やはり、STAP事件は、一般社会を誤解させようとする力が強く働いていた。いまこそ、考察の時である。

ため息さんの論法を相手にしていると、きりがありません。
こうした事を言うと、じゃあ、止めればいいじゃないかと、誰もが思うでしょう。

ブログの世界ですから、各人、自分で考え言動したらよいのです。

しかし、ため息さんのコメントというのは、まさに、よく知らない人をため息ワールドに誘いこむ作業を熱心にやっているとことが良く見えて、興味深いのです。
ため息言動の問題点を指摘をすることは、STAP論文考察のひとつのツールであると思います。
ため息さんも、せっかく書いたものですから、多くの人に読んでほしいと思っているでしょう。

ため息文章には、学術層がどのように一般人をだましていくかの策略が読み取れますね。


STAP事件は、一般人が良くわからないことを、研究者層が情報を提供し、結果、一般人を間違わせた経緯があります。
ただ、情報が少ない初期の頃は、誰もが正義のための闘いであったと思います。
マスコミは、ESねつ造説を一般人が信じる方向へと情報を出していきました。

そして、今になっても、STAP事件は、一般社会を誤解させようとする力が働いています。
それを熱心にやっているのは、非専門家であるものの一般的に知識層と言われる人たちです。

特に、ため息さんを代表されるように、自分自身の知識は正しい!、学とみ子は間違っている!と、根拠なく言い続けることのできるタイプの人です。
非専門でも自信過剰なスモールワールドにはまり込んでいる人たちの一部が、今も、ESねつ造説を堅持しています。
この人たちは自らをごまかしたりするのも得意ですし、思いこみも強いです。
自身を過剰評価してしまうのでしょう。結果、反論してくる人をバカ呼ばわり、軽蔑してしまうのも、特徴的な彼らの言動です。
ため息さんは、自らの知識が不足している事がバレると、後から付け足して知らん顔をすることをしましたね。

ため息文章を見ていると、これらの手法が良くわかります。


関係性の薄いけど、一般人が聞くとわかりやすいたとえをあげて、ESねつ造で人心を操作しようと必死でがんばっているため息さんです。
たとえば、ねつ造事件で有名なシェーン事件を、何度もあげてきます。
これは物理の話ですが、これをたとえにして、ESねつ造は間違いないと騒いだ人達は多かったのです。

その後、多くの人たちは、いろいろ学び、STAP事件は、シェーン事件とは似ても似つかないことを理解しますが、ため息さんは、それでもがんばって熱心に印象操作をくりかえします。
これもそうですね。


>そこで当方はそんなことはない、商業組織である島津製作所の田中氏は最先端の研究でノーベル賞を受けたとの例を挙げ、反論を書いたわけです。


一部の例をあげて、一般化させて、印象操作するのが、ため息手法です。

ため息さんは、物事を単純化して、人心をひとつの方向へ導こうとします。
ため息さんは、人心誘導作業にしごく真面目にとりくんでいるのですが、その手法が単純すぎて、スキルが練れていません。

こんしたため息さんとバトルすることは、学とみ子には、無駄な作業のような気がするのですが、STAP事件の考察には重要な因子となります。
又、HNでは、本音の性格がでやすいですから、人間ウオッチングの勉強にもなります。
人間の生きざまがいとおしくなりますね。


ため息さんは、科学論文、特に生物学領域の論文について、世間が正しく評価することをしないように持って行きます。
あえて、一般社会の評価を間違わせようとして、文章づくりをしています。

こうした印象操作です。

生物学の実験は、誰でもいつでも再現が可能である。
論文に書かれた手法は、他の研究者がとりくめば、すぐ追試できるように十分な情報が提供されている。
他の研究者が追試できない実験は、論文が嘘である。

もちろん、世間の人は賢いですから、生物学の現象を危ういことは、日常のできごとで知っています。
しかし、論文は、他の研究者がすぐ追試できるようには書かれていないということまでは知らない人が多いです。
なぜなら、企業秘密もありますし、一般人が簡単に思える手技がとても難しかったりするからです。

「他の研究者によって、追試可能でなければ、論文に書かれた事は嘘である。」と、STAP事件勃発時に、一般人が誤解した理由には、ESねつ造説を広めようとする研究者たちの派手な立ち回りがあったのです。

ため息さんは言いたのです。再現実験は世界でやられて失敗したと。
しかし、再現実験について、学とみ子がコメントしても、ため息さんからの反論はありませんでした。
以前は、自動翻訳の精度が低く、学術論文は正確に訳さなかったのです、だから、ため息さんには反論のしようがなかったのです。

しかし、昨今の自動翻訳は優れていますから、ため息さんはこのような事を言い出し、英文を引用して、STAP論文を語るようになりました。


>特に今回のようなセンセーショナルな発見は第三者に再現してもらいたいのです。iPS細胞もそうだし、若山氏のクローンマウスもそうでした。STAPのような現象には同業者は再現実験にすぐ飛びつくのです。



日本でも、外国でも、盛んに再現実験が行われ、失敗しました。
しかし、その再現実験についての正誤の情報を発信できるのは、研究者層の人たちだけでした。
すでに、マスコミは、ESねつ造説で商売に利用していましたから、巷でやられた再現実験について、正しい情報提供をしませんでした。

代表的な再現実験であるTangの論文でも、再現実験などできていませんでした。差読者から、小保方実験並に、細胞を生かせていたの?と聞かれています。


彼らは、酸浴細胞を7日間、維持させることができなかったと思われます(論文に記載なし)。
PMID: 25075303 PMCID: PMC4032108
Transient acid treatment cannot induce neonatal somatic cells to become pluripotent stem cells

以前、Lさんが使われたマウスが違うということを教えてくれましたね。
B6;CBA-Tg(Pou5f1-EGFP)2Mnn/J
Strain #:004654
RRID:IMSR_JAX:004654

Info
Common Name: OG2 , OCT4-EGFP
These transgenic mice express Enhanced Green Fluorescent Protein (EGFP) under the control of the POU protein domain, class 5, transcription factor 1, promoter and distal enhancer. Primordial germ cell specific markers, alkaline phosphatase II and stage-specific embryonic antigen, are co-expressed in EGFP positive cells. This strain represents an effective tool for studying genetic imprinting and early embryonic development.



Tangの論文の査読者は以下の論文批判を書いています。

Tang et al. report attempts to replicate the findings of Obokata et al. on the derivation of pluripotent STAP cells by acid treatment of mouse splenocytes. Despite attempting to replicate the exact details of the Obokata experiments as published, they were not able to observe any activation of an Oct4-GFP transgene or of the endogenous pluripotent markers after several days of culture of the treated cells.

While these results do suggest that the STAP protocol is not simple and easily replicated, negative findings are always hard to interpret and need to be very carefully controlled. For this reason there are some points that need to be considered:
It is not clear how much cell death occurred after the acid treatment - was this at the same level as reported by Obokata et al.?
What was the sensitivity of the PCR analysis of the expression of the pluripotent genes? A control analysis of different levels of expression in existing pluripotent lines would help.
Is it possible to repeat the analysis with a different Oct4-reporter to avoid the potential confusion with green autofluorescence?
There is merit in this replication study being published in the scientific literature, however when trying to reproduce a null finding the controls used need to be well defined to prevent any ambiguity.



別の査読者です。

The authors describe their attempt to reproduce a study in which it was claimed that mild acid treatment was sufficient to reprogramme postnatal splenocytes from a mouse expressing GFP in the oct4 locus to pluripotent stem cells. The authors followed a protocol that has recently become available as a technical update of the original publication.

They report obtaining no pluripotent stem cells expressing GFP driven over the same time period of several days described in the original publication. They describe observation of some green fluorescence that they attributed to autofluorescence rather than GFP since it coincided with PI positive dead cells. They confirmed the absence of oct4 expression by RT-PCR and also found no evidence for Nanog or Sox2, also markers of pluripotent stem cells.

The paper appears to be an authentic attempt to reproduce the original study, although the study might have had additional value with more controls: “failure to reproduce” studies need to be particularly well controlled.

Examples that could have been valuable to include are:

For the claim of autofluorescence: the emission spectrum of the samples would likely have shown a broad spectrum not coincident with that of GFP.
The reprogramming efficiency of postnatal mouse splenocytes using more conventional methods in the hands of the authors would have been useful as a comparison. Idem the lung fibroblasts.
There are no positive control samples (conventional mESC or miPSC) in the qPCR experiments for pluripotency markers. This would have indicated the biological sensitivity of the assay.
Although perhaps a sensitive issue, it might have been helpful if the authors had been able to obtain samples of cells (or their mRNA) from the original authors for simultaneous analysis.
In summary, this is a useful study as it is citable and confirms previous blog reports, but it could have been improved by more controls.

I have read this submission. I believe that I have an appropriate level of expertise to confirm that it is of an acceptable scientific standard.



ため息さんは、澪標さんと自動翻訳機の協力を得て、また、いろいろ書いてくると思います。
無料のグーグル翻訳も、十分に使えますから、一般人が科学を学ぶ機運が熟してきたと思います。
STAP論文は、もう一度、議論のまな板に乗せて吟味する価値のあるものです。


ため息さん、読後感想第一段です。書き換えないようにコピペしておきましょう。

ため息さん
2022年12月28日 13:12
>学とみ子が何故この再現に失敗したという論文と、その査読者のコメントを引用したのだろうか?

>学とみ子は論文のタイトルを示したものの、論文著者や、ネットに公開されているのにそのURLを記載せず、査読者の名前も公開されているのだから、それを転載するのだから査読者の名前を添えるべきなのに、何も書いてない。ひどいもんだ。Mei Kuen Tang氏が追試で使ったマウスの紹介を転載しているが何の意味があるのだろうか?

>そもそもこのTang氏の追試論文は2014年5月8日掲載の論文で、論文の撤回(2014年7月2日)より前の話である。そして今ではES細胞が混入していたことが明らかになったわけで、再現できないのが当然だろうねということになっているのに、何故、この昔の論文と査読者のコメントを転載したのだろうか?

>もはや、「著者のTangさん、だまされて再現実験してご苦労さまでした。再現できなくて当然でしたね。査読者のJanet Rossantさん、Christine Mummeryさん、再現できない結果は慎重であるべきであるという的確なコメントでしたが、STAPはインチキだったわけですから、ご苦労さまでした」としか言いようがないですね。

>学とみ子は「査読者は以下の論文批判を書いています。」と書いていますが、ホントにこの査読者のコメントが理解できたのだろうか。査読の結果は両者ともApprovedなわけで、内容の否定的批判というよりsuggestionという内容ですよね。


最後のため息文章が、印象操作です。まだしっかり読んでない状態?、自動翻訳が理解できない?状態です。ため息さんの最初の反応は、こんなふうに見当外れが多いです。他人の説明を得た後、ため息さんは次第に理解を深めます。

このため息コメントは、素読内容理解ができてないようだけど、どこが難しいのでしょうかね?

>内容の否定的批判というよりsuggestionという内容ですよね。



上記、見当はずれなコメントを出したため息さん、少し、勉強して、次のコメントになりました、

>ため息さんの最初の反応は、こんなふうに見当外れが多いです。ですか?ちがうでしょ?

ため息さんが、勉強した成果は出ていると思います。
でも、そもそも、ため息さんは、Tangの論文を読んでません。
だから、この論文の問題点も気にならないのでしょう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント