ため息さんは、129/GFP ESと、FES1の違いがわからないのだから、もう話になりません。

ため息さんは、真面目な記述を無視して、学とみ子は何も答えないと、ブログ読者に思わせる汚ない手の使い手です。

>これまで同様の「どこに書いてある?」という質問に学とみ子は答えたことがありません。ですから学とみ子は嘘つきだと言うのです。


これだけボロボロに低い理解力を指摘されてもめげないため息さんです。

さらに、良く知らない人をだましたいがために、肝心となる桂報告書の説明をなんとかねじまげようとするため息さんの努力が、以下のため息コメントに良く出ています。

結局、ため息さんは、学とみ子の説明を否定することができず、素人だましに専念しているようです。

信じられないことに、これだけ説明しても理解できないようです。

ため息さんのごまかしの手法は、原文をそのまま示すとのやり方です。これなら、相手からの攻撃を避けられます。


>「STAP幹細胞FLS3、FI幹細胞CTS1、および129/GFP ESは同一の細胞由来であり、ES細胞FES1と同一、あるいはそれから派生した株の可能性が高い、と結論づけた」理由を理解してましたけどね。

ため息さんは、桂報告書そのまま書くので、学とみ子はため息さんが理解したと思ってしまいます。しかし、引用文に続くため息文章を読むと、やっぱり、ため息さんは理解できてないことが学とみ子に分かるのです。

ええっ、ため息さんは、ここが分かっているのに、どうしてこちらのここを理解しないの?と、学とみ子は思います。ため息さんは、自ら、引用している内容を十分に理解していないから、続く言葉がチグハグになってしまうのだろな。

ため息さんは、自身が理解できてない事でも、他人からそこを追求されないためのトレーニングを積んで来たのでしょう。ため息さんは、病気を見たことがなくても、病気を語らなければいけない立場を続けているからでしょう。


あちらの方で命題を理解した人は、なぜ、無言なのでしょうか?

軒下管理人さん、命題”FES1から129/GFP ESになるには時間がかかる。” との学とみ子の説明はご理解いただけたでしょうか?
1単位細胞でおきる塩基変異が、培養細胞全体に広がり、かつ、その塩基変異が極めて少数DNA箇所に限定する時、結果としてその確率が極めて低いことを理解したでしょうか?
軒下管理人さんは、そうしたことを考える研究領域の方ではないのでしょうか?

plusさんも、この問題に触れようとしないのはなぜでしょうかね?
いつものplusさんなら、あれこれと思いつくままを披露して、やがて理解に至るという経緯のことがありましたが・・・。


桂報告書から読み取れる内容を、学とみ子は説明していますが、そこを焦点とした議論がため息さんにはできません。
とにかく、学とみ子の説明をため息さんは理解ができないようです。
これはもう、学者として致命的です。
そして、ため息さんは自らのそうした無能をごまかすために、学とみ子の方がおかしな人間であるかのように叫び続けるのです。

ため息さんのこれもそうしたひとつです。

>学とみ子は確率の意味がわかってないから、こんなこと言うのは止めた方がいいですよ。

>当方は、学とみ子が今頃になって話題にする前の、桂調査委員会報告書が公開されたときから該当部分、「STAP幹細胞FLS3、FI幹細胞CTS1、および129/GFP ESは同一の細胞由来であり、ES細胞FES1と同一、あるいはそれから派生した株の可能性が高い、と結論づけた」理由を理解してましたけどね。

そして、学とみ子のそして、STAP実験に混じったのは、FES1でなく、 129/GFP ESであることを(理研調査チームあるいは桂調査委員会が)示しました。という主張の129/GFP ESであったという証拠はないし、桂調査委員会報告書に書いてないのもわかっています。勿論、学とみ子が言う「混入したのがFES1であるとどこかの研究者が言った」ということも学とみ子の妄想だと理解しております。



FES1が、day7までの間で混じったというのは、一般人をそう思わせるように桂報告書に書いてあるのに、ため息さんはなぜ否定しようとするのでしょうか?インキュベーターには、誰でも近づけると書かれているではありませんか?
桂報告書が、そのように書いてあるのだから、研究者が言っているのは明らかでしょうに・・・。

しかし、なんと言おうと、ため息さんは、129/GFP ESと、FES1の違いがわからないのだから、もう話になりません。


学者なる人のデタラメは、本当に困ります。
でも、STAPは専門性が高いので、非専門学者は、世間が期待するような理解力を持っていないのが事実です。
専門家なる人の言葉をそのまま信じていはいけませんね。
専門家の言うことがおかしいと感じたら、周りの人は、自らの知識を磨いて、判断力を高めるしかありません。

実は、これは体内時計さんの言葉 「元医者のデタラメは、本当に困ります。」と共通なんですよね。

体内時計さんは、学とみ子は間違ったことを言っていると信じ切っているので、正当っぽくされている学とみ子説明が体内時計さんは許せないようです。

体内時計さんの気持ちは、「デタラメを、そんな風に本物っぽく書くな!」という印象なのでしょうね。
彼女の正義感に反するのですが、科学を良く学べば、この正義感が修正されんことを学とみ子は期待するしかないですね。

学とみ子の説明をしっかり否定できる説がどこにもないことに気づくべきですね。

体内時計さんの感情は正当であると、ため息さんはけしかけているのです。
こんな情けないことを、ため息さんはしているのです。


それだけ、知識人というのは他人に影響を与える力があるのです。
ですから、画策を目論む知識人たちが協力して社会を偏向させて行くリスクというのはあるんだなあ~と思います。

佐藤優さんが、「あの日」を評したときにも、「いかにも本物っぽく書いてある」と言いましたが、彼も、小保方犯行を信じていたのでしょう。


体内時計さんです。

>仮にも医師だった人は研究者がデータを出さないということがどういうことなのかわかっているのだなと理解しましたが。

体内時計さん、小保方氏がノートを出さないと騒がれたのは、day7以後のイベントなんですよ。なぜ、出さないのか?は、第三者には分かりません。実験ノートがなくても、桂報告書のみで、小保方氏がESを混ぜることは不可能だと第三者に分かります。

実験ノートが、あれば何が分かるのか?を、推論を含めて列記するとどうなるか?を、体内時計さんは考えたことがあるでしょうか?
day7までに混ぜた事実が分かるのか?あるいは、その後のES捏造が分かるのか?

小保方氏が実験ノート及び関連資料を出すと事態は変わると思いますが、小保方氏はそれを望まないと思いますね。

小保方氏は、世間にES捏造と信じる人がいても、信じない人もいるなら、それで良いと結論したと思いますね。

所詮、STAP関係者は、それぞれに良かれとの判断で行動してるのだから、第三者には全貌は分かりません。
「これさえあれば分かったのに!残念だ!」なんてことは、STAP事件には無い!のです。

頭の良い人が、それぞれに良かれの判断で行動しているのです。

学とみ子は体内時計さんと議論する気は無いので、一方的に書いてます。体内時計自身で考えてくれると嬉しいですね。


day7以後は、論文にもしっかりとした記載が無く、いろいろに解釈できるような論文の書かれ方になっていますが、day7までの実験内容は論文にしっかり書かれています。

桂報告書は、day7以後実験の論文記載が十分に無いにも関わらず、実験終了後にも関わらず、小保方氏の持ち込み細胞を厳しく追求してます。

また、理研は、day7以後は明らかにしなかったのだから、小保方氏の実験ノートも必要なかったんです。

小保方氏がデタラメな人だと強調するために、画策学者は、実験ノート問題を大々的に取り上げたんですよ。その印象操作に、素人がコロッと乗ったんです。







一研究者のブログに、2119番. 学とめ子なる失礼なHNがある。
このHNを止めよ。
このHNの人は、専門家ではない。
最初に共通していた塩基変異が長期培養の果てに変化していったことを、理研調査チームが示した。
しかし、このHN2119番の人は、それを理解していない。
分裂のたびに起きる塩基の変異と、特定部位の塩基変異の区別ができていない。


おそらく、このレベルの学者が、命題”FES1から129/GFP ESになるには時間がかかる。”に反対したのだろう。
そして、愚かしいESねつ造説を強引に強弁して、理研を管理する非専門家たちをミスリードしたのだ。

FES1とFES2の遺伝子構造を見れば、同じ近交系コロニーからマウスをとりだしたのではないことは明らかだ。
近交系マウスコロニーが複数で存在したか、あるいは飼育している研究所が異なっていたか?が問われる。
理研の調査チームは、若山研究室で飼育されていたマウスには近交系とするには問題があったことを示したかったのである。

しかし、このようにマウスコンタミしていることが逆に幸いして、調査チームは、命題”FES1から129/GFP ESになるには時間がかかる。” を示すことができたのである。

以下のようにすごんでも、2119番は、自らが専門知識がある人であることを、読者に知らしめることができない。
もし知らしめたいなら、HNを変えて、しっかり記載すること。

STAP事件は、研究者なる人たちが、自らの知識をひけらかし、一般人をバカにする職種の人であることを世間に知らしめた。
この研究層の住人たちは、自らの専門領域を離れると何もしらない。
この研究層は、無知なる自身を隠し続け、それでも「私はすごい!」と思うことができるスモールワールドの住人である。
もちろん、そうした志向の人は、研究層の落ちこぼれであることは言うまでもない。


2021年06月02日 10:56
> 間抜けどもの誤解、勘違い、低能の理解について

ES細胞の突然点変異:放医研の元論文を読んでいないのだろう。
1か月に37個というのを詳しく紐解けば、マウスES細胞では1度の細胞分裂で数個の突然点変異が生じているということが分かるんだけどね。
凍結・解凍なんてプロセスは全く不要だし間抜けの妄想。長い年月なんて全く必要はない。1か月程度増殖培養を行えば十分。

FES1とFES2の違い:そもそも両者のSNPは全ゲノム領域で見れば非常に一致してる。(ざくっと言って99%は一致) FES1とFES2で異なっているSNPsについて調べた近似率表で、FES1とFES2は全然違うとか言ってる間抜けは頭がおかしいとしか言えない。


2119番
>凍結・解凍なんてプロセスは全く不要だし間抜けの妄想。

凍結融解の間には培養がある。そうしたことを理解できない2119番は思慮の浅い落ちこぼれだ。
こんな低レベルの人たちが、CDBの上層部や、正当なる理研研究者を攻撃していたのだろう。


この一研究者ブログを閉鎖してもらえないのだろうか?
こんなめちゃくちゃになっているブログに、一研究者さんは気づいてほしい。




学とめ子は、何が分かってないのが、自身では気付けないレベルなのだわ。 FLSとCTSでは、4ヶ月のギャップがあるのに塩基変異してないとすでに議論が出てるのに、とめ子は、関連性が分からない。こんな人に、一字違いのHNを勝手に使われて悔しい。

科学的知識と言うのは名人芸ではない。その人しか知らない知識なんてものはない。科学には、共通なる知識に基づいた意見の交換がある。

単なる片言の言葉で、自身を出来るとパフォーマンスしてもダメで、相手に「出来る奴」を分からせることが必要です。これが出来ない人は、ただそれだけの人。
短いコメントでは、自身を分からせることは出来ない。学とめ子は、きちんとした会話は出来ない人だろう。



とめ子よ、
そうしたことは、みんな知ってるぜ。

>初期に発生した細胞の突然点変異は、基本的にその細胞が分裂して出来ていく以降の細胞すべてに引き継がれる。

>細胞を増殖させる場合、細胞がシャーレでコンフルエントになったらその一部を採取して、新しいシャーレに入れて増殖させ、さらにそれがまたコンフルエントになったらその一部を採取して、次の辞職培養を始める。というように一部採取して植え次ぐ、ということが重要なポイントなんだよ。

とめ子よ、
上記文章の言い間違えをわざわざ直さなくても、意味は通じるぜ。君のレベルは、もう分かったから。


お願い、ペルドンさん

2130. 気まぐれぺルドン
2021年06月02日 16:54
>学とめ子・・
月経かね・???・・・

いろいろにおちょくりHNが入り乱れてるから、ペルドンさんから、コメント欄閉鎖をブログ主さんにお願いしてもらえませんか?
もし、お気がむきましたら、よろしくお願いいたします。







1939. 一言居士
2021年05月26日 15:51
だから作られてからの年数が古いほど変異が入っているかのように書いている桂調査の欺瞞にも気づけないんだよな。ひひひ。


なぜ、プロの見解を大事にしないのですかね?
最初は同一細胞から派生したFLS CTS 129/GFP ESだから、SNPは一致していたものが、乖離したのだから、マウスのゲージ飛込事件などは関係がないです。
親マウスがそれぞれに幾重にもコンタミしていたとしても、それも関係なしです。

最初は同一塩基であった箇所が、その後の培養の過程で塩基変異が生じてきたことが、今議論になっている問題です。
つまり、マウスジャンプは関係ないということが、一言居士さんにはわからないなら、ぜひ、ここを押さえて欲しい。


一言居士さんです。なんでこんなに恐ろしいことを言うのでしょうかね?

2017. 一言居士
2021年05月31日 17:11

>馬鹿に餌をやってなんぼかでも賢くしたら、次はあなたの番なので、30億対ではないよね。なん百万個の中の24649個の違いがなぜ生まれたかだ。
・・・・
若山さんがFES1の中身を洗い出してFLS3を入れたのだと私は言ってるんですよ。和モガさんもOoboeさんのパートナー氏もDORAさんも皆そう言ってる。あなたこそ早く間違いを正してください。さもないとあなたはやっぱりため息さんだったんだねと皆に確信を持たれちゃうよ。


理研の調査チームは、評価可能な箇所をピックアップしただけです。
細胞独自の塩基変化であるとみなされる評価可能な箇所を、理研の調査チームは選んだのです。

個人ではインチキする人がいたとしても、プロが集団がインチキをすることはありえないです。
だから、桂報告書の調査結果については、評価が一様ではないものの、間違いやインチキはないです。
桂報告書に納得をしない人は、納得しない人の方が、知識不足なのだと思います。
ですから、すべては桂報告書を正しく理解することから、STAP事件の解決があると思います。

ここは一言居士さんと、学とみ子は違うのだから、しかたないでしょう。

一言居士さんから見ると、学とみ子の考えには納得できないのだろうけど、学とみ子から見れば、研究者によるサンプルの入れ替えは考えられないです。
核移植は明らかなねつ造行為ですので、受け入れは難しいです。
そんな特殊なことを考えなくても、STAP事件は推論可能です。


一言居士さんの意見に同意しない人間は、すべて否定の対象になるのでしょうか?
お互いの推論は違っても、同じSTAP擁護の考えで協力しあいたいと思いましたが、今の状態の一言居士さんでは難しいと、学とみ子は思いました。




体内時計さんです。

>学とみ子さんは「由緒」という意味もわかっていないようですね。

由緒の意味は一般的に使われる意味でないです。そんなことも分からず、単純思考なんですね。STAP疑惑での特殊な条件があるんです。あちこちに行ってないの意味です。ES捏造説を信じてる人って単純なんですね。いちいち説明を要する。これじゃ、SNPは、理解できてなくても仕方ない。
学とめ子も何らの専門家でないことがすぐ分かるけど、体内時計さんはそれすらわからない。




体内時計さんは、なぜ、自身のバックグラウンドをふまえて、自己評価できないのだろうか?

これだけピラニアに囲まれていても、学とみ子が考え方を変えないのはなぜか?を想像してみてほしい。
学とみ子の推論に向き合えた人は一人もいない。学者たちはコメントしない。学とめ子レベルしか出てこない。

本当の学者ならデタラメは言えない。ため息さんは、この領域の学者ではないし、信じられない位に、想像力、理解力に乏しい。


FES1を混ぜたとしたい学者たちに騙されてはいけないと思う。彼らはSNPを理解できてないんですね。理解して画策してる人もいるでしょうけど、ため息さんが理解できないのにはあきれます。体内時計さんには無理だろな。


>調査委員の中にが FES1と129/GFP ESとの違いがわかっていない人がいるとか、信じられないことを言うのは本当にやめた方がいいと思います。馬鹿にされるだけですから。


わかってないひとが何を言おうが意味ないですね。ため息さんを見ていても、学者の無理解がわかります。

他人をバカにするには、その人に資質が必要です。
スポンサーサイト



コメント

情報をありがとうございます。

学とみ子
Ooboeさんたちが、努力していろいろな情報を集めたのはご苦労様でした。
成果はあったと思います。

>【FES1】の信憑性は、私達の客観的資料により限りなくあやふやなサンプルであったという
ことを理解すべきです。

今回、学とみ子が示しているのは、FES1が混じったのではないとの理研の調査結果をです。
混入ESは、FES1由来株すなわち129/GFP ESです。
これは、ボックスにあったサンプルですので、FES1に比べれば由緒は正しいかなと思います。
SNP解析の結果、それが混じったと証明されました。

しかし、桂報告書説明の一部では、FES1が混じったと印象操作をしているものの、一方では、129/GFP ESが混入ESであると証明しています。

さらに、129/GFP ESは、小保方氏がFES1を入手して数回凍結融解しただけでは変化しない状態の細胞でした。
すなわち、理研の調査チームは、小保方氏のESねつ造関与を否定しているのです。


Ooboeさんたちは、本当に真摯にこのSTAP問題に取り組んできたのですから、ここをぜひ理解してほしいと思います。

Ooboe
コメント転載が前後しましたが
こちらが先の順番コメントです。

★様々な細部の議論に参加するのは控えます。
それより、もっと分かりやすいシンプルな
基本所見の再確認が大切かと思います。

これまで私達は、学とみ子説には同意出来ないが、その学とみ子さん独特の
人生観善意スタンスは
その人生観選択の個人の自由の領域ですので
そのことは、尊重されるものです。

しかしSTAP問題究明解析において、
その善意人生観ベースによる考察は、自ら
個人的主観で視野限定されてしまい。
時系列実相資料を客観的に踏まえないスタンスになっているのを、指摘しなければならないと
思う流れになって来てます。

桂報告書結論の柱である調査サンプルとしての
【FES1】の信憑性は、私達の客観的資料により限りなくあやふやなサンプルであったという
ことを理解すべきです。

例え サンプル入替え工作可能性を考慮に入れない善意人生観であっても、
【FES1】サンプル解析を根拠にした考察は
ほぼ土台から、成り立たないものです。

すなわち、外部から取り寄せた調査サンプルの
公として出所証明性、追跡可能記録性が提示
出来ない、出所不明調査サンプルによる桂報告
だったのですから。

更に、客観的に出所証明出来るものが存在しないばかりか、その出所報告においても
複数の矛盾、齟齬報告が存在しています。

以上前後しましたが一研究者ブログでの
コメントを転載させて頂きました。
宜しくご検討のほどをお願い申し上げます。

Ooboe
学とみ子さん

一研究者ブログでコメントしましたが
流で、内容が学とみ子さん宛になってしまいましたので、こちらに転載します。
ごめんなさい🙏

《失礼コメント転載が前後しました》
★その複数の齟齬とは

理研が取り寄せた、調査サンプルは
現京大、太田氏が理研若山研に在籍していたころ
作製されたES細胞サンプル
【FES1】【FES2】【ntESG1】【ntESG2】

《1》この4サンプルは京大太田氏から取寄た
《2》【FES1】【ntESG1】は山梨若山氏から
   【FES2】【ntESG2】は別のところから
《3》現京大太田氏が山梨若山氏の提供依頼を受け
   この4サンプルを提供し、若山氏は
   理研、東大、東北大に転送した。

以上、出所報告に複数の矛盾齟齬報告が
客観的に存在している事実資料があります。

学さん善意人生観考察のスタンスであっても
桂報告書の調査サンプルのあやふや不明性は
以上ご理解頂けるものと存じます。

このような出所証明不明性サンプルによる
解析結果は、最新分析機器による解析であっても
その土台は、けっして、堅牢なものではなかった
限界性をしっかりご理解され、視点視野転換を願うものです

学さん宛になったので学さんブログでコメント
すべきでしたが、流れでこちらでさせていただきました。ごめんなさい🙏

すみません、このコメントの前がございます
続きます。
非公開コメント