本、FES1と2は、飼育環境が違うはず、FES1の凍結融解繰り返しが129/GFP ES”

学とみ子が迷惑メイルや承認しないコメントはありますが、理由は個人情報がある場合や、性的表現のきついものとかです。

そうした迷惑ファイルの中に、なぜ、貴重なコメントが入ってしまうのか?学とみ子にはわかりません。

ただ、貴重なコメントを寄せていただいたコメンテイターの方はがっかりなさるでしょうから、学とみ子は、大変、申し訳ない事をしています。

これからは、時々、迷惑ファイルを覗いて、そこに誤分類されたコメントが無いのか?チェックをしないといけないと、しっかり反省いたしました。

悲しいことですが、ため息ブログのメンバーから、学とみ子ブログは科学者たちから相手にされていないと言い続けられています。

まずます、ESねつ造グループによる学とみ子貶め活動が厳しくなってきています。自身の科学的レベルの低さを自覚出来ないのが、ため息ブログです。図々しくふるまえば、市民権が得られるはずとの勘違いが、ため息ブログメンバー各人に甚だしいのです。

コメント管理で、ご迷惑ばかりかけている学とみ子ですが、あのねさん、又、コメントをいただきたく思います。
よろしくお願いいたします。




追記1
お詫びの文章の後に、他人追求のコメントを書くのは気がひけますが、相変わらず、体内時計さんの思考過程には驚きあきれますね。

自らの立ち位置が全く自覚できてなくて、竹市氏と体内時計自身を同列に並べてますね。
このずうずうしさにあまりにあきれたので、つい批判文章を書いてしまいました。

しかし、書いてしばらくして、こういう体内時計さんタイプの人には何を言っても無駄と、学とみ子は考え直しました。
結果、学とみ子は削除した方が良いと考えましたが、すでに、体内時計さんがため息ブログで引用していました。

学とみ子が書き直した時は、すでに遅しでした。
しかたないので、若干、書き直した文章を残しておきます。
体内時計さんが引用したのは、確かに数時間前に、ここに書かれていたバージョンでした。


体内時計さんです。

>若山氏の解析結果の公表に反対し、小保方氏がどういう人なのかわからないと言う。
竹市氏という人こそ、何を考えているのか、私にはわからないです。

STAP事件勃発時にその現場にいて、圧倒的科学知識を持つ一流学者と、体内時計自身の考えを同列に並べて、よくぞ、コメントするよな!という印象です。
竹市さんの圧倒的情報量に敬意を払ってから、そこをふまえて、一般人は持論を主張すべきとのアドバイスをしたいです。
「竹市氏が何をかんがえているかわからない」などは、第三者が発する言葉ではありません。



体内時計さんは、科学的議論に、国語辞典を持ち込んだりする行為を恥ずかしいとも思わない人です。
場違いであるとの自覚が、体内時計さんはないのでしょうね?体内時計さんには、正当な行為なのです。
科学説明文章に、国語辞典を持ち込まれて、学とみ子が感じる違和感など、体内時計さんは予想もしませんね。
科学を論じる文章を書く時に、書き手は、辞書が必要な言葉は最初から使いません。
書き手は、普段、使いなれている言葉を用います。それが原則です。

さらに、その後の体内時計さんのコメントによると、国語辞典を持ち出すのは、学とみ子の日本語がおかしいからとの説明でした。

とにかく、ため息ブログは、学とみ子の日本語がめちゃくちゃで意味が通じないと言い続けているのですから、それを聞いて安心する体内時計さんです。

ため息ブログの悪意ある印象操作にすっかりはまっている体内時計さんは、学とみ子は愚かでデタラメな日本語しか書かない人だと信じているのでしょうね。

こうした思考過程は、体内時計さんが持続的に抱えている”科学者としての小保方氏無能論”と、共通ですね。

誰かが言い出した悪意ある評価を、体内時計さんは、自らで判定できる術もなく、付和雷同で信じ、かつ広報活動しているのです。


同じことでも、言い方を少しでも変えると、体内時計さんはフォローできません。マスコミ説明の狭い解釈から、少しでも外れると、体内時計さんは、間違い!と、感じるのです。
ですから、学とみ子の言い分は、体内時計さんにとって、間違いだらけでしょう。
知らないことを聞かされた時の体内時計さんは、「意味不明」と、胸を張って言います。


今回の、ため息さんの記事タイトルも、おかしいと思いませんか?これで、何が言いたいんですか?ため息体内時計コンビの無知を、タイトルが象徴してますよ。

ため息ブログのタイトルです。

[STAP細胞は自然現象でES細胞に入れ替わってしまった]

このタイトル記事で、学とみ子打倒を試みようとしたのでしょうか?
そして、ため息さんは、自らの愚かさに気づいたのですが、居直っているのですね。
いづれにしろ、このタイトルは、ため息レベルの低さを示すものです。
桂報告書解説の何も理解できてなかったということです。




以下の体内時計さんのコメントも、細胞の話と、そうではない話が混同してしまっている。

>そうですね。誰も知らないと思いますよ。混入者以外は。

混入者だって、わかりませんよ。細胞状態がどうなっていくかなんて・・・。
だからこそ、ES混入説は現実的でないのですよ。
人が意図した通りには、細胞はできあがって行きません。

ES、TS培養は、長い研究歴史があって、その培養法が確立されているものです。だから、予想可能なんです。
混ぜた細胞がどうなるかなんてわからないことすら、体内時計さんは予想できない人なんですよ。
こうした出まかせのコメントをするのは、もうおやめなさいな。

>私の中で結論は出ています。

この言葉が、体内時計さんの状態を表しています。
体内時計さんは、専門家ではないので、社会では、こうした個人的信念は何の意味も持ちません。
体内時計さんは、画策学者たちに、「そうですよね」 と同意を求める生き方をしていくのでしょう。

体内時計さんは、故意のねつ造説を信じて、これからも広報活動を続ける選択肢でしょう。
正しく理解しなければいけないという気持ちは、体内時計さんには無いようです。

何より、学とみ子から何を問題視されているのか?が、体内時計さんにはわかりません。
とんでもない人格の人である学とみ子から一方的にひどい事を言われている!としか、体内時計さんは認識できないのです。

>「ESに入れ替わる」って何ですか?「自然現象」ですか?
こっそり削除しても、私のコメントに引用した文章が残っています。

私は書き直したと言っているではないですか?
そちらに残っているのは正しいですよ。学とみ子は、消してごまかすことなど、してません。
体内時計さんにこう言っても無駄と学とみ子は考え直したので、文章を変えました。

「ESに入れ替わる」の意味がわかりませんか?
小保方氏がESをSTAP細胞に故意に混ぜても、その後の培養でESに入れ替わるんですけど、そこの理解は大丈夫ですよね。


体内時計さんです
>今回も異常なほど私に大量の批判をぶつけてきましたが、問題となったのは「竹市氏という人こそ、何を考えているのか、私にはわからないです」というコメントだけのはずですよね。

体内時計さんたちのコメントは、あきれることが多いです。
竹市さんへのコメントも同様です。しかし、体内時計さんはその理由を考えることができません。
公の立場である竹市さんは、言えない事もありますし、マスコミの扱いもフェアではありません。
STAP関係者の発言は、背後にたくさんの目に見えないものがあります。関係する学者たちの意見も同様です。
誰もが、そうした見えない部分を考慮しながら事件を考えます。
体内時計さんは、そうした背景配慮が全くできない人です。


大事なところ、議論すべきところ、そうしたもの認識が、体内時計さんと学とみ子は違います。
この溝は、一朝一夕には埋まりません。
だから、体内時計さんと議論しても、大事なことがどんどん、ずれていってしまいます。

答えても意味が無い質問なのか?答えるべき質問なのか?の区別を、体内時計さんができたらなあ~と、学とみ子は思います。


たとえば、学とみ子が一番、知りたいのは、以下のような質問の答です。

「その後の培養でESに入れ替わるんですけど、そこの理解は大丈夫ですよね。」

ところが、体内時計さんは答えません。
こうした質問に答えてくれると、相手(体内時計さん)の根幹の思い違いがみえてきます。
どこをどこ間違った認識をしているのか、体内時計さんは明らかにしないことが多いです。

たとえば、体内時計さんの後に書いたハンニバル・フォーチュンさん 2020年12月29日 11:21 PM の以下のコメントでがありました。

>桂報告書の結論は以下の3点。
①STAP現象のエビデンスは実在しなかった…実在したかのようにみえるようにしたことは誤り。
②若山先生:嫌疑なし、不起訴
③小保方元博士:嫌疑不十分、不起訴。
※「嫌疑なし」と「嫌疑不十分」との差異はお分かりいただいているとの前提でコメント投稿しております。

これを読むと、ハンニバル・フォーチュンさんの立場は、体内時計さんとは、全く違っています。
後にも先にも、ハンニバルさんコメントは、小保方犯行説を社会に維持するための意識的活動とわかります。
小保方氏を、とにかく、貶めておきたい意向が良く見えますね。
ここが、体内時計さんと明らかに違います。

ハンニバルさんは、事件関係の学者たちに近い人ですよ。単なる傍観者ではありません。
ため息ブログのこうしたプロたちは、学とみ子の言うことは、全否定です。

体内時計さんは、こうした人たちから利用されていると思います。
だから、早く、自身の問題点に気付いてほしいです。





体内時計さんのコメントです。

>「桂報告書は、小保方混入説を否定している」というのは、報告書の何頁を見ればわかりますか?

全てです。今回のあのねコメントにもありますが、STAP幹細胞時に混入したのは、FES1ではなく、129/GFPESでした。NGS解析から判明しましたが、ため息さん、plusさんはわかってません。そちらでわかってる人は、SNP解析は沈黙です。

桂報告書作成者は、最初から、実験ミスによるESコンタミと考えて調査してます。もともと、若山研究室にあった129/GFP ESが、STAP実験中に混じりました。Oct入り細胞は、培養中に、こちらに入れ替わり(おきかわり)ました。実験者の故意ではありません。

一般人にそこを気付かせないようにと、活動している学者たちがいます。その派閥の人たちしか、ネット発信してません。しかし、学者の中には、本気で小保方故意捏造を信じてる人もいます。

129/GFP ESは、若山研究室にありました。警察は、小保方氏が盗んだとは考えていません。警察はいろいろ情報からの判断です。
STAP事件は、世に出ていない情報は多いです。

体内時計さんです。

>②何故、小保方氏は4つの研究不正を行い、調査委員会から求められた実験データを出そうとしないのだと思いますか?

ここも、隠された事情があるでしょう。ここに疑問を持つ人は、事件関係者とつながる人では無いです。当然の疑問です。体内時計さんもそうした第三者です。

当ブログで、以前にも書きましたが、これを公開すると困る人がいると、小保方氏が懸念したからではないでしょうか?ここでの証拠物品があるから、大手出版社が、[あの日]出版にゴーサインを出したのでしょう。
但し、想像です。


桂報告書は、故意のES捏造を否定してますが、STAP細胞の能力には触れていません。




以下の山の住人さんのコメントこそ、画策派閥プロからのメッセージです。

山の住人さん、
2020年12月30日 10:47 AM
>学という人は、相手が女性だと認識すると狂犬のように噛みついてくる。見苦しいったらありゃしない。自分の人格を否定したいようだな。

>STAP細胞が培養の途中でES細胞に変わるって、何寝ぼけたこと言ってんだか。
>ゴリラが、朝起きたらチンパンジーになったみたいなもんだな。あるいは人間が朝目覚めたら虫になってた、カフカの世界みたいだな。婆さんの世界ではこんな世界が普通らしいな。


一般人を装うはなさんも、ため息さんにとても近い人です。画策派閥プロです。科学論は、決して書かず、学とみ子徹底否定に精出すはなコメントにご注目ください。



はなさんのコメントです。
2020年12月30日 9:57 AM
>学さんのように自分を守るために強い唯我独尊の姿勢を鎧のようにまとってしまった人、そしてそれを自覚していない人と、図らずもネット上とは言いながら関わってしまったのですが。
かなぁりムカつきますし(自分の事だけでなく他の方々への悪口雑言に対しても)、頻繁にため息をつきますが。




追記2
Ooboeさん、とても重要なあのねさんコメントを、11月にアップできなくてすみませんでした。
Ooboeさんと議論中でしたので、申し訳ないです。
あのねさんのおっしゃった意味は、小保方氏にとって有利だと思います。
Ooboeさんたちの活動が明らかにした刑事さんの証言も、小保方氏には有利ですよね。
なにしろ、桂報告書は、小保方混入説を否定しているのですからね。




追記3
全員総出で、ため息ブログの画策グループは、頑張ってます。

一つの出来事をあの手、この手で、こねくりまわして、なんとか、学とみ子を貶めてやろうと、ため息ブログの皆さん、頑張ってます。この様子を覗きに来る一般の方々は、STAP事件において、小保方氏、笹井氏がため息ブログに関連する学者連中からひどい目に会わされた事実に気づきます。

皆さん、若山研究室を助けるつもりなのかもしれないけど、今のままの小保方悪口作戦では、マイナスの効果しか社会に与えてません。これでは、先生にお気の毒です。先生は、きっと言いたいことがあるのだと思います。

頭の切れの良い方は、ため息ブログには少ないようです。こうした集団の人たち何人から悪口を言われようと、学とみ子に響きませんね。科学的認識の狂った連中に過ぎません。

ため息ブログのメンバーたちが、桂報告書の見解をきちんと把握できていたら、小保方咎め作戦をいくら世間に広めても、ES捏造説では破綻する展開が予想できたでしょう。

結局、そうした正道なる評価ができる人が、ため息ブログに一人もいないから、小保方悪口を言っとけば、世論を操作できると考えてしまうのでしょう。

oTakeさんです。
>三木弁護士から告発状とそれに関する記事が送られてきた。

告発状のそれが弁護士に来るわけでは無いと、考える人が多いですよ。こうした書き方を小保方氏がしたからと言ってと、嘘つき呼ばわりをする方が問題です。言葉の使い方の問題です。


ため息ブログは、STAP関連学者を助けたいと願うプロ集団であるものの、他人の悪口追求に嬉々となる人たちでもあります。

ターゲットとする人の勘違いや、些細な間違いを積み上げて膨らまして、集団で、悪者扱いをして潰そうとする人たちが、ES捏造派です。世間は見てますよ。石川氏だって、世間の人の心に戸惑ってますよ。




サラリーマン生活20年さんです。

>ただ言えるのは、批判ではなく、呪いの言葉を投げかけ続ける者は、いずれ自身が壊死に至るということ、これは私の経験から間違いありません。それを自覚しない者は、全身が言葉の毒に侵されますよ。見てて見て下さい。


私たち全てにあてて書かれた的確な忠告の言葉です。こういうのを書かれると、次なるコメントを書き込むのを遠慮してしまうものですが、こうした遠慮のセンスの無い!はなさんです。

自分自身への自覚が全く無い!はなさんです。彼女の立ち位置をよく示してます。

科学を書かず、学とみ子の悪口を嬉々と書き込む自分自身を反省することを、はなさんはしません。

一般論として、出産する性である女性が、リスクある妊娠、出産に耐えられるのは、
[私は、大丈夫だ!]
の、本能的信念でしょう。
こうした自信がなければ、女性は、10ヶ月にも及ぶ体験に立ち向かえないだろう。

この女性特有の自信は、生物生存には重要なのですが、はなさんの場合のように、生物学的自信を、社会的体験に持ち込まれると、マイナス面が出てくる。

生物学的自信は、時に、社会的自信や無知につながるリスクがあるからです。残念ですが、こうしたマイナスの方向に向かう場合はありますね。

男性が、妻や恋人に限界を、感じたりする部分ではないでしょうか?いくら、説得しても、相手の女性が理解してくれないとの体験を持つ男性は少なくないでしょう。女性の立場であれば、相手の男性が理解してくれないとの思うものです。
しかし、物事を広く、長く評価して、方向を選択する能力は、男性が優れていると感じる機会が多いです。

はなさんを見てると、そうした印象です。

はなさんは、自分自身のやってることが見えてないから、サラリーマン生活さんの後に、ああしたコメントを書けてしまうのです。


彼女は、社会の風に一人で立ち向うためのトレーニングをする気がない。
科学論を書かず、悪口だけを書き込む作業に抵抗が無い。そして、時に、[私は科学を理解してます。]とも書く。
このままのちぐはぐ状態で、一生を終わるだろうか?



但し、科学議論においては、論拠を示して、相手を否定することは許される。

サラリーマン生活さんが、桂報告書のスタンスを、いつか理解することを望みます




スポンサーサイト



コメント

科学を大枠でとらえることの重要性

学とみ子

> ❖細胞外DNAと進化の関わりを研究している
> 著書だそうで
> 細胞外DNAなんて、はじめて耳にしますが
> 海洋に漂っているらしい、、、
> 細胞内DNAへの細胞外DNAの水平伝播がもたらした生物進化の影響について、、、

> 今日のNHK日本列島の科学ドラマ
> とても面白かった。でもstapでは、
> 製作担当者の違いでしょうか?
> NHKとは思えないほど、
> 情け無い番組でしたね。

基本、多能性を保持して自己増殖する細胞の創出は困難だと思います。STAP細胞と呼んでいた時期に施された大事な手技が、不要なものとして論文から消えてしまい、小保方氏責任になってしまいました。

当時、ES捏造を本気にした学者は多かったと思います。今は、実験ミスを疑う学者は多くなったと思いますが、学者の皆さんは、今、この問題に触れないようにしていると思います。

一般人の科学マインドは、国全体の力です。

Ooboe
年末、パトナーが面白そうな本を
見付けてきました。
❖細胞外DNAと進化の関わりを研究している
著書だそうで
細胞外DNAなんて、はじめて耳にしますが
海洋に漂っているらしい、、、
細胞内DNAへの細胞外DNAの水平伝播がもたらした生物進化の影響について、、、

細胞と細胞外との感知交流の柔軟性について
の新たな視点かな?
またまた好奇心に火が付きそう、です。

今日のNHK日本列島の科学ドラマ
とても面白かった。でもstapでは、
製作担当者の違いでしょうか?
NHKとは思えないほど、
情け無い番組でしたね。






おめでとうございます。

学とみ子
新年明けましておめでとうございます

> 学さんの
> 独特で柔軟な視点に啓発される私です。

> あのね、さんの貴重なご指摘を
> いろいろ、鈍いオツムで思い巡らしています


Ooboeさんの理論展開に期待します。
学とみ子の考えは、ユニークではなく、本来の考え方です。

不特定者の実験ミス説の可能性をマスコミが、早期に紹介できていれば、STAP事件の悲劇は無かったと思います。学術層も、実験ミスは、どの時点で可能性があるのか?を解説すべきでした。

ため息ブログの一般人たちは、そうした解説を、聞いていれば、あそこまでES捏造説を思い込むこともなかったでしょう。ため息ブログメンバーの根拠無き自信の強さに驚きます。

不十分な知識を自覚せず、思い込んでしまう人っているんですね。科学者になったつもりになってしまうのでしょう。それを誘導している学術層の罪は深いです。

ため息さんは、SNP論を理解していないのでしょう。もし、SNP論を理解している学者なら、さすが、ES捏造説はサポートできないでしょうからね。
このレベルの非専門領域の学者たちの誤解が、STAP事件の誤解を、大きくしたでしょう。

考えなければならぬ事の多い事件でした。

Ooboe
学とみ子さん

新年
明けましておめでとうございます
学さんの
独特で柔軟な視点に啓発される私です。
本年も、宜しくお願い申し上げます。

あのね、さんの貴重なご指摘を
いろいろ、鈍いオツムで思い巡らしています
纏まりましたら、いづれコメントさせていただきたいと思っています。

Ooboe
学とみ子さん、あのね、さん

私への、あのね、さんの要請に、素人の私が
プロのあのねさんに、
恐れ多くも応えたつもりでしたが、
アクシデントがあったのですね

抜けていた、あのね、さんの貴重な研究現場からのご指摘、ありがとうございます。
しっかり理解したいと思います。が
お時間を下さいませ。

この貴重な下記のご指摘部分含め
再考察したいと思います。

>❖小保方さんのフリーザーに129 GFP ESがあり、そしてそれがFES1と遺伝子背景がほぼ一致するES細胞なら、当時の若山研には恒常的に存在していたと判定すべきですね。若山研になかったこそ大田氏にarc入りのES細胞提供を依頼したのではなく、調べてねと置かれた129 GFP ESを意図的に誘導するために、或いは山梨の若山研に存在するFES1 or “誰も知らない” 129 GFP ES が表に出せないから大田氏に提供を依頼した構図にしたのですよ。可能性としてその論理の構築はあなたには無理ですかね。❖

実は、今日AUさんで、コピー貼り付け操作
の方法を教わったばかりでした。
さっそく実践させていただきました。

これまでは、引用するのに、筆記で書き起こしてからスマホに書き込んで引用してました。
ほんと、デジタル音痴で情けないです。
非公開コメント