STAP事件は、「偽物が本物を潰す事態」が、現実に起きたということであると思う。

STAP事件は、短い言葉で表現すると、「偽物が本物を潰した事態」であると思う。
登場人物が専門家であるかどうかの視点に立つと、マスコミは偽物、STAP論文著者らは本物とみなすことができる。
本物とは、STAP論文を書いた専門家たちの真摯な仕事であり、偽物とは、STAP論文をつぶした非専門家たちの行動である。

試行錯誤を繰り返し才能ある人が作りあげたものを、浅い知識の人たちが短時間で判断して潰してしまったとの構図である。
そうした逆転の事態が、現実に起きたということであると思う。

たしかに、STAP細胞はES混入であったとの判断で解決したのだが、STAP論文著者らが故意にES混入をさせたということではないのである。
しかし、故意にES混入をさせたかのような印象操作がされている。
結果、STAP細胞に対して十分な知識を持たない人たちが誤解し、社会に広げ、その誤解で、STAP論文は潰れてしまったのである。


論文発表前のSTAP実験の時点から、STAP実験における疑惑に気付いていた理研CDBの専門家はいた。
そうした人たちは、ES混入を疑っていて、ES捏造では無かったと思う。
理研内の研究者たちは、多くは、ES混入の懸念に留まっていたのだと思う。
しかし、小保方ESねつ造説を疑っていた研究者もいた。

論文発表後、事件勃発後は、当初、小保方ESねつ造説の噂が流れ、この噂を積極的に広める人たちがいて、小保方ESねつ造を信じた専門家はかなりいたと思う。
理研のしかるべき研究者たちから流れた噂であったために、他大学の教授たちも信じたのだと思う。

NHKドキュメンタリーなどで、専門家たちはマスコミに顔を晒しているが、しかし、彼らはESねつ造説を最初に考えた人たちではない。すでに、小保方ESねつ造の噂は理研内できあがっていて、それを他大学の教授たちは聞かされたのである。

ESを使った捏造があったのではないかの疑惑は、非専門家であるマスコミが積極的に日本中に流した。
マスコミは全員が、小保方氏による故意のES捏造行為を積極的に信じたのである。
そうしたES捏造の方向へと進ませようと画策した研究者たちが、積極的にマスコミに情報を流したからである。

しかし、そうした経過中も、小保方ESねつ造説を声高に言う専門家が、積極的にマスコミに顔をさらすことはなかった。
さらに、理研の最終の報告書である桂報告書が出てからは、専門家たちの積極的な発言はほとんどない。

つまり、いろいろ噂はあっても、ES混入はなぜ起きたのか?については、STAP論文関係者は沈黙を守り、論文著者らからも、専門家からも何の情報も出てこないのである。
専門家たちは、この事件に再び触れることを避け、一切のコメントをしない。
結果、日本社会がその実態を知ることができない。


一方、非専門家たちは、STAP論文を理解できないまま、ES捏造説を無批判に受け入れる人たちである。
STAP論文を潰した非専門家の主要な構成勢力は、マスコミ人である。
マスコミ記事に、ESねつ造説疑惑を熱心に寄稿した人たちは専門家ではない。
マスコミは、専門家であるかどうかの判断はできず、正当な見解なる意見を紹介しなかった。




いまでも、熱心にSTAP論文潰しに頑張るグループはため息ブログであるが、この中には専門家なる人はいない。
それでも、ブログ主もメンバーも、STAP細胞を良くわかっている人を演じている。
しかし、その主張はめったやたらで、彼らは自らの説明の矛盾に気付けるような人たちではない。
自身で書いた説明を、後になって否定する人たちである。

ブログ主のため息さんは、自身がSTAP細胞をよく理解できていないことを自覚しているが、表向きにはそうは言わない。
ネット情報大好き人間である一般人の書く思いつき自論を、ため息さんはほめそやす。
ため息さんは、一般人を専門家のような気分にさせてしまうので、一般人は根拠の無いESねつ造説を熱心に書いてしまうのである。


この情報の時代には、独学が重要視され、それが可能になっている。
知識の進歩が速すぎて、教えてくれる先生は間に合わず、自分自身で勉学を進めなければいけない時代である。
人の学びには、それぞれの好きなスタイルがあるから、各人で工夫しながら、自身の勉学の進歩を確認していくことになる。

独学の時、大事なのは、自分自身の実力を常にチェックできる能力を持つかどうかであると思う。
学びの途中には、理解できないことも多々出てくる。
それを一旦置いて、次に進むことで、未知が次第に既知となっていくものでもある。
しかし、自惚れは禁物である。

不十分な状態であることを自覚できない人、自分はできるという気分になりやすい人、デタラメ書きに抵抗が無い人は、勉学が進みにくいことは確かだ。
デタラメ書きを恥じと思う人なら、時間をかけて勉強するであろうけど、デタラメ書きや思いつきを不用意に書いてしまう人はいる。
こうした人は、自身が間違った文章を書いても、”ダメ元”でやりすごす。
所詮、努力して得た知識ではないため、捨てるのも容易である。
デタラメ書きがデタラメであるとわかっても、そこをスルーする思考の人は、自身のミスに寛容なのだろう。

さらに、このタイプは、周りの人たちの知識のレベルも見当づかず、自身だけが知識を持つのだと錯覚し、得々と説明文を書く。
知識の難易度がめちゃめちゃなのだが、知識の深度や関連性には目がいかないのだと思う。

努力は好きでなく、要領だけは良く、わかったふりの人たちは、ごまかすのもうまいので地道な努力をしないようだ。
ネットでつまみ食い知識を仕入れて、専門家の気分になって楽しんでしまう。


世の中には、本物が偽物に潰されてしまうことは多々あるのだろうから、気を付けて行きたいものである。


話は、はずれるが、立ち読みしてしまった小説で、「おごりの人が地道な努力の人を潰す」話が冒頭で語られていた。
この小説は、人員整理の肩たたきを業務とする派遣社員の話である。

最初の冒頭だけ読んだ読者側からの想像は、おごりの人である主人公は偽物とみなされ、やがて本物の人に潰される話ではないのかな?

先を確かめたくなったら、購入するつもりだ。


この小説の主人公は33歳で、その若さにもかかわらず、長年、会社勤めをしてきた年上の人を自主退職に追い込む仕事をしている。自意識の強い主人公は、言葉巧みに、面と向かって他人の問題点を躊躇なく指摘することができる。主人公は、自分勝手で、うぬぼれが強く、こざかしい人であるとの設定だ。



さらに、この主人公は、その会社の人事部の人でもなく、上司でもなく、単なる派遣社員に過ぎないのだ。

この主人公は、面接相手の目の前で、過去のマイナス業績を示して、退職を説得する。
表面的には、年上のベテラン社員を傷つけないように言葉を選びながら面接する。

つまり、主人公は、面接相手の過去も仕事ぶりにも精通しているわけでもなく、そもそも会社の業績自体を詳しく知る人でもない。
にもかかわらず、この主人公は、初対面の面接相手から、長年継続してきた仕事を強引に取り上げようとする。

この主人公を雇った会社側から渡された資料に基づいて、主人公は、面接相手に問題点を提起して、うまく相手に退職を納得させられれば、ナンボの報酬をもらえるのではないかな?

まともな仕事とは思えないが、自信過剰でおごった人間なら高報酬でやる仕事かもしれない。

小説の著者は、この主人公を、自信過剰で上っ面重視の男として描いている。
恐らく、この先は、この男はひどい目にあって、自らのキャリアを考え直すという展開になるのだろうと予想した。

そして、この小説は、偽物が本物をつぶす場面から始まり、やがて本物に偽物が潰され、反省させられる話なのだろうと感じた。

世の中のあまたの人は、こうした話には、引き付けられると思う。
偽物が偽物であることがバレる世の中は健全なのである。

STAP事件は、まさに、偽物(マスコミ)が、本物(STAP論文)を潰してしまった事態なのである。

plusさん、

>私はplus99%を論破した、と日記には書いておこう、ですなあ。浅田飴水飴。

plusさん自身がネット検索で得た知識が、学とみ子と対抗できるレベルに達しているとの、plusさんの思い込みが書かれている。

一般人がこうした心境になるのは、plusさんのネットつまみ食い知識が、十分に正しく網羅的であり、広く議論に耐えるものであると、ため息さんがもてはやすからである。ため息さんは、plusさんの限界は知っていても、plusさんにそこを知らしめたりはしない。plusさんが間違ったことをかきこんでも、ため息さんは関係無い!

ただ、ES捏造説が生き残ることだけが、ため息さんの目指すところである。
勘違いする素人を利用するとの、ため息画策である。

学とみ子説は、他の人がネット上で言っていない。
学とみ子ブログ以外のネット情報では、簡単には取得できない学とみ子説である。基礎力の無いplusさんには、デタラメに思えて仕方ないのである。

素人を利用する戦略は、とりもなおさず、ES捏造画策者の戦術である。知識のある人間なら、可能となる策略である。


STAP事件は、学術者の暴挙である。
画策する研究者自身は姿を見せず、マスコミを使ってES捏造説を広めたES捏造画策者の巧みな戦略である。ところが、言論の自由の日本では、マスコミ人その人が、「捏造の科学者」なる本を書いてしまい、ES捏造画策者による戦略がバラされてしまったのだ。皮肉だが、感慨深い。


ため息さんのコメントは、いつでも、空威張り、居直りだ。
学とみ子が何度も説明しても、ため息さんは、「説明になっていない!」と騒ぐ。
学とみ子の指摘が理解できない人を攻略するのが、ため息さのターゲットだ。
強い言葉をつかって、ため息さんは自身を正当化させていく。他人の誤解を誘うのだ。

以下のような強い言葉は、plusさんの居直り論法をまねしているが、学術層にはあるまじき行為だ。

ため息さん
具体的に示すことはできないでしょ。ないからね。言ってみ。
>できないでしょ。学とみ子の妄想だからね、言ってみ。



学とみ子からみると、ため息ブログ主及びメンバーは、今まであまり実生活でお目にかかったことのないタイプの人たちであり、ため息ブログ側からみると、学とみ子はあまりお目にかかったことのないタイプであると言えるのではないかな?

ため息さんは、自身がこれほど否定された経験は無いし、一方の学とみ子側にとっても、これほど学とみ子が否定された経験はかつて無いのだ。


お互いに新しい経験を重ねているという状態になるのだろう。

ため息ブログが、ES捏造行為が実際にあったと啓発していくのは自由だろう。
でも、ため息ブログ自身が、ES捏造行為は真実と信じているとシンプルに言い続けて行く方が説得力がある。
学とみ子の文章を引用して、それをけなして否定するため息さんの現行では、ため息ブログは、あまりに能が無い。

ため息ブログは、科学に踏み込んで、学とみ子否定をしようとするから、ボロを出してしまうのである。
ため息ブログは、学とみ子否定を止めて、自らが信じるES捏造の事実性について、そこをサポートする証言やら論文紹介をしていけば良いのである。

以下のようにシンプルにSTAP擁護論を潰していけば良いのだと思う。
それをするには、彼らにもっと勉学が必要だ。

oTakeさん曰く、

>ま、簡単に言うと、小保方の嘘・出鱈目に、シニアや周りが騙されたということです。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント