このSTAP騒動は、人の名誉を守るという法曹界を担う文系の方にとっても、スルーできない問題なのだと思います。


昨日、STAP細胞問題を書きました。そのモチベーションになったのは、証拠もないのに、マスコミはゼロからのSTAP捏造説をつくりあげるなんて、ひどいものだと思ったからです。

検証委員会も、あんな形で個人攻撃をするなんて、意外でした。知識人の集団であるはずの検証委員会の長が、ろうろうと個人ミス読みあげて、非難する様子は、恐いものがありました。

一般的には、研究者の再起を促す意味でも、検証委員会は、画像の改変の厳重注意で終わる話ではないでしょうか?そして、STAP細胞の存在については、いくつかの可能性を提示して、その結果、解析困難、検証不能で終わらせるのが、知識人の常識であり、かつ、温情かと期待していました。

検証委員会も、何か恨みを持つ集団にのっとられているのではないか?脅されているのではないか?という印象をもちました。

そもそも、新規知見をゼロから捏造するなんで、大変な作業だと思いますよ。実験途中で、若干、結果の一部を入れ変えることは可能としても、どう展開するかわからない新規実験をやらないで、ゼロから結果を創作するなんて、できないと思います。

実際に、私の周りでは、マスコミをひどいと思っている人は多いのですが、ネットではそうした声が必ずしも高まらないのがつらいなあ!と感じました。

郵送詐欺を問われた村木さんの事件でも、扱う問題は違いますが、権威ある組織から一方的に責められるという構図がありました。彼女は戦って無罪でしたので、すごいと思いました。

誰もが名誉棄損の当事者になりうることを思えば、人は戦う力を維持していたいと思いました。
私の仕事は、医療訴訟のリスクがあるので、人ごととは思えないです。
 
遺伝子を改変された細胞の遺伝子解析をしても、せいぜい、この細胞とこの細胞は近いとか、一部のゲノム構造が一致するとかまでしか、わかりません。

しかし、日経サイエンスは、“細胞が一致した””由来が判明した“と書いています。そこに行くまでの説明が、実にこまごまと科学的思考で書いてあるのに、最後のところで急に、非学的な表現となり、“完全に一致した”となってしまいます。

マスコミの科学ライターは、専門家から指導を受けていて、文章を作ることが多いと思います。ライターにとって、細かく指導して知識をくれる専門家は、ありがたく頼りある存在です。しかし、理解不十分なライターの理論が飛躍しそうになったら、専門家は注意します。
専門家から 「これで言えるのは、ここまでだからね!それ以上に言うのはやめてね。書き過ぎだからね」
というアドバイスがあるはずです。

でも、今回の記事では、専門家から多量の知識を提供されていても、文章内容は、そうした注意は一切払われていないのです。

人工的に改変した細胞を対象に、ゲノム解析をすることが、どんなに不安定で難しい事なのかが、実際に作業した人は語ります。ちなみに、私は作業したことはありませんし、専門家ではありません。
 
しかし、遺伝子解析で、細胞の元をつきとめるなんでタスクは、不可能であろうことは想像できます。

細胞生物学を知らないと、こだわる点がずれていたり、発想が飛躍するのです。それでも、議論する相手がしっかりしていれば、人々の理解は進みます。

STAP研究中には、実験者は、多くの新しい細胞を作り、それぞれ目的に応じて、細胞を増やしたり、冷凍させていたと思います。その中で、現在も残存している一部の標本をとりだして、何かわかったとしても、それだけで、実験の結果を否定することはできないのです。

現在、解析可能なゲノム構造を見ても、どれとどれが同じ細胞とまでは言えないのです。

親子鑑定で、親子かどうか、遺伝子検査をすると98%の確率で親子であると言えるとかの表現を見ます。これは生きている人では、遺伝子が変わらないことを前提にしているので、特徴的なゲノム構造を比較して、確率を計算してだせるのです。

しかし、マウスの改変細胞は、こうした安定したゲノム解析とは異なります。現在でも、正常人のゲノムの完全解読には成功していないのです。読めないところが残っていることを考えても、遺伝子解析の難しさが想像できると思います。

今回は、遺伝子を人工的にいじられおかしくなったマウス細胞が対象です。RNAやDNAを調べて、どの位の精度で、この細胞はこの細胞から由来するなどと言えるのでしょうか?

遺伝子を改変させられてしまった細胞は、生き残るためにさらなる遺伝子改変を繰り返して、生き残る細胞状態になるため、ゲノム構造の作り直しを必死に繰り返します。戦国時代の武将たちのように、誰かが、この場合は安定した遺伝子構造を獲得した細胞ですが、生き残るための戦いです。

そうした不安定な細胞から何がわかるのでしょうか?現在使用できるゲノムの構造を調べる手技も、開発途上にすぎず、ゲノム自体もとても不安定なものです。1回しかおきない反応の繰り返しなのです。
 
今回、TCRの再合成についても、議論されていますが、万能性の獲得した後で、元の細胞の機能が残る点で、注目されています。しかし、確認を要するする大事な要素ではありません。

小保方さんの言葉によると、CD45細胞の30%がSTAPになるなどということのようですが、実にすごい万能性獲得の成功率です。この数値だけでも、実験仲間が驚いていたと思います。

後に否定されてしまいましたが、STAPが胎盤を作った時でも、スタッフの驚きは、同様だったらしいです。
検証プロジェクト発表時の、丹羽氏、相澤氏の会見の時のユーチューブを見ますと、この時ですら、丹羽氏はSTAPの存在を信じていたように思います。

STAP現象は、複数の証言があります。生きた細胞を使って実験するわけですから、プロトコールは、それほど大変ではないようです。何度か、論文投稿しているなので、ある程度の再現性を確かめていると思います。今の時点で、再現性が出なくても、STAPを否定できる材料は無いのです。

初期の頃の関係者の語るエピソードをネットで見返しますと、ESでは説明できないことがいろいろありました。そうした問題にこだわっている文系の方もいます。文系の方が、難解な専門用語を克服して、STAPに関心を持ってもらえる事は、頼もしいです。

このSTAP騒動は、人の名誉を守るという法曹界を担う文系の方にとっても、スルーできない問題なのだと思います。
患者側から理不尽な医療訴訟が起きれば、こうした文系知識人が、医師擁護をしてくれそうな気がします。文系の方も、大いにこの問題を取り上げて欲しいです。

さて、ゼロからの捏造説をつくられてしまった現状で、この現状を打開するためには、前回も書いたように、いろいろ考えられる可能性を披露したいと思います。

つまり、小保方さん以外の人だって、可能性あるでしょ!です。

しかし、同時に、小保方氏だけでなく、他の関係者の名誉も守りたいです。
あらぬ疑いは、かけても、かけられても、人の道から外れます。
ですから、もし、小説にするなら、こんなストリーではどう?という私からの提案であると、お考えください。

あくまで可能性を提示してみるだけで、個人を攻撃するものではありません。

① まず、STAPはあったとする説。これが一番、誰も傷つかないですみます。
細胞を酸につけると、どうなるのか?全く誰も知りません。脾臓リンパ球を酸につけたら、TCR再編成能がどうなるかなんで、だれも知らないし、TCRがいつ消えてもおかしくないし、いつ、復活してもおかしくないです。つまり、さまざまな観察結果が出てきてもかまわないのです。こちらの先生の実験ではこうなった!、こちらの技術者でもこうなり、どの実験では、どうなったので良いのです。最初に言ったもの勝ちです。

STAP実験の最初の頃は、STAPが良く作れたということですので、脾臓細胞を採取したマウスが、特殊だったかも・・・。しかし、悲しいかな、いづれにしろ、今はSTAPができないことが事実。しかし、再現は不能だからといって捏造とは言えないです。

② 他のサイトでも推理している人がいるけど、悪意のある行為があったとする可能性です。
動物の手渡し、細胞の準備で、違うものを渡されてしまう。幹細胞として保存されていたFI細胞が、冷凍保存中にES細胞にすり替えられた。若山研究所のマウスの系統が、狂わされていたかもしれない。

ここで大事なのは、すり替えたのは、小保方さんと決めることはできないです。彼女に濡れ衣をかぶせたくて、不正な介入があった可能性です。こうしたことは、できるだけ、考えたくないですが、可能性のひとつとして、提示したいです。

③ さらに、一部の技術員は、どのマウスとどのマウス、あるいはどの細胞と、どの細胞を入れ替えたのを知っていたとすると、かなり、怖いなと思います。その可能性はあります。動物の扱い、細胞の扱いに熟知していないとこの作業はできません。
実行犯は、研究室に出入りできる人で、小保方、若山先生に嫌がらせをしたい人で、かつ複数かもしれません。

調査委員会にも影響力が発揮できる立場の人とも通じている可能性がります。内部の状況を知っている技術員であれば、難しい回答をせまられている調査委員会に、ヒントを与えてあげたいと思ったかもしれません。

調査委員会に、不正介入の情報をリークした人もいるかもしれません。つまり、これとこれを調べると、つじつまが合いますよ!的なものですが・・・・。調査委委員会も、つじつまが合わなくなるような検証はパスした。手間のかかる作業を開始して、どんどん泥沼にはまることがあります。

調査をすれば、何もかもわかるようになる世界ではありません。高度に専門的、再現性に乏しい新たな知識の開発をめざすような作業です。笹井先生が、”仮説”という言葉を使ったのも、これからも見守ってくださいという意味だったと思います。
細胞の混ぜ方、植え方についても、十分な経験がないとできません。トライアンドエラーの世界です。
経験と再検を要する作業です。どの細胞とどの細胞は混ぜても増殖可能なのか、混ぜた細胞がばらばらになって、死滅してしまうのかなどの知識が豊富でないとできません。
混ぜた実行犯がいるとすると、その人しか、知らないこともあったかと・・・。
たとえば、TS細胞とES細胞をませて実験をする(キメラを作る)ことが可能かどうかなど・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック