注目すべきは、STAP調査委員会の結論は、ES混入説であり、ESすり替え説ではないという点です。

本日の朝、以下のブログを読んでいて、またまた、なるほど!と思いました。

このブログには、STAP騒動の顛末がくわしく説明されています。
これから、この問題を見直したい方も、ぜひ、ご覧になってください。
 
(引用始め)
一連のSTAP細胞問題の性急な幕引きは、特定国立研究開発法人の指定が関係していることは、しばしば指摘されます。・・・・・遠藤氏が、「ES細胞「混入」では、容器に張り付いてしまうのですぐわかる。(ES細胞に「すり替え」だ)」と言っても、そこは知らん顔で、「混入」との結論で「決着」です。(引用終わり)
 
注目すべきは、調査委員会の結論は、ES混入説であり、ESすり替え説ではないという点です。
 
上記のブログからお分かりのように、理研の遠藤氏も、すり替え説を主張していたみたいです。遠藤氏とは、小保方論文発表の直後から、問題点を指摘していた方です。そうした意味では、混入説では、遠藤氏も物足りなかったのかもしれません。
 
もちろん、調査委員会発表動画や新聞記事をきちんと見れば、確かにES混入説です。私は小保方犯行説の視点で、発表結果を見ていたので、大事なこの点を見逃しました。
 
その違いを考えますと、細胞すり替えは、実際に人が行って可能でしょうが、混入は難しいという点です。生きている培養細胞に、別の細胞を混入し、さらに混入がわからないように、細胞培養を継続させる技が必要になります。そうとうに高度であり、人の手で可能か?は疑問です。すり替えは、培養前、あるいは培養後に、他の細胞と代えてしまうことですが、普通は、後の方でしょう。
このあたりは、細胞をいじっている技術の方のご意見が欲しいです。
 
今後、混入犯(すり替えでない)が誰か?は、明らかにならない可能性が高く、このことを前提に、調査委員会の判断はしたような気がします。神のなせる業であるES混入により、実験がされたとのことで、誰も傷つくことなく、幕引きをしたのです。これは、将来の訴訟を免れるためには、意味があるのではないでしょうか?
 
調査委員会は、混入犯を誰と特定していないのですが、それは風がふいて混じったのかもしれない可能性も示唆します。それでも、現在の残存検体と矛盾しません。
 
混入そのもののが不可能に近いと考えれば、小保方氏が、すり替え犯にされたと、調査委員会を訴えることも避けられます。混入をやれる人など、いないからです。

とにかく、小保方氏が盗んでSTAPを作ったと言うのは、遠藤氏やマスコミの作ったストリーなのですから、調査委員会は関与する必要はなく、そもそも、そうした結論をしていないのです。絶妙な言葉の使い回しと言って良いでしょう。
 
私としては、調査委員会がSTAPは、ほぼ、無いと言ったのが、残念であった気がします。
ここが決まってしまうと、小保方氏の窮地は続くからです。
 
調査委員会は、この点に関しては、小保方氏自身で、混入犯ではない事を、マスコミに話すことを予想しているのではないかと・・・・。
 
調査委員会は、専門家の集まりですから、ESを作った時と同じ親マウスを使えば、ESと同じ遺伝子を持つSTAPが作れる事はわかっています。ただし、これでは、STAPが実際にできていたとの話しになるし、理研の実験室の管理が厳しく問われることになるし、そうした結論は避けたかったのでしょう。
 
桂氏などは、親マウス取り変え説が記者から質問に出ることを予想していたはと思いますが、実際の質問は、ESからSTAPを作ったのではないか?の質問だったので、「それはプロトコールにありません」で、逃げられたのです。

記者から、混入は不可能ではないか?なぜ、技術的に難しいことを、結論とするのか?などの質問が欲しかったです。
 
こうしたいきさつを考えると、やっぱり、STAPはあったのではないか?と思う人は、私を含め、少なくないと思います。それでも、私の周りの男性たちは、STAPは無いという人が多いです。
私があるのよ!と言っても、ナイヨナイとされます。
一方、女性は、小保方氏が気の毒という方が多いです。

STAPはできていたとの証拠として、今回の検証実験でも、酸浴後の分化細胞がOCT4発現する細胞に変化するところまできました。
 
ネット情報によると、世界的には、ここまでの万能化は、他の施設でも成功しているようです。その後の技は、若山氏次第です。
 
これだけ、国民的な期待の大きなこのSTAP研究に、国がお金を使っても良いですよね。そして、若山先生も、戻ってきてください。国民が期待する研究内容を国に要望できるシステムがあっても良いですよね。
 
今回は、そうした世に散らばる素人科学ファンの存在を、見せつけました。
 
マラソンだって、沿道の声援がモノを言います。STAPを信じる方、いませんか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック