ES細胞と書かれた検体の遺伝子構造が一番、STAP幹細胞に近いのだという。つまり、同じものなのだ。(和モガ説)

西川氏が、知人から以下のように言われたとのことを、前回の私のブログに書いた(紫色部分)。

小保方氏事件が起ったとき、何人もの知り合いから、「私なら異常をすぐに見抜いた。どうしてわからなかったの?」とよく聞かれた。しかし、これだけ生きてくると、いろんな人と付き合う。異常、正常と区別して納得できる人は幸いだ。

西川氏の周りの人は、優秀な学者たちであったろう。そうした人たちから、「どうしてわからなかったの?」と良く聞かれたというのは、本当にびっくりする。

つまり、小保方氏がねつ造犯でないかもしれない・・・と考える人が、西川氏の傍にはいないということになる。
確かに小保方氏のように、まだ実験を始めたばかりでありながら、ねつ造できたら、とてつもなく異常な人だろう。誰もが、(小保方氏は)どこかおかしい、特に、実験中はどこかおかしいと思うことがあったと思う。

STAP実験というのは、何度も何度もやっているのだ。その証拠に、STAP幹細胞の種類だって相当にあるらしい。

新人研究者であった小保方氏は、周りの実験仲間からも普通に受け入れていたであろう。周りで一緒に実験していた人が、彼女がねつ造をしていると、聞かされたなら、まずはびっくりして、間違いではないのか?と考えるのが常識的ではないのだろうか?

西川氏の話に出てくる人は、小保方氏と接したことのない人たちがほぼすべてであろう。
だからこそ、早稲田か、女子医のどちらが、(ねつ造をするような人に)小保方氏を育てたのか?といううわさ話がおきるのだろう。
接したことのある人なら、こうしたひどいうわさ話は普通はしないだろう。知らないからこそできるのだ。

普通なら、偉い学者たちはむしろ、次のようなうわさ話になるような気がする。
「とにかく、理研のようなところの研究者では、陥れられる場合がありますよね!」
とか、
「もし、検体のすり替えなどされてしまったら、本当に気の毒でしたね」
とか、そうした類の会話にはつながらないのだろうか?
少なくとも、私はそう考えてしまう。

STAP騒動が起きた時、2チャンネルに書き込みが盛んにされていたとのことである。ブロガー和モガ氏の調査によると、最初、理研の上層部は、小保方氏による捏造をなかなか信じなかった。最初は、小保方氏を擁護していたとのことである。
当然と言えば当然だ。「あの日」にもそう書いてある。

竹市氏や相沢氏は、小保方氏の社会的な異常性は、気づいていなかった。
つまり、小保方氏はそうした(捏造するような人)人ではないのだ。
そばで直接、小保方氏に接していた人は、何の疑問も無く普通の人として接していたのである。

そうした人が、他人が見ていないところで、何度も何度もESを混入するなんて考えられないだろう。小保方氏のそばにいた人たちは、彼女の捏造を信じていなかった。

竹市氏や相沢氏は捏造を信じず、残存検体の遺伝子解析には消極的であったと言う。小保方氏に異常性が無いことは、2チャンネルのこの書き込みが明らかにしているのである。

この時点で、和モガ氏ブログによると、2チャンネル書き込み犯は、竹市氏や相沢氏をバカ呼ばわりをしている。お前たち(竹市氏や相沢氏)が信じないから、こんなに事件が大きくなっただぞー!と書き込んでいるそうだ。

しかし、遺伝子が解析され、STAPはESときわめて類似しているとの事実が暴露されると、人々の意識が変わり、小保方ねつ造説で理研の意思が統一されることになってしまった。

ネット情報によると、一部のES細胞とSTAP幹細胞も極めて良く似ているが、どれも同じ遺伝子構造ではない。どのES細胞をつかったのかはわからないのである。一応、候補のES細胞はあるものの、論文では遺伝子が解析されていないと言う。

ESとSTAPの遺伝子構造は、似ているが同一ではないことの理由は誰も説明ができない。細胞は分裂をくりかえすとその時に遺伝子にコピーミスが起きて、塩基配列が同一でなくなっていく。

こうした遺伝子改変細胞は、正常細胞と比較できない位、早い速度で遺伝子変化がおきてくるのだろう。そうした意味では、各検体で遺伝子が微妙に違うのは仕方ない事なのか?

だからこそ、こうした遺伝子の狂った細胞の同一性は、遺伝子検査で確定できないのではないか?してはいけないのではないか?
培養していればトリソミーだって出てきてしまうのである。遺伝子検査の精度に限界があるのである。

和モガ氏の、ESからSTAPを作ったのでなくて、STAP幹細胞を培養して、ESとレベルした検体チューブを作ったとの推理は本当に素晴らしいと思う。

そして小保方氏の冷凍庫に入っていたES検体は、STAP幹細胞であると言う。
このES細胞と書かれた検体の遺伝子構造が一番、STAP幹細胞に近いのだという。つまり、同じものなのだ。

STAP幹細胞を培養した回数が少ない状態で(ES細胞とラベルされて)保存された結果、元のSTAP幹細胞との間に遺伝子変異が一番少ないES細胞になったと、和モガ氏は推理している。

この説に対して、ネットでさらに論評しているサイトがどこかにあれば、ぜひ教えてほしい。
スポンサーサイト



コメント

No title

hidetarou
そうですか。
すいませんでした。

No title

学とみ子
> hidetarouさん
情報をありがとうございます。私はフェイスブックにアカウントがないので、アクセスが難しいようです。残念です。
非公開コメント

トラックバック