食物によるアナフィラキシーは、薬剤によるナフィラキシーなどと比べると、死亡までの時間が長い。

昨日の続きでエピペンについて書きます。
 
昨日、エピペンやアナフィラキシーについて良く知らない医師がエピペンを処方すると問題が多いと書いてしまいました。エピペンを知らないからと言って、その医者は信用できないという意味ではありません。
 
アナフィラキシーという状態がとても判断が難しいため、この病態に知識の深い医師でないと、エピペンをめぐり、患者さんとのやりとりが難しいと言う意味です。
 
早期発見、早期治療は、アレルギーでは、あまりあてはまりません。ダニのアレルギーの予防とか、人々は、一生懸命にやってきて、そして失敗してきました。
 
食事の除去も大変な努力を要することですが、学校給食は、必死にがんばっています。子供のメンタルに与える影響は絶大です。
 
アレルギーを理解しない人は、今でも早期発見、早期治療を勧めています。
 
特に学童期の子どもへのエピペン処方については、学校での注射という問題がでてきますので、本人、親、学校、共にとても神経をつかうことになります。
 
アナフィラキシーを予想して準備すると言う作業は誰にでも難しいのです。ですから、学校はエピペン注射ができるよう準備すべきとの、マスコミ論調には抵抗があります。
 
こうした3者(本人、親、学校)のストレスを軽減するためには、子どもを取り巻く関係者すべてのレベルで、知識の習得が必要です。
 
つまり、親や子供にエピペン注射を教えられない医師は、処方すべきでないです。日本では忘れがちですが、親はエピペン注射を子どもにも教える義務を負うし、子どもは、しっかり打てるように覚悟を決めて準備に励むといったこころです。
 
すべてのレベルにおいて、関係者が努力し協力し合う必要があります。
 
エピペンは自己注射が建前ですので、本人の打つ気持ちはとても大事になります。
学年が上がれば上がるほど、本人の意識アップが必要です。そして、親は、除去療法の見直しを専門医の元で行い、減感作療法に努めるなどの義務を負います。親も子もエピペンを打つ時をイメージして、学校側も、そのイメージを共有します。
 
エピペンを処方されている学童がいる学校では、学校と主治医とのホットラインや、学校医との連携など、望ましい関係をつくっておかないと、実際の注射はうまくいかないでしょう。
 
以下は、大事なエピペン情報です。
 
エピペン(アドレナリン)は、アナフィラキシー治療の自己注射剤であり、米国製の輸入品であるため、新製品の時は20ヶ月の有効期限があるが、ユーザーの手にわたるまでに、若干の時間を要する。
製造後、3ヶ月位、輸入、安定検査などで時間がかかり、有効期間は最長17ヶ月、最短14ヶ月で市場に出回る(1年未満のものは市場に出ない)
 
以前、日本のエピペンは、林野庁の職員向けに個人輸入されていた。これにより、蜂アレルギーによる死亡は減った。ズボンの上から、蜂に刺された後、速やかに自分で打つ。
 
日本では、蜂刺傷による重篤なアレルギー症状(アナフィラキシー)への対応のため、2003年8月にはじめて認可され、2006年からは食物アレルギーによるアナフィラキシーにも使えるようになった。
 
基本は自己注射であり、学校でも、本人が打つということが基本になっている。子どもが自己注射できるようになるように、親と主治医は責任を持つ事になっている。その責任を果たせるために主治医のサポートが必要である。
 
諸外国では、すでに発売25年を経過しているため、注射の事故報告も多い。外国の論文ではそのような事故の内容が論文発表されている。 米国では、ピーナッツアナフィラキシーによる死亡があるため、学校関係者はエピペン関心が高い。
しかし、実際の注射は、本人がだめな時は、学校ナースなどが、注射をしたりしているらしく、医療環境の違いがある。
 
アナフィラキシーを起こす原因には、食物だけではなく、他に薬品などがある。
薬品の場合は、典型的な発症を除くと、過去に既往がないと、判断が難しいことがある。
 
アナフィラキシーの判断が容易なのが、蜂アレルギーであり、蜂に刺されてすぐ発症するので、診断がつきやすい。
 
アナフィラキシーで致死的となるのは、血圧が低下して、意識消失するケースである。全身に蕁麻疹が出ても、致死的にはならないが、喉頭浮腫といって、声帯のあるところが、ポンポンに腫れたりすると、窒息する。
つまり、アナフィラキシーの時は、危険な症状が体のどの部位いで進行しているのか、しっかり見届けることが必要となる。新聞記事では、ここをしっかり書いてる事故記事は少ない。
 
食物によるアナフィラキシーは、薬剤によるナフィラキシーなどと比べると、死亡までの時間が長い。食物アナフィラキシーの症状は、呼吸器のトラブルが多いと言われる。つまり、呼吸の苦しそうな状態が遷延してみられるらしい。こうした状態を経験した医師は少ない。
 
薬剤によるアナフィラキシーは、突然、心臓にくるらしい(死亡まで時間がない)。 バッタリ倒れて、心停止になってしまう。造影剤でアナフィラキシーが起きる事は、まれだが有名な事実。 
こうした薬剤は、診断が比較的容易だが、抗生剤、抗がん剤などでは、確定診断が難しい。実際に、こうした薬剤使用後に、アナフィラキシーが起きた時は、可能性があるまでしか、わからない。
 
この論文は、JACIという有名なアレルギー医学雑誌に載っています。
 
1994年から2007年まで15190回の、注射時のトラブルが起きた。本人および注射を介助する人などに、謝って本来打つべきところ以外の場所への注射をしてしまった。
 
間違って他の部位を注射してしまった年齢の中央値は、14歳(8-35歳が中心)

注射時のトラブルのうち、27%が誤注射の状況が判明している。このうち、53%は、特に治療を要さず、29%では治療を要した。
76%が指と親指、14%が手のひら、6%が足と大腿 。
虚血が進行し、2人が指を切断することになった。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック