STAPの文春砲は出るか?

当ブログでは、研究者層の誤解がSTAP事件の背景にあったとのエビデンスを紹介しています。

TCRはあるべきとの有名学者の主張
引きちぎり手技(小保方氏作成細胞塊がすぐ処理され、他の人は触れていないとの印象付け操作)、
STAPと呼ぶ定義 (STAP細胞は実際には複数の研究者が扱っていたにもかかわらず、STAPと呼ぶ細胞には、小保方氏以外の研究者は関与してないと思わせた)、
作成ごとにできたSTAP細胞の初期化がばらつく不安定性 
微妙な調整を要する酸浴実験の不安定性などなど、
これらが、研究者層の間の誤解を引き起こしました。
一般人にも一般理解の範囲で、SRAP細胞怪しい、小保方氏が怪しいと思わせました。
STAP細胞は偽物ではないか?の問題点が、社会に広がりました。

疑問は、多く非専門の学者から発せられました。未知なる細胞を扱う事の難しさを知っている学者たちも、STAP細胞を論じる事の難しさを社会に伝えることなく、議論を中途半端に放りだし、切り上げてしました。学者たちは社会に疑惑だけ残しました。

マスコミは、ES非専門家からだけ、情報を得ました。
アンチSTAP学者からの情報のみ発信しました。その方が、マスコミの収益につながりました。
マスコミのアンチSTAPキャンペーンを支援する政治力がありました。
”理研上層部をいくらでもマスコミが攻撃してもよいぞ!””やれ!やれ!”との風潮がありました。
大手マスコミ、NHKを支援していたのは、政治家、官僚からみの大きな力でした。
神戸CDB研究所上層部を潰したい勢力が、政治の中枢でうごめいていました。

STAPはESではないか?についても、それなりの根拠が、早期から学者間に意識的に広められていたと思います。
外国にも発信されていました。ESねつ造画策者は、学会、政府、一般向けSNSに、STAPはES情報を拡散させていました。
マスコミも早くから知っていたでしょうが、これらの情報は表に出ていません。

ES関連細胞を語れるのは、極めて限定した学者である必要がありましたが、そうでない学者層がSTAP捏造論を信じてしまいました。
この学者層の人たちが個人のねつ造であると信じるように、巧みにSTAP捏造論が考えぬかれています。
ESを混ぜられる立場にある人は、小保方氏一人であったとのキャンペーン活動です。
上記に列記したように、TCRが無いから偽物!、引きちぎり手技、 STAPと呼ぶ定義、STAP細胞作成ごとにばらつく細胞の質が、STAPの真正性の危うい点でした。
小保方氏の作製したSTAP細胞の時点で、すでにねつ造がされていたとのストリーが用意されていました。
そして、iPS, ES関連の専門研究者たちは、分化細胞核変化からSTAP細胞は生じないと考えました。

生物学系の学者と言えど、TCRの評価ができませんでした。
ため息レベルを考えると、どの位の程度の学者ではTCRは無理かが想像できるでしょう。

一般社会から専門家と思われている学者に、STAPを論じれる力が無かったのです。
というより、STAP細胞を論じるには、幅広い専門知識を必要としましたが、未知の部分も多くあり、オールラウンドに論じられる学者がいませんでした。
それでも、専門家同士であれば、お互いに未知の部分、既知の部分をわかりあって議論できますが、そこにマスコミ、非専門学者が乱入してしまいましたので、もう、ぐちゃぐちゃな議論になってしまったわけです。

学者間に議論が多い問題でしたから、研究所を管理する政府関係者の間でも、何が正当か?がわかりませんでした。
そうした管理者の判断に、わかったふりの学者たちは大いに影響を与えたでしょう。

桂報告書委員会が、ESコンタミを裁定し、かつ、幹細胞作製時の可能性が高いとした調査結果が出たものの、一般社会にわかりにくい表現が使われました。
わかりにい報告書文章となった顛末には、理由があったでしょう。
政府関係者が個人の犯行と信じ、そこにこだわってしまい、理研に影響を与えていたと思います。
将来、そうした政府内の力関係の事実が明らかになる機会は、文春砲であろうと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント