学とみ子否定の強迫観念に取りつかれている人

まあ、あちらの人は、学とみ子をとにかく否定したい、人間的にも学術的にも学とみ子はとんでもない奴とするための協力活動をしています。

STAP事件におけるES細胞混入原因として、学とみ子は可能性の高いとされる実験ミス説を示し、なぜ、その可能性が高いのか?を考察し、それを当ブログで示しているのです。
しかし、実験ミス説では困る人がたくさんいるのですよね。

学とみ子が当ブログで書くことは、ことごとく激しい罵倒攻撃を受けるわけです。
それは、学者の一部に、実験ミスをどうしても排除したい人たちがいるのです。
このまま、小保方氏をグレーの人にしておきたいのですね。
証拠もいまだに示せないのに、ひどい人たちであると思います。
この人たちの攻撃法は、とにかく個人攻撃に徹底しています。
理論ではなく、とにかく個人否定です。
理論では、どうしてもESねつ造説は不利なのです。
ねつ造であると決められる材料が無い!この一言につきます。
ねつ造は考えられないと、その道の専門家が言えば、なんでもなく解決する問題です。
しかし、専門家は口をつむぎます。
これが、STAP事件の一番の問題点です。

さらに、STAP細胞潰しのESねつ造派の人は、STAP擁護派をはげしくののしり、バカ扱いにして楽しむ人たちでもあります。
しかし、ESねつ造派の悪乗りミエミエの異常行動を、世の中の人はしっかり見ています。
こうしたESねつ造派の傲慢な学者たちに接する事で、世の中の人はSTAP事件の問題点を忘れないでいるのです。

ESねつ造派が、STAP擁護潰しに必死になる様相に接して、一般人は、STAP事件は裏のある特殊な事件であったと確信が進みます。

どういう人たちが、証拠もなく、小保方氏を犯人扱いにしたいのか?という状況も良く見えてきますね。
ESねつ造派の人たちの性格、志向、科学的レベルがとても良くみえるのです。
学とめ子なども、その典型です。

ため息さんは、ESねつ造は絶対にあったのだ!と主張続けているのです。
ESねつ造説の総本山であるため息ブログ主の主張は、とにかく、学とみ子は日本語出来ない、英語できないと、これを叫び続けているのです。

いろいろな立場の人たちが、ため息さんをどう評価するかなどは、ため息さんはお構いなしです。
ため息さんは、自分自身が見えません。

ため息さんは、学者に必須であるべき大事な科学説明はせず、手っ取り早く、テキトーな答えを自分で用意してしまいます。
ため息さんは、勝手に未知なる領域に入り込んで、「この疑問の答えをこれです。」、「こう答えるべきです。」と虚勢パフォーマンスをします。
これで騙される人もいるようだから、ため息さんはやりがいはあるのでしょう。

ため息さんは、政府関係者たちとの結構な人脈をお持ちのようだから、STAP事件勃発の時は、ため息思いこみデタラメ情報を政府関係者に触れ回ったと思います。
だから、責任上、今もがんばっているのだろうと思います。(ここは想像ですけど・・)

さらにアルコール好きの学者が晩年に陥る危険として、ため息さんは、他人の考えを理解しないようになってます。
専門分野以外の領域でも、”私(ため息)は正しい”として、他人の考えをずたずたに切り込みをいれてきます。

ため息ブログでは、今回、今までにない展開がありました。
STAP議論から、話題がはずれて芸術論になったのです。

ため息ブログには、STAP関連領域、ES研究領域の専門家というのはいないために、STAP議論はいきあたりばったりの議論に終始していました。
ところが、ひょんなことから、ダビンチの時代の遠近画法関連の話題になりました。

この領域は、趣味のある人しかついて行けない用語が多く、マニアックな議論が起きました。
STAP科学では思いつき発言であった一般人plusさんが、いつもと違うplusさんになって、皆、驚いたわけです。
plusさんは、透視図法なるものを熱心に説明してくれたのです。


今までの歴史の中で、天才たちの経験や観察に基づく考察がきっかけとなり、科学が発見、進歩してくることが多いですよね。
最初、一部の人しか理解できないことが、次第に理論が固まってきて、説得力が高まり、多くの学ぶ人が共有できる知識となります。普遍性を持つ科学になります。


人の脳内機能は、立体視をどのように行っているのか?は興味深い問題です。
以前に、学とみ子は秋田で、藩士小田野直武らによって創始された「秋田蘭画に興味を持ちました。

学とみ子はplusさん解説は興味深いと感じたので、私たちの視機能をからませてコメントしました。
しかし、それがplusさんの反発を呼びました。
plusさんは、学とみ子から透視図法をけなされたと思ったようです。

そこに、ため息さんの悪意ある介入です。
いつものように、ため息さんは、学とみ子はひどい!ひどい!と相の手をいれたことで、さらに、plusさんの学とみ子否定は進んでしまいました。

ため息さんです。
>学とみ子が視覚情報処理について持ち出した理由を、当方もplus99%さんもともに「視覚情報処理についておめーらは知らないだろ、知識を授けてあげるという態度になる」、「脳科学など知らないであろうと考えて「すぐさま相手をバカに」しようとした」と発言しています。つまり同じ意味に受け取りました。


まあ、しかたないすね。ずっと、そうした関係ですからね。
ため息さんは、そうした作業をしなければいけないと脅迫的にとりつかれていることが良くわかりました。

ため息さんは、以下のように言っていますね。

>はい。もし当方が、知ったかぶりで知識をひけらかしたのが、あっという間に否定されたとしたら大恥をかいたと思いますが、学とみ子は違うようですな。

学とみ子は知ったかぶりはしてませんね。
でも、ため息ブログでは、学とみ子をしったかぶりと言います。
学とみ子が何を言っても、ため息ブログメンバーは、デタラメを言っていると処理します。

学とみ子は恥じをかいているとかも、ため息ブログは言います。

以下は、ため息さんが、学とみ子を悪く、悪くへと、印象操作しようとする努力が良く出ている文章です。

>上から目線で、視覚情報処理についておめーらは知らないだろ、知識を授けてあげるという態度になるのです。

ため息さんは、こうしたことを言う事で、学とみ子は知識を自慢する嫌な奴と位置付けます。
そして、次には以下のように、「ため息自身の方が、知ってるぞ!」、「学とみ子に勝ってるぞ!」のパフォーマンスになります。

ため息さんが言わんとすることは、「私(ため息)はこんな作文書けるけど、無能な学とみ子は作文できないから、教えてあげる!」となるのです。

そして私(ため息)は、学とみ子に恥をかかせることなど、いくらでもできるのだ!と虚勢を示します。
ため息さんは、自分一番パフォーマンスをしているのです。

>「ヒトの視覚情報処理機構の研究が進んだとはいえ、二次元平面に遠近法・透視図法で描写された図から立体感がどのように構築されるのかはまだ明らかになってません。」などという文が続ければいいのさ。医者だなんでも知っているとおごるから、知ったかぶりをするから恥をかくのさ。

結局、ため息さんは、本人が専門分野のことでなくても、自分で思いつく答えを用意して、それが正しいと主張しているのです。
学者は、他人の意見を聞いて、違いを調整し、他人を納得させる力がある人です。
これができなければ、学者とは言えません。

plusさんは、独自で考えついた案を披露することは今までもしてきました。
勝手につくりだす点では、ため息さんと共通です。

plusさんは、例によって、学とみ子をめげさせようとの侮辱言葉を盛り込んでいます。
こうした言葉使いはいくらでも使えるplusさんであると、今回の透視図法の件で、学とみ子は妙に納得することができました。

plusさんです。
>学とみ子さんはどういう立場で言っているんだか皆目わかりません。指をさして笑うのをこらえるのが大変なぐらいに。

自分自身の勝手な思いつきを正しいとして、他人にも押し付けるようなことを、ため息さんはやってます。
他人の意見をきくことができない学者は失格だと、学とみ子は言っているのです。






上記に対し、plusさんからいつものように、いつもの言い分の反論ありました。
意味のない議論ですね。もう慣れました。

>そんな人が述べた「専門家としての意見」になんの意味があるというんでしょうね。その人の専門知識からくる見解じゃなくて、その時たまたま脇にいた素人の意見を採用したのかもしれないなんてね。
ばかでないの?ということですが。


今回は、話題になった透視図法は芸術論と科学論がミックスです。
芸術論や歴史論を語る時には、知識の深度や精度の違いはあっても、多くが推論です。
才能ある素人がしっかりした話をすることはあるでしょう。

しかし、科学は違いますね。
人は知識を積んで、未知の課題に推論ができるようになり、その推論が他人に共感してもらえるようになります。
歴史論、科学論はそうしたものですよね。

plusさんは言いました。
>素人の意見を採用したのかもしれない

素人を鑑別できるかどうかも、専門家の能力次第です。
ですから、plusさんが
>ばかでないの?
と言っても意味ありません。
plusさんは、無断で専門家に引用された経験があるのかも・・?そして、怒ったかも・・・?です。


答えのでない問題は、多くあることは科学も芸術も同様です。
ですから、未知の課題について、他人の意見に共感するかどうかは、その人の能力にかかっています。
学とみ子は、ため息さんの見解には同意しないし、つまらない説明だと思いました。

ため息さんも素人ですから、ため息説明は何も言っていないと、学とみ子は感じます。
だから、学とみ子なら、そうした作文はしません。
学とみ子は、ただ、関連性に言及しただけです。

関連性の指摘で十分だと思うのが、学とみ子の考えです。
私が何か機能をコメントしているわけではありません。

一方、ため息さんは、素人っぽい説明をして、おまけに、「学とみ子はこれができない!」と、学とみ子を中傷しました。
学とみ子が具体的に何か機能に触れたわけでもないのに、学とみ子はデタラメを言ったと、ため息さんは言いました。
そして、ため息さんは、学とみ子は恥をかいたとの勝手なストリー作りをして、周りの人たちに悪質な印象操作します。

その悪口を、plusさんは、そのまま受け入れているのです。
ため息さんは専門家であると、plusさんは誤解してしまうのです。
そして、一緒に悪口を言いたいのでしょう。
複数の悪口は説得力を増しますからね。
結局、そうしたことをしたくてしかたない心境にplusさんはいるのです。

plus科学は思いつきであると、学とみ子が言った事に対し、plusさんは、個人的悪口で対抗しているだけのことです。

とにかく、思い付き科学を書かないようにすることが、STAP論議では大事であると思います。
そこは、価値観の多様な芸術論とは違います。

だから、plusさんの言う

>学とみ子さんは、これまでいったいどんな人生過ごしてきたんですかね?
>専門家であるため息氏が学とみ子の意見を聞いてくれません、って駄々をこねているんですかぁ?幼稚園児じゃあるまいし。


これが悪口のための悪口で、何も意味がないことを、plusさんもわかっています。
しかし、書かざるを得ないのでしょうね。
今までも、plusさんは、有効有用な悪口を繰り出して、周りの人たちにダメージを与えることができてきたと思います。
しかし、それがわかれば、人は、ああ、又か?となります。


plusさんの怒りの心境は、科学背伸びが負担になっているからではないでしょうか?
だから、こうしたチャレンジはもう止め時でしょう?
plusさんは、STAP潰しに邁進するレベルの低い学者の肩を持つことはないです。

でも、plusさんが専門家嫌い、知識嫌悪の感情のルーツを、学とみ子は垣間見た感があります。
そして、そこを批判すると、再現なく悪口を返してくる才のある人と知りました。


plusさんが科学を語ると間違えます。視覚は数学とは違い、最後は脳内処理です。
人の両眼のレンズを通った光線から結ばれた像を脳が処理します。両眼視をしない時や、脳梗塞などの脳ダメージがあれば、見え方は変化します。

自信過剰で背伸びのplusさんは、一言居士さんのような謙虚な独学ができません。
多分、ずっとそのままです。

plusさんです。
>透視図法がどのようなことを図示できるのかはきちんとした科学です。光の航跡を表した数式を展開したものですと言っているでしょ。


結局、plusさんは脳内処理が理解できません。

定規を当てれば誰でも分かるとの主張は、plusさんが得意とする言い方です。初歩の定規当ては独学可能ですが、やはり基礎知識は必要ですし、最後は脳内処理の課題になります。そうした背景を無視して、誰もが理解できるのに、学とみ子は理解しないとplusさんは持ってきます。相手を無能呼ばわりしてやろうと、plusさんは構えています。

そして、本質を理解しないまま、plusさんが持ってる知識で解決可能と思ってしまうのです。そして、plusさんが行き詰まれば、際限の無い悪口を投げてきます。

こうした人と議論してはいけません。
自分自身が持ってる知識を、気持ち良く他人に分け与えるサービス精神が、plusさんにありません。これでは、知識が泣きます。

眼科の先生が聞いたら、がっかりしますね。

>何度も書きますが脳内処理なんて関係ないんですよ。眼球に光が入射する手前の話なんですよ。

水晶体はレンズとして、すでに生体機能の一部です。
言葉からイメージするものがお互いに違います。
plusさんは、レンズに入る前の光しか考えていません。
視機能を勉強したことが無い人は、普通はここまで書きませんよ。
自信家のplusさんは、想像で書いてしまう。それが敗因です。


plus99%さんの一連の書き込みを見て分かることは、plusさんは、詳しい領域、以前に試行錯誤して自身の立ち位置がある分野と、そうでないくわしくない領域を区別できてますね。
plusさんが考えてきた深さや理解の違いをplusさん自身で自覚できてます。
つまり、科学に関しては、plusさんは不得意であることが十分に分かってるんですね。
でも、科学知識不足を学とみ子から攻撃されまいとして、がむしゃらな説明をするんですね。

とにかく、「私は専門家ではないにしろ、ある程度に知識があるので紹介したいです。」
というタイプの人を、plusさんは、コテンパンに倒すようです。
plusさんから、「お前の知識なんて何の意味もない!」のメッセージでしょうね
ペルドンさん批判、学とみ子批判によく、それが出ます。

以下のplus文章は、ペルドンさんも引用しています。
効率よく、相手をさげすむ表現を随所にちりばめています。下線で強調しました。

plus99%
2021年7月11日 6:12 PM
>ねえ、ぺるちゃん。(>3895)

君が自分の目でみた芸術は本物を見るとこんなことがわかるのだ、というお話はいつ始まるの?

きみが書物に書いてあることと自分の目で見たことをすりあわせる能力がないことはよく分かったよ。
この筆者はこの事実を重く見て、ここは軽く判定したなどと分析的に読むことも、自分が使用している用語と筆者が使用している用語は扱っている範囲が違うのではないか?と疑問をもって、調べたりしないということもよく分かりましたよ。

だから、自分の目が見た物のことを早く語れば?ブリューゲルを見て、こういう感動をしたんだ、こういうことを悟ったんだ、こんなことになっているんだぞ画集じゃ分かるまい、と語ってごらんと言ってるんだが?

世の中の定説はこうなっていて、こういう反論があるというお話はだれでも簡単に調べられるんですよ。その定説に収まらないこういうことを見てきた、と語るんだったら意味があるけどねえ、世の中の定説に反対している学者もいるんだぞ、というお話をお話の上手ではないあなたから聞く必要はないんですよ。



特にこれなどは、plusさんは、自身の科学不足を自省しての表現でしょうね。
plusさんは、以下に「疑問をもって」、と書いてあるので、同じ用語の解釈が人により違うとの認識を持っているということです。
plusさんが、科学の専門家の言い分がわからないと感じる理由がなぜか?を、plusさん自身はしっかり認識できてます。

>自分が使用している用語と筆者が使用している用語は扱っている範囲が違うのではないか?と疑問をもって、

plusさんがそうした認識でいるなら、plus自身が良く知らない領域の事を自信たっぷりに否定したり、デタラメ呼ばわりをしてはいけないとの認識もしっかり持っているはずです。


plusさんの反論です。

>ペルちゃんは自分の目で見たことを一言もかけずに、やはりどっかの本から拾ってきた蘊蓄を並べて、どうだ、教科書にはかいてあるっまいってね。それで書かれちゃったんですよ。


