「あの日」には、STAP細胞の能力がきちんと書かれているし、読者は、ここに注目することが大事なのだと思う。

「一般人がここまでくらいついてくるとは、研究者層は考えなかった!」 と、当ブログは書いた。

学生さんの投稿を見ると、まさに”くらいついてくる人”を、良く示していると思う。
学生さんは、わからないことは、わからないと書いてくる。
だれか、研究職の人が素人を装って、学生さんHNを使い、小保方無罪を書いているわけではない。
学生さんは、素人であることをつつみ隠さず、そして正確に科学の基礎をふまえた言葉を書いている。
さらに、学生さんのSTAP事件に関する知識は、学とみ子よりずっと網羅的で幅広い。


だから、学生さんによる説明がどのような書き方であろうとも、学とみ子には意味が通じるのである。
科学レベルがまだ低く、誤解ばかりしているため息ブログメンバーとは対比が明らかだ。
ため息ブログメンバーは、科学理解がまだ半ばの状態なのである。しかし、それを自覚できない。
学生さんコメントは、ため息ブログメンバーの背伸びを強調することになり、読者にはそこがわかりやすくなっている。


学生さんのくらいつきを見ていると、対極にあるなESねつ造派のこけおどし的な背伸び姿勢というのがよくわかる。
ブログ主のため息さんは、基礎知識がないが、さらに勘が悪い。
ブログ主のため息さんは、学とみ子が何か文章を書くと、その文章の意味がわからず、いくらでも誤読する。
誤読する原因が、ため息さん側にあっても、ため息さんは認めない。この傾向は、特に、最近、著しい。

ため息さんにとっては、学とみ子がバカでバカで、我慢がならないのである。
あるいは、ため息さんは、学とみ子がバカでバカな人であることを知らしめようとするあまり、ため息さん自身の浅薄さをばらしている。

しかし、ため息さんが理解できない、誤読してしまう原因は、ため息さん側の問題なのである。
SNP解析も、プロモーター機能も、理解していないのだ。

学とみ子があれこれ説明しても、その文章を誤読するから、ため息さんの理解が前に進まない。



ため息ブログメンバーは、わかっている人を気取る人、わかっているふりをしてしまうのが敗因だ。

ため息ブログメンバーは、まだ、十分に使いなれない専門語なのに、それを変に多用する。

この間の、plusさんの”摂動”にもびっくりだ。
まあ、学とみ子も、確かにこの言葉を、生物学の説明文章でみたことがある。
どこかのネットの細胞説明で使われていた”摂動”なる語を、plusさんは持ってきたのであろう。
しかし、本来の生物学の言葉ではない。天文学などでつかう数値的な言い回しだ。

それなのに、基本的な細胞学を理解せず、”摂動”を使ってしまうplusさんは、以下のように書く。


>これほど明瞭に示してあげても学生さんのかいたものを一字一句確認しながら読んでみよう、という気が起こらないんだねえ。

>学とみ子という人が、読む前から、誰々の書いたものであるからこういう内容にちがいない、という予断に支配されきっていてそこから脱却できないことの証明なり。

>そういう人に「科学」とか「議論」とか言われてもなあ。

>でも大丈夫。学とみ子さん以外の人はここを確認、といえばきちんと確かめるからね。plus99%の書いたことが理解できるよ。
そして学生さんという人の知性がどの程度かも明らかになりましたな。



plusさんが、背伸びして上記を書いてしまうのは仕方ないと思う。
plusさんはplusさんの方法で、知識を増やしていく人であるとは思う。
ただただ、今後に期待したい。

上記の文章を読むとわかると思うけど、plusさんは学とみ子にはかなわないことは自覚しているようだ。しかし、そこを見せずに、相手を攻撃するのがマスコミ手法だと思う。

plusさんはわざわざ、上記で、「私(plus)には学力が足りません。だからこそ、plusには虚勢が必要です」と、書いているようなものだと思う。

plusさんは、科学者気取りをしてるだけなのは、一般人にさえバレバレなのに、そこをplusさんは自覚できず、虚勢は隠せているはずと考えてしまうのでしょうね。

plusさんと学生さんとの違いは明らかだが、plusさんは勝手に素人理解を作りあげ、それを堂々と披露してしまう。
わからない部分は、plusさん自身で創造してしまう。
いつか、plusさんは間違いに気づくのだろうが、それまでに時間がかかるようだ。
やっつけ仕事を披露してしまうから、そのやっつけ仕事を一旦、壊して作り直すのに、plusさんには時間が必要になる。

以前のplusさんは、素人であることを書いていたが、最近は、それもなくなり、大変な自信家になった。
いくらでも、科学者になりきってしまう人になった。

結果、上記のような、文章を書くようになったのである。

だから、plusさんの言動は見守るしかないのだが、ため息ブログメンバーも、plusさんの背伸びを理解できない。
ブログ主は、plusさんの方が正しいと思ってしまう科学レベルの人だ。
つまり、ため息ブログ主、及びメンバーの全員が、いまだ、正しいことを学べていない状態である。

しかし、こうしたため息ブログメンバーから否定されてしまう立場の学とみ子は、抗議し反論する。

plusさんに再考を促す論拠を示しているのである。

学とみ子も、学生さんも、基本的な生物反応をきちんと理解して書いているのである。
学とみ子も、学生さんも、デタラメなパフォーマンスはしない。

特に、学生さんは、特許申請図を問題にしている。

ため息さんは、そこに何の意味があるのかすらわからない。
ため息さんは、ひとつひとつ説明をしないと理解できない人なのだ。
ため息さんは理解しても、素直に「理解させてもらってありがとう」なんて決して言わない。
相変わらず、ため息ブログは正しく、学とみ子は間違いの人なのだ。


特許申請図で大事なのは、シングルでもキメラができ、そのキメラの質が低いことだ。
これは、ES混入ではない可能性がある。

「あの日」で、小保方氏は、スフェアを培養していたと書いている。
つまり、STAP細胞は増殖性をもたせるために。day7を超えても培養しているのである。

ACTHを入れた培養液だと、STAP細胞ががんがん増えるという現象を、小保方氏は認めていない。
このあたりを読むと、小保方氏が自身で把握するSTAP細胞の能力と限界が良く書かれているので、「あの日」読者は理解しやすい。
小保方氏は、大事なことをきちんと、「あの日」に残している。小保方氏が、もっと、踏み込んで問題点を書けば、読者にわかりやすかったのだが、小保方氏は、将来の影響をよくよく考えたのだと思う。

そして、小保方氏はSTAP細胞からプアな貢献度のキメラを得ている。毛の色でやっと判別できるレベルだ。
臓器寄与率が高いSTAP細胞は、ES由来と、小保方氏は認識しているのではないかな?

「あの日」には、そうした事がきちんと書かれているし、読者は、ここに注目することが大事なのだと思う。



スポンサーサイト



コメント

セイヤ

気まぐれぺルドン
セイやも右甚五郎作を愛用していると聞いている。
それ故、お嫁に行けなくなったとも聴いている。
まぁ、嫁の貰い手が無くなったら、本物を見せてやるから、一畳茶室に来なよ。
茶室の畳を掻きむしるなよ・・・

気まぐれペルドン 2

セイヤ
「売られた」のではなく、「捨てられた」のなら安心だよ。それほど価値はないということだろうから。

>それでいて、お腹が大きく成り始めたら、「責任をとれ」ときっと言い始める。

これは注意が必要だよ。身に覚えがなかったら、彼女が普段使っている「物」を見せてもらいなさい。それが、左甚五郎の作った業物だったら、君の所為じゃなくても懐妊するから騙されてはイケんよ。

いよいよオーボエ氏が出てきて、「学生」さんがカミングアウトしてお開きする時間となりそうなので、ボクも特許のキメラについて一言。

2013年年3月の仮出願には
「マウスにおけるキメラ形成と生殖系列伝達。 最後に、STAP細胞のキメラ形成能力を胚盤胞注入試験法によって評価した。
ES 細胞とは異なり、STAP 細胞 (B6-バックグランド) を単一細胞に解離し、ICR 胚盤胞に注入すると、暗い毛色のキメラマウスは生まれなかった。」とある。(グーグル訳)

これは桂氏が言う「引きちぎって塊を注入してできたら、ここで再び細胞をバラバラにして注入する“対照実験”をしていれば、ES 細胞の混入を発見できた可能性がある。」と言う“対照実験”のことになる。
結果は、STAP 細胞にES 細胞の混入などなく、キメラ形成能力まではなかったということ。キメラの作製に小保方氏の関与はない。

セイヤ

気まぐれぺルドン
怪しからん事に「売られた」のではなく、「捨てられた」が正しい。
それでいて、お腹が大きく成り始めたら、「責任をとれ」ときっと言い始める。
手も握っていないのに。
実に質が悪い・・・

セイヤ

気まぐれぺルドン
溜息陣営ではセイヤはお尻を鞭打ちされているらしいが、僕はズボンを脱がされる様なお仕置きには会っていない。無抵抗主義でガンジーの様に逆らわない事にした。あそこは子の刻参りも熱心にするそうだから、それで効き目が無ければ、教祖様自ら夜中に夢の中に現れ、直接釘を打ち込むらしい。そんな目にあいたくないから、大人しくしている。

久しぶりに音痴でトントな歌を聞かされた。
畳茶室でセイヤの膝枕でもう少しましな小歌も聞きたいが、最近寝不足だからすぐ夢夢してしまいそうだ・・・

気まぐれペルドン

セイヤ
k〇1が出ているね。最近何かした?
  
彼女にハート盗まれちゃって、陰でコソコソやっていたが、結局、売られちゃったということ? 
大丈夫、君は悪くはない。元気出しなさいよ。唄でも唄って。

バンジョーで歌えば(中野忠晴)昭和13年

雲と一緒に 山を越え
心も軽く 気も軽く
悲しい恋は あきらめて
陽気な歌の 一人旅
バンジョー弾こうよ 歌おうよ
バンジョーは陽気な バカボンド

ため息教授へ

学生
特許図は二報論文根拠ではないですよ。2012/4/24に仮出願された時から添付されていたものです。三誌投稿中に付加されて行ったものですから、STAPと言う言葉がないのです。三誌はバカンチと先生とが共著者です。
記者会見では1個できたことはおっしゃってない。ESなら大きさで気づくと笹井さんが言われたことを記者に問われてナイフ処理した時に初めてキメラができたので分からなかったと答えた。特許図は翌年の春の実験です。ナイフ処理しなくても出来たと書いてます。共著者です。実験担当者です。

非公開コメント