STAP実験に参加した研究者各人の実験の実態をわからないようにしておき、小保方氏以外の人には疑惑が及ばないようにしたいとの、理研の親心でしょうね。

STAP事件はわからないことが、そのまま残されている事件です。

調査ができるのは専門家だけだから、調査する人がフェアで無い場合とか、或いは、調査する人が、間違ってしまう場合があります。専門性が高いと、理解してもらえません。論文審査でも、査読者が理解しないことがあり得ます。イロイロな状況やら条件によって、著者以外の人の判断は、真実とは違ってしまう事があります。本来、そこを弁明するのは、著者の仕事です。

小保方氏も、若山氏も大事なことをしゃべっていません。ここが、残念なのです。CDB上層部と、若山氏は、科学的に対立している構図です。本来、科学的対立は、徹底議論することが求められますが、そういう事態にはならず、沈黙している若山氏をサポートする勢力がありました。これが、STAP事件の特殊性であり、一般的捏造疑惑の事件ではない部分です。ES捏造ありきを、本気で信じている人たちがいるのです。ES捏造と信じる人は、科学者層にもいるので、一般人もそうなります。

小保方氏は、手記でいろいろSTAP実験の現場状況を書いていますが、彼女が言わないでおこうと思ったことにはふれていません。

秘密が多い人は、一般的にいろいろと公言しないでいるでしょう。
特に、経験豊かな人、知恵のある人は、先の先まで考えることができるので、無言を貫くという姿勢になるのかもしれません。

しかし、STAP細胞を、科学的に知るのが焦点です。
この事件に関わった人が言うも、言わないも関係なく、STAP細胞には、極めて精度の高い科学的事実は存在します。
今になれば、STAP細胞の能力では、決しておきない現象を想像することが可能になりました。

本来、精度が高い科学的事実は、専門家が出すべきですが、専門家はこの事件には触れようとしません。
この現状を考えると、ある程度に知識があり興味を持ち続けている人たちで考えて行くしかありません。

まず、現在の科学レベルの事実から、STAP細胞の能力では、決しておきない結果や現象について考えてみます。

まず、STAP実験のような状況において、個人による捏造は可能か?の問題です。
これは今までもさんざん考察してきたことでもあり、答えは「否」です。
つまり、小保方氏が実験材料を他の研究者に渡してしまう形態の実験において、捏造はできません。
捏造が可能になるのは、一人で実験を完結させるものであったり、協力者が必要になります。
個人レベルでは無理ですね。
「小保方氏がESを使って捏造することは可能か?」なる質問について、若山氏は答えたことがありません。

次に、刺激により、初期化を開始した分化細胞が、人工的培養のみで、受精卵あるいはES並みに初期化細胞に戻れるか?の問題についても、答えは「否」です。
遺伝子導入しないで、分化細胞から初期化を誘導していく方法の論文はありますが、薬剤を入れた培地を交換、変更しながら、長く培養していく必要があります。
STAP細胞のように、培養だけで、ES並みの幹細胞へと導く方法はありません。

キメラの形成能の獲得には、胚内に注入した分化細胞が、速やかに受精卵あるいはES並みに移行する必要があります。
つまり、分化細胞をそのような状態に変化させる必要があるキメラ達成は難しいです。

分化細胞において初期化現象を開始させた実験は小保方パートと呼ばれ、これは再現が可能ですが、若山パートのキメラ形成能や幹細胞化の能力獲得に向けた実験は、ハードルが高いです。

こうした科学の実現性は、小保方パートは実現可能、若山パートは実現不可能です。

そして、現実性が低いと強く推定できる大事な根拠は、若山氏が、キメラ、幹細胞への作成に向けた再チャレンジを放棄した事実からです。
本当に、STAP現象が本物であるなら、若山氏はギブアップせず、あくまで、再現に取り組むと思われます。



つまり、STAP幹細胞と、キメラは、ES混入であるという結果に落ち着くのです。
しかし、STAP事件の問題点は、ここではなく、小保方氏が本当に故意にES混入をさせたのか?です。

ここをきちんと書いている人は少ないです。
最近も、白楽ロックビルさんの記事があったが、STAP事件に触れているものの、小保方ESねつ造とは言っていない。
ただ、研究不正があったと言っているだけである。

あれだけESねつ造騒いでいた女性記者たちも、STAP事件には触れません。
彼女たちは、今は自信をもって、小保方ESねつ造の主張はできないと思う。

しかし、10年経っても、小保方氏が本当に故意にES混入させたと公言してはばからないため息ブログがいますね。
きちんと論文を読める人たちでもないのに、読める人であるかのように虚勢できてしまうのは、ホントに驚きますね。
とにかく、因縁をつけて、好き勝手に学とみ子文章を改変したり、議論をごちゃ混ぜにしてしまいます。



桂報告書は、故意も事故の有無も含めて、ES混入の犯人は不明としたはずなのに、桂調査委員会によって、小保方ESねつ造であるかのような文章が加えられてしまいました。
研究者の多くは、個人でこのタイプのねつ造をするのは無理であることがわかりますから、桂報告書で、小保方ESねつ造が書かれている部分は、単なる印象操作なんですね。
理研の管理者が、この結論での解決を希望したのでしょう。

研究者なる人たちは、科学のデタラメに対しては戦うのでしょうが、仲間たちを一人でも多く疑惑から救いたいしでしょう。
研究費のひも付きでもありますし、失職につながったら大変ですからね。
やはり、理研を管理する立場の政府関係者が小保方ESねつ造説を支持していることを知っているのだから、仕方ないと思います。
皆さん、一生をかけて激しくポスト争いをしているのですから。

反論するのは小保方氏であるべきで、俺たちじゃないと、研究層の人は思っているのでしょう。
研究者たちが、STAP細胞についてコメントしてくれることはこれからも期待できないのでしょう。


STAP論文には、ES細胞をつかった比較の実験があり、ES混入はいつでも起こりえます。
STAP細胞は培地が必要ですから、培地へのES汚染もあります。
研究者が気付かないところで、ES汚染は起こり得ます。
ですから、だれもSTAP実験に関わった人は、自分かもしれないと思うでしょう。

さらに、STAP実験は、TS,ESと接触させたり、共培養なる方法で、酸浴細胞に初期化能力を高める実験が行われていた可能性もありました。
STAP擁護派の和モガ氏が指摘するのはわかりますが、なんとoTakeさんも、酸浴細胞とTS,ESを一緒に胚盤胞に注入する実験をやっていたとの書き込みには、とても驚きました。

このように、若山氏がどのような方法論で、キメラ作成、幹細胞誘導を行っていたのかの実験の実態はわかっていません。


筆頭著者にとっては、こうした、非常に不利な条件での実験環境でした。

ESねつ造説まわりには、精度の高い事実確認は全くありません。
ESねつ造説には、科学的事実がありません。
いろいろな人が、いろいろな推察をしているだけです。
それも人によって、言うことが違うのです。
一番、事情を知っているはずの若山研究室、特に若山氏からの情報提供がないです。


責任の押し付け合い、印象操作、作り話、など、画策めいたことが渦巻いています。
知識が無いために起きる思い違い、勘違い、間違い、虚勢など、言いがかり、悪口などなど、ESねつ造間違い無しを叫ぶため息ブログには、意識的画策が渦巻きます。



たとえば、今、問題になっている4箱、3箱問題も、そうですね。
Li氏の証言があっても、だれも、本当のことを知ることができないという状態です。
若山研究室側が責任ある情報を出さず、知らん顔です。
情報を出しているのは、第三者的なoTakeさん、感想さんなのです。

oTakeさん

小保方側に対しては、「嘘をつくな。本当のことを話せ」となるわけですね。Li 氏は怒り心頭なんですが、ただ、嫌疑不十分の不起訴なんで、その怒りの矛先が警察・検察に向いているんですね。

Li氏は、誰からどういう情報をもらったのかがわかりません。特に、誰からもらったのかはわかりません。
Li氏は、小保方氏が盗んだと信じていますが、Li氏には、どのような情報がつたえられたのかはわかりません。
Li氏の話から重要なことは、「小保方氏が盗んだことは間違いない」というようにLi氏は教わっているという事実です。
Li氏は2月まであったと確認しているだけで、以後のことは知りません。しかし、小保方氏が盗んだと確信しています。
Li氏はどのような情報をもらって、あれほど、はっきりと小保方が盗んだとの確信に至っているのか?です。
この周辺の情報がないということは、不思議と思うべきですね。

複数の目撃情報があったとか、動かぬ証拠があると、Li氏は教わったのでしょう。
それを通報した人の名前も明らかになりません。

oTakeさんはいろいろ書きますが、証拠ではないです。
誰も見ていないのです。
いつまで、何があったか、その時の状態についての確認の情報が全くありません。
若山研究室の誰かが、それぞれに見たもの、聞いたものがあるはずですが、何も言いませんね。
この場に立ち会った人同士で、お互いに解決に向けた話し合いがないのです。

Li氏に情報を渡した人も黙っているし、この時に居合わせた関係者の様子がわかりません。
第三者は、関係者の皆、言いたくないことを抱えていると想像してしまいます。

つまり、各人の証言がかみあわないとか、誰かが嘘をついていることがばれるとか、自身が不利になったりするとかで、誰も何も言わないようにしているのでしょう。
こういう状況であれば、第三者が作り話をすることも可能、黙っていてあげたりも可能です。

STAP事件は、こう言う状況が多いですよね。
関係者たちは、大事な情報なのに、状況を語らないのです。


Li氏は、小保方氏が持っていったと教えられていて、警察がもっと良く調べるべきと言っているようですが、Li氏はその後にその怒りや疑惑をどのように処理したのか、感想さんも何もふれません。
ここも、非常に中途半端です。

この中途半端さは、桂調査委員会の記者会見でも同じでしたね。
結論は、誰がどの実験を担当したのかについて、極めてあいまいに処理しているのです。

それでも、専門家の意地からか、桂報告書には、幹細胞、キメラの作製は、若山氏の責任をしっかり書いています。
そして、TCR実験、メチル化実験についても、若山研メンバーによるとしっかり書いています。



しかし、桂調査委員会の記者会見で、桂委員長が、多くの印象操作的にしゃべった影響は大きかったです。
また、不用意な発言がありました。
桂調査委員会の記者会見でも、メチル化実験で、データが無いことについて、桂氏は、データは捨てられたかもしれないなどという言い方をします。
それを言う前に、誰がどこを担当したのかをきちんと示すべきでしょうが、桂氏はそれはやりません。
おかしな出来事は、すべて小保方氏に帰すという桂氏の立場です。
小保方氏が「責任を感じている」という言葉を言った事で、小保方捏造の根拠にしました。

分化細胞を真っ黒く捏造する必要など、どこにも無いのに、桂氏は、軽はずみな言い方をしています。
真っ黒、真っ白と言ったり、同じコロニーをつついたなどの捏造のやり方を、小保方氏がやったと言わんばかりの表現も、問題あると思います。

記者からも、データが無いことを、小保方氏は何といい訳しているんだ?と言われても、桂氏は答える気などありません。

こうした調査を中途半端でやめてしまう理由は、やはり、小保方氏のみをESねつ造に向けたい印象操作なのでしょう。
とにかく、小保方ESねつ造説にしておきたいから、こうなってしまうのでしょう。
詳しい状況を説明したくない、STAP実験の実態をわからないようにしておきたいとの、理研の親心でしょうね。

業績のある研究者というのは、ある意味、学会にとっての名誉な人ですから、やはり守られます。
そして、守られる人と、守られない人がでてくるのですが、それが極端すぎたのが、STAP疑惑です。


今、ESねつ造説で、残っている人たちは、もちろん専門家ではない、若山研究室のサポーターたちです。
この人たちの活動が、若山研究室にとってありがたいのか?そうではないのか?がわかりませんが、いづれにしろ、専門性が低い彼らは、持ち合わせるものは、STAP擁護派に対する悪口だけです。


ため息さんという人は、これが学者の発言か?なる文章をしばしば書きます。

これもそうですね。

>捏造かどうかは科学の問題ではないのですが理解できてないのですな。

ため息さんは細胞の能力をそもそも論から導き出すことができません。
もうこれは、知識の圧倒的な不足なんですね。
捏造かどうかを考えるのは、科学的に可能なのかどうかを考えることであるとは、ため息さんは思わないのです。
何年たっても、学ぶことができないみたいです。
人は誰でも自身が知っていることを超えた判断はできないのですが、ため息さんを見ていると、既知の知識が圧倒的に少ないと感じます。
だから、捏造が人為的に可能か?は、科学的に可能か?に直につながっている疑問であることが、ため息さんにわからないのです。

小保方氏の立場では、ESねつ造は不可能であることを知っている人たちが、小保方ESねつ造説を編み出したのです。

その工夫の重要点が、酸浴後培養7日間でESが混入したとすることです。
ESねつ造説を既成化させたい画策者たちは、「酸浴後培養7日間のES混入」を、既成事実としました。
桂報告書の最終判断においてまで、この画策は成功しています。
結果、その後のSTAP事件の素人理解は、全て、小保方氏が捏造した結果であるとなっていきます。

しかし、小保方氏は、細胞の元マウスを知りません。こうした立場の人では、ESねつ造などできません。
2013年、1月、6月、理研の内部調査で、小保方氏にSTAP実験に関連した細胞をGRASに持参させた時点で、GRASのスタッフたちは、小保方氏の立場でESねつ造するのは無理だと気づいています。


和モガ氏のように、一般人でも、小保方ESねつ造科学的に可能なのか?を、まず、最初に考え始める人がいます。
和モガ氏は、個人のESねつ造が可能ではないと思うから、サンプル入れ替え説を思いついたのです。
サンプル入れ替えというのは、現状を良く知っている人だけがやれることです。
元マウスについて知っている人だけができることです。

ES混入を、あれもこれも説明可能とするためには、元マウスをよくわかっている人が、サンプル入れ替えたのだろうと、和モガ氏は想像しました。

つまり、人為的出来事を説明するのは、科学的知識を予め持っている事が必要なんです。
ため息さんは、そうした背景すら、想定することができません。

これもおかしいです。和モガ氏が、わざわざ言わないでしょう。和モガ氏が言わなくても、読者は考えるということを、学とみ子は書いてます。ため息さんは、他人の思惑を読めないのでしょうか?こうした低レベルな反論は、ES捏造説にマイナスですよ。

ため息さん、

>和モガ氏は「元マウスをよくわかっている人が、サンプル入れ替えた」あるいは個人のESねつ造が可能ではないと思うから、サンプル入れ替え説を思いついたなどと言ってません。学とみ子の創作・妄想・嘘ですね。


oTakeさん、今度はこの説ね。これだと、SNP解析など意味が無くなります。これだと、ESを混ぜる作業も簡単ではなくなりますから、ますますES捏造が難しくなります。

oTakeさん、2024年3月25日 06:44

>FES1 は 2005 年に凍結された細胞です。これを 2011 年に解凍したとしたら、その時点で変異がかなり入って、多くは死滅します。そして、生き残った ES 細胞もあるわけですが、変異がかなり入ったものです。


oTakeさん、

>記録もないからどうやったか分かんないんだけど?

記録がなければ、桂調査委員会は、ここぞと書きます。書いてあるのだから、桂調査委員会は追及できません。酸浴で死ぬ細胞の実験記録もあるのです。他の論文、Tangなどでは、細胞死を示せなかった。

桂調査委員会は、重箱の隅をつついて、やっと探したんです。

刺激から残った細胞が無い、刺激で変化しなかったのが、他の人による実験結果です。

つまり、再現実験とは、いかに8割殺すかの達成でした。突然に細胞をつけるのでなく、酸性液を添加していくという方法もあるでしょう。要は、1週間で8割死ぬ条件を作ることが、再現実験でしょう。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント