希望を持ち続けて、アンチESねつ造論をお待ちしています。

以下の図は、STAP細胞はあったとする説明の和モガ図である。
和モガさんは、幹細胞を①培養して129/GFP Eが作られ、②培養を繰り返してFLS3が作られ、それをFES1とすり替えたのではないかの推論を示した図である。
つまり、和モガさんは、FLS3から129/GFP ESには容易に移行するが、FES1には培養を繰り返すことが必要であると説明している。
STAP幹細胞は作られていたとする説明のための図である。

FES1と129GFP ES

和モガさんは、STAP細胞はあったとする人である。
和モガさんは、そのメッセージを強く訴えた人である。
神戸の水上警察にも行って、係員への解説もしている。
日本の警察は、本当は何があったのかについては、お見通しだろう。

学とみ子も当初は、STAP多能性を信じていたが、そんな状態の学とみ子に、学者層から「学とみ子さん、STAPはESですよ」を叩き込まれた。そして、ES説転向後の学とみ子に対する学術者からの積極的フォロウはない。
以前は、アンチESねつ造論を書き込んでくれた人もいたが、今はあまり訪れてくれない。
でも、学とみ子は、希望を持ってアンチESねつ造論をお待ちしています。

しかし、和モガさん、セイヤさん、気まぐれペルドンさん(ルさん)は、やはりすごい人たちであると思う。


ため息さんも、本来は、権謀術策に優れた闘士であったと思うのだが、夜のアルコールがマイナスなのではないだろうか?
今のため息さんは戦略に窮している。

以下の ため息さんの図は何を訴えたいのか?がわからない。

ため息ABC細胞図


この図をみた体内時計さんが、なぜ、ため息さんの説明は適切で、理解が容易になったなどと言ってしまうのかが、本当に不思議だ。
体内時計さんの思考過程の道のりは、学とみ子には想像できない。
体内時計さんは、信頼できる人であるとの自らの判断をまず、最優先させる。
その判断を第一に取り入れ、以後の体内時計さんは、”その信頼を置いた人なら、必ず正しい事を言うはずである。”と確信し続けるようだ。
自らで考え、悩み、独学し、自力の判断を積み上げていくような思考回路を取らないようだ。

そうでなければ、この何の意味もないABC図に共感することなどはない。

STAP事件について、マスコミが言ったこと、在米ポスドクさんが言ったこと、ため息さんの言葉が、体内時計さんにとっての全てであるようだ。

さて、上記のため息図は、何を解説したいのであろうか?

ため息さんは、2021年6月27日 1:45 PM に反論している。

>この図のどこが桂調査委員会報告書の記述と矛盾しているのでしょうか?その矛盾や齟齬を指摘できないものだから「その存在を考えるのはナンセンスだ」と、単に当方が描いたものだから、お前のカーチャン出べそというわけですね。
・・・
>そんなことは学とみ子が言わなくても桂調査委員会報告書に書いてある。バカか?


ため息図は、桂調査委員会報告書の記述と矛盾しているとかではなく、図からのメッセージが何もないのである。
和モガさんは、図で自らの考えを説明しているのに対し、ため息図というのは、何も説明していない。
あってもなくても、なんの説明にもならないという意味で、ナンセンスなのだ。

FES1と、STAP幹細胞は、一連の細胞変化の過程においての塩基状態を反映している。
FES1とFLS3が99.33%、FES1と129/GFP ES99.28%、FES1とCTS1が99.16%、は、それぞれが順に凍結された状態の数値であったとも考えられる。
この一連の数値について、前記事でも説明したが、小保方冷凍庫に置かれた129/GFP ESがどこの状態の塩基だったのかを示すだけのものであり、それしかない。

なぜ、こんな意味もないABC図を、ため息さんはアップするのか?
議論が追えていない人たちにとっては、意味が無いということがわからないであろう。
「ため息さんは、図までしっかり書いて、わからない人に向けて説明をしているのだから、すごい人だ。」
と錯覚する人を集めようと、ため息さんは意図しているのである。

ESねつ造派学者というのは、一般人にESねつ造説を信じ込ませるのが活動の主軸である。
小保方氏は研究者として失格、過去においてもとんでもないことをしてきた人であると、ESねつ造派学者は世間を信じ込ませてきた。
それを本当であると思い込む人たちは、小保方氏をけなせることに最大の喜びを感じる。
「私の主張は社会の役にたっている。科学の正当性を追及するに、私は値する人である。」



一方、一言居士の主張というのも、とても強いものだ。

3475. 在原業平
2021年06月27日 07:22
> 本人の否定には法廷での証拠能力はありません。でも、本人は真実を知ってます。
若山さんは小保方さんにESを渡されたと言っていて、小保方さんは渡してないと言ってるんです。第三者があり得ない条件下では、どらも相手が嘘をついていることを知っているんです。或は自分が嘘をついていることを知っている。二人の間では事実は確定している。
学HN=ため息であるか否かは本人には知れ切ったことです。我々はそうでないと言う証明を彼らもしくは彼に求めているだけです。我々は我々の質問に答えることによって読者の目にそれが明らかになる。そういう質問をしていますよね。答えない、もしくは質問を逸らそうとするのは本人の自由ですが、我々や読者たちがそれをどう解釈するかも又自由なんです。


そもそも、若山氏も、小保方氏も、以下のようなことを言っていないと思う。
>若山さんは小保方さんにESを渡されたと言っていて、小保方さんは渡してないと言ってるんです。

若山氏は、ESねつ造派がこんなに熱心に活躍している様を、どう評価しているのかについてもコメントしていない。
恐らく、こうして活動している人たちについては、若山氏は心を痛めていると思いますね。
Ooboeさんのいうように、若山氏は新細胞を信じ込んでいたと思いますね。
ただ、どこでどうESに気づいたかについては全く情報がないです。
論文発表の場では、若山氏は気づいていなかったと思います。


3423. 気まぐれぺルドンさん、
以下の 2021年06月25日 10:09コメントを見ると、パンティ連呼は、気まぐれぺルドンさんのカモフラージュなんですかね。
相手を安心させて、実は討ち入りを計画していたりするのでしょうか?
それなら、相手の裏をかくという男性思考です。
以下の記載も、なかなかです。

>「一研究者ブログの方もいよいよ話が煮詰まってきました。アラシも増えてきて真実が暴露されると不都合な連中がうごめき始めましたね。

①犯人の若山さん関係者
②文科省天下り利権関係者
③理研内で笹井さん追い落としを画策した研究者たち(松崎と東北大学閥関係者)
④情報を貰うために②と結託してES捏造シナリオを描いて小保方さん不法にを貶めた新聞、週刊誌とNHK

具体的な名もすぐに思い浮かびますね。悪事を封印するためにネット偵察をしているわけです。したらばのアラシと同じ連中です。①は石川があからさまな捏造ディスリを行いましたね。②は本来は関与してないんですけどね。天下りというのは別にこの事件に限らないんですが、理研の特殊法人昇格の話と絡んでしまって巻き込まれましたね。でも情報統制圧力としては最も力を持っています。


>②は本来は関与してないんですけどね。天下りというのは別にこの事件に限らないんですが、

とにかく、一流研究者の上に君臨して、指導力を行使したいと考える役人はいると思います。
こうした立場の人が、小保方ねつ造を本気にしてしまったのではないでしょうか?
役人は、FES1と、129/GFP ESの違いが良くわかっていないと思います。





夜になったら、体内時計さんは、何を書くつもりなのだろうかと思ったが、結局、何も書いていない。

体内時計さんの文章は、同じことを繰り返しているだけである。
そんなに数時間で人は進歩することができないが、体内時計さんの主張は相変わらず同じだ。

体内時計さんの得意セリフが又、登場しただけ。
>学とみ子さんには理解できなかったのでしょうね。


>どうでしょうか?①と②は同じ主張ですか?

本人が同じ意味だと説明している言葉に、体内時計さんは応じることができない。
学とみ子は、疑問型で文章を書いた理由を、すでに説明済である。

ES細胞の培養変化のスピードが、学とみ子にはわからないと書いた。
Aさんが疑問を投げた事に関連する。
それまでの議論との関連性も、体内時計さんにはわからないのだ。

学とみ子が自論に自信を失ったから、疑問形で書いたのだろうと、体内時計さんには考えてしまう。

「体内時計さんは正しい。学とみ子は自論を後退させた。」と、そちらのブログの人が言ってくれるのを、体内時計さんは待つのだろう。


学とみ子はため息さんのABC図が理解できないのではなく、意味のない無駄な図であると言っているのだ。
理解する、理解しないの範疇に入らない、意味のない図であると言っているだ。

>sighさんの図があまりに正鵠を射ていたこと、また学とみ子さんが強く指摘された、FES1と129/GFP ESに30%の差異があるという主張から、若山氏が調査委員会にFLSを「FES1です」と偽って提出した、という一大イベントが崩れてしまうからです。

ため息さんのABC図というのは何も示唆していないのですよ。
ため息さんのABC図があることで、崩れる事実など、何もありません。
学とみ子の主張とは無関係です。説明しているふりを示すための図ですよ。
意味の理解できない体内時計さんは、ふりにはまっているだけです。
若山氏は、太田氏が送ったFES1を調査チームに示しましたよ。
だから、FES1混入主張の画策学者たちに不利な結果になったのじゃないですか?
ため息さんのABC細胞は、これらの事実関係の何も変えません。

体内時計さんにABC図の説明をさせたら、皆、笑ってしまうような理由を言うだろう。
意味のない事でも意味があると、体内時計さんは思えてしまう人だ。
体内時計さんは、学とみ子はABC図が理解できないとしか、イメージしないのだ。

体内時計さんとの議論が無駄であるのは、まさに、こうした点である。

>「A」氏が和モガ氏であるなら、いきなり現れてきたことも理解できますね。

A氏は、和モガ氏のような一般人ではありませんよ。
入れ替え疑惑は、GLSの方に可能性があると言っていて、なぜ、GLSの方なのか?、体内時計さんには見当もつかないでしょうよ。

A氏は、自身の考えに絶対の自信を持って、それを他人にはっきり示す人です。
論文説明をした時、周りの人たちから疑問視されたりしない立場の人だと思いますよ。
体内時計さんには、それがわかりませんよね。

自らの状態を知ることのできない体内時計さんは、STAP事件を論じるには、とてもふさわしくない人です。





ため息さんです。
>この図に矛盾があったらいいなさいと言っているのに、何も指摘できないわけですな。

矛盾とかの範疇でなく、登場させても意味がないABC細胞だと言っているんですよ。
桂報告書の何も説明していないし、和モガさんのように自論の説明に図をつかっているわけでもない。
ただただ、意味の無い図であるだけです。

でも、もう、学とみ子は、ため息パフォーマンスの目的が良くわかりましたよ。
ため息図が素晴らしい理論を語っているはずであると、体内時計さんは信じてますね。
ため息さんはABC図の意味を示し続けたら良いでしょうよ。

ABC図に何の意味がなくても、デタラメに解釈する人がいる限り、ため息パフォーマンスはやりがいがあるようだ。





体内時計さんです。

>と書いちゃった時点で、疑問視どころか、相手にされないと思いますよ。

なぜ、Aさんがこのような事を書いたのか?一般人にはわからないです。
和モガさんのFES1入れ替え疑惑説とは、疑惑の質が違うと思います。
あまり、話せない背景があると思います。

いづれにしろ、体内時計さんは他人の言葉のいろいろ背景を考慮でき無い人です。
いつも、単純な判断しかできない人だと思います。

さらに最近の体内時計さんは、意味の通じにくいあいまいな言い方を敢えて用いて、相手を煙にまくような悪習も身につけました。
相手をバカにするという悪癖と合わせて、体内時計さんは、行きつくとこまで行ったという印象ですね。



体内時計さんです。
2021年6月27日 10:51 PM

>そういうことではないのですが。 私は和モガ説はおかしいと考えているのですが、それをsighさんがわかりやすく図で、形で示してくださった、と言うだけのことですが。

和モガさんの説が正しいとかそういう話ではありません。ただ、和モガさんは、自説を説明はしています。
読者は、ああ、そう考えているのだなということがわかります。

>③の「129/GFP ESは、FES1培養を長い期間繰り返した後の株であった」のエビデンスはありますか?

議論のポイントがずれている。
体内時計さんは、、ここについては、何も追えていない。議論の内容が理解できないのです。

体内時計さんは以下のように言います。
上から目線をして、学とみ子を侮辱します。多分、体内時計さんは、自説の限界をしってるのでしょうし、自説が説明不可能である事もおおよそ分かっているのでしょう。

>何故、そんなに大騒ぎするのですか?
学とみ子さんが「意味ない!」と思うなら、無視されればいいのでは?


いづれにしろ、ため息氏のABC図は何の意味もありません。
A細胞、B細胞、C細胞をなぜわけるのかもわかりませんし、そうした細胞の意味付けについて、桂報告書が想定しているわけでもありません。それぞれABCから分かれてできた細胞から、極めて近似遺伝子構造の幹細胞になるって、どういう意味なの?
BとC細胞の遺伝子構造関係はどうなっているの?
FES1をすぐ凍結したという事実を、どう関連するのですか?

この説明は、科学の裏付けがないのです。説明つかないと言うものを、なぜ、学者は示すんですか?そして、一般人が理解できないまま、その図は正しいと言うのでしょうか?

これこそ、STAP事件でおきた社会現象と同じ構図じゃないですか?
一般人が、科学的無知から、学者のデタラメをサポートしているという構図です。


plusさんです。

>例によって学とみ子氏は他人が書いていることが理解できないので、自分の頭の中にある考えと整合するように、存在しない文言を勝手に脳内で作り出して補って、脳内で勝手な内容を作っては、私の考えと一致していると安堵しているだけですな。

Aさんは、いろいろな具体的事情は明かさない人だと思います。Aさんは、そういうしかるべき立場の人ではないか?は、学とみ子の想像です。プロなら分かることがあるだろうと、学とみ子は想像してます。

plusさんも、学とみ子の文章をしっかり読んでください。そして、SNPをきちんと理解して、ため息ABC図のデタラメを理解してください。

こんなことしかいえない以下のplus状態を脱することが必要です。

>だから根性が腐っていると言われるのですな。
おまけに救いようもなく頭が悪い。



結局、SNP理解ができなかったplusさんは、救いようもなく頭が悪い人の以下と思われるだけですからね。


ため息さんです。

>凍結されたので、FES1から細胞A までの変異の”経過”が浮き上がってきたわけです。ここの”経過”とは単純な時間ではなくどのように継代培養されてきたかという意味です。


内容がわからない素人に向けて、何の意味もないことを書いて、説明したふりをするとんでも学者だわね。そもそも、Aなる細胞は、桂報告書にも登場しないし、説明に必要な細胞でもない。誰がどこで培養してたかの説明にもならない幻細胞。

ため息さんです。

>はい、学とみ子が理解できなかった桂調査委員会報告書の記述をわかりやすく模式図にしたのです。

学とみ子が問うた科学的質問の答えなど全く無いまま、ため息さんは答えたふりを装う。ブログメンバーも、今や、AB Cの無意味さを知ってる。そんな構図だ。
スポンサーサイト



コメント

Ooboe
渋沢栄一が理研の創立委員長になられたのは
今から約100年前の1916年(大正5年)でした。

Ooboe
学とみ子さん、

わたしも、希望を持ち続けています。
日本の未来にも、、、

話しは、それますが、
現在、日本伝統の三方良しの商道に根ざした
日本型資本主義の道を展開した
渋沢栄一のドラマを逃さず観ていますが、
文庫本も購入して、その展開の大枠が見えてきました。とてもスケール大きく純真な
素晴しい方だったんですね。
これからの世界の資本主義の未来の在り方に
希望を与えてくれるものと思いました。

明治政府の官僚から民間へと大きな志しをもたれて下野しました。
産業分野、教育分野、福祉分野などへの貢献だけでなく、科学研究の発展にも
心砕かれて、なんと!(財)理化学研究所の
創立委員会の委員長にもなられていました。

もし渋沢栄一がstap事案時点で理事長であられたら、そのチャレンジ精神の
柔軟で深い洞察力で
stap研究をもっと着実にその可能性の芽を
育んだことでしょう。決して可能性の芽を潰すような方針は取らなかったであろうと
思うのです。

相澤先生も理研が東大のような
優等生定型的研究のシステムへと改悪提言した
岸改革提言を厳しく批判していたそうです。

理研の研究文化には、豊かな想像力を育むもの
があったと、、、先生
それも渋沢栄一の精神性が脈々と
連なって来たからと、今の思えてきます。




非公開コメント