それは、plusさんの評価です。
ペルドン文章を評価する人はいます。
学とみ子が科学的な説明をしても、デタラメ呼ばわりするのと同じタイプの独断的なplus思考です。

とにかく、こうした他の人のブログにアップされたplus文章を、plusさん自身が読むと、どう見えますか?
普通の人なら、我が文章ながら恥ずかしいと思うかも・・・。
あまりに揚げ足取り風攻撃の表現を続けているからね。
でも、ペルドンさんはそのplus文章を、一研究者ブログにアップしてくれています。
寛容なペルドンさんは、plusさんの気合を評価したのではないですか?

過去の学びの経験の違いで、それぞれの人が用いる言葉が及ぼす領域が違うことをplusさんはふまえていますね。
同じ言葉からイメージするものが、人ごとに違います。

科学の議論がかみ合わない時、plusさん自身はしっかり不得意感を感じているのですね。
plusさん自身がよく知らないことでも、無知であるとplusさんは自覚しつつ、それでも目一杯つっぱっているのですね。


科学知識の判断をplusさんはできてない。plus評価は正しいと、周りから思われていない。そして、plusさんは己を知っているが虚勢するしかない。

>学とみ子の科学的説明って、誰一科学的だと人評価してる人をしりませんが。

plusさんは調べればすぐ分かると、しばしば言う。調べてすぐ分かることで、知識獲得は十分であるとplusさんは言う。でも、plus自身は、それではダメであることを良く知っている。アンバランスのなかでplusさんは作文する。自らの持てる既得知識の紹介でなく、相手をけなすだけのために、plusさんは努力し続けている。
もったいないと感じるけど……。ペルドンさん並みに、plusさんも一皮むけて欲しい。他人への説得力が増すと思うな。




plus99%さんが反論しました。

2021年7月16日 8:52 AM
>>調べてすぐ分かることで、知識獲得は十分であるとplusさんは言う。
>・・・学とみ子の書いていることはお粗末だと言っているだけですね。


こういう悪口のための悪口は、あまり意味がないですね。
お粗末だというのは、plus印象にすぎません。
plusさんが、自身独自の印象を、社会全体の評価と勘違して、しばしば作文しますね。
端からみればミエミエなんですけど、やっぱり、plusさんは書いてしまうのです。
スモールワールドの住人に甘んじています。

plusさんは、学とみ子の言い分がデタラメであるとの論拠は示せないです。
しっかりした基礎知識を欠くplusさんは、ネット検索で一部の情報をひっぱってくるだけしかできません。
それが時々、いい感じの効果を呼ぶことがあります。
でも、一言居士のような独学はできないようです。

素人からすれば、plusさんが専門家っぽく見えるようにふるまうことが、plusさんは上手なんですね。
plusさんも、自身が専門家っぽく見えていると勘違いをしてしまいます。

しかし、plusさんは、正気に戻ることができるんですね。
plusさんは、己の知識は表面的でしかないことを思い出します。
plusさんは、ネット検索の限界をわかっています。特に、細胞はやっぱりわからないことを悟っています。
科学は芸術論のようにはいかないことを、今度のSTAP疑惑で、plusっさんはよくわかったようです。

あいつはデタラメだ!とだけ叫ぶことはいくらでもできます。
plusさんは、それがわかったから、科学論をしなくなりました。
このあたりのことは良くわかる人のようです。

plusさんは、今は悪口だけに徹しています。
ため息さんと同じです。
悪口のための悪口は、仲間うちで盛り上がるだけで、他には通用しませんね。

plusさんは、自身の言動を今後、どのように変化させていきますかね?
plusさんが、ため息同様の単純悪口作戦しか思いつかないなら残念です。

一研究者ブログの3998のペルドンさんも言ってます。

>plus99%ちゃんに話す為には、ある程度の知識は覚えてもらわなきゃならないからさ・・・





上記に対して、plusさんの反論です。

>透視図法という言葉だって各人調べることができるんですね。ピエロ・デラ・フランチェスカが書いた書物にどういうことが書いてあるか、ダヴィンチの手稿にどのようなことが書いてあるかだって簡単に調べられるんですよ。


すみません。学とみ子が考えるに、美術学の教官たる人が素人とは一線を画する理由は、専門家であれば、他の人が言わない、言えない見解を述べられる事だと思うのです。
plusさんは、そうした原著をそのまま読むことができるのでしょうか?
大学教育レベルで学べない程、相当の語学力が必要だと思うのですが、それを獲得してきた方ですか?
原著を当時のままに読めるplusさんなら、やはり、そこまでに至るまでの努力は素晴らしいと思います。

学とみ子は、plusさんの科学論は、全くまともなものではないので、美術論もその延長でしかないと思っていました。
そうではないかもしれませんね。
plusさんの美術論がどのレベルにあるのかは、学とみ子の基礎知識が無いので評価できません。
でも、簡単に調べられるとのplusさんの言い方には抵抗があります。

自分自身の学びの道を考えてみると、やはり何十年もかかってきましたから。

秀れた人は、他の領域においても、専門家でいるのは難しいことがわかりますから、そうした人は、そう簡単には他人を否定しないと思います。

話が変わりますが、先日、オートキャンピングカーのメンテをしている技術者の方と話をしました。
今はとても景気が良いそうです。いいものは2千万円ぐらいするそうです。
コロナの影響で、オートキャンピングカーを使い、個人で遊ぶということらしいです。

「お金があるといいですよね」などとした会話となり、「お金持ちっていい感じの人たちですか?どんな人たちなんですか?」
と、私は聞いてしまったのですね。

「そうですね。親切な人が多いです。」との答えでした。
さらに、
「でも、カスカスの人の中には、うるさい人がいます。こんなこと言ってはいけないですけど・・・・」
でした。

この方の「カスカスの人はうるさい」との感想に妙に私は納得しました。

STAPに戻ります。

>桂報告だってSTAP論文だって各人読むことができるんですよ。


できませんね。普通の人では読めません。
わかったところだけ一部あれば、それで、全体もわかったつもりになる人がいます。
一方で、わからないところが1か所でもあれば、わからないと感じる人もいますね。
plusさんが上記のような言い方をするなら、学とみ子はplusさんを疑問視します。
plusさんは、学とみ子が説明した1290か所の30%の意味だって理解できていないと思います。

>調べないのは学とみ子さんとぺるちゃんだけですよ。


調べればわかるというのは、plusさんが良く使いたがる言い分です。
ネット検索して、すぐ学者になってしまうplusさんです。
科学に関する限り、plusさんの説明はよく分かった人の説明であるとは思えません。

学とみ子の方が間違っていると、plusさんが主張するなら、それでも良いと思います。
結局、plusさんも言うように、大事なのは、他の人たちの判断だと思います。

>学とみ子の言説というのは随分前からそういう自分で調べる能力のないほんの一握りの人だけしか読んでくれていないんじゃないですかぁ?世の中の大部分がそういう劣った能力の人ばっかりであるとたかをくくって生きてきたんじゃないですかぁ?


私は世の中の人が劣った人ばかりだと思ってませんよ。
なんで、そうした発想がでてくるのでしょうかね?


たくさんの人に接して、いろいろな人の考えを聞く機会があるので、人の才能をいろいろに知ることができます。
そして、これは私には絶対無理と思うことが多いものです。

学とみ子がため息ブログを通じて知った人たちは、知らないのに知ったつもりになる人たちでした。
こうした人たちは、日常ではあまり見かけません。
特殊な人たちとの印象です。

plusさんの反論です。
学とみ子は、plusさんを追求しようとして聞いたのではなく、plusさんは、美術に関しては相当の基礎知識がある方なのか?を、聞きたかったのです。どういう勉強をするのかな?の質問です。

ところが、plusさんの応答はとてもとがってます。

>学生時代にヴェサリウスのファブリカの原著を読んだんですか?それでなくてもいいですが医学部では医療の黎明期の偉人の原著を原語で読むんですか?

そんなの読むわけ無いでしょう?議論がずれずれです。大学の医学教育は、その時の知識しか教えません。黎明期の医学を勉強してどういう意味があるんですか?大学の授業で得られる知識はごく一部です。医学知識は膨大ですし、病気はひとりひとり違います。皆、一生の勉強ですし、細分化しないと臨床経験を積めません。
いづれにしろ、医者のレベルはピンキリでしょう?


plus99%さんの反論です。
2021年7月17日 5:40 PM

>「ネット検索して、すぐ学者になってしまうplusさんです。」とか
「学とみ子がため息ブログを通じて知った人たちは、知らないのに知ったつもりになる人たちでした。」
とか書いて置いて
「どういう勉強をするのかな?の質問です。」だと受け取る人なんていないでしょ。


そんなことはないと思いますよ。
専門的な話をする時、その方がどういうバックグランドの人か自己紹介をするのはありだと思います。
私は知りたいと思ったので聞きました。科学知識とは無関係です。

科学の疑惑について、考察するのは難しいですよ。
誰にでもできるものではありません。
そこの知識がなくても、恥ずかしいことではありません。

でも、学とみ子の話がデタラメと判断できないと思いますけど……。ため息ブログがそういうから、学とみ子は、そこに反論してます。

私の仕事は、背伸びをすると逆効果となるので避けてます。
しかし、plusさんの仕事はある程度に自身を大きく見せる必要のあるお仕事かもしれません。
性格や志向が関係しますが、職業的な影響もあるかもしれません。


plusさんの反論が続きます。

>透視図法がどうのという議論で脳科学がどうのと言ってしまうことは背伸びの知ったかぶり以外の何物でもありません。

入試に出るから、誰でも知ってると持ってき方はおかしいですね。
そもそも、plusさんは、脳の関与なる語で連想する事が、plusさんと学とみ子が違います。plusさんが言ってることですよ。
学とみ子は、自身の専門に近いことは、ネット検索をそのまま信じることはないですね。
だから、検索すればすぐ分かるとのplus流儀には同意しません。
少なくとも、科学に関して、plusさんはネット検索で、自分自身のものとしてしまいがちですよ。

plusさんです。

>根拠もなくplus99%は知ったか野郎であると言いたい一心で絡んでいると示しただけですな。

どこの誰か分からない人に絡んでも意味が無いでしょう。むしろ、plusさんの主張に興味を持ったから聞いたまでです。自分自身で勉強した領域を持つ人が、STAP科学においては、独断的な考えを他人に紹介する様が、学とみ子には不思議だったのです。


plusさんです。
>最初から、調べれば脳の関与なんて関係ないことがわかりますから調べてみたらいかがですかと言っているんですね。

こんなやり取りしても、他の人には興味ないと思います。そちらの誰かさんの書き込み同様に。

学とみ子は、認知症と思う人もいないし、英語ができないと言う人はいません。学とみ子は、並みの能力はあります。とにかく、学とみ子をバカだと思ってる人はいないのに、ため息ブログは頑張ってます。

plusさんがどうしても、学とみ子バカにもってきたい気持ちは何か?を、学とみ子は興味を持ってます。

plusさん、ペルドンさん、一言居士さん、それぞれ才能がある人たちと思います。だから、学とめ子、ため息さんのような単純学者たちの企みはうまくいかないのだと思います。

plusさんです。
>くだらないことをして、それにくだらない言い訳ばかりしているだけですね。知識を得たいと思う人や知識のある人は決して行わないことばかりしているのに智者を気取っているからアホ扱いされるんですな。

こういうplus文章を読むと、過去においても、plusさんは、専門家を相手に戦ってきた経歴があるのではないですかね。
その時に、こうした言葉を吐いてきたのではないでしょうか?
だから、使い慣れているのだと思います。

検索すればすぐわかるとかのplus思考も理解できませんね。
まあ、plusさんは、そう言うことで何かが満たされるのでしょうね。

STAP細胞議論でわかるように、いろいろなマスコミ記事やマスコミ解説があって、ブログで多くの人が意見を交換し、公式の調査結果がでてから何年も経っているのに、人びとの考えていることはバラバラです。

これからも、ばらばらなまま、STAPをめぐる疑惑は語られると思います。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント