ため息さん、どうぞ、あきれてください。これに答えるのが、科学的、社会学的な議論というものです。

ため息さんです。

>あきれかえる妄想のリストですね。

反論するには、学とみ子の主張を理解することが必要です。

ため息さんは、ある程度に、学とみ子の主張の論拠を理解してますが、全て妄想で片付けたいのです。ため息さんは、理解をしても、反論できる科学理解力がありません。他の方は、学とみ子の主張を理解できません。だから、唐突でデタラメな話なのだ!というように理解します。

マスコミ全社、科学者たちが、ES捏造説を支持してるんだから、この説がひっくり返るはずがないとの、ため息グループの理解です。

ため息ブログメンバーの特徴は、周りに本音の意見を言う人たちがいないということです。だから、周りの人や、マスコミから、中途半端な科学知識を受けて、STAP細胞について十分なる知識を持っていると錯覚してしまいます。独学能力は無くとも、自身へのうぬぼれが強い性格なのでしょう。周りからも、批判されないのです。

ため息グループは、小保方氏の言動や、「あの日」文章を読んでも、ここはすごいな!と気づける力がありません。
学とみ子は、あの日を読んで感じることは、小保方氏は書き分けをしっかりやってると感じます。

以下のような、STAP事件に関連する事実のかき分けです。


(小保方は)、この事実は、公開しない。
この事実は、ここまでは書くが、先は書かない。

こうした区分をしっかり押さえて、小保方氏は、文章作りをしています。
ここはこう書くと、こうしたトラブルになるから避けておこうと、小保方氏は、予めの想定をしています。

ここはこう書かないと、小保方自身の無罪を読者にわかってもらうことができないから、しっかり書いておこうとも、小保方氏は読者の理解を想定してます。

そして、この事実だけは書かないでおきたいと、小保方氏は、考えています。

こうした小保方氏の気持ちや、環境背景を考えなら、あの日を読むのは、一興でしょう。読後の感想文を書きやすいですよ。



ため息グループは、独自の考察力を持てずにいる自分自身を情けないと感じません。逆に、ため息グループは、自身は十分なる学力があると感じてしまいます。

その理由は、ため息ブログメンバーは、社会や、科学知識に対する感知のためのアンテナを既に失っているからです。こうしたタイプに残された反撃手段は、学とみ子バカ呼ばわり、妄想呼ばわりの無視作戦です。

ため息グループが、何か、反撃の言葉を発すれば発するほどに、彼らの見当外れがあからさまになります。


結局、周りの人は、ため息グループに対して、内心では、
「君(ため息ブログメンバー)は、STAP細胞を語れるレベルで無い」
と思っていても、それを口では言わないのです。

そうした職場環境にいる人が、ため息ブログに残っています。彼らメンバーにとっては、相変わらず、ES捏造説支持は、社会正義のための行動なんですね。

ため息グループは、良く知ってる人が書いた文章と、聞きかじり知識しか持たない人の書いた文章を読みわける能力がありません。相手の実態を想定する能力が無いです。

今は情報はいくらでも手に入りますから、知ったかぶりをすることができます。現実生活なら、文章以外に、いろいろなしぐさや、とっさの表情によって、人となりが外に出ます。しかし、やはり、文章だけでは、そこが難しいです。

だから、誰でも、付け焼き刃的な専門家ぶることができます。さらに、独学が進めば、少しずつ専門家に近づきます。

しかし、ため息ブログメンバーは、独学無くして、専門家ぶったりしたがる人たちのようです。でも、文章を交換し合えば、相手の虚勢は見えてきます。

しかし、自らにアンテナが無い人の場合は、いつまでも、自らの虚勢が有効に効いていると思ってしまうのです。


ため息さんです。

>もうSTAP現象などなかったと科学的な結論は出ているのですよ。すでに結論が出たSTAP事件をいまさら誰が正義顔して議論するの?学とみ子のデタラメを糾弾しているのがわからないの?

ES混入説は、ES並みSTAP細胞はなかったということです。ES並みSTAP細胞を否定したのは、若山氏です。
科学的な結論は出ているのです。しかし、ため息さんはメリハリのつく議論ができません。

ため息さんが否定したがっている学とみ子のデタラメってなんなの?
ES並みSTAP細胞と、検証実験で小保方氏が達成して実証したSTAP細胞の違いをしっかり書いてよ。
ここが書けないから、ため息さんは苦労してるんでしょ?

ため息さんには、踏み込んで、STAP細胞は、どのような特徴であるのかのオリジナル文章が書ける学者で無いです。学者に求められる解釈がどのようなものであるかの想像もできない。ため息さんには、従来の言いふらされた説明を繰り返すことしかできません。

学とみ子を理不尽に否定し、学とみ子が反論すると、言い方が傲慢だと言う。学とみ子反論の前に、ため息自身やブログメンバーが、ひどい中傷をしているとの自覚が、ため息さんに全く無い❗



ESは、多能性を維持して自己複製できる。自己複製の機能は、最終的分化細胞なら可能だが、分化細胞の自己複製能には限界がある。一方、体内の幹細胞は、完全な多能性を維持していない。

つまり、短期間で、分化細胞からES並み細胞にするのは、今の技術では無理です。

小保方氏は、分化細胞が初期化に向けて動き出す初期の現象を発見し、若山氏はそこからES並み細胞になる現象があることを証明して見せた。その若山氏が、ES並み細胞の出現を否定した。若山氏が実験成功と感じた時に、細胞変化をどのように推論したのか?その細胞機序を否定した科学的説明は、どこなのか?については、若山氏は具体的に語っていない。
だから、実験をしていない小保方氏には語れない。そうした社会的な事情を、小保方側から書いたものが、「あの日」だ。つまり、他人の実験や、思考回路は書けない。小保方氏には、若山氏と科学的議論ができる立場も身分も失っている。

それは、全責任を小保方氏に帰せたいES捏造説学者がいたからだ。ES捏造で片付けたい学者たちは、マスコミという権力ある素人集団を使って、世論を作らせた。政治力も巻き込んだ。マスコミと政治家にとってウインウインとなるように、小保方氏を犯人扱いにし、終わらせたのだ。


政府が介入することで、学者の自由なる議論は、ふさがれてしまった。
専門家による、専門的議論は、事件勃発直後に限られる。専門家たちは、STAP論評をするとヤケドすることを知ったのだ。

STAP事件は、政府によるCDB上層部への圧力、学者間での権力抗争などがあった。CDBは、学者権力が強かったからだ。政府は、お灸を据えたかったのだろう。

しかし、理研の名誉にマイナスとなるこれらの出来事を政府は、隠したかっただろう。政府は、ES捏造が実際にあったと思っていたし、個人の純粋なる捏造事件で解決にしたかったのである。

実際に政府は、捏造は真実と思っていた人が多かったであろうし、専門家たちも政府の人たちに情報提供しなかったから、ES捏造説が信じられたままになったのである。政府の人たちに情報提供したのは、三流学者だけで、一流学者は、沈黙したのだろう。





ため息さんです。

>都合の悪いことは書いてない、いいことしか書いてないと理解しているようだ。

小保方氏は、自身で責任が負える事、自身では責任が負えない事を、将来展望を踏まえて、区別して書いているだけです。そうした見方ができないため息さんはそれだけの人です。



相変わらずのため息さんの日本語読解力も低い。

>将来展望はどうなったの?ケーキ屋の店員が将来展望なの?

将来展望なんて、小保方氏自身は、捨てているのだから、他の研究者たちの将来展望に決まってるじゃないの。何で、ため息さんは、そう読まないのでしょうか?

ES捏造説は、研究者としての小保方氏のキャリアを奪ったとの意識は、ため息さんに無いんですね。そして、学とみ子文章を読む人は、小保方氏の将来展望の事と読むはずと、ため息さんは考えるんですね。もう、どうしようもなく、ため息さんは衰えています。相手にしてもしょうがないです。

ものの考え方が、全て、自分自身の知識と価値観だけなんですね。

例えば、ため息さんは、以下のように言う。自身に益があることを最優先にする。自身に都合の良い判断を、科学的正誤より優先させるのが、ため息さんの特徴です。

>つまり本人でしょうが。誰のせいだと言うのさ。

>小保方氏の面目を回復させたいのなら「ES捏造説」を打ち破るために、学とみ子が主催して研究室をたちあげSTAP細胞を証明したらいいのです。やったら?できないの?

こうした考えは、サラリーマン生活さんのような一般人の発想ですね。学者なら意味がないとわかりますから、普通は言いませんね。つまり、ため息さんには、「そんなこと、意味の無い事だ!」との判断もできないのです。

“けるびなあかでみー“のような動画を作ってまで、小保方批判をする事は、科学的知識の無い人にはできないはずなのに、ため息ブログメンバーにその基本がわかりません。

ため息ブログは、こうした人たちの集団であり、このレベルの人たちが、科学的知識が無い政府系の人に影響を与えたのでしょう。ため息ブログの彼らは、スピン屋というよりは、知識が不十分なのに自覚できないないという状態なのです。知識が無ければ、STAPも、小保方氏も論評できないということが、ため息ブログは、わかりません。

個人の犯行では、気付かれずに、実験全体へ影響を及ぼすことができないと知るのは、科学力です。ES捏造説学者が言うデタラメに気付くのは、各人の科学力です。ため息さんのデタラメに気付くのは科学力です。

動画に登場するうぷ主さんは、小保方氏の言い分が、どれもこれも奇妙で言い逃れでであると感じてしまうのです。その理由は、科学力が無いからですが、うぷ主さんにはわからないのです。

うぷ主さんは、STAP擁護する人は、科学理解の無い陰謀論者であったり、ES捏造説が理解できない低レベルの人たちであるとの位置付けです。うぷ主さん自身が騙されてる側であるとは、うぷ主さんは気付けないのです。自身に科学理解が無いとの発想になることがありません。ため息ブログメンバーが、8年経っても、STAP細胞の理解を向上させることができないのは、彼らには独学能力が無いからです。そして、ため息ブログメンバー自身は、マスコミ解説ままのSTAP細胞を理解しているのです。つまり、細胞を科学の視点で、独学を進めることができません。

だから、ため息ブログメンバーは、「STAP擁護者はバカだから、私たち(ため息ブログ)を越える事ができていない」
と見なしてしまうのです。


エセ知識の彼らは、書けば書くほどに、ES捏造説学者のチグハグレベルを暴露してしまいます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント