先に、捏造説ありきの学者たち

ため息さんは、時々、学とみ子文章を土台にして、こう書くべきみたいな文章を示してくるのですが、これが間違ってますね。結局、STAP細胞がわからない、どこの実験では、どのタイプのSTAP細胞が用いられたか?が、ため息さんはわかりません。ため息さんは、実験の経緯を追えないのです。

ため息さんです。
>遺伝子発現パターンが、同じだ、違うの議論より、ES細胞由来だったのほうが優先するのですよ。

>笹井氏はES細胞由来であったという事実を知らなかったのですよ。薄々fakeであったのではないかと思いながら実施した言い訳記者会見だったのを理解したらどうでしょ。


ため息さんは、全ての実験をESで片付けたいのです。この実験は、ESに置き換わってる、こちらのSTAP細胞は、小保方氏が処理したままではないか?、このメリハリをつけることが大事です。ため息さんは、論文を隅から隅まで読んでないから、議論になりません。

ネーチャー査読者から指摘されたJAKi MEKiの実験では、笹井先生はその実験見てます。しかし、ESコンタミが騒がれた時、他の多くの専門家が最初に懸念するのは実験ミスです。でも、黙ってます。悪意ある捏造を最初から考える人はいません。

ため息さんです。
>主語述語の関係がでたらめだ、主語がない、タイトルが記事本文を反映していない…等々常日頃言われてきたからの反応なんでしょうか。日本語をちゃんと読んでくださいも、以前から言っていることですよ。

日本語の前に、細胞知識の欠如、STAP論文の網羅的理解が、ため息さんに足りません。これは、学とみ子が長い間、ため息さんからの見当外れの投げ掛けに接しての、学とみ子の率直な感想なんです。日本語構成の出来が悪いとかは関係無いのです。ため息さんとは、議論すべき重要点を共有できません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント