ため息ブログメンバーに正当論を言っても、虚勢の罠にはまるだけである。


基本的に、ため息ブログというのは、いじめ集団、虚勢集団であると思う。
それも、メンバーたちは、そこをわかってやっているようです。

他人を足蹴にすることが大好きな人たちが集まっている。

もちろん、今はSTAP事件をめぐってバトルを繰り返している状態である。
ため息ブログメンバーの目的は若山研究室への擁護である一方で、小保方氏いじめを楽しむ人達であるのだと思う。

ため息ブログ主及びメンバーは、何か、トラブルをかかえた人を、いじめて楽しむ人たちでもある。

ため息ブログ主及びメンバーが、いじめを楽しむためには理由が必要であるが、そのための理由作りも、彼らは好きだ。

ため息ブログ主及びメンバーは、「学とみ子が、デタラメを世の中にふりまいている!}との理由作りをしている。


STAP事件を考えるには、科学理解が必要だ。
それも、とても幅広い知識だ。
当ブログでも、TCR、SNP,プロモーターを議論してきた。
しかし、ため息ブログ主、そのメンバーは、結局、理論のマスターができなかった。

ため息ブログ主及びそのメンバーは、自らが理解できない状態をごまかすために、学とみ子の説明を徹底的に否定する。
学とみ子はとんでもないデタラメである!とお互いに言い合う。

つまり、ため息ブログメンバーの主張は、もはや科学話題から離れてしまっているのだ。
悪口だけで盛り上がっている。


結局、こうした人たちを相手に、科学に関する議論してはいけないのだ。
特に、当ブログが、彼らに言ってはいけないセリフがある。
それは、”論拠ある当ブログが正しい”と主張するためのセリフである。

当然、学とみ子は科学知識に基づいて話をしている。その論拠が、自然と説明に出る。
「私の説明は、付け焼き刃ではありません。」と、学とみ子は言う。

しかし、ため息ブログというのは、虚勢の集団であるから、こうした言い方をすると、彼らの思うツボなのである。

不覚にも、学とみ子は以下の言葉を書いた。
”plusさんは、科学知識で、まだ、学とみ子を越えてません。”と。

これに対し、彼ら、(今回は体内時計さんだが)は、つかさず、次のように書いた。

これには驚きました。



科学が理解できていない、あてずっぽーで文章を作っているというのは、ため息ブログ主及びメンバーも、それぞれで自覚している。
彼らの中では、自らの意見が正しいと信じたいと欲しているであろう。しかし、知識の無い自分自身を自覚することになる。
ため息ブログ主及びメンバーは、基礎学力がないことを自覚せざるを得ない。
学生さんのように、自らで学ぶ努力もしないから、議論のスキルもつかない。

ため息ブログ主及びメンバーにとっては、学とみ子の説明が理解できないと自覚しているはずだ。
それでも、彼らは、つっぱりあい、虚勢することを楽しむ。


だから、そうした人たちに、”学とみ子を越えてません。” なんて書いたら、彼らの思うツボである。

つまり、学とみ子が、”私は、科学をかじった人間であり、全くの素人ではありません”

とか、

学とみ子が、”私は、何十年もの間、科学にかかわる仕事をしていて、今の知識にたどり着きました”
とか、学とみ子が書くのは、禁忌である。


こう考えると、学とみ子にとっては、ひとつ、人間勉強になった感がある。



こちらの記述も、とても参考になる。

あちらでDさんが、そうした人の極端な例を書いている。2022年9月11日 21:16


>「箱庭設定病」をヘンな方向にこじらせると、自分の電鉄会社を脳内で創業して路線とダイヤを設定したり、自分がオーナーのプロ野球球団を設定して選手の性格や年俸を設定して友人同志で選手のトレードをやったり、自分の大奥を設定して・・・とどんどん重症化します。くれぐれも気をつけてください。




ただただ、ため息ブログメンバーは、こうした特徴を持つ人たちであることがわかります。
この資質は、ある意味、ESねつ造説を維持する人たちが兼ね備えた性癖であるのだろうと思いました。
ため息ブログ主及びメンバーは、STAP細胞擁護論の科学を理解するレベルに達していません。
そうしたレベルに留まるESねつ造説擁護の人たちが、とれる戦略というのが、今、ため息ブログメンバーたちのやっていることです。


結局、”本物の虚勢”とは?について、学とみ子の理解が少し、進んだように思いました。

虚勢の手法というのは、仲間同士で、お互いを褒め合うことです。

ため息さんは、それがじょうずです。


ため息ブログは、以下のような意識的で虚構の言葉が宙を飛びかっています。

>鋭い洞察力に感謝します。
>これでは学とみ子さんを批判できないですね。
>まあ、結局、この程度、ということでしょうか。
>悲しいけれどこの年齢でこれじゃあ…。
>転落なさったのですね。鬼だなあ。
>まあわからんでもしかたがありませんし、【しらんけど】。


上記でわかると思うけど、他人を侮辱する言葉がすぐ口に出せる人たちであることがわかります。こうしたタイプのブログを運営するため息さんは、現役教授です。




そんなため息さん、以下のような難癖は、もはや、通用しません。

>学とみ子の発言のどこを読んだら、このような解釈になるのと聞いても返事がない。

>答えてもらったことがないです。


学生さんが答えても、ため息さんは、それをまた曲解する。デタラメ呼ばわりをする。もう、ため息さんは、科学者として否定されています。ES捏造派閥のプロからサポートしてもらいたければ、ため息さんは、こうした言いがかりから脱しないとね。


ため息ブログのアリ地獄の思うつぼには、もう誰もはまらないわよ。

科学は理解できない!自らの虚勢の手の内を見せてしまう!、他人いじめが大好きな人たちが楽しむため息ブログサークルなのだから、まともに相手をされなくても当然でしょう。






相変わらず、自身をエラソにする癖にとりつかれている体内時計さんです。
当ブログ主は、コメントの科学的及び社会的正誤を評価しているわけではありません。
実際に、承認がかかっているかどうかなんて、体内時計さんにわかるわけないじゃないですか?
そういうところがとても幼稚な思い込みなんですよ。
体内時計さんは、周りの人から「素直な人」と言われたのでしたね。それがなぜだか、考えないといけないですよ。

以下も短絡的ですね。本質が見えてないです。
他の人たちは、体内時計さんより、いろいろと思いをめぐらせるスキルがあるんです。

>1回のみのシングルは論文に載せなかった、ということだったのでしょうね。
たったこれだけのことなのに、一言居士氏も学生氏も何を騒いでいるのでしょうか。




>あちらのブログですが、学生氏が慌てていますね。


学生さんは、あわててなんかいませんよ。体内時計さんが考えることは、見当がはずれていますね。


ため息ブログメンバーの問題点は、自身が専門家であるかのような気持ちになってしまい、自分自身は正しく評価できる人であるとの錯覚してしまいます。専門家の気分になってしまうため息ブログメンバーです。

学生さんも、ため息さんが答えられないことがわかっていて質問している。

plusさんのナンセンスコメントです。

>他人に尋ねる動機はどこからでてくるんでしょうね。理解に苦しみますね。


学生さんは、こうした質問をする事によって、ため息さんが、どんな科学的理解のミスをしているのかを、学生さんは知ることができる。

plusさんは、当たり前の事を、上記のようにくどくど説明してしまう。

挙げ句の果て、現場の状況も、実験者の気持ちも、plusさんにはわかるはずも無いのに、plusさんは、実験の場にいあわせた実験仲間の気分になり、状況を代弁してしまう。plusさんは、錯覚することに抵抗が無いようです。容易にトランスしてしまうようです。


plusさんです。

>アクロシンGFPなんてものが使われているFES1を使っているんですから、犯人は入念に検証したESを使っているわけではないわけですからね。

今のplusさんは、小保方ES捏造の立場で、専門家である気分になって、楽しむ方針のようです。plusさんは、自身で、どういう立場で論戦を張ろうかと考えている。ため息ブログであれば、一番、plus自身を目立たせることができるとの判断でしょう。plusさん自身は、ES捏造説の問題点を理解できているだろうからね。

plusさんです。

>現実の世界でまともに議論をしたことがない人なのだと思いますね。

錯覚してしまうplusさんは、まともな議論から程遠い人だと思います。plusさんが本気で議論したのは、絵画の遠近法を説明していた時だったと思う。今は、そうしたレベルの話は、plusさんはできてないです。

錯覚してしまう人たちが集まりが、ため息ブログメンバー集団であることが、読者に良くわかる状況である。



このトンデモブログの主であるため息さんは、医学を知らずして、医療人の教育をしている人だ。それでも、学者としてきめ細かい旺盛な知識願望があれば、学生も何か吸収できるものがある。ところが、ため息さんは、STAP論文は、読んでいなかった。関連論文もマスターしていない。転写因子の働き方も知らない。それでも、小保方ES捏造を声高に叫ぶ。小保方氏の真摯な弁明は、学術界のメンツの前で無力化されてしまった。

ため息さんです。

>その結果が桂調査委員会報告書なわけで、これを小保方氏は不服申し立てしていない、つまり承認したのでしょ。

学術界の不透明性を前に、不服申し立てができない位に、小保方氏は、落ち込んでしまったのでしょう。



ため息さんは、医学知識でいろいろ間違えるのだろうから、ライバル学者から攻撃されてきたであろう。そうした時、ため息さんは、ライバル相手の言葉の一部を切り取って、相手の方が間違っていると強引にねじ曲げる言動を繰り返したであろう。
結果、ため息さんは、そうしたすり替え作業のベテランだ。

>蕁麻疹には温浴がいいと標準治療とは逆の治療を勧める人だ。

この話は、限定条件をつけて、学とみ子は説明をしている。ため息さんは、前後の話を全部、カットだ。
ハンニバルさんは、こうしたため息言動を注意する気はないの?
ハンニバルさんが支持するため息さんという人は、こういうタイプの人なんですよ。


ため息さんは、懇切丁寧な学とみ子の説明で、転写因子の働き方を理解した。
SNP解析は、まだ、ため息理解が進んでいないかもしれないが、転写因子は易しいから、さすがのため息さんも、もう間違えていないだろう。
しかし、ため息さんは、理解後でも、わざと誤読をして、相手を間違い呼ばわりし続けるのだ。

学生さんは以下を書いている。

>マウスのDNAの中にはマウスアクチンを作るためのプロモーターと構造遺伝子のセットがあって細胞内に各種のマウスアクチン蛋白質が沢山作られている。学さんの説明だとそのマウスアクチン蛋白質が鶏ベータアクチンプロモーターの転写因子になっているという説明なのだと理解しました。

前から流れてくる文章によって、学生さんの頭は、以下の文章なのであることが、学とみ子にはわかる。
理解した者同士であれば、省略は気にならない。

>学さんの説明だとそのマウスアクチンの転写因子が、鶏ベータアクチンプロモーターにおいても作用するとの説明なのだと理解しました。

ところが、ため息さんは理解しているからこそ、わざと歪曲して説明し、ライバルを蹴落とす。
極めて、狡猾で意地の悪さが満開である。



ため息さんは、随伴する説明事項をすべて切り取って、相手の間違いであるかのように作り直す。

SNP解析でも同様な言動が見られたが、ため息さんは、ESねつ造説に不利な科学知識は認めない。
ため息ブログレベルの一般人は、ため息デタラメに十分にだまされてくれる。

ため息さんは、批判相手をつぶし、こういうすりかえ作業をしてきた人だと思う。
ごまかし作業に、抵抗が無いのだと思う。
スポンサーサイト



コメント

金髪美女
かまってもらえたら嬉しいおじいちゃんなのね。

プラスさんへ

学生
珍しい社会で生きて来られたようですね。一般社会でそれだけナンセンスな屁理屈をこねくり回してたら解雇されるか、病気でみてもらうようコンサルされませんか。

プラスさんへ

学生
マウスケージの横に凍結細胞が置かれていると言うご認識?
フリーザーは奥さん管理だったらしいですよ。

金髪美女
あら、多重ハンネだめよ。ラベルさん。くふ。

ため息教授へ

学生
最近仕事が立て込んでいますから本題に入らないようにしてましたが、ついでですからBDF1のESかntESを小保方さんがどうやって先生にわたしたのかを教えて下さい。また、僕にはGLSが学生のntESであるBCA報告証明は完璧に思えましたので、後はGOF-ESの中身がGLSに入れ替えらていないと言う証明だけです。教授はご存じだから小保方さん犯人説なのでしょうからそれを教えて下さい。

ため息教授へ

学生
スマホを持ってないから学生ではないとおっしゃったので持っていますが学生ではないことはOoboeさんへの挨拶にかきましたのでグズどもの会話も読まれておられると判断いたしました。
天気の件はこちらがわのアラシの話で教授宛ではないはずです。ラベルにBDF1の文字もないのにBDF1の実験につかわれたと言いはっている書き込み者です。教授はどう思われますか?

ため息教授へ

学生
読んでないですね。僕仕事持ちだと書いてますよね。

学生
まだ天気荒れてます?

-
金髪美女さん

私達が小保方犯人説をとっていた、と早とちり
された、あちらのため息氏の誤解知らせて
くださり、ありがとうございます。
閲覧してきました。

ありゃ ありゃ まぁ~~ですこと、
誤解されてしまうような
私の表現、ため息氏にとっては言葉足らずで
紛らわしかったでしょうけれど、、、
当時を知る金髪美女さんに宛てた
表現ですから、金髪美女さんなら理解される
ものでした。

でも、ため息氏には
文法分析までさせちゃいましたね、、、

当初居士さんは、桂報告書の結論であるなら
小保方犯人説になる、との、居士さん考察は
小保方応援のパトナーや私達とは所見が全く異なっていました。それでもパトナーは
居士考察が、さらなる真を求めている、その
究明精神には、所見違っていても注目し、
その考察スタイルに敬意を抱いたのです。

思考停止のため息gのような
桂報告書の無批判受け入れの大勢の
小保方ES説の方々とは、別格でした。

金髪美女さんは、私達よりも前に
居士さんに注目されてましたね
懐かしいです。












昔の名前で出て居ます

気まぐれぺルドン
いよいよ打ち上げなのかな。
懐かしい名前がぞろぞろ登場し始めた。
「学」さんが幕を閉じるのか、「溜息」さんが幕を引くのか・・
終わるとなれば一抹の寂しさを感じられるのは驚きだ・・・

Ooboeさん

金髪美女
向こうで誤解されてるわよ。
ふふふさんを知らないようね。
たぶん村松も知らないのよ。
あは。

Plusさんへ

まだ謎はあるけど
どうもありがとうございます

ご尤もなことばかりで何も言うことはありません

1年前くらいかな、あの日を読んでこの事件が気になったのですが、ま、もう終わったことですね

それから、このブログ承認制なんですか?数字を入れてすぐに入れましたが、、

ため息教授へ

学生
続きです。

どうして三誌論文までの実験を検証するのかというと、ここには笹井さんも丹羽さんもいないからです。キメラはこの時点で出来ていますから、なぜキメラが出来たのかの問題に関して既に事件発生後だからです。問題が単純化出来ます。
サイエンス査読書の1番査読者の4、2番査読者の9-11のコメントでTable1に類した図があったことはお認めですね。しかも4Nのデータもあったらしい。これらのキメラ実験が先生の手になることはお認めですよね。小保方さんがES細胞を渡したのならこの時だってそうでなければならない。
ここまでは良いのでしょう?

Zscan4
① キメラマウスができない 

② ESのようなキメラマウスはできない

「2回目以降ができなければ論文にはできないので、いつも1回の成功では喜ばないようにしているんです」

CDBの当初からlow chimaerismのものは何回もできていたのでしょう。

ため息教授へ

学生
お返事ありがとうございます。因みに僕ストップウオッチ持ってません。

Table1そのものが三誌に掲載されていたかどうかは分からないのだというご主旨だと理解しました。

特許書類は二報論文リトラクト後にその関連記事が削除されています。現在のベースは07/30/2020の81p分のアメンドです。ついでに下から3段目の白黒図35p分の確認もお願いいたします。これは上記アメンドで17/35のFIG11までが有効です。

学さんその他氏名不詳の方

気まぐれぺルドン
ロシア軍の反撃が全戦線で始まりましたね。
AFP通信でも専門家が、ウクライナ軍の勝利は戦術的勝利に過ぎないと、指摘しています。
ゼレンスキーの「ないないない歌」はウクライナ軍を揶揄する歌になりかねない。ロシア軍の攻勢が始まるとキエフも危うくなる。キエフ防衛に軍を呼び戻さねばならなくなる。
亡命も考えねば命も危なくなる気配もある・・・

-
金髪美女さん

懐かしいです。ともに居士さん展開を
追いかけましたね、。
当時居士さんは
桂委員会報告から
小保方捏造犯人説を展開しながらも、完全納得を
求めて、疑問点を専門家に食らいついてましたね

パトナーと私は、小保方犯人説ながらも
真を納得したい思いの真摯な居士さん考察に
敬意を抱いていました。

ため息教授へ

学生
投稿論文を読めないので推測、とおっしゃいましたので、投稿論文を見なくても三誌論文の根拠だということ位は傍証されていると説明致しました。ご理解の確認を求めています。

Plusさんへ

まだまだ謎がある
そうですか

核移植ESは未使用か

あなたがそういうならそうでしょうな

和歌山夫人のES細胞は使った痕があったんですかね

このE S細胞もBDF1から作ったんみたいだけど

学生さんへ

まだ謎はある
中国人が嘘つきだって?

キミだって嘘つきだよね(笑

いちげんこじくんもうちゅうごくじん?

まだ謎はある
あれ?なんか地雷踏んじゃった?

O嬢のフリーザーに入ってた中国人留学生の核移植ESは何本か抜き取られていたんだわね?

そのES細胞を使ってキメラができたとしたら、窃盗でキメラができたことになるからー

理研は隠したいだろな

ため息教授へ

学生
ざっと見で気づきませんでしたが教授もまた同じことをおっしゃてますね。李は日本人ではありません。中国人よ。しかも嘘つきではありませんか。知らないの?

Ooboeさんへ

学生
はじめまして。あちらのブログでご意見と情報は何度も確認させていただいております。今後ともよろしくお願いします
あなたと同じく仕事持ちですので朝と昼休み位しか書きこみ出来ません。結構休日出勤も多くて夜は基本家族と団欒してます。

体内時計さん

学生
大陸では価値観の違う異民族ばかりですから身を守る嘘は当然なのですよ。仲間内で嘘をつくと弾きだされますけどね。あなた日本人ですねえ。呑気だ。

ため息教授へ

学生
>だからなにが言いたいの?

ご自分のお言葉ですから、EXAMPLESという文字を確認されて、サイエンス査読書にSACsの文字を確認され、Table1のACCsとSACsが三誌論文根拠だということを認識したことの表明を先にお願いします。そうでないと学さんに対する度を越して失礼な教授の暴言は、ため息ブログを覗いているであろう若い生徒さんたちの顰蹙を買うことになってします。それともそうでなくまだそのご認識がないと言うことなのでありましょうか?

Ooboeさん

金髪美女
あら、お久しぶりね。皆さんもお元気にされていますか?あたくしもROM専門だけど何時も見てまあす。

-
学とみ子さん

お久しぶりです。
私事の忙しさで、ウクライナを応援している
方々の情報を追いかけるのみの日々を過ごして
おります。居士さん、学さんの
展開にも追いかけたいのですがスルーしています。

久々すこし閲覧させて戴きましたところ
”学生“さんというHNの方の存在を知りました。
そのコメント文脈に流れている誠魂に嬉しく
なりました。

ロシア国民は、プチンの虚勢の罠に嵌ってしまって
ますが、ため息虚勢はいかがでしょう?
いまや、ロシアはウクライナからの撤退をせまられてます。ため息gはどうでしょう?

>学生さん
私、応援しますね!

学生
石川氏が窃盗だと騒いだ李氏の細胞は2011/7/8と2011/7/30の凍結ですが、inhibitorの種類と量が書かれているだけで、ラベルにマウス種は書かれていません。本人が後にBDF1だと言っただけです。悪人小保方さんが居たとしても流石にこれは使えません。李は日本人ではありませんから利害関係のある身内のための嘘は平気でつきます。日本人みたいにお天道様が見ているという良識はありません。

まだ謎はある
BDF1マウスからSTAP細胞やキメラができたのは間違いない

そうだとすると使われたES細胞は?

中国人留学生が作った核移植ESはB6D2F1

それが使われてたということはあり?

ため息教授へ

学生
二報論文はリトラクトされているではないですか。時系列をご存じないのですか。キメラは笹井さん参加の1年前の実験で作られていて、その結果が三誌論文に書かれている。今キメラがなぜ出来たかの話だと言ったではないですか。二報論文は笹井さんが英語と論理を直してやっただけで、キメラはその時期に作られているのではない。
Table1の説明が書かれているのはEXAMPLESの項でしょうに。教授は読んだよとおっしゃったじゃないですか。バカンチの仮出願は最初のネイチャー誌投稿後の2012/4/24です。その時の表が今でも特許出願され続けているんですよ。
須田桃子の捏造の科学者を読まれてないのですか?彼女は三誌論文と二報論文とその査読書を全部読んでますよ。そこにACCsはネイチャー、セル、SACsはサイエンスと書かれている。それにサイエンスの査読書は別途公開されていてSACsと言う文字が踊っているではありませんか。

ため息教授へ

学生
二報論文はリトラクトされましたから関係ありません。今キメラがなぜ出来たのかを考えている。報告書は大田ESや学生のESのコンタミだと主張している。その頃同時にネイチャー誌投稿論文用の実験でシングルでも出来たとし、三誌の半年間主張し続けたのは 先生です。ACCsはネイチャー、セル
誌、SACsはサイエンス誌ですからEXAMPLESが三誌論文根拠だということは自明なのです。
非公開コメント