何でもデタラメ言えるplusさんは、今は充電中。ブログは学会場ではないから、つまみ出されるリスクも無い。専門家の気分になれるplusさんは、やめられない。

plusさんの文章は、学とみ子に対するおちょくりに満ちています。
その理由は、自らはよくわかっていない状態であることを、plusさんなりにごまかしたいという気持ちの表れなのでしょう。

plusさんは、理解できなくても、ただ、言葉を並べて、知っている人を装うことを、ため息ブログで覚えてしまいました。
そして、その快感にひたっている人です。
だって、誰も質問してこないのだから、言いぱなしで済むし、精度を確かめられることもない。
結果、plus文章は、いくらでも思いつくままの、デタラメです。

plusさんは、正しい記述に興味があるわけではなく、plusさんは、正しい記述をしているように見えるというだけで、plusさんは十分満足なんですね。
ため息さん同様の詐欺師の手法です。類は友も呼びます。

最近でも、チップセック実験で、plusさんが嬉々として書いた内容は、ホントひどかったです。
以前も、SNP論でも、彼はそういうことをさんざんやったのです。

とにかく、まわりの聴衆がわかっている人に限定される学会議論とは、ネット環境は全く異なります。
デタラメ、虚勢がまかり通り、さらに輪をかけて悪い事に、ため息ブログは、学術者が主催するブログなんですね。

どんなデタラメを言っても、ブログの周りにまともな人がいなければ、その意見がまかり通っていきます。
デタラメ大好き人間が集団になると、正当な意見を潰していくことができます。

ため息ブログは、ブログ主を含め、非現実的なESねつ造説を、強引に現実論にすり替えて行くチャレンジをしています。
お遊び感覚で、あくの強い、詐欺師の手法なんです。

ため息ブログはデタラメ満載ブログなのですが、学とみ子がこういうと、証拠を示せ!などと、図々しいことをため息さんは言います。
ですから、少し、ご紹介しましょう。
ため息さんが証拠を示せと言うから、ここに示しますね。



plusさんのデタラメがわかりやすいのは、彼が背伸びして、作り話を書いた時ですね。
plus手法は、英語の元の文章を翻訳機を使って日本語に直し、後は寄せ集め知識をでたらめにつないでいきます。

plusさんは、もともと、どの実験がどのような目的でやられているのかを知りません。
マスコミは、個々の実験まで説明してくれませんからね。

RNA-seqも、チップセック実験の違いも、plusさんは知りません。(古田さんも知らなかったけど・・・)
でも、学とみ子が説明した後では、plusさんは、すぐ、最初から知っている人を演じることができます。

チップセック実験でのSTAP細胞の遺伝子解析が問題になったのは、単細胞でないはずのSTAP細胞が、129B6F1ESの単細胞バターンであったことです。

以下はplusさんの書いた文章ですが、plusさんが聞きかじった科学説明も、plusさんが勝手につくった創作部分も、ごちゃ混ぜです。

plus99%さん、2023年9月25日 09:03

学とみ子 2023/09/25
https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-2233.html



学とみ子の書いたChIP-seqの手順の翻訳が正しいかどうかはおいておいて
=====
まず、細胞を集めて、DNA周りを固定した後、固定を停止後、何度も洗ってから、細胞を溶解液に懸濁させ、超音波で粉砕して細胞溶解液を得てChIP dilution bufferで希釈する。
その先に沈降反応が待っている。


まず、この冒頭の部分です。
「DNA周りを固定した後」なんて書いているけど、何を固定させるのかを、plusさんは知らないです。

>sheep 抗マウスIgGビーズと、特異抗体を結合させたprotein A beadsを使って、4〜6時間かけて沈降反応させて、histone H3K4me3部分と、histoneH3K27me3 の各沈降成分を得る。
ビーズに結合した成分を、バッファーを複数使って溶出させる。
RNaseAとプロテインキナーゼKをつかって、精製DNAを得る。
このような固定、洗浄、懸濁、粉砕、再懸濁、沈降、溶出作業をやって得たDNA成分から、RNA-seqと同じようにDNAシークエンスをする。
https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-2229.html
=====
と学とみ子は書いたわけですなあ。工程の最初は
「まず、細胞を集めて、DNA周りを固定した後、固定を停止後、何度も洗ってから、細胞を溶解液に懸濁させ、超音波で粉砕して細胞溶解液を得てChIP dilution bufferで希釈する。」
だと書いたわけですなあ。
学とみ子は上記の工程「固定したのち超音波で粉砕」を行ってもまだ
「実験している間に、調べたい細胞に少量混入していたES細胞だけが、増殖して多勢を占めるようになる」
ような変化が起こると思っているんでしょうかねえ。



下線が全くのデタラメで、細胞は粉砕して生きた細胞ではなくなっているのに、それを学とみ子が知らないなどとplusさんは書く。
このように、学とみ子デタラメを、plusさんは、勝手に作り上げるのです。
粉砕後にESが増殖するなんて考える人がいないのに、plusさんは想像してしまうのです。
plusさんは、虚言癖も持ち合わせています。

plusさん
学とみ子は他人の書いたことだけではなく、自分の書いたことさえ、それが何を意味するのか、その文章からどういう情報が引き出せるのか読み取る能力がないということです。
「plusがわからないことを分かったつもりになって書いている、のではなく、普通の人なら書かれたことをよんですぐ理解できることを、学とみ子だけが理解できずに、「わからないはずだ」と言い張っているだけなんですなあ。」
というのはまさにこういうことですな。


一般人のplusさんが、学会場で質問に立ったら、その偽物はすぐバレるということを想像できないんでしょ?

上記のように、まるでplus自身が専門知識があって、学とみ子がデタラメであるとの記述を、plusさんは、うまく入れ込みます。
詐欺師の手法です。

上記で用いられている手法は、まるで、一般的なことを話し合っているかのように、plusさんの頭は迷走してます。
実際には、苦労して勉強しないと理解できない内容を話し合っています。

学とみ子は無能だ!と印象付けようと、plusさんは必死になるので、こうした言い方になってしまうのです。
結果、読者をあざむく言い方になっています。
当ブログは、誰でも理解できることを話し合っているのではありません。
しかし、plusさんは、言います。「普通の人なら書かれたことをよんですぐ理解できることを、学とみ子だけが理解できずに、・・・」
と、
ここでは、誰でも理解できることなんて、話し合っていません。
plusさんは、くちぐせのように、幼稚園でも理解できる、小学生でも理解できると言います。

「私(plus)は、何でも理解できる、学とみ子は何も理解できない。」というような印象付けをするために、相手を貶めるためだけに、plusさんは、「誰でも理解できる」を、使います。
「誰でも理解できる」話なんて、ここではしていません。
でも、plusさんは、「私なら理解できる」の虚勢です。
何をどう理解しているかなんて、plusさんの頭にないから、こうした用法が使えるのです。
まさに、plusさんの論じているものは虚構のものでしかないのです。
plusさんは、何も中身のないことを、「私だけ理解できている」と叫んでいる人です。

学とみ子の説明は、専門的な勉強をしないと理解できないことですが、plusさんにとって、専門的知識は攻撃材料でしかありません。
だから、何もわからぬ読者に、学とみ子低レベルを印象付けることができます。

こうした言い方を聞いても、澪標さんなども不思議に思わないみたいです。
知識を持つ人をつぶすという、plus志向とはそうしたものです。
ため息さんにとっては、大歓迎なんですね。

学とみ子は、自分で手順をまとめてさえも「実験が始まったら速やかに細胞はもう増殖しない状態になっている」ことが把握できないのですなあ。
学とみ子の書いた手順で、細胞がもう増殖できない状態にする工程の前にある工程は「まず、細胞を集めて」なんですな。
よって、実験中に集めたはずの細胞と違う細胞になることは起こらない。違った細胞であったなら、細胞を集めてきた人に責任があるわけですなあ。
実験のお手伝いをしてくれた人でないことは小学生でもわかりますなあ。
小学生でもわかることが理解できないで、まーだ野老とかいう人が手伝ってくれたんだなどと書いている。
けけけけ。あったま悪いですなあ。



粉砕した細胞が増殖しない事位、小学生でもわかるが、このように、plus文章は、学とみ子を貶める言葉をあちこちにふんだんにちりばめる。
こんなデタラメplus文章を、ため息ブログ主及びメンバーで読む人などいない。
何か難しいことが書いているらしい、plusさんは何でも知っているとメンバー各人はみなす。


しかもそれがまただらしないのですなあ。その人がドクターなのか違うのか、その人の専門分野が遺伝子解析を伴うもので熟知しているのか知りたがるわけですガァ、ほーんの簡単な検索を2・3手順すればわかるとplus99%に教えてもらっても調べない。たった2回の検索でPubMedあたりで野老氏の携わった論文はたんまりリスト化でき、筆頭著者を務める論文のアブストラクトを読めば、その人の専門領域は確認でき、研究に遺伝子解析を使うか否かわかるのですなあ。理研に来た2010年以前を調べれば、理研に来た時点ですでに遺伝子解析に詳しいかどうかだってわかりますなあ。

ほんの簡単なことですなあ。一言居士宛の質問コメントを作文するのと同程度の時間でみつかりますなあ。それなのに調べない。なんで調べないんでしょうなあ。


要するに学とみ子はそんなことには最初から興味などないのですなあ。チップセックというものに最初から興味なんてないのですな。口先だけで「小保方氏の責任ではない」と素人を騙せればなーんでもいいのですなあ。
読んでいる人からは丸分かりなんですよ。野老氏のことを調べないことからもそれは読む人にばれてしまうのですな。
こういうことがわからないのは学とみ子や一言居士だけなんですなあ。世の中の人たちはバカばかりではないですからねえ。学とみ子の述べていることなんて聞く価値はないとすぐばれてしまうわけですな。だからSTAP派なんて人たちはあっという間に減ってしまったんですなあ。




以下を読んでも、やっつけplus素人文章です。
この頃は、plusさんは、チップセック実験がわかっていなくて、チップセック実験を説明していたと思ったら、SNP解析による混合サンプルの説明に移動していってしまいました。
plusさんにとっては、精度なんて何の意味も無くて、ただ、plus自身が学力ある人であると、素人たちが思ってくれたら、plusさんは満足なんでしょうね。

plus99%さん
2023年9月16日 22:04

チップセック実験は、DNAシークエンスをするまでの作業が大変なんですけど、当然、そんなの、plusさんは知りません。
口からでまかせに、何の抵抗も無い人です。
抗体を用いて沈降させることの意味も、plusさんは知りません。
チップセック実験では、その細胞のDNAライブラリーがなぜ、必要なのかもplusさんはわからないのですね。
RNA-seqの場合は、発現データのところだけの解析で良いのですが、チップセック実験が対象となるのは全体のDNA状態です。
転写因子に修飾された遺伝子発現中のDNA構造そのものを解析する方法です。

学とみ子が引用した文章から、CHIP-seqを行うにはライブラリというものを作るということがわかるわけですなあ。
「ChIP-seq libraries were prepared from 20 ng input DNAs, 1 ng H3K4me3 ChIP DNAs, or 5 ng H3K27me3 ChIP DNAs using the KAPA Library Preparation kit(KAPA Biosystems).」とありますな。
理研にはGRASという部署があり、CHIP-seqをしてくれるということは調査報告を読めばわかりますなあ。理研CDBのアニュアルなどから、この部署は外部研究施設からの解析依頼にも応えているのだということがわかりますなあ。
そこで「理研 CHIP-seq サービス」と検索すると「riken genesisi」というページが見つかり、外部研究施設が理研にCHIP-seqを頼みたいときによむページが見つかるわけですなあ。
・・・・

「ライブラリー調製に使用するKitをご確認の上、下記条件のDNAをご準備ください。」という言葉が使われていることを見つけることができてつながるわけですよ。

けけけ。疑問を持ったなら調べたらいかがでしょうなあ。
上記からライブラリを作ることをサンプル調整ということがわかるのですなあ。

・・・・
それをせずに妄想を書きつづるというのが学とみ子の無能な証なんですよ。


キットがあっても、微量測定にために使いこなすのが難しい、
これが学会場だったら、その場にいられない位、plusさんに対する周りの目が厳しい状況です。
当然、座長から、議論に関係ない話をしないようにとの注意をplusさんは、受けます。

ですから、ちょいちょいとCHIP-seqを検索しさえすれば、学とみ子が述べる、熟練した先輩につきっきりで指導してもらわなければいけないなどということはないということもわかるわけです。
「実験者」はサンプル調整をしたひとである、ということがわかるわけです。

>学とみ子のくだらない妄想は、このように本の簡単な単語を幾つか検索するだけで全否定されるわけですなあ。


誰でもできる簡単なことと、plusさんは、夢の世界をさまよっている人なんです。
これを、ため息さんは、自身のブログの虚勢に利用しているんです。


とにかく、チップセック実験についてのplusさん 2023年9月18日 13:42は、どの作業が次の作業につながるかの手順が何もわからない。
それでも、文章のみならべて、説明しているふりをする。
どの手技から、次に何をするのかなんて、plusさんにわかるはずもない。
それぞれの作業の目的なんていうものも、plusさんに説明できるはずもない。
詐欺師の手法です。

免疫沈降は
細胞の固定は1%ホルムアルデヒドを含むPBS(-)中で室温で10分間ですと。
細胞の溶解は溶解液(50mM Tris-HCl pH8.0、10mM EDTA、1% SDS)に再懸濁したのちより小さな断片の方が効果的なので超音波処理しましたと、
免疫沈降は希釈液がこれ、抗体はこれ、IgGビーズはこれを使用、インキュベーションは4-6時間
ビーズからの溶出にはこの溶出緩衝液を使いましたと
DNA精製は古典的なフェノール-クロロホルム抽出、エタノール沈殿、TEバッファーで溶解ですと。
このように読めますなあ。
おおよそ、いろんなCHIPに関しての解説ページの方々のおすすめ通りの、つまり普通にどこでも行われている方法のようですなあ。
そののちKAPAライブラリー調製キット(KAPA Biosystems)を使用して、20ngのインプットDNA、1ngのH3K4me3 ChIP DNA、または5ngのH3K27me3 ChIP DNAから調製しましたと。
・・・・

>調査報告書のRNA-seqの項に「ライブラリ調製の前 までを小保方氏が行った上でGRASがシークエンスしており」という記述は、そういうことを意味している可能性もありますな。
そうであるなら、ますますお一人で無理なくCHIP-seq実験ができるということですな。

・・・・
>こうして書き並べるならば、STAP細胞のCHIP-seqにおいて、「5-10%程度のアレル頻度を持つSNPs箇所が多く認められる。」のようにはならず、調査報告書の述べる「さらにSNPsの解析、特異的な欠失変異の解析により(2-3-1-1(d)参照のこと)CAG- GFPが挿入された129B6 F1ES1とほぼ同一細胞由来のデータであることが明らかとなった。」となるためには、「ES細胞の混入」が起こり得るのは細胞の固定よりもはるか前ということになるのですな。つまり細胞を用意した時点ではすでに「完全にES細胞」であったということなんですなあ。


plusさんには、チップセック実験とRNA-seq実験の目的も、方法論の違いもわからないです。
シークエンサーによる解析に持ち込むまでの作業工程が、RNA-seqとチップセック実験で違うこともplusさんは知りません。
「5-10%程度のアレル頻度を持つSNPs箇所が多く認められる」というのは、SNP解析で、混合サンプル解析の手法です。
チップセック実験のSTAP細胞の場合は、単一細胞パターンだったのです。
plusさんは、5-10%程度のアレル頻度と場違いの話題を出してきて、何も意味がわかっていません。
他の種類の細胞が、5-10%程度に混じっているという話を、チップセック実験のSTAP細胞とまぜこぜにしてしまいます。
分からない人向けに、分からない言葉をならべているのです。
関係が無いデタラメを、plusさんは、平然とかきます。
ため息ブログでは、それがわかる人もいません。
チップセック実験は、いつしかSNP解析の説明に入れ替わってしまいます。

ため息ブログ全員が、STAP論文を議論できる能力が無いのです。



ため息さんもこんなこと言ったら、学会場からつまみ出される。職位も取り上げだ。

「plusさんのような一般人」 ← ??学とみ子はチップセック実験をやった経験があるとでも言うの?ピペット操作と電源スイッチを入れることができるくらいの操作ができればいいと上に書きました。ネーチャー論文の多くは特別な技量がないとできないような実験結果の論文ではないと思います。誰でもが再現できるような実験がほとんどでしょう。ですから、STAP細胞の再現実験は多くの専門家が自分でもできると実施したところです。つまりアイデアが勝負の世界なんですよ。だからSTAP細胞が当初は称賛されたのですよ。学とみ子はこんなこともわからないの?医学博士ってホント?



以下の文章も、文学作品と言っても良い位の悪意に満ちた文章である。
こうした書き込みがつづくため息ブログに寄り合う人たちは、実際の社交の場には、そのHNでは、出てこれないと思う。


以下の文章も、人の心に潜む、ひどく意地の悪い側面を象徴していると思う。

一方で、こうしたplusさんの強い反発は、plus学術論を、学とみ子が認めようとしない結果に生じるものだと思うので、あるいみ、人の心の勉強でもある。

plusさん

「そんな状態で捏造などできない。」などという学なんとかいうバカは他の人との共同作業というものを一つもやってこなかったと見えますなあ。自分だけでできる範囲をしっかりすませておいて、他人に力を貸してもらわなければいけない部分がすぐ始められるようにしておいてから、手伝ってくれる人を呼ぶ。あたりまえのことですなあ。
医者だとかいうのも嘘だとしか思えませんなあ。学とみ子のような考え方のバカが混じったら、業務が回りませんなあ。高校を卒業しているとも思えませんなあ。生物の解剖をはじめとして高校の理科の実験の多くは一人ではできませんからねえ。中学中退程度でしょうなあ。学なんとかというひとの日本語能力がそもそもその程度ですな。英語読解も論理性も全部その程度ですからねえ。中学中退でしょう。それとも、高校も大学もいい加減な方法でおこぼれ頂戴でわたってきたんですかぁ?
でなければ常習的な嘘つきだということですなあ。息をするように嘘をつく。
けけけ。それだからSTAP派とか擁護派とかいう者は誰からも相手にされないのですなあ。



ため息さんのこうした説明がデタラメだと言うの。

素人記者が「STAP細胞からES細胞をつくったら…遺伝子が一致する」と質問していたときの伊藤委員の解答を聞いた?丁寧にありえないと説明したでしょ。

記者は、素人だから、回りくどい言い方をしたけど、かいつまんで理解してみると、記者の聞きたかったことは、ESから(4Nキメラ)のマウスをつくり、それからSTAP細胞を作れば、そのSTAP細胞は、ESと同じ遺伝子構造になるか?の質問ですよね。
そして、その答えは、「かなり似ると思うけど、論文の方法とは違う」というのが伊藤氏の答えでした。
ため息さんは、「ありえない」と言ってますが、大デタラメです。
伊藤氏の答えは、「論文記載とは違う」です。
この質問は決して、見当外れな質問ではありません。

記者は、STAP細胞とESの遺伝子構造がぴったり一致する原因をいろいろ考えていたと思います。
しかし、ここで、桂氏は、マウスからESを作る時に変異が入るという関係の無い説明をしてしまいました。
ため息さんの学力では、この記者会見のやりとりを正しく聞き取ることはできません。

FES1なるESは、細胞のまま維持しないと、Acr/CAGヘテロの状態は維持できません。
だから、ESを作る時に、変異が入るという話は、この時点では関係ありません。
すでにESになっている細胞(FES1)と、STAP細胞(129/GFP ES)がほぼ一致したという話です。

このように、ため息さんは、STAP論文を理解できていないのです。
でも、ブログ内では、バレないで済んでいるから、いくらでも虚勢をはれるのです。

澪標さんも、ため息さんの学力に気付いて欲しいです。
上記に示したため息ブログのデタラメに気づけるような勉強を、澪標さんはして欲しいです。
そうした希望が持てるのは、澪標さんだけです。
後は全員が、そうした能力が無いです。
虚勢できてデタラメ書きができてしまう人は、学びができない人です。
理解できなくても、思い込み言葉をつなげて、わかっているふりができる図々しい人は、勉学がすすみません。

なぜ、記者会見のやりとりすら正確に聞き取れないような学者を支持するのですか?


偽物集団は、いつでも偽物集団でしかなくて、自分たちを偉そうに見せ合う。
「てにおは」なんて言う前に、書いてる事がデタラメだ。素人だましは通用しない。

STAP論文の大事な部分は読めてない事は、各人が十分に自覚しているだろうに、虚勢、虚勢の詐欺集団の悪あがきを止めた方が良いと思うよ。
ため息さんは、STAP論文のどの部分を取り上げたって、ろくな説明ができず、撤回論文だからといって、アクセスしようとしない。ため息さんに知識があれば、どのような方向からでも、反論できる。しかし、ため息さんは、過去の議論を、見当外れに繰り返すだけ。そんな姿は、素人でも、そっぽ向きます。学とみ子の投げ掛けた話と向き合う事が、ため息さんはできません。


ため息さん、
>てにおは の間違いだろうと忖度しても、理解するのは不可能なのです。




ため息ブログは、いろいろ、議論を、投げ出したままです。

小保方冷凍庫にLi氏のサンプルボックス4箱のうち1箱があった問題も、そのまま。
Li氏は日本にいないので、誰かから、小保方氏が来た後に、4箱から3箱になったと言われた可能性があります。誰かが、Liさんや石川さんに、作り話をしたんじゃないか?も、ため息ブログは、知らないはずです。

知らない事は、知らないと言いましょうよ。
どうして、全員でわかったふりをするのかしら。


澪標さん
2023年11月26日 20:54

研究者は、自身にとって都合の悪い事を隠し、他人のミスを作ることができます。だからこそ、桂報告書には、過失、事故、故意を問わず、ES混入原因は不明になったのです。残されたものから、桂報告書は、小保方ES混入につながると印象操作しました。そこに疑問を感じる人はいます。

例えば、メチル化実験は、他の人がやったとわざわざ桂報告書に書いてあるのに不正判断をしていたり、基礎の学者が手掛ける実験も含め、小保方氏に全実験の責任を追及している様が、桂報告書にを書かれてます。

なぜ、そうした二面性になっているのでしょうか?
これは、理研の調査員は、あえて、読者に、偏向調査の質を教えようとしていると、学とみ子は感じます。
理研には、個人のES捏造なんて無理と考えている人の方が多いと思うから。


しかし、澪標さんはそうは思わないということです。澪標さんは、それぞれの実験についての詳細を知る気もなく、意味がないと思っているのだから、議論しても時間の無駄です。澪標さんは、自身の論法の正当性を主張したいだけで、科学に興味があるわけでない。澪標さん自身の評価は、小保方無能なのだろうから、それで良いです。

未知なるものを扱う場合、解釈はいろいろあります。ES捏造実行が無理だと思うのか?、無理だと思わないのか?、結局は、各人が決めてる。科学に興味がなければ、そこを考えるエネルギーは、わきません。

偏向した人が情報を固定させれば、興味ない人は、偏向情報に従います。

高度な専門知識を要する議論を、誰でも調べりゃ分かると虚勢の一般人を、ため息さんは、おだてて、学とみ子をバッシングに協力させる。トンデモ根性のデタラメ学者がいる。そこに寄り付く人は、単なる目的集団だ。



otakeさんは、延々と書いてるけど、他人を納得させる情報はない。小保方氏が残り物を持ち出したとの主張は、警察に受け入れられたらしいしか、一般人は、知らない。4箱から3箱になった理由に関連するLi証言が正しいかは不明のまま。Liさん、oTakeさんに作り話をした人がいたとしても、それが誰であるかも、内容の信憑性もわからない。ちょうど、plusさんが、虚構の知識を披露して、私は知ってると騒ぐ行動と一緒だ。

同じことを何度も繰り返しているだけの集団だ。




ため息さん、

>忘れていた?普通はそんなことありえないですな。

小保方氏は、何も言わない。若山研究室も何も言わない。

若山研究室は、詳細を語れば有利なはずなのに、何も言わないのは、若山研究室には不利な情報しかないのかもしれない。小保方氏が、4箱から3箱にした情報の信憑性が無いのかもしれない。

部外者だけが、いろいろ情報を出すだけ。警察は、小保方氏を窃盗犯として追及しなかったのは事実だ。



ため息は、何度も、同じ間違えをする。

「STAP細胞からES細胞をつくったら…遺伝子が一致する」と質問していたときの伊藤委員の解答を聞いた?丁寧にありえないと説明したでしょ。

既に、学とみ子が上記で書いたようにESからキメラマウスを作り、それからSTAPを作ったら、遺伝子が似ると言う話です。

STAPからESを作る話じゃないです。ため息さんは順序が逆です。とことん分かってない人です。そして、「あり得ない」なんて言ってない。

伊藤氏は、「できないことではない」と答え、その前に、桂氏は「極めて似る」と答えました。両者とも、肯定している。ここでは、ESを作る時に入る変異は関係無いです。桂氏の説明を記者も聞いていたけど、記者の頭が混乱してたと思う。とにかく、最初に、桂氏は、「似る!」と答えている。そして、「あり得ない」なんて言ってない。

ため息さんは、STAPからESを作る方法を示してみよ!両者の何がどう違うのか?すら、ため息さんは説明できる人ではない。


ため息さん

>こんなこと議論して何の意味があるの?言ってみ。

記者の質問は、最初から、「FES1からSTAP細胞を作ったら似るか?」です。そして、桂氏も伊藤氏も似ると答えています。
ため息さんの頭は、勝手に「STAP細胞からFES1をつくる話」にしてしまったのです。
こんな簡単なやりとりですら、ため息さんは聞き取ることができないのです。

ここにくる人たちは、ため息勘違いにあきれているのだから、こんなため息コメントのデタラメさに納得するでしょう。ため息さんは、一般社会のレベルを誤認していると思いますね。

ため息さん、
「こんな簡単なやりとりですら、ため息さんは聞き取ることができないのです。」はそっくりそのまま学とみ子にお返しします。

ため息さんは、自らの無理解、無知識を認めない。社会が既に、ため息無理解、無知識を知っている事に、ため息さんは気付けない。


‐ さん、コメントありがとうございます。

>解釈とは証拠をあるアルゴリズムで処理し、なんらかの結論を示すこと。証拠があっても、アルゴリズムがなければ結論は出せない。

サラリーマンさんの周りには、ESねつ造派の学者がいると思います。
ESねつ造を維持しようとする本物の学者がいると思います。
彼らは、当然、小保方氏の立場で、ESねつ造をし続けることの非現実性を知っています。
しかし、いまさら、それを否定できません。

上記の引用コメントも、具体性を欠きますよね。
身元がバレるのがいやだから、こうした抽象的な言い方しかしません。
一重にも二重にも、彼らは秀才たちなんです。
同じ、秀才たちの集まりだったCDB上層部に対抗的する活動ですね。
もともと、ESねつ造説に無理があるから、一般人にも見抜かれてしまいます。

記者は、FES1からキメラを作って、それからSTAPを作れば似るか?でしたけど、途中で、余計な説明をいれてしまったのです。FES1と同じ遺伝子のマウスコロニーがあれば、そのマウスコロニーのオススメから作ったマウスからSTAPを作れば似るか?の質問になってしまいました。FES1は、F1マウスで、アクロCAGもヘテロですから同じ遺伝子のマウスコロニーは作れませんね。いづれにしろ、ここでは、ESを作る時に入る変異は関係無いですね。

ニコニコ動画は、一般人コメントが、入りますが、多くのコメントが、小保方ES捏造で盛り上がってます。つまり、ES捏造説は、理解しやすい説なのです。

バイエルピアノ教則本みたいなものを読まされて、一般人は、ピアノがひける気分になってしまいました。それを仕掛けたのは、ES捏造説を画策した学者です。


ため息さん、

実際に手指を動せるようになった気分になる方などいません。自動車教習所の教則本を読んで運転ができるような気分になる方はいないでしょうな

ため息さんは、教則本を読んだ人が、実際にピアノに触れる必要があることを教える立場です。教則本を読んだだけでピアノがひけると言ってる人に、ため息さんは、注意をする気がないどころか、ため息さん自身が、その人はピアノがひける人であると思ってしまうらしいです。

fcの狭い視野で作文中、一部を間違って消してしまうミスが、当方にありました。すみませんでした。携帯のfcは、書きづらいです。
スポンサーサイト



コメント

.
>サラリーマン生活34年
2023年11月27日 21:31
このように解釈できる、だけでは全く説得力などなく、これは自分の考えを支持する証拠である、と解釈を列挙してもそれだけでは全く意味などない。
解釈とは証拠をあるアルゴリズムで処理し、なんらかの結論を示すこと。証拠があっても、アルゴリズムがなければ結論は出せない。

友人の学者からお伝えしてくれとのこと。

本当に友人の学者からお伝えしてくれって言ったの?嘘だろ。(爆笑)
勝手にとあるブログの文言をそのまま切り貼りしてんじゃん。コメントが承認されて、議論に参加している実感にDのように満足したか?(大爆笑)
非公開コメント