サイエンスライターといえ、マスコミの人が、現場の研究者以上の知識の文章を、書けるとは私は思わない。

サイエンスライターの詫摩雅子氏による「あの日」の書評を、昨日、私のブログで紹介した。http://bylines.news.yahoo.co.jp/takumamasako/

詫摩氏は、問題点をいろいろに指摘しているが、その指摘は、どれも、私にはピンとこない。
詫摩氏は、編集者がしっかり校閲をしていない、文章が科学的にあいまいだと言いたのだ。

彼女は日経サイエンスのねつ造断定説の著者だが、彼女(詫摩氏)が、自らの日経サイエンス記事を今、見直せば、間違った記載が多々みつけるだろうが、マスコミはそうした反省はしない。そこは棚に上げて、「あの日」の小保方氏のミスを指摘できるつもりでいるようだ。暗に、小保方氏は知らないことが多い未熟な人であると言いたのだろう。

詫摩氏の文章を引用
講談社には、ブルーバックスという科学書シリーズの編集部がある。社内のつてをたどっていけば、専門家に見てもらうこともできただろう。なぜ、それをしなかったのか。と書いている。

詫摩氏の認識と異なる部分について、小保方氏の記載が間違っているかのような言い方をしている。その間違いを編集部が確かめるべきなどと言っているのである。

なぜ、「あの日」の編集者が、そうしたことをする必要があるのか?

これは、小保方氏の科学的知識、交友関係、人生経験から知りえた知識の中で書いてあるのだ。それは自白スタイルで書かれていて、彼女が経験して考えたこと以上のものでもなければ、それ以下のものでもないのだ。

つまり、小保方氏の認識が間違っていれば、そのまま間違いは、{あの日」の文章に残るのである。読み手も、“ここは小保方さんまちがっているな?”とか、考えながら読むのである。

伝聞で書かれた部分が多くあるのも仕方がない。読み手も伝聞として、読むのである。

詫摩氏の言うように、他者(編集部)が内容に手を入れたら、読み物としておかしなことになってしまうであろう。

詫摩氏がおかしいと感じる記載があれば、普通は、詫摩氏自身の知識が古くなったとか考えるのが普通である。今の知識はそうなっているのか?私(詫摩氏)の知識は不十分か?と、一歩譲って考えるのが普通である。

詫摩氏が「あの日」に書かれたことが科学的に正しくないというなら、
ブルーバックスという科学書シリーズの編集部が正しい知識を持っているのか?
その保証はあるのか?
編集部の人が知らない場合は、その筋の専門家に聞くというのか?
そうなら、その筋の専門家を編集部は正しく見つけられるのか?
見つけたその専門家が正しい知識をもっていると保証できるのか?
なぜ、知識の無い編集人に、正誤を判断できるのか?

詫摩氏は、書評を書く前に、自身の考えが正しいのかを、調べるなり聞くなりして確かめて書いてほしいものだ。

詫摩氏が、こうした言い方をしている理由は、とにかく小保方氏の記述が科学者として、未熟であると読者に印象つけたいからだろう。

企業秘密のような研究所では、小保方氏には入らない情報もある。そうした制約の中で、小保方氏は目いっぱいアンテナを高くして「あの日」を書いたのである。

若山氏は、バカンティ氏のひも付きの小保方氏には教えなかったし、自らの研究所の業績にしようともしていた。だから、小保方氏には実験のスキルや情報をわたしていない。

小保方氏はすべての知識を持っているとは言わないが、彼女は最先端の研究所にいた現役の研究者だったのである。

マスコミの人は、現場のことを知らない、現場には現場の事情があって、現場の事情を最大考慮した結果として現状があるのである。

マスコミは、表面的な判断で、善悪を決めたがる傾向がある。途中でマスコミがミスに気づいても、訂正はしない。
医療現場の記事などは、そうした不十分の知識で間違って書かれたものが実に多い。医療者へのバッシングや、理不尽で見当はずれな批判に満ちている。

詫摩氏は、今後に、「あの日」に書かれた科学的な問題点を指摘すると言っている。

サイエンスライターといえ、マスコミの人が、現場の研究者以上の知識の文章を、書けるとは私は思わない。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
今は、STAP問題には多くの論客がいます。STAPを高いレベルで論評できる専門家や非専門家もいます。やはり、STAPには、科学的、かつ社会的にも疑問点が多いため、人々が興味を持つのではないでしょうか?

つまり、詫摩氏が、以前にSTAP記事を書いた時期と比べると、今の人々を納得させるような小保方批判記事を展開させる事は、ハードルが高くなっていると思います。お手並み拝見です。

No title

学とみ子
以下のブログが、詫摩氏の記事を論評しています。参考になると思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/17162539.html

詫摩氏らのような頭も良く勘も効く彼女たちは、どこかでこの問題点に気づいたと思います。それは、記事を書いていた時かもしれません。

研究所なら、若手研究員が上司から「都合のつくデータを出せ!」と言われるのと同様に、詫摩氏らは、編集部上司から、センセイショナルな内容記事にせよ!と言われていたかもしれません。記者たちは、いづれも女性であることが気になります。こうした記事は、訴訟リスクもありますし、男性記者は、将来を見据えてちゃっかり逃げてしまうような内容の記事ではないでしょうか?

No title

学とみ子
コメントありがとうございました。詫摩氏の立場をサポートなさりたい立場の方ですね。確かに、詫摩氏は、日経サイエンスの記事を書くために大変な努力をされたと思います。取材を重ね、STAP細胞を理解し、掲載するためにイラスト化を工夫し、多くの一般人がSTAP細胞を理解できるよう努力しました。古田氏、須田氏も同様に、女性たちは根をつめて書き上げた記事だと思います。

しかし、今の彼女たちは、書いた記事の問題点をどのように評価しているのでしょうか?遺伝子解析で、STAPとES細胞の同一性を論じるためには、保存検体が本物か?、親マウスは判明しているのか?その親マウスの遺伝子解析がなされているのか?を証明しなければなりません。しかし、今となってはどれも不可能になりました。だから、どんなにSTAPとESの類似性を指摘してもだめなのです。

こうした状況で、詫摩氏はSTAPとES細胞は同一であると記事に書いてしまったのですから、フォロウは大変でしょう。

No title

トリックスター666
詫摩氏の具体的な間違いを指摘する事なく自分の個人的な私見だけで批判するあなたは「あの日」の小保方さんにそっくりです。
小保方さんの「あの日」が科学的にお話にならないのは専門家ではなくてもすぐにわかります。彼女は検証実験の自分のパートを成功したと記述します。そこには実験数もなく成功数もなくあたかも全てが成功したかのように失敗の記述もありません。しかしこれは理研の検証実験の報告書を読めば論文報告時の十分の一にも満たない収率で本来、彼女のパートであるテラトーマ実験を中止に追い込むほどの細胞数の少ない実験であった事がわかります。小保方さんは嘘は言ってません。光る細胞はありました。十分の一以下の量で。
そしてそのエビデンスを彼女は引用すらしません。ネット上に公開され誰でも閲覧出来るそれを

No title

gen**ron
大学時代、物性系のゼミでしたが、最初に注意されたのが、「ブルーバックスや岩波新書は間違いだらけだから信じちゃダメだよ」でした。「理化学辞典」は「非科学辞典」とも言っていましたね。
非公開コメント

トラックバック