緑茶は、脳卒中の死亡を減らすことがわかりました。しかし、緑茶は、ガン死亡は減らせませんでした。

緑茶ポリフェノールは、動物実験で、血管疾患とガン化予防効果が証明されています。
 
しかし、人では、緑茶(お茶)の長期的影響は、よくわかっていません。東北大学による栗山研究の結果をおしらせします。JAMA. 2006 Sep 13;296(10):1255-65.
 
研究の方法では、コホート集団をつくり、各個人から詳細に、食事内容をききとっておきました。その後に、コホート集団の人々を追跡して、どのような病気で死亡したかを調べます。そして、生前のお茶の消費量との関連を調べました。
 
お茶と多く取っていた人は、少ししかとらなかった人と比較して、死亡状況が変化しているかを、他の生活因子とつきあわせながら、因果関係を追及しました。

この研究は、二つのパートに分かれています。一つ目は、1955-2005年に行われた、40~79歳の40,530人の観察研究です。この研究では、全ての原因による死亡とお茶の摂取量を見ています。
 
二つ目は、原因別に死亡をみる研究で、7年(1995-2001)間の追跡研究です。こちらでは、心血管疾患、ガン死など、死亡原因別に、緑茶の摂取量の関連を調べました。

結果:11年研究は、86.1%の人で追跡可能でした。観察期間中、4209人の参加者が死亡しました..。
そして、7年間研究は、89.6%の人で追跡が可能で、892人の心血管疾患での死亡と、さらに、1134人のガン死を確認しました。
 
両研究共に、生前とっていた緑茶の量と死亡の関連がありました。
緑茶を多く取っていた人では、とっていない人とくらべて、心血管疾患も全死亡も、減少することが確認できました。つまり、緑茶が多いと死亡が少ないとの結果でした。

特に、女性において、全原因による死亡と、緑茶の摂取量の逆の関係が、男性に比べ強くでました。
 
以下が、緑茶の消費量と全死亡との関連についての数値です(多変量解析法を用いました)

男性では、
一日1杯未満の人の死亡を1とすると、
1~2杯を飲んでいた人の死亡は、0..93に減りました。(95%の信頼区間[CI]、0.83-1.05)、
3~4杯は、0.95に減りました(95%のCI、0.85-1.06)、
5杯以上は、0.88(95%のCI、0.79-0.98)に減りました。(それぞれP < .001)。

(この数値の意味ですが、緑茶を一日1杯未満しか飲まない人が、1人死ぬところを、1~2杯の人では、0.93人しか死ななかったという意味です)
 
女性の場合では、

一日1杯未満の人の死亡を1とすると、
1~2杯は、0.98に減りました(95%のCI、0.84-1.15)。
3~4杯は0.82に減りました(95%のCI、0.70-0.95)。
5杯以上のカップ/は、0.77に減りました(95%のCI、0.67-0.89)。

以上の数値をみると、女性においてより、緑茶が死亡率を減らすことに貢献していました。
 
緑茶は、全原因による死亡を減らしましたが、さらに、心血管疾患による死亡を減らすこともわかりました。

女性において、
一日1杯未満の人の死亡を1とすると、
1~2杯は、0.84に減りました(95%のCI、0.63-1.12)
3~4杯は0.69に減りました(95%のCI、0.52-0.93)
5杯以上は、0.69に減りました(95%のCI、0.53-0.90)。
 
緑茶は、心血管疾患死亡のうち、脳卒中の死亡を減らすことがわかりました。しかし、緑茶は、ガン死亡は減らせませんでした。

結論:緑茶の消費は、ガンによる死亡を減らすのでなく、すべての原因による死亡を減らす効果があり、特に心血管疾患による死亡を減少させたと言えます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック