その後のSTAP事件の推移を見ればわかるように、一般人たちの評価の方が、むしろ、正しかったのです。

当ブログでは、みどりさんという方とコメント合戦がありました。
文章の書きぶりから、この方は体内時計さんと似ているとの印象を、学とみ子は持ちました。

体内時計さんについては、自身の見解には大変なこだわりのある人であると、学とみ子は、思っていました。遠藤さんタイプです。
今回の体内時計さんは、みどりコメントに触れています。

同一人であるかは学とみ子にはわかりませんし、学とみ子の思いすごしかもしれません。
思い過ごしなら、申し訳ないから、先に謝っておきます。

体内時計さんがESねつ造説を信じ込むのは仕方ないにしろ、周りの人たちにも、ESねつ造説に反対の人がいないことが、学とみ子には不思議でした。
体内時計さんを取り囲む人たちも、皆、ESねつ造説は正しいという職場状況が、学とみ子には不思議でした。
でも、政府から発注をうける会社や研究所であれば、そうした状況が納得できます。

STAP事件に興味がわかない、理解できない人を除き、ESねつ造説を信じる人には、いくつかの職業的立場の特徴があると思います。

つまり、学術層に属するものの、インパクトの高い論文の筆頭著者のような立場ではない人たちです。

事件当初、STAP細胞についてコメントを書きこんだ人たちは、
「私は研究界にはいるけど、専門家ではない」 と自己申告してからコメントする人が多かったですよね。

oTakeさんも純粋の研究層ではなく、周辺の学術的職種についていると言っていました。

例えば、研究者の中には、商業ベースでの研究、精度管理をしている人、政府から発注をうけて学術的検定を行う業務の人がいます。
地方自治体も多くの研究所を抱えています。ここの人たちは、国の方針に逆らう仕事はできません。

oTakeさんは、関連する施設で、酸浴細胞実験のトライをやってみたと書いていました。

このみどりさんも、そうした何等か政府と関連する研究職の人ではないかと思います。
(体内時計さんは自己申告が無いので、何をしている人なのかわかりません)

そこの人たちは、若山研究室のような新規研究をしているわけではないし、研究内容の目的も違います。
研究は、会社の利益につなげるようなものに限定されます。
ですから、研究成果は、利害関係についての申告が義務つけられています。会社の方針という制約があります。

こうした政府関連の研究所に対して、STAP事件勃発時、直接、政府から、「ESねつ造説は現実か?」の質問が寄せられたと想像されます。
そこの研究所の人たち自身も、「ESねつ造説は現実」と思ったと、学とみ子は想像します。
なぜなら、STAP研究お膝元の理研から直接、ESねつ造説が発信されたからです。
理研に研究室を持っているようなエリート研究者からの情報発信は真実味が高いと、傘下の研究員は判断したのでしょう。

しかし、次第に経緯が明らかになるにつれて、個人によるESねつ造は可能か?と、自ら熟考していった研究員と、熟考しない研究員の両方のタイプがいたと思います。
そして、事件の推移をみて、ESねつ造が可能でないと考え直して行った研究員が多いと思います、

当初、理研の研究者たち自身も、「ESねつ造説は現実」と信じて活動してしまった人が多かったのです。


一方で、むしろ科学に詳しくない一般人たちの中には、STAP事件の経緯は普通ではない!と感じた人たちが多くいました。
その後のSTAP事件の推移を見ればわかるように、一般人たちの評価の方が、むしろ、正しかったのです。
故郷に帰った石川氏が、周りの一般人の様子を語っていましたが、こうした評価というのはとても大事だと思います。


以下にはり付けます。

体内時計さん
2022年12月26日 10:27
https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-2011.html#comment8521

1-5を守れば、ESコンタミを防げるなんて、学とみ子は思いませんね。
なぜなら、第三者の私たちは、実験の実態を知らないからです。
ESを単独に使って実験している場合と、ESではない細胞とESを同時対象には違いますよね。
どのような実験が行われていたのかわかりません。

それであるなら、直接若山氏に聞く以外、学とみ子氏が納得する方法はないでしょうね。(それでも納得するか否かはわかりませんが)
ため息ブログには専門家がいないと豪語し、せっかくES細胞を扱っている方がコメントしてくださっても上記のように反論するならSTAP細胞の実験の実態をご存じの方に聞く以外、学とみ子氏の疑問は解消されないと思いますが。

どうでしょう。若山氏に電話でもメールでもして尋ねられたらいかがですか?
例えば、石川氏が小保方氏を告発したのは
『告発状などによると、小保方氏は2011~13年ごろ、若山照彦・山梨大教授の研究室からES細胞を窃取。このES細胞が混入された細胞サンプルを若山氏に渡して実験を行わせ、STAP細胞に関する論文を英科学誌ネイチャーに発表したとしている。』ttps://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HFT_W5A120C1CR8000/
ということだったわけですが、石川氏は事前に若山研を訪れていますね。このことについて、若山氏はどのように考えていたのか、何故、石川氏の告発を止めなかったのか、実験の実態をご存じの若山氏に尋ねられたらいかがでしょうか?
真実は知りたくない、ずっと妄想で自己満足の世界に浸っていたい、というならそれは学とみ子さんの自由です。

医師という職業を貶め、母校の印象をすこぶる下げても何も感じないのであれば、それも個人の生き方の一つなんだなあ、と色々な事件があった2022年を振り返って考える次第です。




石川氏は、二度とSTAP告発の件は、しゃべりたくないと言っていました。
そうした人に質問するほど、学とみ子はヤボではありません。

学とみ子は、若山氏に質問する気もありません。

質問しても、お互いに傷つくだけで何の成果もないことは、最初から予想されることです。

学とみ子にとっては、若山氏が沈黙を守っていることに注目しています。
若山氏の固い意志だと思うので、質問者が誰でも、STAP事件について何か言う事などないと思います。
若山氏自身で状況を言いたいと思う時まで、周りの人は待つしかありません。

体内時計さんは、他人の気持ちを予め予期するという能力が低いと思います。
自身の理解内容で、世の中の出来事が正当に説明できるはずと感じることのできるハッピーな方です。

みどりさんは、最初から、学とみ子をデタラメ呼ばわりをしてきた方です。まともな議論を望んでいるわけではありません。
ですから、学とみ子の答えも、非難にたいしての反論となり、強い言い方になります。

ため息さんは、みどりさん側の無礼は、一切問題にしません。悪いのは、学とみ子だけです。それも、学とみ子を嫌味で人間失格であるとし、真実で論拠があると表現し、激しく毒つきます。

>もうご存知でしょうが、学とみ子は相手の職業、身分、地位、性別で態度を変えます。

>みどりさんが細胞培養の説明をすると、頭ごなしに、みどりさんの職場は一流の研究室ではない、商業用の研究室だと決めつけるわけですね。若い女性と判断したからです。

>頭ごなしに、どうせまともな研究室ではないだろうという態度がミエミエです。

根拠無い悪口を言って、ライバル潰しを徹底的にやって、侮辱するが、ため息手法です。ため息さんは、批判される前に、先に相手を悪く言って、批判をかわします。徹底的に潰したいと思うのでしょう。


ES捏造派学者が、小保方氏をトンデモ研究者扱いにしたのと同じ手法です。オホホポエムのように、他人を徹底的に貶めることに平気なため息タイプの人たちが、学術層にいると言うことなんだなと思います。学術層は、激しい競争や、日常的な虚勢、つっ張りが、人心にマイナスに作用するのでしょう。ため息さんの性格的な暗さが良く反映されてますね。




澪標さん、

相澤氏の最後の謝罪をどう聞くかは、聞く人次第だと思います。学とみ子には、相澤発言は、「小保方氏は犯罪人なんかじゃないぞ!」ときこえますし、そう聞いた人たちが多いと思います。

澪標さんには、そのように聞こえませんか。

そもそも、科学者、医学者は、毎日山のように出る新規の論文を、文法が解決すると思わないから、辞書も自動翻訳も使わないことは理解できましたか?

論文には、わかったつもりで実は間違ったこと、著者が曖昧にしておきたいと思うがための表現があります。

事実は次々と上書きされる世界です。
丹羽先生もごまかしているわけではなく、人類の未知を扱っているだけなんです。

PBSニューのジュディキャスターが、ファウチ博士に、コロナウイルスについてインタビューしました。ジュディさんは、ファウチ氏がコロナウイルスについて不透明な言い方をすると批判したことがありました。その時、ファウチ博士は強く否定しました。学者だって、わからないことが多くあります。しかし、マスコミ人にとっては、ごまかされたとの印象になるのでしょう。

澪標さんには、どこまでが既知で、どこからが未知であるとの科学のメリハリがついていますか?


科学者は、誠意をもって答えていますし、CDB上層部による検証実験の目的は、若山実験の確認なんです。雛壇の科学者たちは、それをあからさまには言えないのです

まだまだ、澪標さんにとっては、この科学世界はワンダーランドだと思いますけど、皮肉的な目で見ずに、新世界研鑽を続けて欲しいです。


今回、澪標さんは、酸浴後、”小細胞が集まって大きくなったクラスターでは、ほとんどOctGFPが陽性だった”とするため息訳を支持しているようですが、ここは文法で論じてはいけないのです。
なぜなら、そのような記載が本文にも図にもないからです。

”特徴ある(小細胞が集まって大きくなった)クラスターでは、ほとんどOctGFPが陽性だった”とは、本文には書かれていません。
この意味としてとった場合、キメラのメッソドだけに記載されたことになります。
CD45が陰性になった細胞から、次第にGFPが陽性になったくると、本文にかかれています。

GFPが陽性になる時期というのは、クラスターごとに変化します。day7に、特徴あるクラスターが、ほとんど光るのかはわかりません。
Fig1dを見ると、day7に6割位しか光っていません。

day7はGFPが光るピークであっても、day7以後にピークのでるクラスターもあったであろうし、光っていたが消えてしまうクラスターも存在したと思います。
ある時期(day7)、特徴のあるクラスターであれば、ほとんど(most)が光るわけではないと想像されます。
もし、day7に、特徴のあるクラスターがほとんど(most)で光るなら、本文にそのように書かれていると思います。

細胞の状態は刻々と変化していきます。そういうことを考慮すると、特徴ある(細胞が小さくて大きい)クラスターが、day7にほとんど光ると、読者が勝手に考えてはいけません。具体的に、クラスターの大きさとGFPの関係が書かれていません。

つまり、この文章は、非常にあいまいな表現ですから、ほとんど(most)が7daysにかかるという学とみ子解釈はありえます。
また、そちらの方が、本文の説明に矛盾しません。しかし、こちらだけが、正しいとするわけではありません。曖昧に書かれていると言うことです。

この学とみ子解釈について、澪標さんはあいまいな評価をしていますが、普通の言葉でわかりやすく言って欲しいと思います。
本文にはday7に、特徴あるクラスターが、”ほとんど光る”という表現は無いことを認めますか?、
科学的に、実験の手法を考えると、day7に、特徴あるクラスターが、ほとんど光るとは読めないことを認めますか?


ため息さんは、本文も、図もきちんと読んで、見比べながら論文を読んでいないから、ちぐはぐな解釈になります。
ため息さんは、「どこに書いてある!」と騒いだ時は、Fig1dの語句は無かったのです。
あきれた学とみ子が図1と追加する前に、ため息さん自身で探してFig1dを書きこんだのかどうかは、学とみ子にはわかりません。
しかし、最初に、ため息さんが騒いだ時には書かれていませんでした。

澪標さん、こういうタイプの人を信頼できますか?


澪標さんからお返事ありました。

澪標さんも、澪標スタイルでSTAP論文を楽しむ方でしょうから、論文内容を学とみ子と討論しても不毛なのだと思います。

>”相澤さんの発言については内容ではなく、その行動様態について”、”丹羽さんの発言については、アーティクル論文記載内容との齟齬について”、コメントしたものです。発言の意図については興味も関心もありません。

論文発表後に起きた騒動については、その人なりの評価があると思います。
今後は、澪標さん発言とはバトルせず、学とみ子に参考になることを探していくつもりです。



学とみ子が、相澤発言から想像すると、当時、STAP細胞を支持してしまうと、研究者ポストを奪われるような状況があったと思います。
これは、実際に奪われるというよりは、誰かが脅し効果をねらって「奪ってやる!」との情報をだしたのでしょう。
どういう立場の人かは、わかりません。
相澤氏は、CDB上層部に対しての、監視つき再現実験要請は改革推進本部であると言いました。しかし、あくまで個人的意見であると断わっていました。

理研の理事なども、政府の意向を伝える立場にありますが、理事も交代してますから、誰がどう立ち回ったのかはわかりませんね。
政府から出向してきている理事が文系の人なら、たいした判断をしないでしょうが、理事が理系の人であると危ないですね。
思いこみが強い理事であると、強引にESねつ造を推し進めるリスクがあります。

「何も知らない!、専門家じゃない!」と権力ある立場の人が言われると逆上して、倍返し、10倍返しをすることがてきます。


ため息さんです。

>僭越ですが代わって答えると、

僭越ですね。ため息さんは答える資格がありません。

澪標さんも、ズルまでして、自ら(ため息)をエラそうに見せようとするため息さんに愛想をつかさないのですね。
ため息さんは、ため息メンバーを決して否定しないですから、安心なんでしょうね。
メンバーがそちらに書いて、学とみ子から反撃を浴びれば、すぐため息さんが助っ人登場しますからね。
ため息主張の理不尽さ、悪辣さを楽しむために、コメントするメンバーもいるようです。


澪標さんです。

>day-7 の~”と理解する事は不能です。

何であとからすぐ追加するのでしょう?意見があるなら、最初からかいたらどうですか?ため息さんは、すぐ割り込んで、自身の優位を示そうとする人だから、邪魔でしょうがないです。

ため息さんの話なんて意味が無いのです。ため息さんは、学とみ子が説明したものに言いがかりを付けるだけなのに。

ため息さんは、最初からは、コメントしない人です。day7のGFP図があることすら、ため息さんはわからなかったようです。学とみ子に言われてから初めて、論文の図を探したレベルです。

ため息さんの頭には、STAP論文が、頭に入ってないです。学とみ子が説明すると、やっとため息さんにいろいろ見えてくるみたいです。学とみ子が説明した論文部分を、ため息さんは再度こねくりまわすだけです。ため息さんは、自身で問題箇所を探したりしないでしょう?



キメラ作成時は、光る大きなクラスターをいれます。OctGFPが無いときはクラスター形状を目で見てます。その注入が、一文内にday7の日付で書いてないのだから、day7とは限らないと言うことです。結局、実際には実験を見て無い人が論文を書いているのです。要は著者にとって不明ですから、確定できません。

Thereforeでつないで、技巧的に二文に分けたと考える人(学とみ子)がいても、間違いではありません。



どちらが、図1或いは、Fig1.d を先に書いたかはわかりません。大事なのは、day7-STAP-GFPの図があることを知らずに、学とみ子に向かって「どこにあるんだあ~」と凄んだことです。その後、ため息さんがFig1.d を見つけて、凄んだセリフに続けて、Fig1.d 文章を書き加えた行為です。学とみ子が書いた図1が、ため息さんの思い出しのきっかけなのかはわかりません。

お互い、逐次チェックしているわけではないし、どちらが、先に語句を書いたかはわかりませんからね。ただ、ため息さんは、同時間に続けて書いたものではないです。ずるいため息さんはあくまでもごまかすでしょう。

>違います。学とみ子が図1と書くまえにFig1.d と提示しました。


キメラ作成の実験手技は、公開されてません。

ため息さんは、以下を書いてますが、キメラ実験は、小保方氏も若山氏も、企業秘密として明確に書かない選択をしたのでしょう。誰が実際の文章をかいたか不明です。何度も書き直されているでしょうから。STAP研究全てが、バカンテイ研究室に権利が帰さないためか?

>実験した方(小保方氏と若山氏)が投稿する論文を読んでチェックしているのですよ。



研究者の思惑なんて、論文ごとに状況が違うし、ため息さんは最先端の研究者でもないのに、自身の思い込みをいくらでも書き連ねますね。関係の無い例やら、自分勝手な思い込みをぐちゃぐちゃにしてしまう人です。科学者の見解じゃないですね。勝手に言い続けさせれば、そのうち、ため息さんは飽きるでしょう。


>再現してほしいから再現のための秘密などないのです。キメラ作成技術は普遍化しているので、STAP細胞の作り方が問題だったのです。ですから再現してほしく新しいレシピを公開したのでしょうが。第三者が再現できないとシェーンの高温超電導のようになるわけで、若山氏は再現してほしいからあちこちの研究室を訪れたのでしょうが。特許の権利は企業が商売に使った時利益がでるから取得するのです。研究者が特許の技術を使うのになんの問題もありません。商業的利益につながらないからです。ですから発表時にはすでに特許申請をしておくのです。


一般的にESを扱う研究者と、若山研究室のような新たなチャレンジをする研究では、ES使用の質が違うのではないか?と、学とみ子はごくまともな考えを書いた。それを、ため息さんは、差別、見下しと決めつけて、学とみ子をなじる。


業績を評価する時は、研究の質、格差は付き物なんじゃないかな。評価の高い研究や、低い研究があり、研究者自身が、その格差を知り、そして向上の努力をしているだろう。競争によるランキングがつきものである。それが耐えられないと言うなら、学術界から離れなくてはならない。

だから、研究者が、他の研究内容を評価する時は、ある程度に自身の研究内容を述べて、相手の理解を求めるのはエチケットだと思う。それをため息さんは、全て差別的行為と位置付ける。

ため息さんは、潰したいと思う相手の主張を、全てネガティブにすり替え、相手がひどい人格失格者であると、周りに聞こえるように叫んでいく。

ため息さんは、とことん、ライバル潰しの悪い経験を積んで来ているのだと思う。

この記事は、アクセス数が他の記事に比べて多かったですね。
STAP事件で、一部の学術層の人達の攻撃的な動きに、一般社会は、びっくりしたのではないでしょうか?


学術層の人の中には、「俺が一番、他の奴はみんなバカ」という自負心が強い人が、一部にいるようです。
とにかく、相手を、悪く言う。

小保方氏がひどい言い方をされているのを聞いて、一般社会は驚きましたよね。
そして、この事件はおかしいのではないか?と感じたのです。
常識的な学術層の人たちも、STAP事件の異常性をわかっているでしょう。

ため息さんの過度なる攻撃性をみていても、一部の学術層の人たちの異常キャラが伺えます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント