専門家たちが、一般人に教えない事

桂報告書が発表になる前から、専門家、マスコミ人たちは、STAP細胞がESであると、一般人に向けて、専門的説明をしていました。
ネット界隈では、専門家と評価のある感想さん、Lさん、やっぱりさんたちが、STAP細胞を理解した専門家として、一般向けに情報を出していました。

そうした状況で、桂報告書、BCA論文が、STAP細胞がESであったとの科学的結論をしました。

しかし、STAP細胞がESであったとしても、疑惑は解決するわけではありません。
実は、重要点はそこではなかったのです。

本当に議論すべきだった事は、STAP細胞がESなのかより、ES細胞を故意に混ぜてSTAP細胞を作った研究者がいるのか?という問題でした。

既に日本では、ESを混ぜたのは小保方氏に限定されているとの議論がなされていたのです。
ですから、STAPがESと決まるなら、小保方捏造であるとのレールが敷かれていました。
ここが、本当にひどい点です。
一般人には、実験のリスクがどこで生じるのか?がわかりません。専門家の説明があって、初めて気付く事です。

残念ながら、ここについては、桂報告書は矛盾した書き方をしています。
その理由は、桂報告書作成者の中に、ESねつ造を信じる学者と、ESコンタミは実験上のミスであると考える学者がいたからです。
つまり、理研内には、考え方の違う学者たちが対立していたと思われます。

STAP細胞がESとの調査結果を出した学者たちは、調査結果の詳細と判断論拠をきちんと報告書に書きました。
一方で、その理論を支持しない学者がいました。

STAP細胞がESねつ造であると信じて疑わない学者が理研内にいたでしょう。
その人たちに配慮して、報告書は書かれています。
しかし、STAP細胞がESであるとの調査結果と、それを個人が悪意をもって行ったのか?は別物です。

桂報告書は、STAP細胞はESであるとの科学的調査結果を優先させ、証拠をもってSTAP細胞はESであるとしました。
しかし、重要なのは、ESねつ造はあったのか?についてでした。

悪意を持ったねつ造があったのか?そうではないのか?については、桂報告書は、矛盾した書き方をしています。
結局、どう読むのか?の判断は読者にゆだねられた感があります。

桂報告書は、実験ミスの可能性について書いていながら、一般人が読み解くことが困難であるように書かれています。
残念なことに、この部分について、一般人向けに解説する専門家が一人もいませんでした。
もちろん、ここを論評する研究者たちにとって、他人の研究上のミスについてコメントするには大変勇気のいる事でしょう。

一般人にも、ESねつ造の実行は不可能と考える人は多くいました。
ですから、このタイプの人は桂報告書の”STAPはES”論には、驚いたのです。
一般人と言えど、科学知識にアクセスできる人は多くいますから、個人がESねつ造するのは無理と考えます。
微妙な生物を使ったねつ造の難しさは誰でも予想します。
桂報告書の”STAPはES”論を認めた人でも、まともな人なら、”STAPはES”論と ”ESねつ造”論とは別物と考えるでしょう。


この部分をつめていくと、STAP細胞と呼ばれた段階はいつまでなのか?という疑問になります。
これに関しての、専門家からのアドバイスは、一切ありませんでした。
科学界で活躍している人たちは、言いたくても口に出せない部分であろうと思います。

”STAPはES”論を知らしめようとした学者層は多くいましたが、STAP細胞と呼ばれた細胞はどこまでか?について、専門的アドバイスを出した学者はいないと思います。


小保方氏の手を離れた後、それでもSTAP細胞と呼ばれて論文に用いられていた細胞はあるのか?
キメラ作製、幹細胞作製実験について、実験ノートに基づく科学的詳細は明らかにされていません。


桂報告書の30ページ著者は、”解析”なる言葉を使って、全ての疑惑を小保方氏に押し付けました。
このような立場の学者が、理研にいることが、第三者にわかります。恐らく、上級管理層の学者でしょう。
ですから、ここについてコメントすることを、本物の研究者たちは、避けているのです。

たとえば、ここを考えてみましょう。
若山氏が凝集塊をそのまま引きちぎって胚盤胞注入をしたらキメラが成功したというのは有名な話です。
この作業は、できたてほやほやの酸浴後7日のSTAP細胞がそのまま用いられたのでしょうか?
できたてほやほやの酸浴後7日のSTAP細胞凝集塊が注入されたかの詳細は明らかではありません。

興味深いことに、30ページ著者は、STAP凝集塊とは書いていないのです。塊状のSTAP細胞を注入したとあります。この細胞塊は酸浴後凝集塊とは別物のか?は、記載がありません。30ページ著者は、こうした大事な生物学的な区別に配慮した記載方法を踏んでいません。STAP細胞は、特殊な生物学的な状態に変化して集まってきているのです。
この凝集塊が引きちぎられて胚盤胞に注入されたたと考えていた人が圧倒的に多かったと思います。

小保方氏も、”できたてほやほやの酸浴後7日のSTAP細胞”が使われたかどうか?に触れていません。
つまり、小保方氏の目の前で注入を観察させてもらえたのか?は、誰にもわかりません。

「あの日」には、引きちぎって入れることにしたと若山氏から言われた後の10日目に、キメラができたとの連絡を受けたとしか書かれていません。
他の情報ソースでは、小保方氏はキメラ成功を喜んだというのがありました。
小保方氏も、若山氏もここに触れたくなのだろうがわかります。

しかし、そこが不明瞭になった結果、小保方氏への疑惑は高まりました。
”できたてほやほやの酸浴後7日のSTAP細胞”にすでにES細胞が汚染していた!? となるからです
多くの人がそう考えるように情報は出されているのです。
実際に、小保方氏が混ぜた!と考えた人たちは、専門家、非専門家を問わず多数いたのです。

印象操作による誤解が日本にまき散らされたのですが、ここをもう一度、良く考える必要があります。

つまり、STAP細胞は、二つのステップの状態 ①② を分けて考える必要があります。

①分化した細胞を酸浴することで得られたSTAP細胞を、すぐ、小保方氏らが処理して、細胞観察をした実験段階のSTAP細胞
ライブセルイメージング実験で証明されたSTAP細胞がこちらの範疇
②キメラ、幹細胞の元になったSTAP細胞
チップセックに使われたSTAP細胞がこちらの範疇

しかし、こうしたことに気づくのは、素人にとっては困難でした。

早くから、STAP細胞の真実を求めいたOoboeさんは以下のようにコメントしています。
さりげないコメントですが、大事な問題点をついています。青字

特別な専門知識が無くても、一般人が気づくことには真実があります。
特別な専門知識は、印象操作に使われたり、ごまかしたり、だましたりする時にも使われれます。


Ooboeさんです。
>小保方さんも、増殖しないstap細胞を多能性を維持したまま、増殖する、幹細胞化を何回かチャレンジしましたが、
小保方さんには、出来なかった。
しかし、若山先生なら出来た。
同じES細胞用の培養液なのに、この違いはなんでしょう。
この小保方さんの記述などは、貴重なヒントを示唆していたことに、今頃気が付きました。

小保方さんがES細胞を使用して、stap幹細胞です、と、不正に主張するなら、幹細胞化に失敗することは、ない訳で、一度も幹細胞化を樹立出来なかったこと自体、増殖しない特徴のstap細胞を作製していた、ことを示している訳であり、ES細胞によるstap捏造説は、この点でも、否定できますね。

やはり、若山先生は、小保方さんに秘術を伝授せぬまま、小保方さんのstap細胞でstap幹細胞の樹立に成功したいたことに
なりますね。

この幹細胞化の秘術を伝授しなかったことが伺えるエピソード記述要旨
「僕ばかり成功してごめん」
「特別な手技、世界は追いつてこれない」
「胚操作を教えたら、僕のところから居なくなっちゃうから、やだっ」

・・・
同じES用培養液でstap細胞を培養しょうとしても、小保方氏には出来ず若山氏に出来るちがいは、上記のような秘術があることを伺えさせる、ヒアリング内容と思いました。




若山先生は、キメラができたと信じていました。
だからこそ、STAP論文発表の記者会見の会場に参加したのです。


一人で最初から最後までの実験を完結させることのできる実験形態でなく、STAP細胞は、実験者の手を渡っていきます。
実験成果のサンプルは複数の人の手をわたり、次なる実験に用いています。
こうした実験形態では、個人のねつ造行為は不可能です。

どんな立場の人であっても、他人のやっている実験の途中で、実験者に内緒で、その実験に介入することはできません。
生き物であるES細胞を使って、介入者に都合の良い結果を導くことはできません。

まして、小保方氏がマウスの系統を知らないのですから、混ぜることなどできません。
桂報告書は、小保方氏がによるESねつ造はここで否定しているのです。


これは、誰でも考えつくことです。
しかし、こうした常識的な考えにはならない人たちはいました。

知識を持つ科学者層ですら、STAP細胞がおかしいと思いました。
分化した細胞を改変させる作業は、大変手間と時間がかかることを、研究者たちは知っていました。

専門家による誤解が渦巻いたのは、小保方氏が手渡した時点で、すでにESがコンタミしていた!とのストリー作りが既に巷に溢れていたからです。

日本中に、この考えが知らしめられた結果、小保方氏しか、ESを混ぜられる人はいないと、人々は考えました。

この認識がすでに日本中にあったがために、桂報告書の”STAPはES”論は、ESねつ造を確定したものと誤解されたのです。


桂報告書では、科学的調査の結果、STAP細胞はES細胞であったとしました。
そして、ES汚染のリスクは、本文に幹細胞時と書きました。
そころが、最後のまとめ30ページで、それを否定するような文章が加えられました。
本来なら、桂報告書は、ES汚染はいつの時点で起きたかについてきっちり書くべきでした。
その考察を、一般人でもわかるように提供すべきだったと思います。

桂報告書は、ほとんどのページを使って、STAP細胞はES細胞であるとの証拠固めの調査結果を記しました。
しかし、どこで混ESがざったのか?については、本文に明記しながら、それをきっちりと説明しませんでした。
誤解のとどめを刺すように、30ページ文章で、ESねつ造の印象操作作業を行っています。

30ページ文章の著者が桂報告書作製の記者会見にも参加し、その時、しかるべき記者が居合わせたら、あの会見はどう変わっていたのでしょうか?
30ページ文章の著者は、うっかり口をすべらせるかもしれません。

30ページ著者は、若山批判、笹井批判をしました。自身は、その上に立ち、理研を管理する立場であると、読者に知らしめています。

30ページ文章の著者がうっかり、「STAP幹細胞作製までが急に効率よくできるようになった」などと発言したら、記者会見の場はどうなっていたでしょうか?

記者は、すぐさま、以下のような質問すべきであったろうと考えます。

幹細胞作製までの苦労とはどのようなものか?その苦労が論文に反映されていないのはなぜか?

実験者たちは、STAP細胞をどの時点まで、STAPとのネーミングで読んでいたのか?

酸浴後7日のSTAP細胞の作製以後も、ESコンタミのリスクはあったのか?

桂報告書には、幹細胞作製時にESコンタミしたと読める文章部分があるが、それはどのような状態でのコンタミなのか?




早速、ため息さんが反論しました。
彼の言い分を読むと、ESねつ造論者ため息さんの自論のどこに、理論の破綻があるのか?がわかります。
桂報告書を理解できない人とは、どのような思考回路をとるのか?が良くわかりますよ。

ため息さんです。ため息さんは、印象操作とはどのようにすると有効なのか?をよく知っています。ため息さん自身に知識が無くとも、相手を論破していると装いたい時は、どのような言い方をすれば、素人たちを騙せるか?を知っています。

まさに、そうした時のために用意された言葉です。ため息さんは、長い人生のなかで、虚勢で乗り越える作業をしてきた方と思います。

ため息さんです。
>学とみ子はSTAP論文読んだのでしょうか?

ため息さんです。紫字

>学とみ子だけで、他にどなたもいません。

”実験ミスを、桂報告書が示した!” との学とみ子解釈について、ため息さん以外の学者層の誰からも反論がありません。
反論できるなら、学とみ子のバカ、妄想、デタラメというような言い方だけでしょう。
とにかく、桂報告書に、幹細胞作製時に混入したと書かれていますから、専門、非専門を問わず、誰も反論のしようがないと思います。

ため息さんですら、幹細胞作製時のミスという記載を認めているのですから、滑稽ですね。

ため息コメントです。
>幹細胞作成時に混入があったと書いてあるではないですか。この意味は、材料にすでに混入していたことも含むのは当然ですね。

小保方氏がES混入者とするなら、STAP細胞作製時でないとならないのです。その他の実験時にもES混入のリスクがあるなら、その実験者たちも、すべて犯人扱いになります。
そうした誤解がおきないように、小保方氏が若山氏にSTAP細胞を渡した時にはすでにESが混じっていたと、日本中の人々に信じさせようとがんばった人たちがいるのですよ。

桂報告書が、STAPがESを裁定したら、ESねつ造実行者は小保方氏であるとの路線がすでに敷かれているのです。


ため息さんはこんなことも言ってますよ。
細胞を知らない学者が、印象操作に励む姿です。

>GRASに持ち込んだ件も若山氏に手渡した後に混入したのではないことを示していますな。全部がそうであるかはわかりませんが、小保方氏の実験操作レベルで混入があったことを示しています。

GRASに持ち込んだサンプルは、小保方氏がどのように調整したのか?は明らかになっていません。
いづれも正当なるサンプルでなかったわけですから、調査に参加した学者は、小保方氏が実験に参加していなかったことが、すぐわかるのですよ、
それが専門家ということでしょう?

なんで、ため息さんも、そのように学者らしくまともな推論をしないのでしょうかね?


あちらの人は、小保方氏がGRASに持ち込んだサンプルについて、大きな誤解があります。
それらが実際の論文に使われていたとの誤解です。
実験終了後に、小保方氏に実験サンプルをGRASに持ち込ませたのは、理研の思惑がありました。
彼女が実験の全てを管理していたと印象操作をするための罠と言っても良いかもしれません。

すでに、若山研究室での実際の実験は終了しており、その内容を知らない小保方氏が、上司から教わったままのサンプルをGRASに持ち込んだものです。
このエピソードは、小保方氏の立場を窮地を追い込みました。
しかし、皮肉なことに、このエピソードで、細胞が入れ替わってしまった事実を関係者が知ったということです。
実験した人たちの誰も知らない部分で、このような細胞状態になっていたのです。
実験ミスが、誰も気づかない状態で起きていたと想定される出来事でした。

この時に持ち込んだサンプルについて、小保方氏が困った状態になったことは、調査に参加した学者ならわかることです。
すでに、ESが汚染した細胞しか、小保方氏は所有していませんでした。
小保方氏は、実験の詳細を知らない状態であることは、調査した学者にはわかりますので、小保方氏のねつ造とはしなかったのです。

桂報告書には、このようにありますね。青字

>第 1 回目のサンプルは、TS1 と FI-SC1 ともに 129xB6 へテロ系統マウス由来のものであり、TS 細胞は CAG-GFP が、FI 幹細胞は Acr-GFP/CAG-GFP が挿入された細胞から取得されていることも強く示唆された。

このFI 幹細胞は、すでにES細胞増殖状態になっています。
小保方氏は、コンタミしたES細胞の存在に気づかず、GRASに持ち込んでいるのです。
小保方氏がES入れ替わりを知らない状態にあることを、調査委員たちは目の当たりにしているのです。
自らねつ造した人であるなら、こんなねつ造サンプルを調査に持ち込みません。


>2013 年 1 月および 6 月にGRAS に提供し (TS細胞 1 種類(TS2)および FI 幹細胞 2 種類(FI-SC2、FI-SC3))、データの再シークエンスを実施した。再シークエンスを実施した FI 幹細胞 RNA-seq は、1 種類が Acr-GFP/CAG-GFP挿入を持つ 129xB6 へテロ系統由来であり(FI-SC2)、もう 1 種類が論文に採用されたOct4-GFP 挿入を持つ B6 ホモ系統由来データに 10%程度の別細胞(CD1 の可能性が高い)由来データが混じったもの(FI-SC3)となっている。

この2回目のFI細胞も、すでに、ES細胞になっています。
TS細胞は、何らかの理由で混入しています。小保方氏はその事実を知りません。

小保方氏がFI細胞の実験については、何も知らないということは、調査する学者たちにはわかることです。

小保方氏は、上司から説明されたままのサンプルをGRASに持参したのです。
小保方氏を犯人にしたいES派の人たちは、サンプル結果をもって小保方ねつ造の証拠にしようとしました。
しかし、逆に、実験ミスを推し進めたい学者たちの判断があり、ES派学者は、逆にぼろを出してしまったのです。


小保方氏や若山氏と直接、会話した学者たちは、何を知ることができるのか?ということを、ため息さんは考えてないですね。

想像力の不足です。
ため息さんは、自身が調査する人の立場になったつもりで、小保方氏や若山氏と会話すると、何を知ることができるか?について、しっかり考えないとだめですね。
あまりにも、現実ばなれしたため息さんの反論ですね。

ため息さんです。
>当初は苦労したわけですが、結果として苦労しなくても良かったわけで、だから論文には単純にACTHを含む培養液で培養したと書いてあるわけですね。

最初は苦労したけど、途中から苦労しなくなった。
同じようにやっていた実験の条件が変わったのです。
こうした状態になったら、実験者は警戒するでしょうね?
ACTHがどのように作用したのか?を考えます。
ESコンタミも疑うでしょうね?
どこかに実験ミスがあるのではないか?と、実験者は疑います。
それを、ため息さんは、わざわざ教えていますね。



こんな状態だから、学とみ子がどんなに説明してもため息さんは理解せず、学とみ子は何も言ってない!何も説明してない!と騒ぎ立てるのです。

印象操作が何よりお得意のため息さんです。

以上の記事内容は、一部追加、訂正されてます。

ため息さんは、以上の記事で、新たに考察された事実に気付きません。ため息さんの以下のコメントで、ため息さん自らの無能を、自らで暴露してます。

>しかし、その内容に新しいことはありません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント