政府、官僚、取り巻き学者は、マスコミ報道によって、本気で小保方ESねつ造を信じてしまったのですから、ますます、罪の意識が軽くなり、CDB潰しを自信をもって実行したのでしょう。

長くなりましたので、こちらに続けます。
前回記事の最後です。

嘘つきハルコにしておけば、いろいろな立場の人たちに益します。
そうした事件背景のある限り、STAP事件は、人々の疑惑を解消させることができません。

事件に関わった人は無言を貫いています。

ため息さんのように、STAP論文にアクセスできないレベルの学者が何を言おうがインパクトは無いです。
ため息ブログは、マスコミ言い分しか理解できない素人頼みのブログでしかないです。
ブログ主からして、STAP論文を読める学力がありません。

ため息ブログは、マスコミ説明を超えて、STAP事件を理解することが難しい人たちの集団です。
サラリーマン生活さんは、さっそく同レベルのアノ姐さんに共感を求めています。


ため息さん、oTakeさんが、本気でESねつ造説を信じているのかどうかは、学とみ子にはわかりません。
しかし、ESねつ造画策学者も、内心はどうであれ、ESねつ造説を信じていると主張するでしょう。
桂氏も、表面的にはそのようなスタンスです。

しかし、この事件の大事な点は、小保方ESねつ造犯で益する立場の人たちがいろいろいる現実です。
だから、STAP擁護論というのは、消えていかないのですね。


小保方ESねつ造犯維持で益する立場の人たちとは、科学的というよりは、社会的に益する人たちですね。
学とみ子はいろいろ考察してきましたが、小保方ESねつ造説が突き進んで社会的に成功したのは、学術界だけの権力抗争ではないからです。
科学的競争とは違う価値観が持ち込まれてしまったため、科学的解決から逸脱してしまったのです。
事情や科学を理解できない人たちの価値観が、学術的事件に大量に持ち込まれてしまいました。


学術界とは、本来、フェアな競争をするところです。知性の競い合いです。

学術者たちは日常的に競争し、科学的バトルを繰り返しています。
お互いに相手の研究成果の足の引っ張り合いをしていても、それはそれで正常な業界の価値観です。

しかし、そうした学問的競争に加えて、異なる価値観を持つ人たちがからむことで、学問的バトルは大きな影響を受けます。
学術的主張が退けられ、別の価値観が持ち込まれてしまうのです。

少し考えただけでも、小保方ESねつ造にしておけば、都合の良い人たちがいろいろいることになる事は、誰でも思いつきます。
STAP事件勃発後、いろいろな立場の人達が登場してきました。
そうした人たちの中には、STAP細胞が理解できない人たちが中心でした。
STAP細胞を理解しないマスコミが、ESねつ造画策学者に教えられた状態で、記事を大量に書いてしまったのですから。

STAP細胞事件の背後には、当然、公に顔の見えない人たちもいろいろいました。
そうした意味での、陰で活躍したのは、政府関係者でしょうね。
議員であるとか、官僚であるとかに直に誤解させたのではなく、政府組織に進言する立場の取り巻き学者層に、ESねつ造画策学者は影響を与えたと思います。

結果、取り巻き学者たちが、政府判断に影響を与えました。
これらの取り巻き学者たちは、桂氏に小保方ESねつ造の印象操作をやってもらって喜んでいたでしょう。
小保方ESねつ造にしておけば、都合の良い人たちが、政府内にはいろいろいましたからね。

政府、官僚は、以前から、CDB上層部の研究者本位の人事を含めた運営に不満を感じていたのでしょう。
政府、官僚は、CDBに対し、何か不祥事があればCDB上層部に切り込みをかけようとしていました。
いわゆる、政府側からの公的研究所に対するお仕置きです。

さらに、政府、官僚、取り巻き学者は、マスコミ報道によって、本気で小保方ESねつ造を信じてしまったのですから、ますます、罪の意識が軽くなり、CDB潰しを自信をもって実行したのでしょう。

議員、官僚などは、STAP事件にからむ最新科学の科学知識について情報が欲しい訳です。
そうした時に、議員、官僚を助けるために待機しているのは、いわゆる政府お抱え学者と言われる人たちです。
政府のまわりにいて、影響を与える事のできる元教授など身分のある人たちです。

oTakeさんのように、政府機関と取引をもつ会社の人たちも、政府関係者が専門知識の入手するために利用する専門者たちでしょう。
政府は、こうした準研究者の身分の人を便利に利用しているでしょう。
しかし、このレベルの人たちは専門家ではありませんから、STAP事件で起きていたことを本当に科学的に説明できるような学力はなかったのでしょう。
所詮、どの分野の論文も専門的に読みこなせるレベルの人たちではありません。

何しろ、ESねつ造説は、理研の本物の学者が作った説ですから、少しでも専門分野が離れれば、学術者でもESねつ造可能を本気にしてしまうのではないでしょうか?



今回のSTAP細胞事件は、STAP事件当事者が何も語らない状態そのものが問題なのです。
本来、関係者証言があればわかることが多くありながら、関係者は無言を貫きます。
結果、わかることすら、わからない状態で放置されています。
そこが、特殊な事件の状態です。
ESねつ造説は、つっつけばすぐ崩壊してしまうようなもろいストリーなのです。
小保方氏の一言で、崩壊してしまう説です。

小保方氏と一緒に仕事をして、彼女が怪しいと思うなら、関係者同士で話し合って、その怪しさをしっかり公開すべきです。
4箱、3箱問題に誰がかかわったのか?すら、誰も何も言いません。

小保方氏がESねつ造をしたと疑うなら、証拠を示して主張するSTAP事件当事者がいないということです。
にもかかわらず、ねつ造を疑いをかけられた小保方氏本人が、ESねつ造の否定について、まったく公的に弁明の機会が与えられませんでした。

ここも、STAP擁護論が、一般社会から消えていかない理由です。


小保方氏はESねつ造犯であることに間違いないと、ため息ブログは主張していますが、この説が、日本中に行きわたっているかどうかなんての調査はありません。
ネットで公開アンケートしても、「あなたは選挙にいきましたか?」の回答が現実を反映しないのと同様の結果しかないでしょう。
ため息ブログが、そう主張しているだけです。

oTakeさんのこの説明も違いますね。

指示が出てすぐに試料を移転させることができるのは小保方のみで、若山先生含め他の研究員は県外といった状況で移転段取りに手間がかかり、小保方が行なったようにすぐに移転させることが物理的に不可能です。


STAP事件は、小保方対若山研究室ではありません。
事件発覚前から、若山研究室をサポートしている人たちは理研内にいろいろにいるのです。

事件発覚後は、マスコミの偏向報道によって、さらに興味本位の人たちを引きつけました。


もともと、STAP細胞はES混入ではないかと疑る研究者たちは、かなり早期から存在してきていたと思います。

若山研究室に近い人たちも、ES混入の懸念を大いにもっていた可能性があります。
分化細胞から一気にES並みの初期化細胞になることが、科学的に可能でないから、どこかでES混入したのではないか?を懸念していた研究者たちはいました。
それがそのようにSTAP論文著者らに伝わっていたのか、封印されていたのかは、全く情報がありません。

発表前にES混入の疑いをもってい研究者がいたとしても、その事実が明るみになるのは、理研は、管理責任上、困るのです。

ES混入発覚を懸念して、何か若山研究室を守るための行動を起こした研究者がいた可能性だってあるでしょう。
しかし、そうした人がいたとしても、本人からの告白があって初めてわかることですから、研究者からの告白がない限り、何もわかりません。


4箱、3箱問題に戻ります。

oTakeさんの以下の記述も意味があります。警察は、嘘も含めて、個人の供述を根拠にものを考えます。

警察・検察によって聴取され把握されていますからね。
学とみ子は「4箱あったと小保方氏は言ってない。」とか「3箱状態にしたとも、小保方氏はいってない。」とか、想像上の内容を書いていますが、小保方氏が Li 氏の試料ボックスが全部で 4 箱あるという”認知”や”証言”はそれほど意味のない話です。


4箱、3箱問題は、誰にとっても不明であるので、学とみ子は小保方氏の言い分を支持します。


oTakeさん、

1 箱を小保方が指示を守らずに確認と取らずに勝手に持っているため「忘れていた」とか、「残っていた」とか主張ができず、そのように判断されません。単なる言い逃れと受け取られます。


警察は、小保方氏が言い逃れをしていると判断したかどうかはわかりません。
このようにoTake説明というのは、印象操作があるのです。

以下の文章からも、わかると思いますが、oTakeさんは、印象操作をしているのです。

上記(1)(2)の事実を知った人は、小保方が窃盗を行なったと考えますし、警察・検察も窃盗容疑で捜査し、立件までは難しいということで不起訴処分になっていますが、嫌疑はないとは言えないので、嫌疑不十分という理由になっています。


若山側は、「あの日」出版をめぐり、小保方氏への訴訟の種はいろいろあるにも関わらず、沈黙を守ります。
理研も、小保方氏を訴えるという話がありました。
理研は、手続き上の問題で、直接行動を起こさないとの説明をしていました。

実験記録を残さなければ研究者に有利になるとか、実験の管理規則がないから訴訟を断念したとかの説明がありました。
これもすべて、理研の印象操作ですね。



oTakeさん、
>民事事件として若山研側が訴訟を起こせば確実に小保方は負けることになります。ただ、若山研側から民事事件で訴訟を起こすと手間とお金がかかり、民事裁判に勝っても損することがほとんどです。

小保方氏がこれ以上何も言わないで欲しいと願いつづける人たちはいるでしょうから、今はそうした人たちにとって、ハッピーなのではないでしょうか?


oTakeさん、

小保方側から民事訴訟を起こせば、若山研側から逆提訴されるのは自明で、”管理占有使用権を侵害”していることが民事事件で確定していることが公になり、そして裁判所から損害賠償命令が出ることになるでしょうから、そうなると小保方側のダメージが大きいので小保方側は黙っているんですね。


これは、oTakeさんの意見に過ぎません。小保方氏がなぜ戦わないのか?今後も戦わないのか?は誰にもわかりません。

桂氏の「疑いを拭いえない」の言葉と文章を、小保方氏側から名誉棄損で訴えるターゲットになりそうですが、司法判断はどうなるのでしょうかね?
法律に詳しくないので、学とみ子にはわかりません。
名誉棄損裁判は、それで被害をうけた実害が、賠償金額に影響するらしいです。


oTakeさん、
Li 氏が小保方に対して怒り心頭なのは、感想さんのブログの記載からも分かりますが、それは当然のことですね。


誰かが4箱のうち、3箱しか山梨に運ばなかった可能性もあるのだから、その可能性についてのLi氏のコメントを聞きたいです。
こちらの可能性の方が、Li氏は傷つくだろうから、このままそっとしてあげた方が良いかもしれません。


oTakeさん、
>因みに私の見解等は全て当事者の石川先生も内容をご存知で参考にされているものです。


石川先生は、「この件には二度と触れない!」と宣言するほど、傷つきました。
その原因は何であったのでしょうか?何に対しての怒りでしょうか?
怒りを抑えたままでいるのは気の毒です。


oTakeさん
いろいろな他の趣味で忙しいのだろうから、学とみ子の問いかけは無視して結構です。

もう、面倒くさいだけなんですけど。

>どこがどのように違うのか、学とみ子はコメントしていません。意味不明です。



違うという意味は、学とみ子の意見とは違うという意味です。
「若山先生含め他の研究員は県外といった状況で移転段取りに手間がかかり・・・」と、oTakeさんが言うので、若山研究室がやりたいことを他の理研内の研究者たちにお願いできる状況ではないか?と、学とみ子は考察しました。
論文発表前から、若山先生がES混入の現実性を疑った後も、若山研究室を守るために動いていた研究者がいるのだと、学とみ子は思います。そうした人たちが、協力をしてくれますよね。

若山研究室をサポートする人たちがいるから、桂氏もそうした人たちからSTAP細胞実験の情報を得ているんですね。

1箱だけ残っていて、小保方氏が持ち帰ったというストリーを、学とみ子は想像できます。
そうでないなら、そうでないという証言があって良いと思います。証言すべきと思います。


oTakeさん、
>3箱は指示通り運ばれているということは Li 氏側に確認することです。

Li 氏側に確認するのじゃなくて、山梨側への確認です。冷凍庫内に、3個しか無かったというなら、それを証言すべきであるし、それでLi氏にあやまることになるんじゃないかな?


oTakeさん
警察は「忘れていた」とか、「残っていた」とかは小保方の言い逃れと判断しています。

「忘れていた」とか、「残っていた」と、小保方氏が表現したことは問題ではありません。
残っていたのは何個だったのか?が問題です。
当然、警察は小保方氏に聞きましたね。
残っていたのが4個だったら、1箱だけ持ち出す行為は、警察はおかしいと思うはずです。
しかし、状況が公開されていません。そこが確認できれば良いと思います。
後は、各人の想像です。

石川先生は、小保方氏が来た時には、4箱あったとの説明を聞いたのかもしれませんね。

oTakeさんの、”管理占有使用権を侵害している”という主張は理解します。
だから、ここを何度も説明してくれるのは、oTakeさんは、大変だと思います。
学とみ子にはそこが大事であるという気持ちにはなりません。


oTakeさんの、この小保方評も、oTakeさんの意見です。
小保方は、忘れ物を預かっていただけだから私悪くないもん、ぷんすか!と言って、それがこじれて刑事告発されるとかになってるんですけどねぇ。

小保方氏がなぜ、Liボックスを保有したままにしていたのかも謎であると思いますが、何か言い出せない理由があったのか?その他の理由があるのか?はわかりません。

小保方氏が4箱を3箱にしたはずと主張するだけでは、証拠不十分だと思いますから、証人はいないのですかね?



アノ姐さん
2023年12月17日 22:22

>学とみ子
氏名を間違えたことは私のミスですから謝罪して訂正します。

学とみ子と書いて謝罪するなんて言ったって、誰も受け入れない。
一旦、謝罪すると言ったら、類似の言動も止めるということです。アノ姐さんは、そうした言葉の責任がわからない人だ。「……のはず」と、アノ姐さんが書けば、そこは単にアノ姐さんの思考が及ぶ限定の考察でしかない。アノ姐さんは、自身の思考ボキャブラリーを増やし、何十年分の知識を取り戻す必要がある。


STAP論文を理解していないのは普通のことだ。学者だってわからない。STAP論文が、学べない、わからない人は、今さら、STAP議論に参加しないが、他人の悪口が好きな一般人は寄って来る。ため息さんは、そうした人を集めている。
一般人の勉強が進まないよう、ため息さんは頑張っている。






oTakeさん

>つまり、小保方が一番最初に移転作業をしたことが判明しています。

いかなる証言によって判明したのでしょうか?つまり、小保方氏が来た時間には4箱あったとの誰の証言があるのでしょう。3箱運び出した日時の時間についての証言はあるのですか?


ため息さん、そこを突っ込むなよ。そういわないと、ES捏造画策学者は、困るのよね。誰かが1箱だけ残した事があったら、大変だわよ。だから、小保方氏も、何箱あったかに触れたくないのでしょうね。

お互いに思惑があるから、分かることさえ、わからないままの状態で放置されています。

>1箱だけが残されたとは考えにくく、


アノ姐さん、ため息さんの真似をしている。相手にしても意味が無い!

>ここで学とみ子が言っている「類似の言動」とは何でしょう?意味不明ですな。



ため息さん、

>小保方氏が回収される前に抜き取ったというのが最も単純で筋の通ることです。oTakeさんがおっしゃることがが最も単純で納得できる状況ですね。

そういうため息側の言い分が、4箱から3箱なんですね。最初から上記の説明をしてくれれば、学とみ子の理解が早いです。
oTakeさんの話だと、何か証拠があるかのような言い方だから、学とみ子も知りたいと思うのです。つまり、証言、証拠がなくても、「これこれになってるはず!」との論法が、ES捏造説のあちこちに散らばってるんだな。

アノ姐さんさんのような人すら、「これこれになってるはず!」と、胸張ってしまうのです。騙されやすい人が、ES捏造説にはまってしまうのです。

こうした人は、自分自身を知識人であると、容易に信じてしまうのでしょう。社会的権威のある職種についていた人が陥り易いリスクでしょうね。


小保方氏が、若山研究室冷凍庫に来た時に4箱あったか?1箱になっていたのかについては、証言、証人がいない事が確認できました。一般人が知りたいのは、ここだけですよね。

ため息ブログの推論なんて根拠がなく、意味が無いです。



これほどまでに、他人を陥れたいため息さんなのかが分かり、学とみ子は、スッキリします。

ため息さん、
>何故抜き取った?理由は簡単です。先に述べたように、現在在籍していない方のサンプルを抜き取っても、誰にもわからない。そのうちバレることは小保方氏は考えていないからです。何かに使えるかもということでしょ。
スポンサーサイト



コメント

Zscan4
箱の数も数えられない人がいたんだね。
非公開コメント