反応がちょっとでも出れば意味があるのだ!の、プロからの解説もなかったですよね。

科学的事実に関する記述を読むと、書き手の実力は、すぐ丸見えになります。


例えば、以下のため息コメントを見てみましょう。自動翻訳のようです。ため息さんは、自動翻訳の精度向上によって助かるレベルの学者のようです。

DeepLによる自動翻訳:

>元の研究で提唱されたSTAP細胞の定義を満たさないと結論づけた。さらに、細胞凝集塊中のOct3/4陽性細胞の頻度は極めて低く、それらが元の集団から選択されたのか、培養中に誘導されたのかを判断することは不可能であり、報告されているSTAP現象の存在を裏付ける証拠がないことが改めて強調された。小保方晴子によって作成されたSTAP様細胞凝集塊のキメラ能力について独自の調査が行われた。この凝集体を注入した1154個の胚のうち、671個がE8.5を超えて発育したが、どの凝集体もどの組織にも有意な寄与はしていない。)」
これをを読んで、たとえ一部が再現できたとしてもSTAP論文の結果の再現には失敗したとしか読み取れません。例えば、「酸につけたら多くの細胞が死んだ」なんてのを一部が再現したとしていいですけど、意味がないでしょ?同様に「多能性関連遺伝子が一部発現した」も意味がないでしょ。キメラにならないのだから。この丹羽氏の論文を読んで、専門家も素人も「再現できないと判断」するのは正しいことでしょうね。


これを読んで、再現実験は失敗したと言うのはありです。この再現実験は、キメラの作成をターゲットにしています。

>どの凝集体もどの組織にも有意な寄与はしていない。

わかりやすくは、「凝集体は、どのキメラ組織にも有意な寄与はしていない」です。

初期化した凝集体(小保方パート)はあったことを書いています。ここを読み取るのが大事です。
キメラができなかったとの事実は誰でも読み取れるのです。

理研の再現実験チームは、最初からキメラ作成の過程で、STAP論文に問題有りと見なしているんです。
論文通りの実験は可能でないと示しているのです。

つまり、相澤論文において、プロなら絶対、読み取るべきことは、再現実験は、STAP論文と同じ方法ではできなかったと書かれている点です。ため息さんは、これが読み取れません。


酸浴後細胞に、初期化現象が起きないのであれば、いかなる反応も起きません。「少しでは意味がない!」というものではありません。少しでも何らかの現象起きれば、細胞が変化していると考えられます。プロなら、自動翻訳をしめすのでなく、こうした科学的な説明をするのが、お仕事です。


一般人は、そうした発想(少しの初期化現象でも意味があるとの意味)がないかもしれませんから、ため息さんは、そのレベルなんですね。学びが無いのか、あるいは、あえて素人だましをしているのです。

「多能性関連遺伝子が一部発現した」の作業は小保方パートです。しかし、ここが強調されず、小保方氏は落ち込んだでしょう。反応がちょっとでも出れば意味があるのだ!の、プロからの解説もなかったですよね。

ため息さんが、論文をしっかり把握できないことは、今までと同様ですし、プロらしい論文解釈ができない人です。

DeepLによる自動翻訳の精度は素晴らしいですね。

plusさんとは、議論をしても無駄です。見当外れと、デタラメ思い付きがひどすぎる。勝手な作り話をするのに抵抗がない人は、専門知識は、身に付きません。低レベルplusさんは、生体反応と、人工培養が、いつもぐちゃぐちゃです。知らないことが頭のほとんどを占める人は、議論の焦点を絞ることもできないようです。

plusさんレベルでは、科学に関するオリジナルな文章を書くのはまだ、無理なんです。科学の理屈が、まだplusさん自身のものになってません。引用レベルの人なんですが、plusさんは、引用で飽きたらずに、勝手に科学論をつくってしまいます。デタラメでもなんでも書ける図々しさが、plusさんにあります。

ため息さんと、良いコンビニのようです。科学と関係なく、表面的に学とみ子に反論しているスタイルになっていれば、ため息さんにとってOKです。

以下も違いますね。plusさんは、将棋盤に並べる駒を知らない人なんです。ここでも、科学の理屈が通じない。先に進めませんよね。


>考察だかに、マウスが違う可能性がとかぐだぐだした駄文がかいてあることを言っているんでしょうなあ。


相澤氏も、記者会見で説明したいことは色々有っても、この場では無理と感じたと思います。未知なる細胞現象を話し合う状況に無いのです。
矛盾をついてやろう、ごまかしを見つけてやろうとする基礎知識の無い記者と、相澤氏が話し合っても、新たな誤解が生まれるだけです。
相澤氏がまともな説明をしても、記者は違う意味にとる。もう、意味がないです。

基礎的理解の合意点がない状態で、専門性の高い議論はあり得ないです。
理解が不十分なのに、そこを隠そうとする人を相手にすると、お互いに勉強にならない。

相澤氏に不信感があるなら、ため息ブログは、そこをいくらでも書いたら良いんじゃないでしょうか?読む人が、ため息ブログは、デタラメかどうかを判断するのだから。
ため息ブログメンバーが正しいと思う人は、ため息ブログに参加するでしょう。そうすれば、ため息ブログに属する論者はふえていくと思います。
スポンサーサイト



コメント

一言居士
さて、始めましょう。まずは触りから。
**********
Two reports claiming a novel cellular reprogramming phenomenon,stimulus-triggered acquisition of pluripotency (STAP), were published in Nature last year<1,2>, but then subsequently retracted<3,4>. The identity of STAP cells and STAP-derived stem cells, however, has remained undetermined. Here we report the results of a whole-genome sequencing (WGS) investigation of STAP-related samples kept mainly at the RIKEN Center for Developmental Biology. We show that all purported STAP stem-cell lines were contaminated with embryonic stem (ES) cells, and that chimaeric mice and teratomas supposedly derived from STAP cells instead show ES cell contribution.

昨年ネイチャー誌に、新規の細胞リプログラミング現象である刺激惹起性多能性獲得(STAP)を主張する2つの報告が発表された<1,2>後に撤回された<3,4>。ただ、STAP細胞とSTAP由来幹細胞の正体は未定のままに残されている。ここでは、主に理化学研究所発生生物学センターに保管されているSTAP関連サンプルの全ゲノムシーケンス(WGS)調査結果を報告する。我々はすべてのSTAP幹細胞株が胚性幹(ES)細胞で汚染されており、従って、STAP細胞に由来すると思われているキメラマウスとテラトーマはES細胞の寄与であることを示す。
**********


<FLS3=CTS1=FES1=129/GFP ES>のうち129/GFP ESは全ゲノムシーケンス(WGS)されていませんでしたよね。


今日は今から名人と釣りです。出かけないといけない。まあ、ゆっくり行きましょう。ため息教授がブログ閉鎖するまで。






一言居士
まずBCA報告書は私のブログの「海賊版翻訳 BCA論文」に入ってますから、原文を持たない方や、英語の不得手な方は利用していただくとよろしいが、基本グーグル翻訳を素人の私が校正しただけのものですから、専門知識の不足からくる誤訳は覚悟戴きたいですね。そもそもこれらはOoboeさんたちが苦手だと仰るので作成してきたものですが、自分でも専門以外の英文は翻訳して一度日本語に落とさないと理解できません。そもそも基礎知識が無いのですから、英語のボキャの意味が分からない。翻訳機に掛けて取り敢えずどういう日本語に落とされるのかを頼りにして、今度はその日本語からネット検索で意味を把握し、ネットレヴェルでは無理と分かったら仕方なく基礎の教科書を買うという作業になる。この分野の専門家というのはそういう作業を初歩の頃に済ませてしまっていますから英文からそのまま意味を直接とれるようになっている。桃子はある程度専門の修士課程卒業者ですが、『桃子本』を書くとき入手した論文を仲間と共同して一度全部翻訳してます。日本語の記事を書くのですから、日本語翻訳が必要になるということもありますが、多分英文のままでは正しく理解できないレヴェルだと思いますね。分からないところをちゃんと調べ直さないといけなかったんですね。
この専門分野の語学の壁が素人騙しにも使われているわけです。素人でも英語の堪能な人はいくらでもいますが、例えばTCR reconstractionという言葉に遭遇した時に何だと思うわけですから、調べないで意味が分かるということはありません。免疫学の基礎がないのですから、これを調べるのは大変で、取り敢えず事件に関してのみ過不足ない程度の理解でいいのですが、その程度でも次々に分からないことが出てきますから、これはどの分野で同じだというのは分かり切っていますから、どこかでこの程度でいいやというやっつけ理解になるのは仕方ない。疑問が気になるのなら一から学校に入って学び直した方が早い。別にこんなことでメシを食ってるわけではありませんから、気になるからとどんな分野でもいつまでも続けていたら神様だということになってしまう。

この論文に関する私の理解は「整理 BCA論文の虚偽」に書いています。これを書いた時には129/GFP ESは凍結細胞だと思っている。

F1の幹細胞に関するBCA論文の結論の骨子は<FLS3=CTS1=FES1=129/GFP ES>という主張です。結果は無論正しいのですが、まずFES1は山梨で先生がFLSに入れ替えているという疑義に関して理研が答えなかったということと、129/GFP ESは小保方さんの説明では命名前のFLSである筈だが、なぜこれのみが周りにたくさんある中から選ばれたのかという疑問に答えが無いこと、そして今回、129/GFP ESはRN試料じゃないのという嫌疑が降りかかっているわけです。

一言居士
さて、どうやら「Obokata RNA」の中のどれがRNA試料なのか、また、129/B6 GFPが凍結細胞なら周りにあるサンプルも凍結細胞なのか、では一体どれが大半であるはずのRNA試料なのか、まさか、最後の<124番 リンパRNA,他RNAと記載,GLSDNA,129??>にRNAと書かれているから取り敢えずRNA試料としたのか、等々、何か知られている情報から件の129/B6 GFPが凍結細胞であると演繹できる情報も今のところ見出せません。
ここは、どちらか決定されないままで、先に進むしか無いようです。進む先はBCA報告書のSNPs解析ですよね。私は以前からこの解析は虚偽論証であると自分のブログ内では書いてますが、そのころはこの129/B6 GFPが凍結細胞であると思っていての結論です。最近、RNAだったのかなという疑義を抱きましたから、これを両様に検討すると、何か分かってくることがあるかも知れない。

言うまでもありませんがこれがRNAだったのを知りながら報告書には細胞だと書いていたのだとしたら、シャバダバ桂とお代官様の岡っ引き松崎の罪は、第三者調査委員会調査の合法性にまで波及しそうですね。とんでも無い話ということになるわけです。この遠因がラブオンザビーチ前原で腐敗の膿のしたたりを世間に知られた文科驢馬省の違法天下りの負い目からくる<良識あるガバナンス>の喪失であるということになれば、そろそろ明治維新後から続いている日本の近代官僚制度の見直しを考えなければならないのかもしれませんね。多分、局長以上、既にあちこちに天下っているOBたち全員のパージが必要でしょうね。所詮薩摩の芋づるの悪癖が続いているだけなんですよね。プーチン政権を笑えないんですね。


さてさて、どうなることやら。

一言居士
お早うございます。
ため息教授はもうボケが入ってるのでしょうかね。そんな話は誰もしてない筈だが?
>>
ため息
2023年3月1日 06:00
検証実験の総括責任者である相澤慎一氏が小保方氏のすっぽんの水槽を抱えて引っ越しの手伝いしていたと思うけど、その写真がみつからない。そして記者会見の後、科学のやり方じゃないと思うなどと発現するのは検証実験の総括責任者としておかしいと思うところです。検証実験の論文には、色々な制限があったとか若山氏の協力が得られなかったとか、Abstractでは結果がnegativeであったと記載はするけど、再現できなかったとははっきり言わず、なんとか和らげようとしたわけだ。一方、丹羽氏の検証結果の論文の方が、はっきり実験結果を評価して「again highlighting the lack of evidence supporting the existence of the reported STAP phenomenon.」と言い切っているし、信頼できると思うところですな。


あなたに要求されているのは「小保方さんがポトリ」の証明よ。自分でおっしゃったよね。出来ないならブログは全消去閉鎖した方がいいとおもいますよ。


非公開コメント