論文発表後すぐ疑惑がひろがった頃の、オホホポエム文章が一番の迫力である。

和モガ氏は、初期から、示唆に富む情報を提供してくれる。

その彼が、オホホポエムについて書いている。

学とみ子は、和モガ氏のように、いろいろ想像できるわけではないが、これらの奇怪な文章は、擁護論のためには、ふりかえって何度も考えてみる価値がある。

オホホポエムは、一人の人ではないらしいから、文章の解釈には注意が必要である。
しかし、論文発表後すぐ疑惑がひろがった頃の、オホホポエム文章が一番の迫力である。



学とみ子は長年生きてきたが、他人を疑惑の目で見ることはしてこなかった。
STAP事件においても、故意によるES混入者などいないと考えている。
特に、小保方氏は、マウスの系統など眼中になかったから、渡されたマウスを使っていただけの人である。

学とみ子考察のための資料は、STAP論文及び関連の論文、そして桂報告書のみと考えている。

オホホポエム文章の意味についても、学とみ子は想像が足りないと思うので、何か、当ブログ主に教えたいと思う方がいましたら、コメントください。


学とみ子が一番驚いたのが、オホホポエムの以下の文章であり、当ブログ記事立てしている。

以下の文章を書いたオホホポエムは、TCR実験で苦労している。
TCRがどのような生物学的しくみなのか、オホホポエムさんは知らないのである。
TCR実験をするにあたり、あれこれと周りの研究者たちに聞いている。
そして、オホホポエムさんは、研究者らしく試行錯誤しているのだ。

一方で、オホホポエムさんは、メチル化実験には精通している人のようだ。
メチル化実験の同じような仕組みを応用して、TCRを理解しようとしているが、周りの学者からそうではないと言われて、オホホポエムさんは、混乱のきわみにいるようだ。


>幸運のスッポンさんの友達のチャンピン亀君がオホホ細胞が寄与したキメラマウスからジャームラインとおったF1は同腹兄弟とはいえ決して同じ組換えアレルを持つことはないって言うの。末梢リンパ球を酢風呂につけてオホホ細胞用にしたんだけど、末梢リンパ球がほぼ無限のレパートリーを持つせいでヘテロな集団オホホ細胞は1つ1つの細胞が絶対異なる組換えアレルを持つせいだ、なんて。もうわけワカメぇぇぇ。

>だからお願いして簡単な例をあげてもらったら、あるF1マウスはB細胞ゆらいで同腹兄弟はT細胞ゆらいなんてことになるんだよって優しく教えてくれたの。

>TCRなりBCRの組換えアレルを全身に持つエアマウスなら持ってるもんって思ってたの。ステム化オホホ細胞ゆらいエアキメラマウスからエアF1を秘密工場で作ったからシングルバンドとプロダクティブTCR配列1つだけで楽勝だとおもったのにぃぃ。

>あっ、なんだ、末梢血ゲノムテンプレートでTCRなりBCRなり増幅してプラスミドに入れて大腸菌君ライブラリ作ったコロニーをエアマウスにしてタイピングすればレパートリーをみせられる!幸運のスッポンさんありがとう。





以下は、和モガブログからの引用であるが、こうしたことをキチンと早くから問題視していた和モガ氏はやはりすごい人だと思う。


161 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/02/08(土) 16:08:14.90
っていうか、何でみんな私を信じてくれないのかとってもイラついたわ。
レビュワーが罵倒してくれたおかげで、エディターさんがこうすればい
いよって、優しくおしえてくれた実験があったんだけど意味がよくわか
らなかったの。で、お友達におねがいしていろいろやってもらったの。
そしたら合格できたの。あと胃は酸だけど大丈夫っておしえてあげた。
マーロックス飲ませたでしょっていわれたけどobota胃酸です。

あのエディターさんが笑いながらインタビューではにんじんをきってて
ひらめいたの?なんていわれたけどofuroよっていってみたらほほえん
でくれました。ホンとはトカゲの尻尾きってカメさんにあげてたの。
だって無限に再生してくるし。



ESが培養系に混じってしまった時のことを想像して、文章を書いている。
太田細胞が混入細胞であることについて、茶化して書いている。
この記載を、2014年に書けるという事は、STAP実験の実態について相当の知識を持つ人である。
小保方氏の酸浴実験を、ofuroと言っている。
「無限に再生してくる」は、ESが混じったことを想定していると感じる。


318 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/02/15(土) 16:19:20.50
オホホ細胞は増殖しないからあげられないの、じゃ先生が許してくれなかったから
ステム化することにしたの。ESを同じプレートで培養中だったんだけどいい子の
スッポンに餌をあげる時間になって・・・。ごめんね。
fgfトロホブラストはやっぱり同じプレートで培養中にムーミンとスナフキン
が手をつないであるきだしたから・・・。
ごめんね。


上記文章も、実験現場には、ES混入のリスクがあるとの想像が書かれている。



712 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/03/01(土) 00:21:55.05
チャンピン亀さんには内緒の先生がつぶやいた話。オス由来のES細胞をインジェク
ションしたらキメラでESが寄与した組織はY染色体を持つの。酢風呂細胞はオ
スとメスから作ってるので、メスのキメラでY染色体が検出できるはずなんだ
けど、まあいっか。テルテルボウズ明日天気になーれってつぶやいてたの。
それを聞いて私も、明日もう一日がんばるってつぶやいたら、先生、よーし、
TCRがんばるかーって。いっぱいT細胞ゲノムテンプレートがキメラマウスバイオ
プシーサンプルのまわりに転がってたのは内緒。
赤のフィルターは自家蛍光を確認するために使ってて、細胞がない視野だったん
だけど、なんかうつってたかなぁ。
細胞がある視野は、セキ鯖先生が再現してしまったけど鯖さんももう彼女だもん。



これを読むと。TCR実験の様相を、身近でやっていた、あるいは手伝っていた、あるいは見ていた可能性がある。
TCRの実験は、どの細胞からDNAを抽出したかの区別を間違えないようにしないと、大きな間違いを起こす。
特に、TCRが生物学的にどのような位置づけにあるのかを知らないと、実験ミスに気付かないことがあるだろう。


STAP擁護の立場からオホホポエムを評価すると興味深いことがある。それは、小保方氏を擁護するCDB上層部がいたことが手に取るようにわかることです。
彼らは、一流の学者であり、内部の人間でもあるから、ES捏造説の非現実性がわかっている。

上層部は、小保方氏個人でES捏造など達成できないことはわかっているだろう。もし、上層部が、ES捏造を疑っていたら、もっと早く事件は解決するのである。
小保方氏は、内外の学者たちから大変な非難を浴びるだろう。
小保方氏捏造で、複数証言があり、全てが科学的に説明可能となるのだ。




oTakeさん、すみません、学とみ子は、鍵垢さんについての記載と間違ったみたいです。

>こらこらこら、BBA学とみ子よ、嘘書くな!
過去コメント。真逆でないか(^^)


学とみ子は、文章を消させてもらいました。ご迷惑をお掛けしました。



ため息さんは、自らで、個人情報獲得の経緯を書いている。

>これで本名がバレちゃったわけです。

ディレクトリのそんなところに本名がわかるはずがないのに、文字列を名前と考えて、あれこれ他に情報を探して、これだこれだと決めつけているんですね。ため息さんは、明らかなルール違反をしてます。さらに、自らの詮索行為から得た不特定情報を確定だとします。自らのルール違反の手法を、自身のブログに書いてます。愚かしいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント