閉経後女性の骨粗鬆症の予防はできるのか?


閉経後の骨粗鬆症の予防に、女性ホルモン療法による治療効果がありますが、高齢の女性では、がんや血液凝固のリスクが高くなり、女性ホルモン療法は、勧められないとされています。女性ホルモン療法は、閉経後、間もなくの5年以内にとどめた方がよいというのが、世界的コンセンサスです。
 
そのため、本当に骨が弱くなる(骨塩量の低下)年齢になった高齢者では、この治療を続けることができません。治療効果は、女性ホルモン療法を施行中に出るもので、中止後は、その効果が何年もつづくわけではありません。
 
骨に女性ホルモンは大事ですが、骨の維持には多因子が関与し、老化因子が増えれば、骨塩量の減少は進みます。DHEASは、女性にある男性ホルモン物質で、副腎皮質でつくられます。閉経後に、この物質が高い、あるいは高めておくと、骨塩量の減少が減弱できることを示した論文を紹介します。しかし、DHEASの骨に対する効果は、年齢と共に減って行ってしまいます。
 
もうひとつの論文も、15年間にわたり、閉経後の女性の骨塩量を追跡したものです。調査対象となった女性は、いろいろ、骨を維持する手段をしていますが、全体として、加齢による骨の強度低下は、免れないようです。骨塩量は、体重が重要因子で、体重が多い人は有利です。
 
Calcif Tissue Int. 2011 Jul 26. [
閉経後の女性で大腿骨頸部(FN)と、腰椎(LS)における、15年間にわたる骨塩量の減少の経過を追いました。そして、追跡開始時(ベースライン)で測定した血清デヒドロエピアンドロステロン硫酸塩(DHEAS)濃度と、骨塩量の関係を調べました。  15年にわたり追跡的に、8回の大腿骨頸部と腰椎の骨塩量を、DXSA法(二重エネルギーX線吸光光度法)を用いて測りました。
 
追跡開始時時、45-68歳(平均54.7歳)であった閉経後の女性(n = 1,003)を対象としました。 ベースライン年齢、エストラジオール、女性ホルモン補充療法の有無、BMIで調整しました。大腿骨頸部の骨塩量は、1年につき、平均0.49%(95%のCI 0.31-0.71%)減少しました;。血清DHEASのマイクロモル/Lごとの増加は、大腿骨頸部の骨塩量の損失が0.49%少なくなりました。 しかし、年齢とともに、DHEASと骨塩量の関係が弱くなりました。腰椎では、大腿骨頸部より、DHEAS濃度との関係は弱くなっていました。
 
つまり、追跡開始時に血清DHEASが高いと、大腿骨頸部と、その後の腰椎の骨損失を減らすことができますが、この相互関係は年齢によって縮小してしまいます。骨を丈夫にしておきたい女性は、DHEASを高めておくことが必要でしょう。
 
Osteoporos Int. 2008 ;19(8):1211-7.
閉経後の女性において、大腿骨頸部と腰椎の骨塩密度の変化を、15年にわたり、身長、体重、女性ホルモン補充療法の有無、カルシウム/ビタミンD補助剤の有無などの因子と共に評価しました。追跡開始時(ベースライン)において、平均年齢 54.7歳の955人の閉経後の女性を対象としました。
 
年齢と共に、腰椎と大腿骨頸部の骨塩量は減少していきました。大腿骨頸部は、1年につき1.67%の線形の減少カーブを示し、腰椎は、1年につき3.12%に、方形に減少しました。女性ホルモン補充療法を施行している間は、大腿骨頸部と腰椎の骨塩量の減少は、3分の1ほど減らすことができました。体重が増えると、骨塩量の低下を減らせました(体重1kg当たり大腿骨頸部は0.16%、腰椎は0.09%)。骨塩量の低下速度は、追跡開始時の体重とも関係しました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック