桂委員長は、小保方氏に、弁明のチャンスを残したのではないでしょうか?つまり、「混入は、技術的に不可能である」と、小保方氏自身で言い出すことを期待したのではないでしょうか?

STAP問題について、書いています。
 
今時の一流誌にのるような論文では、筆頭著者が、実験内容のすべてを把握するのは不可能です。主要研究所には、その筋の専門家がそれぞれにいて、各専門分野をサポートします。
STAP論文の実験内容の全てを、小保方氏が把握していなくてもしかたないと思います。
 
今回の論文で、彼女ががんばった部分は、脾臓細胞をとりだして酸につけた後に、培養しできた細胞塊を、一部は若山氏に渡して、キメラをつくってもらい、小保方氏はマウスの皮下にいれてテラトーマをつくった実験のようです。
 
キメラをつくのは、非常に難しいようで、この作業は、若山氏が行っています。
この若山氏は、以前にキメラを作った時に、いろいろと須田記者にSTAPの新規性を語っています。須田記者は、”捏造の科学者”の著者です。彼女が本に書いた若山氏の言葉を聞くと、STAPはやっぱり、あったんでしょ!と、思いたくなります。
 
若い小保方氏が筆頭オーサーになり、大々的に、マスコミ報道も行ってしまった事から、こんなに悲しい事件になってしまいました。
 
ここには、別の権力争いがあったようですが、一論文が発端で、研究所が縮小になることはとてもおかしなことで、こんなに簡単に研究所を罰して良いの?という印象です。うわさ話に弱い政治家や、古い権威主義者が圧力をかけて、世の中を決めているという印象です。
 
今も、引き続き理研は、特定研究開発法人指定の問題で、組織間が対立しているようです。
これは、国会通過を要する法案のようで、この法律ができると、研究者を高額の報酬で雇える事ができるようになるそうです。
 
しかし、このシステムには、日本にはそぐわないような気がします。日本は、とても均一的な世の中で、大金持ちとかはなく、高等教育のしくみが充実しています。誰もが、そこそこに知識を持ち、皆がうんちくを語ります。専門家しか語れないという分野は少ないです。
 
このネット時代に、皆が専門家を自称して文章を書いています。コピペは大はやりです。どれが本物か?は、自分の能力で選らばなければなりません。
 
この日本で、一部の研究者のみ高給というのは、難しいと思いますよ。
優れた論文を出すには、筆頭オーサーに加え、それをささえる周りの研究者が必要であるし、協力体制は新しい発見に大事です。そうした協力体制の無く、給料に大差がある研究所では、それこそ、いやがらせが横行しそうです。人間関係がギスギスになりそうです。
 
人は差別に傷つくのです。
 
研究とは、オリジナリティが高いもので、研究者は、自身の能力をかけて、そこを突き進むわけで、上司が言ったから、組織の方針だから、行動するとかにはならないのです。研究者なら誰でも、自ら努力してなしえたことを、他人にわたしたり、盗まれたりしたら怒るでしょう。
 
しかし、実際、今度の小保方氏論文は、周りの人から、かなりの妨害を受けたような気がします。
 
桂調査委員会報告書には、“実験機器の操作や実験法の初歩的な間違いなど、過失が多い。実験記録やオリジナルデータが無い”と書かれています。
小保方氏は、こうした正規のデータをもらえたのでしょうか?
 そして、周りの人からミスをしくまれてしまったものではないでしょうか?
 
親マウスのすりかえ、ニセ遺伝子データの公開などが、小保方氏の管理できないまま、なされてしまったと想像してしまうのです。

ネット動画を見ていると、理研の遠藤氏の言葉ですが、若山氏も、丹羽氏も遺伝子解析は専門ではない、(つまり彼らにはできない!)と発言しています。
 
つまり、論文に含まれる遺伝子解析の結果を誰かにごまかされても、小保方氏にはそれをチェックする術は無いのです。
悲しいかな、小保方氏は親マウスのすりかえや、偽遺伝子データのおしつけられてしまったのではないかと・・・。

遺伝子解析は、普通、周りの共同研究者が協力データをくれて、皆で論文ミスをチェックします。今回は、この協力がなく、むしろ、逆の操作をされたかも・・・。小保方氏も、ついやってしまった不正もあるでしょうが、それを捏造説につなげられてしまったのです。

小保方氏論文には、古い実験機器名を引用したり、トリソミー細胞の遺伝子データををアップしたりなど、悪意を持った他人による操作が疑われるのです。小保方氏の能力が及ばない部分で、大変ないやがらせがあったと、考えてしまいます。
 
そこにあるのは、STAPをつぶせ、アンチCDBの動きではないでしょうか?
 
桂委員長は、小保方氏をエラーの多い著者ととらえていますが、すり替え説を採用しなかったことは、大変、意味があったと思います。
つまり、小保方氏に、弁明のチャンスを残したのではないでしょうか?つまり、「混入は、技術的に不可能である」と、小保方氏自身で言い出すことを期待したと考えたいです。
普段は、とても温厚な方のような気がします。桂小五郎の子孫ですかね?
 
さらに、捏造の科学者の著者である須田記者が、多くの誌面をさいて、STAP肯定を語る研究者の言葉を記録したのも注目されます。出版元からねつ造説で書け!と、須田記者にプレッシャーがあっても、須田記者は、どこかでSTAP存在を支持する気持ちもあるのではないか?と思います。
 
理研は、ES説で終わらせたいのですから、桂調査委員会は、こうした理研の意向をくみつつ、小保方氏が「STAPありま-す」と、反論できる余地を残した結論ではないでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック